2010年 ゲームベスト3
2010.12.25

今年買ったゲームの中から、特に印象深い3本を選ぶ
年末企画。

まずは今年買ったゲームを紹介。対応ハード名省略。
※印はDSiウェア。

「ファミリースキー」(みんなのおすすめセレクション版)
「立体かくし絵 アッタコレダ」(※) 「バイオショック2」
「スプリンターセル コンヴィクション」
「スーパーマリオギャラクシー2」
「ゼノブレイド」 「X-RETURNS」(※)
「メトロイド アザーM」 「レッド・デッド・リデンプション」
「フォールアウト ニューベガス」
「アサシンクリード ブラザーフッド」

それではベスト3の発表。3本選ぶというだけで、
ランキングをつけているわけではありません。


● 「レッド・デッド・リデンプション」(Xbox360、Z指定)

なんといっても今年はこれ。総合的にかなり完成度が高い。
元・義賊の主人公がアメリカを旅する西部劇アクション。
海外メーカーの技術力と資金力を見せつけられる大作。

グラフィックの質の高さは指摘せざるを得ない。
自分の経験のなかでは最も美しい大地が広がるゲーム。
馬に乗ってパカパカ歩くだけでも楽しい。人物の造形も見事。
写実的なグラフィックデザインでは現時点の最高峰。

グラフィックだけでなく、ゲームとしてももちろん面白い。
凄腕ガンマンの気分を味わえる。ロードで待たされる時間も
少ないので余計なストレスなしでプレイできる。

ストーリーも個性的な登場人物が多くて面白いが、
中盤以降、やや中だるみもあった。ここが欠点か。

人を撃ち殺すことの多いゲームなのでZ指定なのも
しかたがないが、プレイヤーが制限されるのが惜しい世界が
広がっている。

公式サイト
http://www.rockstargames.com/reddeadredemption/JP/

プレイしたときの記事(全4記事)
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-272.html

● 「ゼノブレイド」(Wii)

「レッド・デッド・リデンプション」が今年の海外作品の
代表格とするなら、「ゼノブレイド」は今年の国産RPGの
代表格になる。「今年の」ではなく、国産RPG全体の
ひとつの到達点ともいえる。

オンラインRPGを思わせるような規模のゲームで、
かなり広い世界を歩き回れるところが魅力のひとつ。
その世界は単純に奥行きがあるだけでなく、高さもある。
オフラインのゲームでは体験しにくい広い空間のなかを
冒険できるのは面白い。しかもロードが短いのが驚き。
BGMも注目。

ストーリーも面白いが、エンディングに到達するまでに
かなり長いプレイ時間を要求されるのは欠点かもしれない。
イベントシーンでのセリフ回しはやや青臭いところも。

規模の大きいゲームだけあって、システムはやや複雑。
ゲーム初心者にはやや敷居が高い部分もあるかも。
ストーリーを追いかけるだけではない自由度も魅力。

Xbox360やPS3用ソフトとくらべてグラフィックが劣ることを
指摘する人もいるが、Wii用だからこそなしえた1本だと思う。
Xbox360やPS3用だったら、予算も制作期間も大幅に
ふくれあがって企画が通らなかった可能性もある。
プレイしていればグラフィックが劣るとは感じにくい。
世界の広がりと美しさを充分に感じられる。

公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/sx4j/index.html

プレイした時の記事
その1 その2 その3

● 「バイオショック2」(Xbox360、Z指定)

3本目は迷った。最後は「スプリンターセル」と迷ったが、
「バイオショック2」にした。

このゲームは舞台になる海底都市「ラプチャー」が
印象的。荒廃した都市なので不気味ではあるものの、
栄えていたころを思い起こさせる美しさもある。
そんな場所を探索できるのは楽しい。デザインの勝利。

ゲームとしても当然面白くて、撃ちまくるだけでなく
罠をしかけたり、その場の環境を利用した戦闘もできる。
油が流れているところに火をつけたり、水に電気を流して
感電させたり。

このゲームもロードで待たされることは少なかった。

この世界で生きるために必要不可欠な物質を生み出す
「リトルシスター」を保護するか搾取するかでゲーム展開が
変わるところも魅力的。

公式サイト
http://bioshock2.jp/

プレイした時の記事
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-378.html

今年の3本はこうなった。あまり迷わず決められた。
3本中2本がZ指定というのも変な感じがするけど、
プレイヤーの選択次第で善人にも悪人にもなれるような
ゲームはZ指定になりやすいみたい。

● 来年は?

来年のゲーム業界はどうなるだろうか。
まずは2月のニンテンドー3DSが話題になるのは間違いない。
1年くらいは真価が発揮できないかもしれないけど。
品薄になる可能性も高そう。

そして、PS3の存在感が大きくなるのも間違いなさそう。
スタートダッシュに失敗したぶんを取り戻す。
Xbox360は低調が続きそうな感じ。キネクト用ソフトや
そのアピールで雰囲気を変えられる可能性はあるけど、
爆発的ヒットにはならないと思う。

次世代機はどうだろう。PSPやWiiにウワサがある
みたいだけど、なんともいえない。Wiiに大きな動きが
あるとすれば秋以降かもね。

ソフトメーカーはスマートフォン対応も進めるはずなので、
そのあたりも気になる。

● これまでのゲームベスト3
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003


この記事へのコメント

訪問 - たくみ - 2011年01月02日 13:41:18

アクセスしました。いつもお疲れ様ですm(__)m

ありがとう - 斎太郎 - 2011年01月02日 21:05:21

たくみさん、コメントありがとうございます。
また見に来てくださるとありがたいです。

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...