ゼルダに感じたマリオ感
2013.04.21

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」の動画を見た。
3DSでニンテンドーeショップからダウンロードできる。

今回のゼルダは3DSの立体視を活かして、
地形の高低差を強く感じられるようになっているらしい。
動画を見ると、リンクがハンマーで出っ張った部分をたたいて、
それが元に戻るのを利用して上へ跳ね上がるアクションが見られる。
また、リンクが壁のなかに壁画のように溶けこんで移動する
シーンもあった。

これらのアクションを見て、マリオっぽい感じがした。
グラフィックデザインやBGMのせいで、まちがいなくゼルダだけど、
キャラをマリオにすれば「3Dマリオの新作です」といわれても
通用する気がした。

3Dのマリオとゼルダは案外似ているのかもなと思った。
過去の「社長が訊く」(時のオカリナ3D、トワイライトプリンセス)を
読み直してみると、3Dのマリオとゼルダの区別や
なにがゼルダっぽいのかは任天堂の人でも言葉にしにくいみたいだ。
もっとも、宮本さん曰く根本的なところに大きな違いはないらしい。

制作スタッフの人たちでさえ表現が難しいなら、
外部の人間に語れるはずもないけど、あえて表現するなら
指で楽しむのがマリオ、頭で楽しむのがゼルダかもしれない。

マリオはジャンプ操作が基本で、そのタイミングはプレイヤーが決める。
シューティングゲームと同じで、テレビゲームの基本といっていい。
ゼルダにもアクション要素は多いけど、道具の使いかたや
ボスにダメージを与える方法など、単純にプレイしていたら
突破できないところに面白さがある。

ゲーム内の効果音でいうと、マリオならジャンプの音、
ゼルダなら鍵のかかった扉を開けたときの音が両者を象徴してる。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...