第16回メディア芸術祭に行ってきた
2013.02.14

130214.jpg

今年もメディア芸術祭に行ってきました。
今回は全体的にあっさりしていたような気がする。
体験型の展示がほとんどないからかも。
例年、老若男女問わず楽しめるイベントだったと思うけど、
今年は低年齢層には向いていないかもしれない。

だからといって、行く価値がないとは言わない。
例年通り、六本木までそう遠くないなら悪くない。
入場は無料。

ゲーム系ブログとして最初に触れておきたいのは
「グラビティデイズ」の優秀賞獲得。
PS Vitaを代表する1本だよね。逆にいうと、
これ以外のVita用ソフトは存在感が薄い。

デザイン資料が展示されているほか、
プロトタイプの映像も流れていた。興味深い。
試遊もできるけど、台数が少ないので難しいと思う。

「グラビティデイズ」公式サイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/gravitydaze/

ゲーム関係の展示は事実上「グラビティデイズ」だけ。
そのほかは1本もない。3DSもスマホもない。
おおげさな表現をすると、危機的状態かも。
応募しないと審査対象にならないようなので、
そもそも応募がない可能性もあるけど。
(一応、Vita用の初音ミクのソフトも展示されているけど、
会場の隅のほうで、気がつかない人も多そう)

ちなみに今回はゲームだけでも108の作品が応募された。
この数字は家庭用ゲーム機向け以外も含むと思う。

● 今年一番印象的なアニメーション部門

アニメーション部門は充実。
大賞の「火要鎮(ひのようじん)」、
優秀賞の「おおかみこどもの雨と雪」など。
絵コンテや設定画などの資料が必見。
ダイジェスト動画も見られます。

特に印象的だったのは「火要鎮」の絵コンテ。
一般的な絵コンテとは違う形式で、
もう少し文章を追加すれば商品になりそうな感じ。
会場が混んでいるとじっくり見られないかもしれないけど、
ぜひ見てほしい。

「火要鎮」は全編を見たくなった。
炎の表現が昔の絵巻物みたいな感じ。
別会場で上映イベントもありますが、
日時と定員が決まっているので要確認。

メディア芸術祭公式サイト
http://j-mediaarts.jp/
2月24日(日)まで。国立新美術館は火曜休館

去年の様子は下記参照
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2397.html


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...