みんな知ってるAMARAY社
2007.01.08

映画DVDやゲームソフトのパッケージの製造メーカー
AMARAY社の話。

AMARAY(アマレー)という企業をご存じだろうか。
そんな会社聞いたことない、と答える方が多いと思う。
しかし当サイトをご覧になるような方なら、
AMARAY社の製品を何度も見ているはずなのです。

それに初めて気がついたのは、Wiiのソフト「ゼルダの伝説
トワイライトプリンセス」だった。パッケージの内側、
ディスクを固定する部分の左下に、「AMARAY」と
表記があった。

それを見たとき、パッケージの製造メーカーかな、と
思っただけで、特に気にしなかった。しかし状況が変わった。
その後、Xbox360の「ロストプラネット」のパッケージにも
「AMARAY」の文字があったのだ。PS2用パッケージを
確認すると、ここにも「AMARAY」の文字が。


画像はPS2用パッケージ。

ハードの垣根を越えてパッケージとして採用されている
ということは、世界中で膨大な数が流通していることになる。
かなり利益を上げているに違いない。いったいどんな企業なのか
知りたくなった。
(すべての生産を自社で行っているとは限らない。
他社にライセンスを与えている可能性もある)

結論からいえば、AMARAY社はイギリスの企業。
カタカナで表記すればアマレーだ。
ゲームソフトのみならず、映画DVDのパッケージでも
大きなシェアを持っている企業らしい。

ウィキペディアの「光ディスク」の項目には次のようにあった。
「プレイステーション2用ソフトのケースにアマレー社製のケースが
採用されたことを契機にDVDはトールケースが一般的となった」

日本語版ウィキペディアにはアマレー社の項目はなかったが、
英語版で検索してみると見つかった。それによるとDVDの
パッケージメーカーとして有名なようだ。
同じく英語版の「Keep case」の項目を見ると、アマレー社が
有名であることが書いてあり、映画DVDやゲームソフトの
パッケージに使われていることが書かれている。
(Keep caseとは、DVDの梱包方法のひとつ)

ここまでの調べのなかで、アマレー社のサイトも見つかった。
最初にGoogleで検索したとき、パッケージにあるロゴが見当たら
ないので違う企業かと思ったが、商品見本のページがあった。
たしかにこの企業だ。

残念ながら、収益や株価についてはわからなかった。
ここ数年の業績は右肩上がりだと思うけど。
また、なぜアマレー社の製品がここまでシェアを伸ばした
のかもわからない。品質がいいのか、価格が安いのか。

AMARAY社公式サイト(英語表記)
http://www.amaray.com/
商品見本
http://www.amaray.com/cases_examples.asp

ウィキペディア「光ディスク」のページはこちら
英語版ウィキペディア「Amaray」のページはこちら
同じく英語版「Keep case」のページはこちら


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...