キンドル、ついに日本でも発売
2012.10.24

今日はアップルの新商品の話題もあるけど、
AmazonのKindle(キンドル)の予約が始まったのも
大きなニュースだと思う。

キンドルはAmazonが販売するタブレットで、
iPadに対抗する品として注目されている。
日本でも販売するよ、とかなり前から告知があったものの、
なかなか続報はなかった。そして今日、予約受付が始まった。

キンドルは、おおきく分けて2種類ある。
電子書籍を読む機能のほか、アプリの利用やウェブ巡回にも使える
Kindle Fire。これがiPad的な商品。
もうひとつが電子書籍を読むことに特化したKindle Paperwhite。
個人的には、後者に注目してる。

Kindle Paperwhiteは画面に電子ペーパーを使っている。
しっかり本を読むなら、液晶ではなく電子ペーパーのほうが
目が疲れないと思う。実体験したわけではないけど。
画面の明るさを適切に調節すれば液晶でも問題ないのかも
しれないけど、個人的には疑問がある。

電子書籍端末はすでに他社からいくつか出ているけど、
キンドルに注目したくなるのは以下の2点。

・本の価格が安い(らしい)
説明によると、「多くのKindle本は、通常の本よりもお安く
お求めいただけます」とある。どれくらい安いのかわからないけど、
紙の本より安いのは気になる。1割も安くないと思うけど。
(すべての本が値引きされるわけではなさそう)

・ほかの端末でも読める
キンドルで買った本は、ダウンロードしてそのまま読めるのは
もちろん、他社の端末でも読めるのだそうだ。
無料アプリを使って、iPhoneやiPad、Androidの端末でも読める。
たぶんiPod touchもOK。ネット経由で読んでいる状況が共有されて、
同じ本を別々の端末で読んでもすぐに続きから読めるそうだ。

Kindle Paperwhiteの電子ペーパーはカラー表示ができないけど、
他の端末を持っているならそちらで読めば問題ない。

Kindle Fireであれば、アプリを使ってゲームをしたり
音楽を聴いたり、いろいろできる。まさにiPad的に使える。
Kindle Paperwhiteは機能は少ないけど文章を読むのに向いている。
単機能だけにセキュリティ上の安心感もある。しかも安く、軽い。

「いろいろできるタブレット」はiPadを筆頭に、選択肢が多い。
Windows 8もタブレットとしての使いかたが想定されている。
しかし文章をしっかりと(長時間)読みたいなら、
専用の端末を選ぶのがいいと思う。

Kindleの詳細は以下のリンク先で。
8480円のKindle Paperwhiteの場合、現時点では今予約すると
12月2日の週に発送だそうだ。年内にほしいなら早めの注文を。

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...