効果音に注目「風立ちぬ」
2013.07.20

風立ちぬ

<ネタバレはありません>
今日から公開の宮崎駿監督の「風立ちぬ」を観てきた。
結論からいって、じわじわしみてくるようなよさがある映画だった。
盛り上がるストーリーではないと思うけど、鑑賞後の気分はいい。
もう1回劇場で観たい。

ただし、万人向けとは思えない。特に、小さな子には向かない。
戦闘シーンとかはほぼゼロ。「紅の豚」とは軽さや明るさが違う。
親子で観に行こうと考えているならよく考えたほうがいいと思う。

この映画は戦闘機の設計士になる「堀越二郎」の
少年期から青年期を描いたもの。設計士としての意欲を
強めていく一方で、妻になる女性との出会いも語られる。

かんたんにいうと、NHKで朝に放送している「連続テレビ小説」を
アニメにしたような作品。この番組にはある種の「型」があって、
ヒロインの幼少期から晩年を描きつつ、途中で恋愛や
社会的事件をからめたりするパターンが多い。
「風立ちぬ」もそんな感じ。

上でも書いたように、この映画のストーリーはあまり盛り上がらない。
大きな山や谷があるわけではないし、設計上の技術的困難を
どうにか乗り越える話でもない。結ばれるのかハラハラするような
恋愛物でもない。でも悪くない。ちょっと不思議な感じがする。
「やりたいこと」に突き進んでいく感じはとてもいい。

ジブリが時間をかけて制作しただけあって、作画は見どころ。
しかし最大の注目点は効果音だと思う。
飛行機のエンジン音もいいけど、シーンによっては不思議な
効果音がつく。そのひとつが震災のシーン。
効果音のことなので文章では表現しにくいけど、
「こういう音をつけるんだ」と新鮮なシーンがいくつかある。
音を充分に楽しむ意味でも劇場に行くのが向いているかもしれない。

ヒロインの菜穂子はなかなかいい。
彼女が登場するシーンはそう多くないけど、
印象的なシーンは彼女が出ていることが多いと思う。
テラスにいる菜穂子に二郎が飛行機を投げるシーンがいいし、
ネタバレになるから書けないけど、ハッとするほど彼女が
美しく描かれているシーンもある。

映画を観に行くと、パンフレットを買う人も多いと思う。
内容がネタバレになっていることが多いので鑑賞前に買うのは
いつもおすすめしない。「中を読まなければいいでしょう?」と
思うかもしれないけど、今回はそれもダメ。
裏表紙が軽いネタバレになっている。

あふれる熱意がある反面、静かな映画でもある。
観る人を選ぶかもしれないけど、魅力的な作品に仕上がっている。

「風立ちぬ」公式サイト
http://kazetachinu.jp/

余談だけど、最近のジブリ作品はスタッフロールで
名前を五十音順にならべて表記する例が多かった。
「ポニョ」「アリエッティ」「コクリコ坂から」。
「風立ちぬ」は従来どおりの役割別に名前を載せる形式だった。
なぜもとに戻したんだろう。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...