日付 : 2016年09月 の 記事一覧

「スプラトゥーン」は「ポケモン」にはなれなかったみたいだ
2016.09.30

ある場所でポケモンについての話を読んでいて、
シリーズ初代にあたる「ポケットモンスター 赤・緑」が
「ゲームボーイの寿命をのばした」といわれることがあるのを思い出した。

ポケモンは今でこそ世界的な人気があるコンテンツだけど、
初代の発売日前後は注目度が高いわけではなかったらしい。
しかも、ゲームボーイの商品としての勢いも落ちていた。

そこから思い出したのが「スプラトゥーン」。
シリーズものではないタイトルでありながら、かなりの注目を集めている。
それも、ライバルと比較してあまり売れていないWii Uで。

「スプラトゥーン」はどうやら「Wii Uの寿命をのばした」と評されることは
なさそうだけど、存在感として「ポケモン」に近いものがあるような、
ないような、そんな感じがして軽く調べた。
(Wii Uが2017年~2018年にどうなるかわからない。
今の様子だと事態が好転することはなさそう)

以下、ハードやソフトの発売日は日本のもの。


ゲームボーイは、1989年4年に発売された。
ファミコンのようにソフトを入れ替えて別のソフトを楽しめる。
画面は白黒。

「ポケットモンスター 赤・緑」が発売されたのは1996年2月。
ゲームボーイの発売からかなり時間が経過している。
当時はゲームボーイ用の新作タイトルも減少傾向で、
ゲームボーイは現役の商品として寿命の終盤にあったといえる。

ちなみに、1994年の年末にはプレイステーションやセガサターンが
発売されている。ポリゴンによる立体表現が注目を集めた時代。
カラー描写すらできないゲームボーイはレトロだったかもしれない。

結果として、ポケモン赤・緑は大人気となる。
ゲームボーイ本体の売り上げも増えただろう。

さらに、タイミングがいいことに、1996年7月には
「ゲームボーイポケット」が発売された。
これはゲームボーイよりも安く、小型軽量、液晶の質も上がった。
ポケモンとセットで買った人も多そうで、ポケモンの人気拡大に
大きく影響したと思われる。

その後、2001年に「ゲームボーイアドバンス」が発売されるまで、
ゲームボーイの改良型が携帯ゲーム機の主役だった。
1998年にカラー表示が可能な「ゲームボーイカラー」が出た。
(ゲームボーイカラーは少しパワーアップしていて、
ニンテンドー3DSとNewニンテンドー3DSの関係に近い)

「ポケモン赤・緑」の続編となる「金・銀」の発売は1999年。

「ポケモン 赤・緑」は、たしかによく売れた。
これがなかったら、ゲームボーイアドバンスの投入は
もっと早くなったかもしれない。


「ポケモン 赤・緑」と同じような存在感のソフトが
ファミコンの「スーパーマリオブラザーズ」だと思う。

ファミコンの発売が1983年7月。
「スーパーマリオブラザーズ」の発売は1985年9月。
86年2月にはファミコンのディスクシステムが発売される。
スーパーマリオはカセットで提供されるソフトの集大成的な
位置づけで開発されていたそうだ。
(当時の様子は任天堂サイトにある「社長が訊く」の
「スーパーマリオ25周年」などでよくわかる)

「スーパーマリオブラザーズ」も、発売前後の注目度は
さほど高くなかったらしいが、大ブームになる。
集大成どころか、その後もカセットによるソフト提供はつづいた。
特に「ドラゴンクエスト」の発売が86年で、ロールプレイングゲームの
ブームが起きたのはファミコンの歴史に大きく影響を与えた。
「ファイナルファンタジー」も87年に登場している。

スーパーファミコンの発売が1990年なので、
「スーパーマリオブラザーズ」の登場は集大成どころか
プロローグが終わっただけともいえる。


「ポケモン 赤・緑」と「スーパーマリオブラザーズ」の例を見ると、
大人気ソフトの登場は「大きな花火が1発あがる」状態だといえる。
さらに花火をつづけるためには(ゲーム的にいえば連鎖が発生するには)
ハードと(他社の)ソフトの支援が必要であるらしい。

「スプラトゥーン」の場合、両方の支援がなかった。
Wii U本体は基本的に同じものが販売されているし、
任天堂以外のソフトメーカーはWii Uにあまりソフトを出していない。
孤軍奮闘には限界があり、戦局全体を変えるのはむずかしい。
(ゲームボーイやファミコンの時代と現代をくらべるのは適切ではないかもしれないけど)


とはいえ、「スプラトゥーン」の寿命は尽きそうにない。
任天堂が開発中の「NX」向けに新作がつくられているはず。
NXの発売直後に、改良版の「スプラトゥーン」も発売されるかもしれない。
そのほうが新作までの時間稼ぎになるから。


今回はかなり長くなったけど、最後にもうひとつ。
ポケモン関連を調べるうちに、ゲームボーイカラーの開発について
スタッフが語るページにたどりついた。これが興味深い。
「普通は新ハードの開発に2~3年はかかるのに、
ゲームボーイカラーは10ヶ月しか時間がなかった」なんて話も。
https://www.nintendo.co.jp/nom/9902/b_box/index.html

一番興味深いのは、開発のためにインターネットでユーザーの声を
集めたというところ。アンケートもしたとのこと。
最初は「へえ、そうなの」と自然に読んだけど、1997年ごろの話のはず。
そのころのインターネットは一般的ではないと思う。
よほどのマニアか、大学とかの研究機関だけのような。
なんだかすごい話だ。


「スプラトゥーン スタンプコレクション」発売中
2016.09.21

スプラトゥーン スタンプコレクション パッケージ

「スプラトゥーン」のスタンプをコンビニで見つけた。
お菓子のおまけではなく、スタンプ単体の商品。
108円。全18種。

スプラトゥーン スタンプ

スタンプの大きさは1円玉と同じくらい。
価格のせいか、スタンプとしての性能はあまりよくない。
ごく軽く押さないとインクがにじんでしまう。
紙によっては裏抜けもする(紙の裏にインクがにじむ)。
(インクは内蔵されている。補充はできない)

ひとつ、いいところもある。
スタンプのキャップ部分がねじ式になっている。
持ち運んだときに自然にキャップがはずれないように
するための配慮だと思う。

スタンプを使う場面は限られるだろうし、
品質もいまひとつなので、全種類を集めたがる人は
少ないかもしれない。

エンスカイ
「スプラトゥーン スタンプコレクション」
https://www.ensky.co.jp/item/9071.html


最新ゲームを楽しみつくすにはテレビの買い替えが必要?
2016.09.08

新型ゲーム機を充分に活用するにはテレビの買い替えも
必要になるみたいだ。
HDMI端子つきのテレビが出たときみたいな、新時代の波が来ている。

プレイステーション4(PS4)の新型が2種類発表された。
これまでのPS4を小型化・省電力化したものと
これまでよりもパワーアップされたPS4だ。

小型化・省電力化されたPS4は9月15日(木)から発売。
29980円(税別)から。

パワーアップされたPS4は、「プレイステーション4 Pro」という名称。
11月10日(木)発売。44980円(税別)。
これまでのPS4用ソフトはすべて動く。


気になるのはPS4 Pro。
性能が上がったので、キャラクターの動きがなめらかになったりするらしい。
また、4KやHDRといった技術にも対応する。
(発売済みのPS4用ソフトを動かした場合、画質は同じ。
ソフトのデータ更新で画質を向上させることは可能らしい)

ただし、4KやHDRのゲーム画面や動画を味わうには、
使うテレビも4KやHDRに対応していないといけない。
これはちょっとハードルが高い。
(4KやHDRは、簡単にいえば、より鮮やかな映像を出せる技術)

軽く調べた限りでは、4KとHDRの両方に対応したテレビは
2015年から発売が始まったらしい。ほとんどの人は持っていない。
画面サイズも40インチ以上のものばかり。

2011年7月の地上デジタル放送への移行に合わせて
テレビを買い替えた人が多いだろうけど、大半の人は
そのテレビを使い続けていると思う。
テレビは数年おきに買い替える商品とは思えない。

より上質なゲーム体験をしたい人向けの要素になるのかもしれない。
上で書いたように、「動きのなめらかさ」などの改良点もあるので、
4KやHDRに対応しないテレビでもPS4 Proの恩恵はある。
ちなみに、4KやHDRの対応はXbox One Sでも可能です。

PS4 Proが性能が向上したことで、プレイステーションVRの
映像にもよい影響があるとのこと。
普通のPS4と比較して、どの程度の差があるのかわからないけど、
プレイステーションVRを買うつもりの人はPS4 Proを選ぶ意味がありそう。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
プレイステーション4のページ
http://www.jp.playstation.com/ps4/


3DSはまだまだ終わらない ニンテンドーダイレクト 2016.9.1
2016.09.02

半年ぶりのニンテンドーダイレクトがありました。
今回は3DSの話が中心。約42分。
Wii Uやアミーボの話も少しある。

全体として大きな発表はなかった。
とはいえ、終わりに向かいつつあるWii Uとくらべれば、
まだまだ3DSのソフトは出るみたいだ。

いろいろ発表があったけど、一番気になったのは
Newニンテンドー3DS専用のソフトが1本もなかったこと。
普及台数を考えれば普通の3DSに対応したほうがいいのは
わかるけど、1本もないのは意外だ。
(逆にいえば、普通の3DSの性能でも充分にソフトを
つくれる段階なのかもしれない)

専用のソフトがないとはいえ、Cスティックを活用できたり
ロード時間が短いとかいろいろ得する部分はあるはず。


もうひとつ気になったのは任天堂の存在感。
3DSの話なのに、任天堂以外のソフトは目立たなかった。
ゲームショウ前のタイミングも影響したかもしれないけど。
Wii Uのように任天堂の存在感が強すぎるのはよくない。


以下、気になったところを簡単に。

● 「とびだせ どうぶつの森」の更新

今秋、「とびだせ どうぶつの森」が更新される。
アミーボに対応した遊びが追加される。
更新は無料。

11月3日には新しいアミーボカードが発売。

更新内容をふくんだ
「とびだせ どうぶつの森 アミーボ+」が
11月23日(水・祝)に発売。

11月2日、「とびだせ どうぶつの森」のダイレクトあり。
アミーボ対応の遊びを説明。
スマホアプリ版「どうぶつの森」の紹介もあるかも。


● 「すれちがいMii広場」の更新

今回のダイレクト終了後から無料更新。
5つのミニゲームが追加される(一部をのぞいて有料)

ニンテンドーeショップにアクセスすると
更新データのダウンロードができます。

最近は「すれちがい」が壊滅的になっているので、
これで少しは様子が変わるだろうか。

● Wii Uのソフトが3DSに登場

「スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS」
12月1日(木)発売予定。

Wii U版のパーツをすべて使える。
つくったコースをネット投稿はできない。
すれちがい通信でコースを交換できる。
任天堂オリジナルコースを100コース収録。

「ポチと! ヨッシーウールワールド」
2017年1月19日(木)発売予定。

Wii U版全コースに新コース追加。
コマ撮り短編アニメを30話収録。

映像で見た限りでは、普通に移植できている。
「3DSでできちゃうの?」という感じ。
普通に考えると移植はむずかしいと思うので、
なにかカラクリがあるんだと思う。

● 最後にタイトルだけ発表されたソフト

今回、最後に発表された任天堂の「ミートピア」。
年内発売なのにロゴマークのみの発表。
よほど自信があるみたい。

ダウンロード専用ソフトではなく、
パッケージでも販売されるソフト。


今回のニンテンドーダイレクト
https://www.nintendo.co.jp/nintendo_direct/20160901/index.html
YouTubeの公式チャンネルなどでも見られます

任天堂
https://www.nintendo.co.jp/


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...