投票率の事前調査は高めの結果になる?
2013.07.22

先日行われた参議院選挙の投票率について、
事前調査と実際の数値の差の話。

今回の参議院選挙の投票率は、52.61%だそうだ。
あいかわらず低い。
今回の選挙からネット上での選挙活動が解禁されたけど、
投票率を高める効果はなかったみたいだ。

7月16日、NHKの19時台のニュースで
選挙に行くかどうかの調査が伝えられた。
結果をメモしておいた。

調査が行われたのは7月13日から15日にかけて。
4794人に電話をかけ、そのうち65%の人が回答した。
その結果、「必ず行く」「期日前投票した」と答えたのは
66%だった。「行くつもり」は23%。
(必ず行くが58%、期日前投票したが8%)

投票日の一週間前の時点では、6割を超える人が
選挙に強い関心をしめしていたが、実際は半分の人しか
投票しなかった。

2012年12月の衆議院選挙のときも、事前調査よりも
実際の投票率のほうが数値が低かった。
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2595.html

あらかじめ「投票に行きますか」と聞かれると、
「行きません」と答えにくいのかもしれない。
「なぜ行かないのか」「期日前投票しないのか」と
つっこまれると思うのかもしれない。

断言できるほどのデータはないけど、
この手の事前調査は高めの結果が出ると
考えておくとよさそうだ。

逆に考えると、実際の投票率が7割から8割になるには、
事前調査で9割以上の人が「投票に行く」「行くつもり」と
答えないと無理なんだろう。


この記事へのコメント

- DON-CHANG - 2013年07月23日 19:25:19

なんか「過半数の見込み」とかアンケートの結果を新聞とかテレビで言っちゃうから、行こうと思ってたけどもういいやってなる人も多いように思えます。

- 斎太郎 - 2013年07月23日 23:32:25

DON-CHANGさん、コメントありがとうございます。

そうですね、「過半数獲得」とか「圧勝」とかの予測が出始めると、
もういいやと感じるかもしれないですね。

事前の報道のありかたも改善の余地が大きいのかもしれません。

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...