クリアに必要な時間を載せるといいかも
2013.07.05

ゲームのパッケージに載せる情報のひとつとして、
「クリアするまでにかかる時間」を載せたらいいかも、という話。
先日、twitterにも少し書いた

ゲームソフトのパッケージには、いろいろな情報が載っている。
内容をイメージさせるイラストや画面写真、
同時プレイできる人数、対応する周辺機器、
セーブファイル数など。推奨年齢の表示はわりと大きめだ。
(作成できるセーブファイル数は意外と重要な情報)

こうした情報に加えて、クリアにかかる時間の目安を
載せたらいいんじゃないか、というのが今回の話。
ただし結論としては、すべてのゲームに時間の目安を載せるのは
現実的ではないと思う。

ゲームソフトの内容はいろいろで、クリア(エンディング)までに
かかる時間もだいぶ違う。
パッケージ販売されるゲームだと、いわゆる「やり込み要素」や
「寄り道要素」をのぞくと、10時間程度でクリアできるものが
最低ライン(?)のような気がする。しかしゲームによっては
50時間かけてもクリアできないものもある。

プレイヤーの生活リズムはさまざま。
ゲームにあまり時間を使えない人が長時間かかるゲームを
買ってしまうと、やる気が途中で薄れてきたり、
ほかに気になるゲームが発売されたりと、合わないこともありそう。
せっかく買ったならクリアしたいのが人情だから、
購入前にボリュームを確認できるのは悪くない。

「クリアまでにかかる時間」は、しばらく前までは
大きなネタバレ情報だと思っていた。今でもその思いは
完全に消えたわけではないけど、事前に提示してもいい情報だと思う。


ただし、目安とはいえ、クリアまでにかかる時間を載せるのは
向いていないゲームも多い。

最近は「クリア」という目的が薄いゲームも増えてきた。
「どうぶつの森」とかパーティーゲームとか。

また、ストーリー描写がほとんどないゲームなら、
必ずしもすべてのステージをクリアする必要はない。
たとえばスーパーマリオやマリオカートなら、
クリアできる範囲でのプレイでも充分楽しめると思う。


クリアにかかる時間よりも、難易度の調整ができるかどうかや、
1回のプレイにどれくらいの時間をとられるか
(セーブポイントの間隔)のほうが知りたい情報かもしれない。

購入前に知りたいけど、わからない(目立たない)情報は
意外とありそうだ。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...