日付 : 2017年10月 の 記事一覧

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」11月下旬配信
2017.10.25

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が公開されました。
iOSとAndroid向けに11月下旬から配信。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」公式サイト
音が流れるので注意

今回のニンテンドーダイレクトは約15分。
濃い内容だった。ぜひダイレクトの映像を見てほしい。

今の印象として、こんなにきちんとした「どうぶつの森」を
出すなんて意外だった。まさにシリーズの最新作で、
任天堂のスマートフォン事業への本気を見たというか、
スイッチ版の「どうぶつの森」は当面出ないのではと思うくらい。
(ゲーム機でプレイしたい人には残念な発表といえるくらいのイメージ通りの新作)


今回の「どうぶつの森」はキャンプ場が舞台で、
プレイヤーはキャンプ場の管理人になる。
キャンプ場はいくつかのエリアに分かれていて、
キャンピングカーで移動する。

キャンプ場に来ているどうぶつたちと話して、
虫や果物などを届けたりすると素材をもらえる。
その素材を使ってキャンプ場に設置する設備(家具)をつくる。

大規模な家具ほど完成まで時間がかかる。
時間を早めるためのアイテムがある。
ゲーム内で条件を満たしたり、リアルのお金でそのアイテムを買える。


リアルの時間と連動しているのはこれまで通り。
時間帯によってキャンプ場内のどうぶつが違うらしい。
季節のイベントもある。
(定住はしない?)

ほかのプレイヤーが自分のキャンプ場を訪れることがあり、
そのプレイヤーのキャンプ場を見学したり、バザーで品物を買える。
フレンドにもなれる。
(同時にキャンプ場内を歩き回ることはできない?)

キャンピングカーの内装・外装はカスタマイズできる。
シリーズでおなじみ、ローンを組んで改造することも。

今回の映像を見た限りでは、ほんとにシリーズ最新作。
のんびりプレイしてもいいし、せっせとお金や素材を集めるプレイもいいみたい。
3DSでも出してくれ、と望む人が絶対いると思う。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」
音が流れるので注意


スマホ版「どうぶつの森」、明日情報解禁
2017.10.24

スマートフォン・タブレット用の「どうぶつの森」が
明日正午からのニンテンドーダイレクトで明らかになる。

スマートフォン版「どうぶつの森」ダイレクト
いつもの通り、任天堂の公式YouTubeチャンネルなどでも見られます

どのような内容なのか、どんな料金システムなのか、
さっぱりわからない。料金は完全無料はなさそうだ。

内容は、これまでのシリーズとは少しちがうものになるのではないか。
村のなかを自由に歩き回るシステムではないかも。

アプリの配信がいつ始まるかわからないけど、
スーパーマリオランよりも注目を集めるのはまちがいない。
緊急メンテナンスなどで通常のプレイができない可能性もあるかもしれない。


「はじめてのニンテンドースイッチ」配布中
2017.10.18

はじめてのニンテンドースイッチ

これからニンテンドースイッチを買う人、
初めてゲーム機を買う人に向けた冊子が店頭で配布されています。

むかし、「はじめのWii」という冊子が配布されていたけど、
それと同じような超基本的なことを説明する内容。

最初のページにあるのが
「Nintendo Switch って何?」
「いつでも、どこでも、誰とでも楽しめるゲーム機です。」
という説明。これだけでも冊子の内容がだいたいわかると思う。
「Nintendo Switch」には「ニンテンドースイッチ」とふりがなまでついている。

はじめてのニンテンドースイッチ


よくある質問と回答のページもあって、
「3DSやWii Uのソフトは動かない」とか
「海外向けに販売されているニンテンドースイッチのソフトは
基本的に動くけど、動作保証はしていない」などが書かれている。

裏表紙は周辺機器の紹介。単品販売のジョイコンなど。


基本的に任天堂ホームページを見られる人には用のない内容。
スイッチを欲しがっている人向けというか、「お金を出す人向け」という感じ。

これを読んで予習するのはいいけど、品薄は解消されそうにない。
クリスマスや年明けに買いたいなら、今から探して買ったほうがいい。
状況は厳しいと思う。

任天堂サイト内、ニンテンドースイッチのページ

ニンテンドースイッチについての任天堂サポートページ

ニンテンドースイッチ本体とソフト以外に、買ったほうがいいものはあるかと
聞かれたら、「特にない」と答える。
USB接続のLANケーブルのアダプター(パソコン用)があると、
テレビにゲーム画面を出してネット接続するときに役立ちます。
無線接続でもいいけど。

スイッチ本体の画面を保護するフィルムは、あってもなくてもいい。
外に持ち出す機会が多いなら、あったほうがいいかも。
私は使ってません。

「ジョイコン拡張バッテリー(乾電池式)」を買ったけど、
おすすめ度は低い。非常用として役立ったことはあるけど、プレイしにくい。
買ったときの話は下記参照
「ジョイコン拡張バッテリー(乾電池式)」を買ってみた(17.6.17)


期日前投票に行ったら投票箱に気をつけて
2017.10.17

2017年10月22日、衆議院選挙が行われる。
合わせて最高裁判所裁判官の国民審査も行う。

私は期日前投票に行ったんだけど、少しまちがえやすい
ポイントがあったのでこれから行く人は参考にしてください。
投票日当日も同じかもしれない。


期日前投票を受け付ける場所に行くと、
最初に小選挙区の投票をする。立候補者の名前を書いて投票。
自分の氏名や生年月日などを記入した紙は投票箱に入れない。

注意してほしいのはここから。
小選挙区の投票が終わると、比例区の投票用紙と
裁判官国民審査の記入用紙を同時に渡される。

それぞれの用紙に記入したら、投票する箱に注意してほしい。
比例区と国民審査は別の箱に入れる。
箱の上に「比例区」や「国民審査」と書かれた紙がついている。

もしも箱をまちがえたり、2枚を同じ箱に入れたりしたら
無効票の扱いになってしまう。

最後に自分の氏名や生年月日などを記入した紙を係の人に渡して投票は終わり。


私が投票しようとしたとき、一瞬、どちらの紙をいれるべきなのか迷った。
適当に入れてしまう人や、2枚いっしょに入れてしまう人が
高い確率でいそうな気がする。特に高齢者。

比例区の紙だけ渡して投票して、そのあとに国民審査の紙を渡せば
まちがいは必ず避けられる。あるいは箱をひとつにすればいい。
なぜ2枚いっしょに渡すのだろう。
人件費は変わらないので、あきらかにシステムがおかしい。

国民審査は初めてではないけど、これまでのことは覚えていない。
私が行った投票所の問題なのかなと思って調べたら、
どうやら全国的にこのシステムらしい。



スニッカーズのCMに携帯型ゲーム機
2017.10.15

スニッカーズのCMに携帯型ゲーム機をプレイしている様子が映っていた。
今となっては、ややなつかしい気配がした。
このCMは今月の上旬から流れているらしい。

「彼女よりゲームだよな」と遊んでいる男性3人に対して、
少し離れたところにいるもうひとりの仲間が
「おまえら、彼女いたことねーだろ」とツッコミをいれてくる。

「お腹がすいていると通常の行動ができない」
(だからスニッカーズを食べよう)という演出のCM。

男性たちがプレイしているゲーム機は「折りたたみ式」で、
ニンテンドー3DS LLを思わせる形をしている。

スマホやタブレットではなく、ゲーム機を使ったのは意外だった。
ゲームをしている状況だとすぐにわからせるには
携帯型ゲーム機のほうが適切だったのかもしれない。
機器の外見だけでわかるから。


スマートスピーカー発売。買うのはまだ早そう
2017.10.09

Google homeなど、スマートスピーカーの販売が始まった。
数社が企画していて、しばらく発売がつづくみたいだ。
興味はあるけど、今のところ、できることは限られている。
場合によってはおもちゃの域を出ない感じもする。

しかしそう遠くない将来、目や脚に問題がある人には
特に役立つしかけになると思う。

現時点では、住宅設備の対応があまりに足りない。
窓や玄関のカギやインターホン、家電など、遠隔操作できるものがもっと増えないと役に立たない。
これは時間がたてば解決する。

設備投資が大きくなりそうなので、普及するのは時間がかかるかもしれない。

今のところ、気になっているのは音声操作をするときに
まずは合言葉のようなものを言わないといけないところ。
OK、Googleとかヘイ、Siriとか。
これを言わずに、いきなり指示できたらいいのに。

同居人に話しているのか、ひとりごとなのか、
スマートスピーカーに話しているのか、判断するのは難しいかもしれない。
執事がいるとしたら、まず名前を呼ぶのは自然かもしれないけど、現実世界なら視線や口調で(名前を呼ばずに)判断できることもある。

ひとまず、合言葉を自由に設定できるといいかもしれない。


「ガールズモード4」が楽しそう
2017.10.03

ニンテンドー3DS向けに発売される
「ガールズモード4 スター☆スタイリスト」がおもしろそう。
11月2日(木)発売予定。

セレクトショップの店長になって、お客さんの要望に合わせて
服やバッグなどをコーディネートするゲーム。
私はシリーズ第2弾だけプレイしたことがあるけど、
男でも楽しめる。その最新作が発売される。

ゲームの基本は変わっていないみたいだ。
歌手を目指す客が登場して、ステージで着る衣装をコーデしたり
ライブのカメラワークを設定する要素もあるみたい。

今作ではイラストを担当している人が変わったみたいだけど、
ゲーム内の描写は大きな変化はないっぽい。

ちょっと残念な点として、立体視やすれちがい通信に対応しない。
立体視はともかく、すれちがい通信の非対応は本当に残念。
もっとも、最近はすれちがいが激減しているし、
任天堂製のソフトでもすれちがい通信非対応のソフトが増えている。
すれちがい通信は事実上廃止されたのかもしれない。

インターネットにつないで、自分のコーデをほかのプレイヤーに売る
要素は今作にもあります。

気が早いけど次回作があるならスイッチ用かスマホアプリになるはず。
自分のコーデを他人に見せやすいのはスマホアプリかもしれない。

「ガールズモード4 スター☆スタイリスト」公式サイト

amazon Girls Mode 4 スター☆スタイリスト
amazon  Girls Mode 4 スター☆スタイリスト


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...