夢見の館が完成したが… 「とびだせ どうぶつの森」その5
2012.12.15

夢見の館ができたけど、イマイチじゃない?という話。

ようやく、我が村に夢見の館が完成した。
南の島に行ってかせげば比較的すぐに完成するのかもしれないけど、
作業的なプレイはしたくなかったので、1日あたり1万ベルくらいを
地道に寄付してやっと完成した。

夢見の館は、インターネットを経由して他の村に遊びに行ける施設。
今作の新要素のなかでも結構大きなポイントだと思う。

しかし、だ。
「他の村に行く夢を見る」という設定であることは知っていたけど、
想像してたよりは面白くない感じがする。
たしかに、ほかの地形を見られるのはちょっと新鮮だし、
花をいっぱい植えたりして、工夫してある村を見るのもちょっと面白い。
(ニンテンドー村に行ったときはビックリした)

でもね、そんなに見続けたいなってほどでもない。
(個人の好みの問題だろうけど、私の場合、住宅展示場の家でさえ
ぜんぶをチェックするのは面倒で、やってない)

あえて、ちょっと面白いところをあげるなら、
相手の村に自分の村の住民がいたときかな。
ほかの住民とはセリフがちょっと違う。
引っ越していった住民でも変わるのかな。

他の村に行く意味が、「見学」以外にないんだよね。
基本的に、モノをもらえるわけではないし、
相手に何かをプレゼントすることもできない。
なにかを手に入れても、夢の中だから、目が覚めれば持ってない。
(村によっては、マイデザインをもらえるけど)

すれちがい通信もほぼ同じことなんだけど、
夢見の館は、かけた金額と時間に見合うかどうか。
それなら他の公共事業をしたかった人もいるかも。
(すれちがった人の村にすぐ行けないのも残念)

今は「博物館の増築」をやっているところだけど、
19万ベルくらいかかる。これも長くかかりそう。
今回の「どうぶつの森」は、オンラインRPGでザコ戦を繰り返して
ようやくレベルがひとつ上がる感覚に近い気がする。

公共事業は、がんばってプレイする必要はない。
無視したとしても、「どうぶつの森」としてのプレイは問題ない。
でもね、喫茶店とか欲しくなるんだよね。

大型の公共事業がちょっと好みに合わないだけで、
「とびだせ どうぶつの森」全体としては楽しめてます。

作業的にお金をかせぐプレイをするとつまらないので、
のんびりプレイを続けるのが一番いいのかもしれない。

「とびだせ どうぶつの森」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/egdj/index.html


この記事へのコメント

- やまなしレイ - 2012年12月15日 03:08:28

夢見の舘は、遊びに行って面白い村とそうでない村がハッキリしていますからね。漫画家さんとかイラストレーターさんの村は凝っているし面白いマイデザがもらえるので、そうした人達を名前で検索して行くのが楽しいです。

あと、Twitterのプロフ欄に夢見の舘の番地と「マイデザ作ってます」みたいなことを書いている人もいて、そういう人達はとてつもなく凝った村にしていることが多いです。

ただ、着せ替えに興味がない人は「マイデザを持って帰ってくる」ことにそれほどモチベーション湧かないだろうし、そういう人にとってはイマイチかもですね。自分はわざわざ女のコのサブキャラ作って、女のコ用のマイデザを大量に持ち帰ってくるのに重宝しています(笑)

- 斎太郎 - 2012年12月15日 20:27:56

家の中とくらべると、村は手が回りにくいだろうから、
個性のある村にしにくいというのもあるかもね。

マイデザインをもらいに行くという意味では、
他の村に行く価値はあるね。
一般人がマイデザインに手を出しても、敷居が高いから。

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...