アサシン集団を組織せよ!「アサシンクリード ブラザーフッド」
2010.12.18

<ネタバレなし。攻略情報なし>
先週発売になった「アサシンクリード ブラザーフッド」
買いました。PS3とXbox360の両方で出ているけど、
買ったのは360版。Z指定のゲームなので、18歳未満の人は
購入・プレイは禁止です。これが残念なんだけど。
今回もなかなか面白い。

オンラインプレイはしていません。また、以下の内容は
プレイ途中の印象になります。


シリーズ3作目。前作のラストからそのまま話が続く。
シリーズ未経験の人には少々わかりにくいと思うが、
一応これまでの流れを説明してくれる場面はある。

太古から現代まで続く2つの組織の対立を描く話で、
現代に生きる主人公はアサシン一族の血を引いている。
特殊な機械を使ってDNAに残された祖先たちの記憶を
追体験していく。

前作では15世紀のイタリアに生きた祖先の記憶を追った。
祖先のエツィオは、普通の青年だったが父親などを
殺されたことをきっかけにアサシン(暗殺者)としての道を歩む。
悪の親玉との対決をしたところで前作は終わるが、
「ブラザーフッド」ではエツィオのその後の展開が語られる。

事を済ませ、拠点にしていた町に戻るが、敵に町を襲撃され
エツィオは逃走を余儀なくされる。この町は前作でプレイヤーが
発展させた町なので、なかなかショッキングな展開ではある。
その後舞台をローマに移し、反撃が始まる。


基本的なシステムは前作と同じ。グラフィックのクオリティも
ほとんど同じなので、最初はあまり新鮮さを感じなかった。
壁をよじ登ったり、屋根から屋根へ飛び移ったりする
シリーズおなじみのアクションは面白いし気持ちいいけど、
さすがにマンネリだった。
(街の雑踏感は相変わらずだし、コロッセオのてっぺんまで
登れたりするのは楽しい。ローマの遺跡にくわしいとより楽しめる)

しかし今回の場合、ある程度進めるとアサシン集団を組織できる。
このあたりからグンと面白くなってくる。一般人をスカウトして
アサシンとして育成できる。戦闘に呼び出して一緒に戦ったり、
自分は手を出さずに部下に殺させたり。ロシアやイギリスなど
遠くに派遣して別の仕事をさせたり。かなり面白い。

前作でも「協力者」はいたけど、最終的には孤独な戦いが
多かった。チームで戦える今作はなかなか新鮮。

実はアサシン集団を組織できるまでだいぶ時間をかけてしまった。
今作では街が部分的に敵に支配されていて、敵の隊長を倒すことで
支配から解放し、街を復興させる要素がある。私の場合序盤で
何人かの隊長を倒すことに時間を使ってしまった。

仲間がいたほうが戦闘が楽だし、新鮮さを感じられるので
序盤はストーリーを進めることに集中してもいいかも。
自由度(やりこみ度)の幅の広さが「アサシンクリード」の
特徴なので、個人の自由だけどね。

このゲーム、戦闘はそんなに難しくない。
なにしろ主人公が一流のアサシンなので。
しかし壁をよじ登るなどのアクションは序盤から
ちょっと応用っぽい操作を求められる感じもあった。

どんな風に登るのか、どう伝っていくのか、初めての人には
ちょっと難しいかも? 戦闘は仲間の助けを借りられるけど、
移動は自分でやるしかないので困るかもしれない。


基本的なところは変わっていないし、今のところ
変なシステムが導入されてプレイしにくいこともないので
シリーズが好きな人なら確実に楽しめそう。
初めての人でもいいけど、前作からプレイするのもアリ。
前作は廉価版は出ていたと思うので。

つづきの記事はこちら
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

「アサシンクリード ブラザーフッド」公式サイト
http://www.ubisoft.co.jp/acb/

参考。前作をプレイしたときの話
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-428.html


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...