神器を求めて地下深くへ 「任天童子」
2013.04.06

クラブニンテンドーの会員向けに配布された「任天童子」の話。
昨年度ゴールド会員またはプラチナ会員だった人に
配信された。ニンテンドーDSi(DSi LL)か3DSを持っていれば
ダウンロードできる。
ちなみに、クラブニンテンドーの年度は10月~9月。

ゴールド会員だったので、ダウンロードしてみた。
思ったよりきちんと作ってあるゲームだった。

異形(いぎょう)という魔物によって奪われた
三種の神器を取り戻すため、蔵部景品(くらべ・かげしな)が
地下迷宮に挑むゲーム。

シミュレーションRPGとカードゲームを合わせたようなゲーム。
敵と味方が交互に行動するので、基本は「風来のシレン」などで
知られる「不思議のダンジョン」シリーズみたいな感じ。

手持ちの札(カード)によって進める歩数が変わり、
アイテムの使用も「霊力」を消費する場合が多い。
最初はフロアの全容がわからず、敵の姿も見えない。

主人公が基本的に非力なので、敵がどのあたりにいそうか
予想しながら移動するのは楽しい。アイテムや霊力を入手しながら
移動するわけだけど、札の数字によって移動距離が決まるので
必ずしも適切な距離を移動できるとは限らない。

運まかせの部分もあるけど、じっくり考えるタイプのゲーム。
拠点に戻ると主人公を強化することができるので、
ある程度くりかえしプレイすることが必要みたいだ。
それでも主人公は非力なので、好戦的なプレイはたぶんできない。
(今のところ「地下7層」で行けているけど、まだクリアではない)

ある程度ゲームになれてくると、
プレイのテンポがやや悪いのが気になる。
我慢できないほどではないけど、もっとサクサクプレイしたい。

システムはしっかり作ってあるけど、舞台設定は
ちょっとユルめ。主人公の名前からして「クラブの景品」だし。
神器も任天堂のセルフパロディ的な感じになってる。

個人的には商品として販売すべき!とまでは思わないけど、
有料で販売したとしても通用するゲームですよ。

「任天童子」特設サイト
https://nintendoji.jp/
5月29日までのサイト

クラブニンテンドー
http://club.nintendo.jp/


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...