Wiiの所有者の約半数は「非ゲーマー」
2007.04.16

日経のサイトに掲載された記事をご紹介。
エンターブレインが実施したアンケートによると、
Wiiの所有者の32.5%が3年以上ゲームに触れていなかった
「回帰ユーザー」で、始めて触れる者を合わせると46%が
「非ゲーマー」だという。

約半数がゲームになじみが薄い人達だったというこの結果を、
エンターブレインは「任天堂が大量のテレビCMを流したから」と 見ている。

たしかに、Wii発売前にはWiiリモコンを見せるだけのCMなどを
見た記憶があるが、個人的には他業種のCMよりも多く流れていた
という印象はない。

露出の多さよりも、Wiiリモコンとヌンチャクのデザインが
強く影響しているのではないか。明らかにこれまでのゲーム機とは
違うので、(ゲームに興味がなくても)興味を引かれたのだと思う。
「リモコンを振る」というスタイルも斬新だ。
(露出が多くなければ、目に止まることもないわけだが)

しかしこのアンケート調査の結果を信じれば、「Wii Sports」
「はじめてのWii」が100万本以上売れたのに対して
「ゼルダ」が50万本前後しか売れていないことが納得できる。
なじみやすさ(わかりやすさ)という点で見れば、ゼルダではなく
Wii Sportsを選ぶのは当然の流れだ。対戦もできるし。

Wiiの売れ行きは今のところ絶好調だけど、販売数だけでなく
任天堂がここ数年掲げている「ゲーム人口の拡大」という
目標も達成しつつあるのかもしれない。今後も定期的に
Wiiならではのソフトを出せれば、たとえPS3が大幅に値下げして
きたとしても、ある程度の地盤を確保できるのは間違いなさそうだ。

逆に考えると、今のWiiは「ゲームらしいゲーム」を出しても
思ったような結果が出ない可能性もあるということだ。
勢いがあるように見えても、ソフトメーカーにとっては
意外な落とし穴があるのかもしれない。

任天堂公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...