ポケモンになっちゃった!「ポケモン不思議のダンジョン」体験版
2012.11.14

「ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮」の
体験版の話。現在無料配信中。

「どうぶつの森」があったりするせいで、ダウンロードしたものの
プレイしてなかったんだけど、やってみたらまあまあ面白かった。
「買いたい」とまでは思わなかったけど。
この体験版のセーブデータは製品版に持ち越せます。

なぜかポケモンの姿になってしまった主人公が、
ポケモンの世界で冒険する。仲間のポケモンといっしょに
入るたびに構造を変える「不思議のダンジョン」を突破していく。

「主人公がポケモンになってしまう」という導入部分は
面白いなと思ったけど、プレイしていて一番注目だったのが、
文字の読みやすさ。特に、セリフなどが表示される部分は
かなり読みやすい。漢字にはフリガナもついている。

ゲームとしては、伝統の「不思議のダンジョン」シリーズ。
このゲームは久々にプレイしたけど、基本は変わってない。

操作説明は比較的親切。
また、下画面に何を表示するか切り替えることができて、
そのひとつが説明書になっている。慣れないうちは
操作説明を表示させて、慣れてきたらマップ表示にすると
いいのかも。

「不思議のダンジョン」シリーズの特徴として、
マップ構造がプレイするたびに違うんだけど、
ムダに広いマップになりがちな気がした。
また、地形タイプも同じ形がよく出てくるような。
これは体験版だからかな?

ダンジョン内のBGMが、やや耳につく感じがした。
短いBGMをくりかえし聞くのはゲームでは普通だけど、
BGMの音量を少し下げたくなった。個人的な好みの問題かも。


この体験版では、本編の序盤をプレイできるほか、
「マグナゲート」というモードもプレイできる。
これは現実世界にある「丸いもの」を3DSのカメラで撮影すると
そこがダンジョンの入口になるというもの。
これはまあまあ面白かった。ある程度明るいところで撮影しないと
認識しにくいみたい。

丸いものを写して突入するダンジョンも不思議のダンジョンで、
ランダムで選ばれた(?)ポケモンを使ってクリアを目指す。
2回試して2回とも途中で力尽きてしまったけど、
それまでに手に入れたお金やアイテム(の一部)を
本編の主人公に送ることができる。


「ポケモン不思議のダンジョン」はシリーズ化しているので
これまでとの違いはわからない。体験版の内容としては
あまり新鮮さはない気がするけど、ダウンロードする価値はありそう。
正直、おすすめ度はそんなに高くない。

製品版では、セーブデータをひとつしか作れないので注意して。

「ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/apdj/index.html
11月23日(金)発売


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...