ゲーム系マスコミに「スクープ」はありうるのか
2013.03.22

記事内容が統制されがちなゲーム系マスコミで、
スクープなんてあるのかな、という話。

最初にここでの「スクープ」を定義しておくと、
筆者の取材により公になっていなかったものが表に出ることをさす。
意図的に隠されているもの、
前からあったけど、皆が気がつかなかったものを明らかにするとか。
当然、ほかでは伝えていないのも条件になる。

きっかけは、あるゲーム系ニュースサイトの記事だった。
個人運営ではなく、出版社系のサイトだ。
記事タイトルの冒頭に「スクープ」とつけて
あるソフトの発売を伝えていた。正確にいうとアプリなんだけど。
スクープという文字に苦笑してしまった。

基本的に、ゲーム系のニュースでスクープはないと思う。
特に、新作ソフト・新ハードの情報が取材で明らかになることはないと
思っていい。こっそりと話してしまう、または金品と引き替えに
情報をもらす関係者もいるだろうが、そうした話は根拠が薄い。
画面写真などの具体的情報つきでもらす関係者はいないだろう。

どのメディアが第1報を流すかはメーカーとの取引で決まっているし、
その中身や素材(写真やインタビューなど)もメーカーが用意する。
事実上、メディアはメーカー広報の下請けみたいになっていると
考えてもいいと思う。
(記事の文章も掲載前にチェックを受けるらしい)

スクープという言葉を「初公開」という意味合いで使っているのは
わかるけど、上で書いたような意味で解釈する人もいるかもしれない。
「初公開の権利を(カネやコネで)勝ち取ったよ!」という
意味もあるかもしれないけど、それならスクープではなく
「独占」などの表現にすれば変な誤解はおきない。

結局、ゲームに限らずスクープは難しい。
せいぜい、事故の発生直後に現場に駆けつけるとか、
竜巻の様子を撮ったとか、そんな感じになっちゃう。
難しいからスクープだ。

ゲーム系のマスコミは、メーカーからの広告収入が
利益の多くを占めるらしい。この状態だと、独自に動いて取材するのは
かなり難しいと思う。メーカーから煙たがられたら困る。
特に、読者からの要望が強そうな新商品についての話は無理だろう。

過去の物事について取材して、新事実を明らかにするのは
可能かもしれないけど、基本的にゲーム系マスコミには
スクープはないと考えるのがよさそうだ。
情報が出るタイミングと中身はメーカーが管理している。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...