据置型ゲーム機もゲームをシェアできないか
2013.08.24

携帯型ゲーム機の場合、「ダウンロードプレイ」というのがある。
誰かがソフトを持っていれば、遊び相手は本体さえ持っていれば
制限つきでそのソフトの対戦を楽しめるというもの。
ニンテンドーDSにはいくつも例があって、たぶん3DSにもある。

こうした感じのものが、据置機でもできないかな。
据置機だと、本体を持ち寄るのは考えにくいけど、
フレンドとネットでつながるのは今でもできる。
ダウンロード販売や体験版の配信、ゲームのオンライン要素もあって、
ゲーム機のネット接続率は下がることはないはず。

上で書いたダウンロードプレイは、みんなで集まる必要がある。
据置機で似たようなことをするなら、必ずしも同時にネット接続
しなくてもいいようにしたい。

なんというか、シェアハウスで本棚を共有するようなイメージで、
「オレが遊んでいないときは使ってもいいよ」という感じで
フレンドがネット経由でプレイできるとか。

無料でプレイできる部分と、有料でプレイできる部分があるといい。
有料の部分はきっちりプレイしようとすると製品版を買ったほうが
安くなるような料金設定でいい。

購入されたゲーム(のプログラム)を眠らせずに活用することで、
そのゲームに触れる人が増えて、売り上げも上がるかもしれないのは
客にとってもメーカーにとっても悪い話ではないような気がする。

これはクチコミ効果を使うところに意味がある。
フレンドが「これ、おもしろいよ」と話していたら気になるはず。
お互いに近くに住んでいるなら貸し借りができるけど、
プレイ中のソフトは貸したくない。自分がプレイするときに
手元にないと困るから。
かといって、「クリアしたら貸すよ」では、フレンドの興味は
ほかへ移っているだろう。関心がわいたその瞬間を逃してはいけない。

動画や文章で「おもしろそう」と感じさせることはできるけど、
最終的な判断はプレイしないとできない。
ネットを活用することで、誰かが買ったゲームを
(使っていないときに)フレンドが使えるというしくみは
実現できたらおもしろそうだ。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...