Windows Vistaの普及のスピードは?
2007.01.25

Windows Vista(以下Vista)の発売が迫った。
パソコン誌ではしばらく前からVistaの特集が目立つが、
どれくらいのスピードで世代交代が進むのだろう。

Vistaは比較的性能が高いPCでないと快適に動かない。
特に、グラフィック性能がポイントになるらしい。
そのため、興味はあっても使えない場合がある。また、
圧倒的な機能の違いもないようなので、世代交代は
ゆるやかに進むと思う。

私も、Vistaを快適に動かせるほどのPCを持っていない。
数年前の大手メーカー製のPCなので、グラフィック性能が弱い。
PCをまるごと買い替えるほどの余裕はないし、必要性も感じない。
多くの人が私と似た状況ではないかと思う。
(そもそも、Vistaのことをよく知らない人も多いだろう)

そんななか、Windows XP Homeのサポートが2014年4月まで
延長されることが発表された。それまでは危険性の高い
不具合が見つかっても修正プログラムが提供される。
急いでVistaに移行する必要性はさらに下がった。
マイクロソフトの告知はこちら

単純に考えると、Vistaを発売直後に買うのはテレビの
地上デジタル放送を見られるようにするのと同じかも
しれない。デジタル放送は高画質だしデータ通信もあるが、
基本的にはアナログ放送でも問題ない。
のんびり切り替えていけばいいのかもしれない。

仮に、PCの性能やお金に問題がないとしても、
いきなり飛びつかなくてもよさそうだ。発売直後は
Vista未対応のサービスやソフトがあるはずだし、
不具合も出るだろう。そういう混乱の対処法がはっきり
してから利用するのが賢いかもしれない。

マイクロソフトのVistaとOfficeの紹介ページはこちら
Windows Vistaは1月30日発売。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...