日付 : 2017年06月 の 記事一覧

3DS版ドラクエ11の詳細が明らかに
2017.06.21

7月29日(土)発売のニンテンドー3DS版
「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」を特集した
ニンテンドーダイレクトが公開されました。今回は約14分。

YouTube 任天堂公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/NintendoJPofficial
音に注意

PS4版もあるDQ11だけど、当然ながら3DS版のみを特集。
未公開だった要素が公開された。
以下の要素は3DS版のみ。

DQ11では、2D表示と3D表示を選んでプレイできる。
ゲーム中、教会で表示形式を変えられる。
今作ではフィールド上の「キャンプ」でもセーブができて、
キャンプでも表示形式を変えられる。

2D表示だけの要素
フィールド上に「かくれスポット」がある。
森のなかにポツンと草地があるなど、周囲と違う部分がある。
そこに入ると、宝箱があったりする。

3D表示だけの要素
移動中、「ジャンプ」ができる。
ジャンプしないと行けない場所はないらしい(?)

すれちがい通信について
ほかのプレイヤーと「ヨッチ族」を交換できる。

ヨッチ族はフィールド上で集められ、いろいろタイプがある。
何体かを集めて「時渡りの迷宮」にチャレンジさせる。
それをクリアすると特殊なアイテムを入手でき、
ドラクエの過去作の1シーンへ行ける。
サブシナリオを楽しめる。

ドラクエの経験が長い人ほど楽しめそうな要素。
どれくらいの数(ボリューム)があるのかわからないけど、
有料ダウンロードコンテンツとして追加したらそこそこ売れそう。

時渡りの迷宮は自動で進めることもできるし、
プレイヤーが操作することもできる。

「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」公式サイト
http://www.dq11.jp/
3DS版は3つのセーブデータをつくれます。
また、立体視には対応していません。

Amazon ドラゴンクエスト11
Amazon ドラゴンクエスト11


「ジョイコン拡張バッテリー(乾電池式)」を買ってみた
2017.06.17

ジョイコン拡張バッテリー パッケージ

今のところ、ニンテンドースイッチのジョイコンには
「すぐに充電が切れる」という印象はない。
それでも、充電のときにスイッチ本体に装着するのを
面倒に感じていた。スイッチ本体はほとんどドックに差してあるので、
ドックまで行くのが面倒。

プレイしたいときに充電が切れたら気分が悪いので、
ジョイコン拡張バッテリー(乾電池式)を買ってみた。
単三電池でジョイコンを充電(給電)できる公式な周辺機器。
付属の電池が切れたらエネループなどの充電池を使うつもり。

今日届いたので使用時間は短いけど、
「非常用として買うなら悪くないかも」という印象。

パッケージが説明書をかねているので、捨てないほうがいい。
パッケージの中身は左右の拡張バッテリーと試供品の電池だけ。

装着すると、全体的に「いなり寿司」みたいな形状になる。
拡張バッテリーを装着した状態で上から見たところ
拡張バッテリーを装着
白い部分はジョイコンの取りつけ・取りはずしのときに動かす


ジョイコンを装着しても、ボタンの押し心地は変わらない。
しかし、単三電池を2本ずつ使うので、かなりズッシリする。

Wiiリモコンも単三電池を2本使っていたから、
実際の重さはたいしたことはないはず。
しかしジョイコンそのままの軽さと比較すると重く感じる。

常にバッテリーをつけた状態でプレイしたいとは思わない。
はずしてみると、ジョイコンの薄さと軽さに感激する。

底面には赤いランプがつきます。
充電(給電)中は点灯するみたい。充電が完了すると消灯。
このランプはパッケージに説明がない。
ジョイコン拡張バッテリーのランプ

ちなみに、電池1本でも充電できないかなと思って
1本はずしてみると、動作しなかった(ランプが消えた)。

今のところの結論としては、強くおすすめしたい商品ではありません。
使ったことはないけど「ジョイコン充電グリップ」のほうが軽くていいのかも。
拡張バッテリーは左右の手の位置を自由にできるメリットがあるけどね。

ニンテンドースイッチ周辺機器のページ
https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/accessories/index.html

Amazon ジョイコン充電グリップ
Amazon ジョイコン充電グリップ

Amazon ジョイコン拡張バッテリー(乾電池式)
Amazon ジョイコン拡張バッテリー(乾電池式)


E3 2017 任天堂の発表
2017.06.14

任天堂が海外のイベントに合わせて新作の情報を公開しました。
動画は約25分。
「年内に発売されるものを中心に紹介」とのことで、
サプライズはなかった。

ほぼすべての情報がニンテンドースイッチ向けで、
3DS向けの情報はなかった。

一番たのしそうなのはダントツで「スーパーマリオ オデッセイ」。
ヨッシーの新作もグラフィックとしては興味をひかれた。

任天堂以外のメーカーからの情報がほとんどなかったのは残念。
様子見をしていたメーカーが動き始めたばかりで、
出せる情報がないのかも。

任天堂 E3 2017の情報
https://www.nintendo.co.jp/e3/index.html

以下、動画で紹介されたタイトル。
発売時期は断りがない限りアメリカのもの。

「ゼノブレイド2」2017年冬発売。
日本語音声つきの動画。
パートナーとなるキャラと組んで特殊な武器を使う?

公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/switch/adena/index.html
音が流れるので注意

「カービィ」の新作。2018年。
4人同時プレイができる?

「ポケモン」の新作がスイッチ向けに開発中。
ポッ拳DXとは別のもの。

「メトロイドプライム4」を開発中。
ゲーム内容は不明。

ヨッシーが主人公の新作。2018年。
ペーパークラフト的なステージを進む。
ステージの裏側へ回りこむことも可能。

「ファイヤーエムブレム無双」

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」
追加コンテンツを改めて紹介。
ゲームに登場する4人の英傑のアミーボを発売。

「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」
欧米では8月29日発売。日本は2018年。

「ロケットリーグ」2017年年末
車で行うサッカーみたいなゲーム。
他機種版との対戦もできる?

「スーパーマリオ オデッセイ」
2017年10月27日発売。
敵に変身して(乗り移って?)移動できる。
「壁画リンク」風の移動をしているシーンもあった。
テーマ曲的なものも流れていて、これもよかった。


「マインクラフト」、ゲーム世界を統一へ
2017.06.12

「マインクラフト」がバージョンアップされ、
ほとんどのハードで同じシステムでプレイできるように
なるのだそうだ。今年の夏にバージョンアップされる予定。

これにより、スマホ、タブレット、ゲーム機、PCで
同じシステム(ルール)でプレイするようになり、
ハードを問わず同じゲーム世界にアクセスすることも可能になる。

ひとりでコツコツとプレイする人にも影響はあって、
ひとつの世界を外出先ではスマホでプレイして、
自宅ではテレビ(ゲーム機)でプレイできるようになる。
(ハードごとにソフトを買う必要はある)


話題になるゲームソフト(アプリ)はいろいろあるけど、
「マインクラフト」はかなり特殊な例だと思う。
これほど大きく成長するソフトはもう現れないかもしれない。

もともとの「マインクラフト」はスウェーデン人の
プログラマーによるインディーズゲーム(同人ゲーム)だった。
それが商業作品なみに人気を集めて、
PCやゲーム機のみならずiOSやAndroidにも対応、
ハードの壁をこえてゲーム世界を構築しようとしている。

現在、「マインクラフト」の権利はマイクロソフトが持っている。
それにも関わらず、ソニーや任天堂のゲーム機にも
対応しているのはすごい話だ。
(ニンテンドースイッチ版の「マインクラフト」もある)

ハードを問わずに同じ世界でプレイできるようになるのは
今年の夏から。例外になるハードもあって、
PS3、PS4、Wii U、PS Vitaなどは従来通りの遊びかたしかできない。


ニンテンドースイッチの有料オンラインサービスが明らかに
2017.06.04

ニンテンドースイッチのオンライン対戦などは有料だと
告知されていた。先日その料金が明らかになった。
これまでは今年の秋から有料化される予定だったけど、
2018年からに変更になった。それまでは無料。

ニンテンドーオンラインサービス
https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/onlineservice/index.html

新しい開始時期が「2018年」というのは漠然としている。
開発が遅れているのかもしれないし、
本体の品薄が解消していないので延期したのかもしれない。

料金設定を見ると、意外と安いと感じた。
1ヶ月300円、3ヶ月800円、
1年分なら2400円だそうだ。いずれも税込。

有料オンラインサービスを使わなくても、
ニンテンドーアカウントを取得(無料)すれば
ニンテンドーeショップの利用やフレンド登録などはできる。

また、ニンテンドーアカウントがなくても、
ネット接続環境があれば本体の更新とソフトの更新は可能。

任天堂以外のメーカーが出しているソフトで
オンライン対戦などをする場合、別料金が必要になる
可能性はあるので確認したほうがいい。

ニンテンドースイッチ オンラインサービス
https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/onlineservice/index.html


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...