あえてゲーム部分をカットするのもアリだ
2013.05.29

GAME Watchに、あるiOS向けゲームアプリの記事が出ていた。
ニンテンドーDS用ゲームをiOSに移植したもの。
そのまま移植せずにゲーム部分をカットして、
ストーリー展開を楽しむようになっているらしい。

GAME Watchの記事
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130529_601295.html
ちなみにカットされたゲーム部分というのは、
「背景の怪しいところをタッチして、アイテムを回収したり
仕掛けを動かしたりする」というもの。

この記事を読んで、こういうのもアリだなと思った。
特にRPGなんかは、ストーリー展開に特化したバージョンを
販売するのもアリだと思う。

日本製のRPGだと、ゲーム部分よりもキャラクターデザインや
世界観、ストーリーに強く興味を持つ人も少なくないらしい。
そうした人たちにとっては、レベルを上げたりお金をためたりするのは
作業的に感じるかもしれない。

また、ゲーム部分も好きな人にとっても、2周目3周目を
すぐにプレイしたくなるとは限らない。
Wiiで発売された某名作RPGはクリアまでにかなり長い時間がかかる。
そういうゲームの場合、また最初からプレイするのは
めんどうに感じることもある。

アクションゲームだと、難易度の問題がある。
自力ではクリアできそうにないけど、結末は気になることもあるはず。

こうした欲求をかなえるためにも、ストーリー描写に特化した
バージョンを出すのもアリだと思う。
価格を下げたバージョンを出すように、「ほとんど見るだけ」の
バージョンも出せば意外と利益が出るかもしれない。
(お金を出して買ったのに、自力ではクリアできないかもしれないことが
大きな問題だと思うけど)

今回書いたことは前にも書いた記憶があるけど、
ほんとにアリだと思う。ゲームソフトに対する注目のしかた、
楽しみかたはいろいろ増えてきた。

「(クリアできそうにないから)ソフトは買わないけど、
設定資料集はほしい」とか、「BGMの担当があの人だから、
サウンドトラックはほしい」とかがあるはず。
それならストーリー描写に注目した売りかたがあってもいいはずだ。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...