日付 : 2016年10月 の 記事一覧

「ニンテンドースイッチ」の次世代感は充分なのか
2016.10.21

具体的な姿を見せたニンテンドースイッチ。
少なくともWii Uと同程度の性能を持つゲーム機を
テレビ接続だけではなく外に持ち出せることが
最大のメリットとして紹介されていたように思う。

据置型ゲーム機用に開発された「ゼルダの伝説」や
「スプラトゥーン」を外でもプレイできるのはすごいことだ。
かつて、初代プレイステーションやセガサターンが発売されたときは
ゲームセンターで遊ぶしかなかった「バーチャファイター」や
「リッジレーサー」が家でできると衝撃的に受け止められた。
それと似た変化だ。

その一方、コントローラーには特に新しい提案はない。
切り離せるコントローラー(ジョイコン)の実態は
標準的なボタン構成みたいだ。
WiiやWii Uとくらべると、おとなしくなってしまっている。
(そうしないとソフトメーカーがソフトを出してくれないという判断かも)

「プレイできる場所が広がります」という提案がメインでは
やや弱いような気がする。

入力方法について、まだ公開していないことがあるかも
しれないけど、その可能性は低いと思う。
少なくとも「別のワイヤレスコントローラー」が標準にはならない。
それを付属させると6000~7000円は価格が上がるから。
WiiリモコンやWii Uゲームパッドが使える可能性はあるけど、
周辺機器なら積極的に使われない。


「ニンテンドースイッチ」公開
2016.10.21

予告通り新型ゲーム機の動画が公開された。
「ニンテンドースイッチ」という名称。
来年3月の発売予定は変わらない。
スイッチには「切り替える」という意味がある。

任天堂ホームページ
https://www.nintendo.co.jp/
「ニンテンドースイッチ」についてのニュースリリース
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/161020.html
今回の約3分の映像はYouTubeの任天堂公式チャンネルでも見られます。

動画を見る限りでは、
「Wii Uゲームパッドの進化版」という印象だった。
外に持って行けるWii U。

家ではテレビに画像を出して楽しめて、
ゲームパッド的なものを外に持ち出して楽しむこともできる。
テレビを使うときはゲームパッド的なもの以外に
「ニンテンドースイッチ ドック」を使う。これが性能を補う可能性がありそう。

ゲームパッド的なものの両側のボタン部分は切り離せて、
ひとつのコントローラーとして操作できるのはもちろん、
2人までの対戦も可能らしい。
ニンテンドースイッチが2台あれば、屋外で4人対戦も可能。

タッチパネルの機能は不明。ないっぽい。
Wiiリモコン的な使い方ができるかも不明。

ゲーム映像を見る限り、グラフィック面のパワーアップは
あまり感じられない。


気になるところ。
映像では本体カラーは黒のみだった。また、登場人物の年齢層も高め。
本体価格がやや高いのかもしれない。
「最初に情報に飛びつく層」を考えただけかもしれない。

ソフトはカートリッジ式のように見えた。
大容量を求めるソフトメーカーはどう感じるか。
描画性能があまり高くなさそうな点もメーカーは嫌うかも。
逆にいえば制作コストは抑えられる。
カートリッジ式だと、ソフトの量産に(ディスクより)時間がかかる。

持ち出したとき、バッテリーがどれくらい持つのか。
わりと薄い本体のように見えたので、バッテリー搭載量は多くないはず。
それでスプラトゥーンやゼルダみたいなゲームを動かし、
さらに対戦もできるとなるとバッテリー消費は大きいし発熱もする。
最低限、New3DS LLと同等はもつと思うけど。

据置型と携帯側の両方の性質を持つとなると、
客にとってはうれしいが、ソフトメーカーは2種類のソフトを出せない。
「市場がせまくなる」という見かたもできそう。
3DSがすぐに時代遅れにはならないだろうけどね。

外に持ち出すつもりがない場合、
今回の情報ではあまりメリットがなかったかもしれない。
まだ情報が少ないけど、家でリッチなゲームをプレイしたいと
考える人にとって、PS4やPCと同等かそれ以上の選択肢には
ならなかっただろうと思う。

任天堂ホームページ
https://www.nintendo.co.jp/
ニュースリリース
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/161020.html


任天堂「NX」の情報が公開へ
2016.10.20

任天堂が開発中の新しいゲーム機「NX(仮称)」について、
今夜23時から3分間の映像で情報公開をするそうです。
任天堂ホームページで公開。

この件は公式twitterアカウントでのみ告知されていて、
公式ホームページには情報がありません。
3分だからだと思うけど。

NXは公式な情報がほとんどないので、わからないことだらけ。
発売時期は2017年の3月。

公開予定の映像は3分だから、情報量は期待できない。
ゲーム機の正式名称や特徴のひとつがわかるくらいだと思う。
あとは開発中のゲーム映像が少し。
具体的な発売日や価格は発表されない。

映像や言葉では表現しにくいところに一番大事な部分があるはず。
映像を見ても「よくわからない」という印象になりそう。

ハードの寿命を延ばすタイプの商品ではないと思うので、
新しい試みはありそう。これは本体の性能や機能のほかに、
ソフトの販売方法などもふくまれる。

任天堂ホームページ
http://www.nintendo.co.jp/


VRは電動車いす使用者に向いているかもしれない
2016.10.19

プレイステーションVRが発売されたことで、
VR機器についての情報が増えている。
この分野はいろいろと発展する余地が大きいだろうけど、
電動の車いすの使用者に向いているコンテンツがつくれそうだ。

プレイステーションVRでは、女の子が近くにいるとか、
水中でサメに襲われるとか、「対象が目の前にいる」という気分を
強く味わえるらしい。貞子がテレビから出ちゃってる感じ。

ただし、プレイヤーが動ける範囲はせまいらしい。
プレイステーションVRはケーブルでPS4と接続する必要があるので
動き回れない。
(ほかのVR機器ではある程度の範囲を歩けるタイプもある)

動き回れないのは将来解消されるだろうけど、
それを逆に利用すると考えると、電動の車いすを使っている人には
かなりリアリティのある映像体験ができそうな気がする。

電動車いすを模した、擬似的ないすに座ってもらい、
VR機器を装着する。普通に電動車いすを操作するようにして
VR空間を移動する。架空の空間でもいいし、外国でもいい。
擬似的ないすは、本物みたいな振動や路面に合わせて傾いたりする。
(航空機パイロットのシミュレーション設備みたいな感じ)

健康な人が使ってもいいけど、日常的に電動車いすを使っている人ほど
気軽に行けない場所を日常的感覚で移動する体験ができると思う。
実在の場所なら、実際に行く前の予行演習的にも使える。

こうしたシステムは電動車いすではなく、車や飛行機でもいい。
それをあえて電動車いすにすることで、福祉的な意義は大きい。
(長距離の)移動に悩みを感じているだろうから。


やっぱりすれちがえなくなっていると思う3DS
2016.10.18

ニンテンドー3DSの「すれちがい」が少ない、という話のつづき。

3DSのすれちがいが少ないと書いたのが去年の11月。
それから約1年がたつ今、状況は変わっていないと思う。
状況は横ばい、あるいは少々悪くなっている。
あくまでも私の周辺の話ではあるけど、田舎ではないので
全国的に見て変な環境ではないと思う。

今年の9月に3DS本体の更新があって、
「すれちがいMii広場」は少し変更があった。
有料のミニゲームも5つ追加された。
すれちがった人たちの様子を見ると、
これはまったくテコ入れになっていない印象。

5つのミニゲームのうち、
「サクッと! スロットカー」と「サクッと! 株トレーダー」は
どちらか1本は無料でダウンロードできる。
どちらもダウンロードしていない人はめずらしくない。

有料(各300円)になる3つのミニゲームは、
1本でもダウンロードしている人をほとんど見ない。
全部買った人はまだ見ていない。


そして、すれちがった人の「最後にプレイしたゲーム」に
無料のソフトをあげている人も多い(増えている)印象。
「ポケとる」や「電波人間のRPG」とか。
「モンスターハンタークロス(ストーリーズ)」や
「妖怪ウォッチ スシ/テンプラ」とかの有料ソフトも見かけるけどね。

「すれちがい」を求めている人が減っているのは
ほぼまちがいない。そこに加えて、3DS向けに使われるお金も
減っているのではないかという気もするけど、これはわからない。
基本的にワイヤレス通信をオフにしている人もいるだろうから。

すれちがいMii広場
https://www.nintendo.co.jp/3ds/hardware/miiplaza/index.html

2015年11月24日に書いた話
「最近、3DSですれちがえなくなっている?」
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-3151.html


保田道世さん、亡くなる
2016.10.13

名作アニメの制作に関わってきた保田道世さんが
お亡くなりになった。77歳。
新聞の訃報欄でこの話を知った。驚いた。

保田さんは高畑・宮崎両監督とともにアニメ制作を
続けてきた人物だけど、あまり知られていないかもしれない。
キャラクターなどの絵を描く人ではなく、
画面上の色を決めるのが彼女の仕事だ。
スタジオジブリの作品では「色彩設計」という肩書きで
スタッフロールに載ることが多い。

アニメ作品は、(動きのない)背景画をベースに、
動きのある人物などの絵を重ねるようにして映像ができる。
動きのある部分にどんな色をつけるのか、
シーンごとにすべて決めるのが色彩設計の仕事。

最終的には監督と相談して決まるとはいえ、
映像の印象を決める重要な役割だ。

保田さんが色を決める役割を始めたのは
「母をたずねて三千里」や「未来少年コナン」あたりから。
その後、「赤毛のアン」などをへてジブリ作品につながる。

「崖の上のポニョ」を最後に現場をやめていたらしいけど、
「風立ちぬ」の制作にあたり、宮崎監督から直接電話をもらって
現場復帰したとどこかで話を読んだ。

アナログのアニメ制作を開拓した人物のひとりだった。

かなり前にも話題にしたけど、
保田道世さんの仕事ぶりや色を決める仕事、アニメ制作の現場については
「アニメーションの色職人」という本がくわしい。
「もののけ姫」公開当時の本だけど必読といえる。
電子書籍にはなっていないみたいなので、入手はむずかしいかも

「アニメーションの色職人」 柴口育子 徳間書店 (2004.07.15)
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-1933.html


嫌なことも、よかったことも記録しよう
2016.10.09

電通に新卒で入社した女性が過労により自殺した。
この件が労災に認定された話が話題になっている。

死んでしまったらそこで終わりだから、
この世界がどうなろうと当人には意味のないことだけど、
情報を残しておくことはわりと大切みたいだ。
反撃材料に使える。

なにも残さずにひっそりと死んでしまったら、
死の原因を誤解されるおそれもある。
誤解されても当人には意味がないけど。

労働環境・離婚・いじめとかで裁判で争う場合、
ちょっとしたメモが証拠として能力を持つこともある。
死ぬかどうかはともかく、いろいろと記録するのは有効だ。
書くことが一種のストレス発散にもなるらしい。

ただし死んでしまう場合、残した情報が信頼できる人に
発見されないと意味がない。
発見されない情報は存在しないのと同じだ。
かといって、オープンにしながら記録をつけるのもむずかしい。

とにかく、嫌なことや困ったことがあったら
どんどん記録したらいい。


ここまではマイナスイメージのことを書いたけど、
逆に、よかったこと、うれしかったこと、好きなこともどんどん記録したらいい。
感じたまま、思い浮かんだままにすると流れてしまうから、
残しておく価値はある。嫌なこととは分けて残す。

嫌なことの記録は裁判のための証拠保全みたいな意味があるけど、
よかったことの記録は自分で振り返るために残す。
もう一度よかった体験をしてもいいし、自分の好みの分析をしてもいい。
好意的なことだけが載っているので、振り返っても悪い気分はしないはず。

そういえば、ノートやコルクボードに好きな写真(雑誌の切り抜きとか)を
ペタペタ貼りつける話を読んだことがある。よくある方法なのかも。
嫌な気分になったときに振り返るといいのかもね。


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...