2004年 ゲーム私的ベスト3
2004.12.30

今年自分で買ったゲームのなかから
個人的に優れていると思われる3本を選んでみた。

購入したものは以下のもの。対応ハード名は省略。
「1080°シルバーストーム」
「ポケットモンスター リーフグリーン」「モンスターハンター」
「ピクミン2」「サイレントヒル4」
「3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!」
「まわるメイドインワリオ」
「ドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君」
「直感ヒトフデ」「リッジレーサーズ」
「ドンキーコングジャングルビート」

ファミコンミニも2本買ったが、新作ではなくリメイクでもないので
対象外とする。FF11も買いなおしたが、今年の新作ではないので
やはり対象外。

それではベスト3を。紹介順と面白さは無関係。

「モンスターハンター」
グラフィックの質が高く、BGMもなかなかいい。
巨大な竜を相手に戦うのは緊張感抜群で、
倒したときの達成感は大きい。
右スティックで剣を振るう操作もいい。

ネット接続環境がないと、充分に楽しめないと思うが
質の高いアクションゲーム。
カプコンの看板ソフトになる可能性もあると思う。

「まわるメイドインワリオ」
GBA本体を回して楽しむというプレイスタイルが斬新。
普通のコントローラでは絶対に味わえない操作感覚だ。
GBAを持っててよかったと感じた。

「わんこそば」のように次々と押し寄せるミニゲームもいい。
ゲームの内容により操作方法を変える必要があるので、 適度な緊張感がある。

ミニゲームのデザインもいい。
ゲームとしての操作する面白さと
ギャグマンガ風の見て楽しむ面白さが両立している。
思わず笑っちゃうゲームってなかなかない。

「直感ヒトフデ」
ゲームのルールが、ありそうでなかったもので、
発想の勝利と言えそう。シンプルで面白い。
パズルゲームの新たな名作。

ステージを自分でデザインして、それをパスワードで
他人に配布できたり、体験版をプレゼントできる点もいい。


さて、ベスト3は以上の3本になりました。
モンスターハンターとワリオの2本は迷わず決断。
3本目は、ヒトフデと金八先生のどちらにするか迷った。

「金八先生」は、シナリオが秀逸。
キャラデザインと声の演技もいい。
しかしゲーム的要素が少ないため、ベスト3から漏れた。

DQ8は、まだ途中なので結論は出せない。
ほぼすべての点で平均以上の質になっていると思うけど、
傑作とか名作といえるのか疑問。

リッジレーサーズは携帯機の新たな次元を見せてくれたという点で
記念碑的存在といえそう。
しかしゲーム内容は「リッジレーサーは面白い」ということを
再確認させてくれただけで、オリジナリティというか
新作らしさが少なく感じたのでベスト3には入れなかった。
あえて順位をつければ第5位だろう。

来年はPS2とGCの次世代機の情報が出てくるだろうから、
大きな動きのある年になりそう。
1月の「バイオ4」、2月の「メテオス」に注目。
「FF12」も注目しないわけにはいかない。
発売前に独自のイベントもあるんじゃないかと思う。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...