日付 : 2018年06月 の 記事一覧

赤十字、大阪府北部地震の義援金を募集中
2018.06.28

大阪府北部地震の被災者を支援するため、赤十字が義援金を集めています。

受付はすでに始まっていて、今年の9月28日(金)が締め切り。
詳細は下記のリンク先を確認してください。

平成30年大阪府北部地震災害義援金


掛け時計に秒針は必要なのか
2018.06.27

家のリビングで使っていた掛け時計が止まってしまった。
電池を交換しても動かないので、機械的に壊れたらしい。
修理してまで使うほどの時計ではないので、買い替えになった。

親が買ってきた新しい掛け時計は前と同じアナログ式のもの。
部屋が暗くなると秒針が止まる機能がついている。
電池の消耗を抑えるためなのだろうか。

そこでふと思ったのが「掛け時計に秒針が必要なのか」。

新たに買った時計の選定には関わっていないけど、
時計売り場を見ると掛け時計には秒針がついているのが基本だった。
針が1秒ごとに動くか、連続して動くかのちがいがあるくらいで、
秒針のない時計は意識して探さないと見つけられない。

正直、掛け時計に秒針はなくてもいい。
時計は時刻を知るための道具だけど、リビングの壁に設置する時計は
その部屋のシンボルというか装飾品的な意味が強い。
秒単位で時刻がわかる必要がない。
ざっくりと時刻がわかればよく、ざltくり感こそがアナログ時計の魅力だ。
(秒単位で知りたいならデジタル式が向いている)

秒針をなくせば、パーツが減るし組み立て工程も減るから
コストダウンになる。メーカーには悪くない話だと思う。
秒針がないと時計が動作しているか確認しにくいのがデメリットか。


秒単位で時刻を知りたい、時間を計測したいなら
デジタル式の時計やストップウォッチを使ったほうがいい。

腕時計や目覚まし時計もふくめてアナログ式時計全般に秒針がなくてもいいかなと
思ったけど、少なくとも掛け時計は秒針不要度が高いと思う。

あえて秒針を残すのは「機械が動いていますよ」と感じさせたいのかな。
時計としては長針と短針があればよくて、秒針は飾りというか
動作中をしめすランプのイメージ。


「進め! キノピオ隊長」体験版
2018.06.24

7月13日(金)に発売の「進め! キノピオ隊長」の体験版の話。

ニンテンドースイッチ版とニンテンドー3DS版が同時発売で、
体験版も両方ある。無料でダウンロードできます。
3DS版の体験版は30回までプレイできる。スイッチ版は無制限。

立体模型のようなステージの上をキノピオ隊長を動かして
ゴールを目指すゲーム。キノピオ隊長は歩いたり物を投げたりする
基本アクションしかできないが、ステージ上のしかけを動かしたり
視点を動かしてステージの構造を調べたりしながら進むのが楽しい。

このゲームはもともとWii Uの「スーパーマリオ 3Dワールド」の
ミニゲームとして登場したもので、あとで単独のWii U用ゲームになった。
スイッチ版と3DS版はこれの移植で、「スーパーマリオ オデッセイ」を
テーマにした新ステージが追加されている。

体験版では、序盤の3つのステージをプレイできる。
スイッチ版と3DS版の内容は同じ。

スイッチ版のみの要素として、1人プレイと2人プレイをいつでも変更できる。
2人プレイだと、片方がキノピオ隊長をサポートする感じになる。
赤い玉を投げて敵を攻撃するサポートもできるので、
2人プレイのほうが難易度が少し下がるかもしれない。
(3DS版は1人プレイのみ。スイッチ版も3DS版も難易度選択はない)

スイッチ版にはコントローラの振動機能もつくけど、これはどうでもいいかな。
グラフィックも少しリッチになる。

3DS版では立体視に対応しているけど、弱め。

3DS版は普通のニンテンドー3DSでプレイした。
ゲーム中に頻繁にある視点の操作が3DS版では少しやりにくい感じがした。
慣れの問題かも。New3DS(2DS)なら気にならないかもしれない。
(ゲーム中に説明される操作法のほかに、LやRボタンでも視点は変えられる。
Xボタンでズームアップ・ダウンも可能)

3DS版では、画面をタッチしてステージのしかけを動かす操作がある。
プレイ中に「画面をタッチしろ」という意味のアイコンが出てわかるけど、
スイッチ版の同じ操作は少しわかりにくかった。
画面上のポインター(青または赤の点)を動かすところに合わせてZRボタンを押す。
ZRを押すことはアイコンでわかるけど、ポインターも合わせるのは気づきにくい。


そこそこおもしろい体験版で、もっとプレイしたくなった。
しかし買うかと聞かれると微妙。買っても損はしないと思うけど。

スイッチ版と3DS版のどちらがいいかは好みの問題。価格は同じ。
両方持っているなら、スイッチ版のほうがいいかも。

「進め! キノピオ隊長」公式サイト

3DS版の体験版はニンテンドーeショップからダウンロードできますが、
発売前の今は「キノピオ隊長」のページの「予約」というところからダウンロードできます。
「予約」の部分にあるとは思わなかった。


余談だけど、3DS版は普通のニンテンドー3DSでプレイした。
ステージ中にハシゴを降りる効果音があって、これが気持ちいい音だった。
ハシゴは登る音と降りる音がちがって、降りる音だけくりかえし聞いた。
この音はスイッチ版だとテレビからもスイッチ本体からもよく聞こえない。
ささいなことだけど、ちょっと印象に残った。

 


ゲーム依存、WHOが病気と認定
2018.06.19

ゲームをプレイしすぎて日常生活に大きな問題が生じる状態を
WHO(世界保健機関)が精神衛生疾患のひとつに認定した。
数年後から発効するらしい。

「日常生活に大きな問題」とは、食事・入浴・睡眠などの
ありふれた行為よりもゲームを優先させたり、
家族や職場の同僚などの人間関係にも異常が起きたりする状況。
本人でさえ「これはよくない」と思っていてもやめられない状況。
アルコールやギャンブルの依存症に近いらしい。
(現時点では正確な判断ができる医者・研究者は少ない)

正式に認定されたことで、ゲーム業界には悪いニュースだけど、
ソフトメーカーや研究者、プレイヤーが問題の緩和を探るきっかけに
なると考えれば悪くないかもしれない。

オンラインゲームの場合、24時間サービスが実施される必要はないかもしれない。
人の生活リズムはいろいろだから、サービス休止を深夜帯に限る必要はないけど、
メンテナンス以外でも休止時間を定めるのはひとつの対策だろう。
ただし、ゲーム依存はオンラインゲームに限らないので根が深い。
本当に症状がひどい場合は寮生活などで生活リズムを変える必要があるのかもしれない。

あえていい方向で考えるなら、それだけハマッてしまう要素がゲームにあるのなら、
それを利用して達成困難なことを比較的楽に達成させるノウハウができそうだ。
リハビリとかダイエットとか。
または、ハマる要素を逆利用してゲーム依存から脱する(別の興味の対象を見つける)
ことも可能かもしれない。


前にも書いたかもしれないけど、個人的にはゲームに過度にハマッた経験はない。
ひとり暮らしだったら、食事や入浴の時間を後回しにすることはあったかもしれない。
それでも、食べないとか寝ないという状況でプレイすることはないだろう。
人生全般で、なにかにハマッたことがない。

境界線が難しいけど、なにかに没頭できるのは幸せでもある。
収入と支出のバランスがくずれたり、心身に悪影響がでると黄信号なのかも。


任天堂のE3 2018は事実上「スマブラダイレクト」だった
2018.06.13

ゲーム業界の最大イベントといえるE3。
ニンテンドーダイレクトは2018年に発売されるタイトルを
中心に紹介すると事前に語られていて、その通りになった。
すべてがニンテンドースイッチの話題。約43分。

事前にスマブラの年内発売は告知されていたので、
それが中心になったのは想定内だけど、
それ以外の話題では目立つものはなかった。

興味をひかれたのは、「スーパーマリオパーティ」で
2台のスイッチ本体をテーブルに並べてプレイしていたシーン。
2台の画面をひとつの画面としてプレイしていたみたいで、
本体を置く位置もゲームに関係するように見えた。
ちょっとおもしろそうだけど、買うかと聞かれると困る。
10月5日(金)発売。

冒頭で紹介された「デモンエクスマキナ」は
ロボットアクションゲーム。「アーマードコア」や
「ゼノブレイドクロス」のロボットアクションを感じさせる内容。
これは2019年の予定で詳細はわからない。

個人的にはスマブラには興味がないけど、12月7日(金)発売。
これまでのシリーズに登場したキャラが全部使えるのがポイント。
細かい調整がいろいろ加えられたそうだけど、
シリーズファンは新鮮な気持ちでプレイできるのだろうか。

任天堂公式サイト


人からおすすめされる行為
2018.06.09

先日の「出会い系サイトで本を紹介していた」という本を受けて、
本に限らず、リアルでは人からおすすめされる機会はほとんどないなと感じた。

ネットにふれていると、自分が好きなもの、おいしかったものなどの情報が
あふれているけど、「あなたにはこれがいいと思いますよ」と提案される機会は少ない。
先日の本でも「おすすめの本を紹介しています」と話すと相手の反応がよかったとある。
どんな本を紹介してくれるのかという期待と、紹介される機会の少なさが反応に出たのではないか。

自分の経験だと、たいていの場合は悩みつつも自分で決める。
相談することがない。服や靴を買うとしても「どれが似合いますかね」なんて聞かない。
あえていえば、自分に合うサイズが見当たらなくて問い合わせるくらい。
(逆にいえば、相談を必要とするほどの大きな買い物をしていない)

少ない経験のなかでは、礼服を初めて買ったときは軽く店員に相談した。
だいぶ前の話なので記憶があいまいだけど、正確には相談したわけではなく、
礼服売り場にいた店員につかまって「これくらいの価格帯(の礼服)がよいのでは」と提案を受けた。

提案されたのは、たしか4万円台のもので、もっと高いものとの差は
生地の染め具合などにあると軽く説明を受けたおぼえがある。
この店員も、客の見た目などで判断しておすすめ品を決めただろう。
結果として、スムーズな買い物ができた。


相談したくなる気持ちはわかる。
選択肢が多かったり、専門性が高かったりするものは決めにくい。
たとえば靴だったら、登山靴を初めて買うなら提案を受けたくなるかもしれない。
保険の契約や留学先の決定なんかも相談したくなりそう。
家を買うのもそうだろう。
自分だったらメガネのフレーム選びを相談したい。

商品によっては、店員に聞けば選択肢を提案してくれるだろうけど、
店の都合を優先した提案になることもあるらしい。
中立的な立場の相談相手はなかなかいない。
最終的な決断は自分でするのだから、ある程度は調べないとダメだ。

富裕層を相手にした商売ほど、提案型が増えそうな予感がする。


本を介した自分探し 出会い系サイトで本をすすめる女性
2018.06.08

「出会い系サイトで実際に70人に会って
その人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」(河出書房新社)という本を読んだ。
著者の花田菜々子さんの経験をもとに書かれた小説。
長編のエッセイともいえる。

タイトル通り、出会い系サイトに登録したヒロイン(著者)が
いろいろな人に会って、その人におすすめの本を提案していく。
出会い系とはいっても、恋愛対象を探すサイトではなく、
知らない人と会って話すのが目的のサイト。
私生活も仕事もいまいちだったヒロインがたまたまそのサイトと出会った。

会った相手の興味や悩みを本で解決していく話ではなくて、
むしろヒロインが相手から刺激を受けて解放されていく。
変な人もいるけど、一期一会な感じがなかなかいい。

実話がベースになっているらしいけど、
どこまでが実話なのか聞いてみたくなった。
ちがう世界をのぞいたような感じで、そこそこおもしろい。
ほんのりとした恋愛(あるいは友情か)も描かれたりするので、
そのうち2時間ドラマとかで映像化されるかもしれない。

Amazonでは紙とキンドル版の両方があり、
現時点ではキンドル版は2割引でさらに9%のポイントつきでした。
価格やポイントは変動します。



自分が気に入ったものを紹介するならともかく、
相手が好きそうな(参考になりそうな)本を紹介するのはむずかしそうだ。
自分の親を相手にゲームをすすめた経験があるけど、
ひとまず試してみるしかないという感じだった。
おおげさに表現すれば実験。ぼんやりとした状態で反応を見るしかない。
薬を処方する医師も同じ気分かも。

そう遠くない将来、本もゲームもAIが選択を助けてくれるようになる。
個人情報の提供を惜しまなければ、ハズレは避けられそう。

それでも、対話を通じて提案したり・されたりするのは体験としておもしろそうだ。
ゲームだとゲーム機本体から買わないといけなかったりするので壁があるけど。


「マリオテニス エース」先行オンライン大会は12戦12敗
2018.06.02

「マリオテニス エース」のオンライン体験イベントが開催中。
トーナメント方式の対戦と、コンピュータ相手の練習試合ができる。
マリオテニスは長いシリーズがあると思うけど、まともにプレイしたのは初めてかも。

「マリオテニス エース」公式サイト
発売前先行オンライン大会は6月3日の23時59分まで。

今のところの印象では、あまりおもしろくなかった。
12戦12敗では印象が悪くてもしかたない。
人とは別にコンピュータとも4回くらいやったけど全敗。

おしくも負けた、という感じではなく、常に劣勢。
「アームズ」の体験会のときも似たような印象だったかもしれない。
自分には合わなかったみたいだ。

操作説明はあるので、じっくり練習することもできる。
オプションで視点の動きを反転させたりできるけど、
振動をオフにする項目がなかったのは不思議だ。
試合中のリプレイをオフにするのもできなかった。

製品版がほしいとは感じないし、
「1日1試合は無料でできますよ」といわれたとしてもあまり気が乗らない。
それでも、eスポーツとしてはウケがよさそうな気はする。
だからこそシリーズがつづているともいえる。


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...