メーカーの体力減で、HD機向けにリメイクも作れない?
2013.01.17

去年書いた記事のつづきというか焼き直しみたいな話
「HD化ブームは時間かせぎであり資金稼ぎだね」2011.6.3
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-148.html
(去年の記事では、リメイクとHD化がごっちゃになっている
部分があります)

「最近、据置機向けのリメイクを見かけない」という話を
Twitterで見かけた。ほんとにその通りかも、と思ったのが
今回の話。「HD化」は多いが、「リメイク」はパッと思いつかない。

念のため書いておくと、ここでの「HD化」は古いソフトを最新世代の
ゲーム機で動かすように移植したものとする。
オリジナルよりも画質は上がっているが、基本的にそのまま。
「リメイク」は、最新技術で作り直したもの。
おもにビジュアルが大きく違う。

上のTwitterの話を見て、たしかにそうかもなと思った。
リメイクだと、DSか3DSが多い。PS3あたりだとHD化が多い。
来月発売のドラクエ7のリメイクは3DS用だし、
2010年の「タクティクスオウガ」のリメイク版はPSPだった。

リメイクがよくて、HD化がダメだというつもりはない。
HD化だからといって作るのが楽だということはないだろうし、
古いソフトが当時のゲーム機なしに今プレイできるのは
価値がある。

とはいえ、HD化は「最新ゲーム機の性能を活用すれば、
もっとグラフィックをよくできるだろうになあ」という
ちょっとした残念さもある。
たとえば「ワンダと巨像」はPS3でHDバージョンが
出ているけど、見た目はほぼオリジナル(PS2版)と
変わらない。

あえていじらず、オリジナルを大事にするのもアリだけど、
せっかくPS3で出すなら…、という気分になる。

PS3やXbox360(Wii Uもふくむ)でHD化が多くて
リメイクが目立たないのは、おそらく予算の問題だろう。
作り直すには手間がかかるから手を出せない。
ルールやゲーム展開がわかっていても、
グラフィックやサウンドを作り直すだけで
かなりの予算が必要になるのだと思う。

そんな事情があって、大きく手を入れるリメイクは
携帯機に多いのではないか。

メーカー側からすると、携帯機は「安く作れる畑」に
見えているのかもしれない。ソフトが多くでれば
「畑」は広がる。その畑にもっと作付けしようとする。
DSや3DSはそういったいい循環が起きているのかも。
そして最近はスマートフォンに移る動きもある。

据置型のゲーム機にHDバージョンが目立つのは
どう見たらいいんだろう。
高画質になれば手間が増えるのはまちがいないので、
完成までに時間がかかる。スタッフもたくさん必要になる。
それでいて、1本あたりの売上が増えるとは限らない。
HDバージョンは、新作の穴埋めとしての役割もありそうな気がする。

据置型向けソフトといっても、企画によって
予算やチーム編成はさまざま。
とはいえ、今後は据置型向けにソフトを出せるメーカーは
限られてくるのかもしれない。
特に新規タイトルは期待しにくい状況が深まりそうな気がする。

「HD化ブームは時間かせぎであり資金稼ぎだね」2011.6.3
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-148.html


この記事へのコメント

- タピオカサン - 2013年01月18日 18:11:42

PS2の時代はリメイクってたくさんあった気がしますが、
確かにHD機になってから発売される本数は減った気がします。

あと、HD機でリメイクされたゲームってぱっと頭に思い浮かびません。

- 斎太郎 - 2013年01月18日 20:12:43

ほんと、HD機でのリメイクは目立たないよね。
HD化をリメイクとよんでもいいのかもしれないけど。

手堅く利益を出そうとすると、携帯機やスマホに流れるのもわかる気がする。

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...