日付 : 2018年06月 の 記事一覧

ゲーム依存、WHOが病気と認定
2018.06.19

ゲームをプレイしすぎて日常生活に大きな問題が生じる状態を
WHO(世界保健機関)が精神衛生疾患のひとつに認定した。
数年後から発効するらしい。

「日常生活に大きな問題」とは、食事・入浴・睡眠などの
ありふれた行為よりもゲームを優先させたり、
家族や職場の同僚などの人間関係にも異常が起きたりする状況。
本人でさえ「これはよくない」と思っていてもやめられない状況。
アルコールやギャンブルの依存症に近いらしい。
(現時点では正確な判断ができる医者・研究者は少ない)

正式に認定されたことで、ゲーム業界には悪いニュースだけど、
ソフトメーカーや研究者、プレイヤーが問題の緩和を探るきっかけに
なると考えれば悪くないかもしれない。

オンラインゲームの場合、24時間サービスが実施される必要はないかもしれない。
人の生活リズムはいろいろだから、サービス休止を深夜帯に限る必要はないけど、
メンテナンス以外でも休止時間を定めるのはひとつの対策だろう。
ただし、ゲーム依存はオンラインゲームに限らないので根が深い。
本当に症状がひどい場合は寮生活などで生活リズムを変える必要があるのかもしれない。

あえていい方向で考えるなら、それだけハマッてしまう要素がゲームにあるのなら、
それを利用して達成困難なことを比較的楽に達成させるノウハウができそうだ。
リハビリとかダイエットとか。
または、ハマる要素を逆利用してゲーム依存から脱する(別の興味の対象を見つける)
ことも可能かもしれない。


前にも書いたかもしれないけど、個人的にはゲームに過度にハマッた経験はない。
ひとり暮らしだったら、食事や入浴の時間を後回しにすることはあったかもしれない。
それでも、食べないとか寝ないという状況でプレイすることはないだろう。
人生全般で、なにかにハマッたことがない。

境界線が難しいけど、なにかに没頭できるのは幸せでもある。
収入と支出のバランスがくずれたり、心身に悪影響がでると黄信号なのかも。


任天堂のE3 2018は事実上「スマブラダイレクト」だった
2018.06.13

ゲーム業界の最大イベントといえるE3。
ニンテンドーダイレクトは2018年に発売されるタイトルを
中心に紹介すると事前に語られていて、その通りになった。
すべてがニンテンドースイッチの話題。約43分。

事前にスマブラの年内発売は告知されていたので、
それが中心になったのは想定内だけど、
それ以外の話題では目立つものはなかった。

興味をひかれたのは、「スーパーマリオパーティ」で
2台のスイッチ本体をテーブルに並べてプレイしていたシーン。
2台の画面をひとつの画面としてプレイしていたみたいで、
本体を置く位置もゲームに関係するように見えた。
ちょっとおもしろそうだけど、買うかと聞かれると困る。
10月5日(金)発売。

冒頭で紹介された「デモンエクスマキナ」は
ロボットアクションゲーム。「アーマードコア」や
「ゼノブレイドクロス」のロボットアクションを感じさせる内容。
これは2019年の予定で詳細はわからない。

個人的にはスマブラには興味がないけど、12月7日(金)発売。
これまでのシリーズに登場したキャラが全部使えるのがポイント。
細かい調整がいろいろ加えられたそうだけど、
シリーズファンは新鮮な気持ちでプレイできるのだろうか。

任天堂公式サイト


人からおすすめされる行為
2018.06.09

先日の「出会い系サイトで本を紹介していた」という本を受けて、
本に限らず、リアルでは人からおすすめされる機会はほとんどないなと感じた。

ネットにふれていると、自分が好きなもの、おいしかったものなどの情報が
あふれているけど、「あなたにはこれがいいと思いますよ」と提案される機会は少ない。
先日の本でも「おすすめの本を紹介しています」と話すと相手の反応がよかったとある。
どんな本を紹介してくれるのかという期待と、紹介される機会の少なさが反応に出たのではないか。

自分の経験だと、たいていの場合は悩みつつも自分で決める。
相談することがない。服や靴を買うとしても「どれが似合いますかね」なんて聞かない。
あえていえば、自分に合うサイズが見当たらなくて問い合わせるくらい。
(逆にいえば、相談を必要とするほどの大きな買い物をしていない)

少ない経験のなかでは、礼服を初めて買ったときは軽く店員に相談した。
だいぶ前の話なので記憶があいまいだけど、正確には相談したわけではなく、
礼服売り場にいた店員につかまって「これくらいの価格帯(の礼服)がよいのでは」と提案を受けた。

提案されたのは、たしか4万円台のもので、もっと高いものとの差は
生地の染め具合などにあると軽く説明を受けたおぼえがある。
この店員も、客の見た目などで判断しておすすめ品を決めただろう。
結果として、スムーズな買い物ができた。


相談したくなる気持ちはわかる。
選択肢が多かったり、専門性が高かったりするものは決めにくい。
たとえば靴だったら、登山靴を初めて買うなら提案を受けたくなるかもしれない。
保険の契約や留学先の決定なんかも相談したくなりそう。
家を買うのもそうだろう。
自分だったらメガネのフレーム選びを相談したい。

商品によっては、店員に聞けば選択肢を提案してくれるだろうけど、
店の都合を優先した提案になることもあるらしい。
中立的な立場の相談相手はなかなかいない。
最終的な決断は自分でするのだから、ある程度は調べないとダメだ。

富裕層を相手にした商売ほど、提案型が増えそうな予感がする。


本を介した自分探し 出会い系サイトで本をすすめる女性
2018.06.08

「出会い系サイトで実際に70人に会って
その人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」(河出書房新社)という本を読んだ。
著者の花田菜々子さんの経験をもとに書かれた小説。
長編のエッセイともいえる。

タイトル通り、出会い系サイトに登録したヒロイン(著者)が
いろいろな人に会って、その人におすすめの本を提案していく。
出会い系とはいっても、恋愛対象を探すサイトではなく、
知らない人と会って話すのが目的のサイト。
私生活も仕事もいまいちだったヒロインがたまたまそのサイトと出会った。

会った相手の興味や悩みを本で解決していく話ではなくて、
むしろヒロインが相手から刺激を受けて解放されていく。
変な人もいるけど、一期一会な感じがなかなかいい。

実話がベースになっているらしいけど、
どこまでが実話なのか聞いてみたくなった。
ちがう世界をのぞいたような感じで、そこそこおもしろい。
ほんのりとした恋愛(あるいは友情か)も描かれたりするので、
そのうち2時間ドラマとかで映像化されるかもしれない。

Amazonでは紙とキンドル版の両方があり、
現時点ではキンドル版は2割引でさらに9%のポイントつきでした。
価格やポイントは変動します。



自分が気に入ったものを紹介するならともかく、
相手が好きそうな(参考になりそうな)本を紹介するのはむずかしそうだ。
自分の親を相手にゲームをすすめた経験があるけど、
ひとまず試してみるしかないという感じだった。
おおげさに表現すれば実験。ぼんやりとした状態で反応を見るしかない。
薬を処方する医師も同じ気分かも。

そう遠くない将来、本もゲームもAIが選択を助けてくれるようになる。
個人情報の提供を惜しまなければ、ハズレは避けられそう。

それでも、対話を通じて提案したり・されたりするのは体験としておもしろそうだ。
ゲームだとゲーム機本体から買わないといけなかったりするので壁があるけど。


「マリオテニス エース」先行オンライン大会は12戦12敗
2018.06.02

「マリオテニス エース」のオンライン体験イベントが開催中。
トーナメント方式の対戦と、コンピュータ相手の練習試合ができる。
マリオテニスは長いシリーズがあると思うけど、まともにプレイしたのは初めてかも。

「マリオテニス エース」公式サイト
発売前先行オンライン大会は6月3日の23時59分まで。

今のところの印象では、あまりおもしろくなかった。
12戦12敗では印象が悪くてもしかたない。
人とは別にコンピュータとも4回くらいやったけど全敗。

おしくも負けた、という感じではなく、常に劣勢。
「アームズ」の体験会のときも似たような印象だったかもしれない。
自分には合わなかったみたいだ。

操作説明はあるので、じっくり練習することもできる。
オプションで視点の動きを反転させたりできるけど、
振動をオフにする項目がなかったのは不思議だ。
試合中のリプレイをオフにするのもできなかった。

製品版がほしいとは感じないし、
「1日1試合は無料でできますよ」といわれたとしてもあまり気が乗らない。
それでも、eスポーツとしてはウケがよさそうな気はする。
だからこそシリーズがつづているともいえる。


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...