荒野の一人旅「レッド・デッド・リデンプション」その1
2010.10.07

<ネタバレなし>
Xbox360用の「レッド・デッド・リデンプション」を買った。
西部劇をテーマにしたゲームで、広大な土地を舞台に
元ギャングの主人公が活躍する。
(Z指定のゲームなので、18歳未満の人の購入・プレイは禁止)

今回はAmazonで買ってみた。価格が安かったのと、
Amazon限定の特典(特殊な馬)がついていたから。
「Amazonは発売日に届かない」というウワサを聞いていたけど、
運が良かったのか、無事に届いた。昨夜のうちに出荷メールが来た。

ちなみに、初回出荷分やAmazonについてくる特典は
アイテムをダウンロードできるコード。ゲーム内容を大きく左右する
ものではないらしいが、Xbox360でネットにアクセスできる環境が
ないと受け取ることができない。


元ギャングであるジョン・マーストンは、ギャングの世界から
足を洗い、妻子と共に暮らしていた。しかし保安官により
妻子を誘拐され、かつての仲間を裁かないと妻子を殺すと
脅迫される。妻子のため、ジョンはかつての仲間を追う旅に出る。

…と、ここまでの話は説明書やパッケージに書かれていることで、
ゲーム内ではあまり語られていない。説明書を読まないタイプの人は
やや唐突な展開に感じられるかもしれない。

このゲームは、かなり自由度が高い。ここが最大の特徴だと思う。
「かつての仲間を追う」というメインシナリオがあるものの、
必ずしもそれにしばられない。町の人からの依頼(クエスト)や、
狩猟や植物採集のチャレンジが用意されているので、
ゲーム内容のすべてを味わうのはかなり難しそうだ。

どうしても目を引くのが、グラフィックの質の高さ。
どこまでも広がる荒野を馬で駆けるのは楽しい。
まだプレイ時間は短いけど、とてつもない広さを感じる。
人が往来しているほか、鳥や獣もウロウロしている。
(動物を撃って、肉や皮などを取ることもできる)

馬や徒歩での移動中はロードで待たされることはない。
のんびり移動するのもいいけど、一度行った場所に
遠い場所でもすぐに移動できる親切設計もある。

突発的にクエストが発生するシステムもあるようで、
なじみのある街道を走っていて突然「罪人を追いかけてくれ」と
いわれることも。それに応じるかどうかもプレイヤーの自由。

やはりというべきか、画面上の文字は小さい。
地名の表示は比較的大きい文字で表示されるが、
セリフの字幕やガイドメッセージは小さい。

「レッド・デッド・リデンプション」公式サイト
http://www.rockstargames.com/reddeadredemption/JP/

「レッド・デッド・リデンプション」そのほかの記事
まったく西部は犯罪だらけだぜ!(その2) 2010.10.08
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-271.html
西部の車窓から(その3) 2010.10.10
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-270.html
間違いなく傑作(その4) 2010.10.22
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-265.html


この記事へのコメント

赤いもの - tapioka - 2010年10月11日 03:17:12

アマゾンは早めに注文しておくと発売日に届くことが
あるらしいですね。
ただ、実際今まで使ってきて必ずしも
そうなったとは言えないですが。
RDRは相当お金がかかったらしいですね。
GTA4の時みたいに時代を象徴するタイトル
として語られそうです。

スキなし - 斎太郎 - 2010年10月11日 20:59:01

Amazonの発送順がどうなっているかわかりませんが、
早い段階で予約しても発売日に着かなかったり、
3日前予約でも発売日着、なんてこともあるとか。
不思議ですね。
レッド・デッド・リデンプションはホントに面白いです。
オフラインに限っていえば、大きな欠点はなさそう。
日本語版を発売してくれて感謝です。

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...