マンガ・アニメ・ゲームの歴史がここに 「日本の表現力」展
2007.01.31

数日前のことになるが、国立新美術館で開催中の
「日本の表現力」展に行ってきた。これは文化庁メディア芸術祭の
10周年を記念した企画で、マンガ・アニメ・ゲームなどの
作品が展示されている。

入場無料なので、小規模の展示なのだろうと思っていたが、
予想に反して充実した内容だった。首都圏在住なら見に行く価値は
あると思う。会場の国立新美術館は今月オープンしたばかり。
空間が広くとられていて、なかなか気持ちよく過ごせる場所だった。
(2階にある会場入口を入ってすぐの看板に、著名人の
サインらしきものがあった。よく見なかったけど)

マンガ・アニメ系の展示は、原稿や動画の展示がある。
生原稿(アニメなら原画など)の展示は少ないが、それでも
有名な作品は断片的な展示でも「次のページが読みたい」と
感じさせる。
(最近の有名マンガを手にとって読めるコーナーあり)

動画は「ガンダム」や「エヴァンゲリオン」などが流れていて、
どれも思わず見入ってしまった。「誰か!イス持ってきて!」と
言いたくなった。
(実際、イスに座って見ることができるスペースもある)

ゴジラの着ぐるみの展示もあった。平成のゴジラシリーズで
使われたものだそうで、こんなに近寄って見られるとは
思わなかった。平成のゴジラシリーズは良くないと思うが、
直視できることに価値がある。

ゲーム関係の展示では、一部のゲームを実際にプレイできる。
プレイできるのは、ファミコンと初代プレイステーションのもの。

ドラゴンクエスト3を少しプレイした。ファミコンのコントローラを
握ったのは久しぶりで、懐かしい感覚だった。しかしそれ以上に
驚いたのが画面の粗さ。「こんなにヒドかったっけ?」と思うほど
恐ろしいまでにチープなグラフィックだった。
(街でキャラクターが並びすぎると表示がチラつくのも
久しぶりに見た。これも懐かしい)

初代バイオハザードも映像だけ展示されていたが、やはり
驚くほど画面が粗い。思い出は美化されるものなんだなあと
思うと同時に、ゲーム機の描画性能の向上を思い知らされた。
(ゲームの内容も向上しているかというと、それは疑問だが)

展示の後半は、体験系のアート作品が並んでいる。
これまでの展示とは雰囲気が変わって、これはこれで面白い。

開催は2月4日(日)まで。日程は残り少ないが、
散歩がてら行ってみるのもいいかも。館内には
カフェやレストランもある。少し高いけど。

「日本の表現力」公式サイト
http://plaza.bunka.go.jp/ex/index.html
「日本の表現力」公式ブログ
http://media-arts.cocolog-nifty.com/10th/
国立新美術館公式サイト
http://www.nact.jp/
蛇足だが、「国立新美術館」という名前は少し変な感じが
する。「新国立美術館」ならいいけど。

おまけ。屋外に展示されているランドウォーカー。



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...