Wii Uの発売は強行されたのか
2013.01.18

Wii Uの発売は、完成度よりも発売時期を優先したのかな、
という話。

日本では2012年12月8日に発売されたWii U。
発売直後は店頭もミーバースも盛り上がっていた感じがあったが、
1月の今、ひっそりとした雰囲気があるように思う。

同時発売ソフトをのぞくと、注目作がないことがその原因だと思う。
花火が1発上がったと思ったら、2発目3発目が来ない状態。
任天堂のサイトにある発売カレンダーを見ると、
1月と2月は注目作といえそうなものはない。
そもそも発売本数が少ない。

新型ゲーム機はスタートダッシュが大事なのは
いうまでもないのに、早くも空白期間ができているのは
かなり残念な状況だと思う。

この時期に発売するはずのものが遅れているのか、
最初から計画がなかったのか、それはわからない。
Wii時代とくらべると、ソフト製作に手間がかかるのは
まちがいないので、遅れている可能性は高そうだ。

「発売時期を優先させたのでは」という気配は年明け前からあった。
最初の本体更新に長時間かかったり、Wii Uの本体システムが
やや重いことだ。

この点については、12月19日のニンテンドーダイレクトで
「ソフトの切り替えが遅い」などの指摘を受けていることを
冒頭で話題にあげ、「順次改善する予定」と岩田社長が語った。

早々に「改善する」と発言しているということは、
発売の時点で「完成度がイマイチだけど、
あとからバージョンアップすればいい」と認識していたかもしれない。
初回の本体更新をしないと目玉機能のひとつである
ミーバースを使えなかったことも、開発の遅れを予想させる。
(本来ならあらかじめ収録して販売すべきだが、
本体の生産を始めるときには間に合わなかった?)

年末年始は1年でもっともお金が動く時期なので、
このタイミングを逃すのはもったいない。
Wiiでこの時期を戦うのは厳しかっただろうから、
なんとしてもWii Uを投入したかっただろう。

しかし本体の完成度とソフトの品ぞろえを見ると、
発売時期を優先させた影響が今出ているような気がする。

今のところの予定としては、3月か4月にならないと
Wii U用ソフトが大きく売れるタイミングは来そうにない。
そうなると、本体の売れ行きも鈍くなる。
発売から間もない時期に勢いや話題性がおとろえると、
「第2の発売日」を企画しないといけなくなるかもしれない。

せっかく買ったのに休眠状態になるかもしれないのは
客もメーカーも避けたいが、どうなるだろうか。

Wii U公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/index.html


この記事へのコメント

- タピオカサン - 2013年01月20日 19:17:42

そう考えると3DSもスタートダッシュに失敗して、
その後の値下げや年末の好戦で巻き返していましたね。

自分としてはいずれ買うので、それまで良いソフトが出てくれれば(笑)

- 斎太郎 - 2013年01月20日 23:30:51

Wii Uの真価が発揮されるのはまだまだこれからだから、
あえて今買わないのもいい手だと思うよ。

ライバル機種の次世代機に話題性を奪われる可能性もあるけどね。

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...