日付 : 2016年07月 の 記事一覧

すでに持っている機器でできる強み
2016.07.28

「ポケモンGO」は日本でも配信されて、話題になっている。
街を歩くと、プレイ中と思われる人をよく見かける。

先日は70歳くらいの男性がプレイしているのを見た。
画面を直接見たのでまちがいない。
新聞やNHKでも報道されているとはいえ、
おそらくポケモン初体験であろう、そんな年代の人まで
プレイするとはすごいな、と軽く驚いた。

来月の今ごろにはプレイしていない人もいるだろうけど、
世界的にこれほど話題になったのは
「手持ちの機器でできる」というのが最大の理由だと思う。

現実世界にポケモンが出現しているかのような
AR(拡張現実)の要素とか、実在する施設が
ゲーム上の拠点になっているところが興味を引いただろうし、
基本無料のシステムも有効に働いたと思う。
それでも、わざわざ機械を買わないとプレイできなかったら
人気の拡散はもっと遅く、範囲も限定的になったと思う。


ゲーム機本体とソフトをセットで買ってもらうのは
ゲーム機ビジネスの基本中の基本みたいに思えるけど、
かなりハードルが高いことなんだろうね。
本体を買いたくなるようなソフトをつくるのは簡単ではない。
(だからシリーズ物やリメイクが増えた)

パソコンやスマートフォンにもいえることだけど、
OSの更新などで半強制的に機械の世代交代をさせるのも
買わせるテクニックのひとつなんだろうね。
処理の高速化や新機能は表向きの理由なんじゃないかな。


「メトロイドプライム ブラストボール」
2016.07.25

3DS用ソフト「メトロイドプライム フェデレーションフォース」の
体験版的な位置づけの、「ブラストボール」が無料配信されています。
ニンテンドーeショップからダウンロードできます。

これは「フェデレーションフォース」に収録されている
ミニゲームで、3対3で対戦する内容。
ひとりでも、みんなでも、オンラインでもプレイできる。
「ブラストボール」では9月30日まで無料オンラインプレイが可能。


「ブラストボール」は、大きな球をビームで撃って動かし、
相手チームのゴールに入れるゲーム。3点とったら勝ち。
球に直接ふれるとダメージを受けてしまう。
相手のビームが自分に当たったときもダメージを受け、
一定量のダメージで一時的にゲームから離脱させられる。

プレイしてみると、「まあまあかな」という感じ。
悪くはないけど「ハマる」というには程遠い。
メトロイド感も弱い。

球にばかりビームを向けず、相手プレイヤーに当てるのも
よさそうだけど、移動しながら照準を操作するのはむずかしい。
Newニンテンドー3DSなら少しは操作感がちがうかも。
(照準を固定できるのは球のみ)

オンラインプレイは、高確率でエラーが出てあまりつながらなかった。
プレイヤー間のコミュニケーションは行わないしくみなので、
心配せずにどんどんプレイしていいと思う。


しばらくプレイしていると「入隊テスト」というメニューが解放される。
ここはちょっとよかった。ゲーム本編の雰囲気を少し味わえる。
こっちをもっとプレイしたい。

「メトロイドプライム フェデレーションフォース」公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/3ds/bcaj/index.html
8月25日(木)発売予定。


Wii Uで遊べるWiiソフト、10本追加
2016.07.21

Wii UでプレイできるWiiソフトが増えるそうだ。
今月から8月下旬にかけて、新たに10本がダウンロード販売される。
「マイニンテンドー」の会員は期間限定で30%オフで買えます。

新たに追加されるソフトの第1弾は7月27日配信開始。
「ゼノブレイド」と「みんなのリズム天国」。
そのあとも2本づつ配信される。
ちなみに「ゼノブレイド」は2700円(税込)。
マイニンテンドー会員ならここからさらに30%オフ。

あらたに追加されるソフトについて
https://topics.nintendo.co.jp/c/article/4e190347-480f-11e6-9654-063b7ac45a6d.html
Wii Uで遊べるWiiソフトの一覧
https://www.nintendo.co.jp/wiiu/software/wii/

ダウンロード販売のみで、パッケージ版はありません。
ゲーム内容はWii版から変更はなく、リメイクではありません。

Wiiリモコンを使ってプレイする場合、
「センサーバー」も必要になるので注意。
ゲームによってはヌンチャクも必要なので要確認。
Wii Uゲームパッドを使えるゲームもあります。


「夏のセール」という感じの話だけど、実情としては
手薄になりがちなWii Uのソフトラインナップのテコ入れだろう。
発売予定のソフトが少ないからね。

任天堂からは、「ペーパーマリオ カラースプラッシュ」が
年内に発売予定。未公開のソフトもあるかもしれないけど、
おそらく任天堂内部でつくったものではないと思う。


【2016 夏】3DS/Wii Uのソフトカタログが店頭で配布中
2016.07.18

ソフトカタログ2016夏

2016年夏バージョンの3DSとWii Uのソフトカタログが
店頭で配布されています。
ソフト、ゲーム機本体、アミーボなど総合的に紹介する内容。

「妖怪ウォッチ3」などを紹介しつつ、今年11月に発売予定の
「ポケットモンスター サン・ムーン」の特集ページもある。

全体として注目すべき点はあまりないように思う。
Wii U版「マインクラフト」にパッケージ版があることや、
3DS用の「モンスターハンターストーリーズ」は
知らない人も多いかもしれない。

「モンスターハンターストーリーズ」は、
モンスターハンターの設定を利用したRPG。
テレビアニメも放送される。
10月8日(土)発売予定。

「モンスターハンターストーリーズ」公式サイト
http://www.mh-stories.jp/

amazon モンスターハンター ストーリーズ
amazon モンスターハンター ストーリーズ

ソフトカタログ裏表紙 カレンダー

3DSとWii Uの情報がわかる冊子はこれまでにもあったけど、
今回は裏表紙が7月から9月までのカレンダーになっている。
これは新しい試み。地味に役立ちそう。
ハサミで切り取ったらポストカードになったりしてもいいかも。


「ポケモンGO」には集客能力があるかもしれない
2016.07.14

海外でかなり好調なスタートになっている「ポケモンGO」。
くわしいシステムを知らないけど、集客能力が高いのかもしれない。

運営側が特定の場所にポケモンを出現させられるなら、
イベント効果がある。

ショッピングモールとかファミレスとか。
スタンプラリー的な企画もできそう。

廃校などの使っていない建物やシーズンオフの宿泊施設を
使うのもいい。

神奈川県の箱根には箱根登山鉄道というものがあって、
あじさいの季節には「あじさい電車」というイベント列車が走る。
あじさいがたくさん咲いているところではスピードを落として
客に写真撮影をさせたりするらしい。
ポケモンGOでも応用できそうな感じ。

こうやって特定の場所に期間限定でポケモンを
出現させられるなら、けっこう集客力がありそう。
出現させる場所(施設)からお金をとれば利益もでる。


「ポケモンGO」が海外でやたらと人気らしい
2016.07.12

ポケモンをテーマにしたスマホ用アプリ「ポケモンGO」が
海外でかなりの人気になっているそうだ。
その人気は日本でもNHKが報道するほどで、
ちょっとおかしなくらいの人気らしい。

現時点では「ポケモンGO」はアメリカやオーストラリアなど
一部地域だけで配信されている。日本は近日公開。
基本無料で、アイテム課金制のゲームらしい。


「ポケモンGO」は、実際に屋外を歩いてポケモンをつかまえて
育成したりするゲーム。街に実在する特徴的な建物などに
行くように指示があるらしい。
(スマホ画面がレーダーのようになっていて、たとえば
「東京スカイツリーに何かあるみたいだ」とわかる)

スマホ用ゲームアプリ「イングレス」のシステムをベースにしたもので、
「ポケモンGO」がなぜこんなに人気なのかよくわからない。
ポケモンゲームの新作だからという理由を少し超えている感じもする。
ポケモンという切り口が、イングレスよりも間口が広く感じられたのかな。

これが一時的な流行なのか、定着するのか、
そのあたりは時間が経過しないとわからない。


日本でも近日公開なので、たくさんの人がダウンロードするだろうと思う。
ちょっと気をつけたほうがいいところもある。

アプリでは自分にニックネームをつけるらしい。
ここで本名を使うのはやめたほうがいい。
また、twitterのID名などを流用するのもやめたほうがいいかも。
GPSを使うアプリなので、ほかのプレイヤーから自分の活動が
見える場合、生活エリアを特定される可能性があるから。

それなりに歩かないといけないアプリなので、
夏の時期は熱中症に注意。

本格的に継続したいと思うなら、モバイルバッテリーを
買っておくとよさそう。充電切れは悲しい。
バッテリー消費が激しそうなイメージがある。
停電時にも役立つ品物なので、持っておいて損はない。

「ポケモンGO」公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/PokemonGO/#


投票に行かない人は、親も行かなかったのだろうか
2016.07.10

日本の選挙は投票率が低くて、約半数の人は投票していない。
今回の参議院選挙の投票率も50%台前半になると思う。

体に悪いところがあったりして投票できない人もいるだろうけど、
半数近くが投票しないということは「投票は必要ない」と
考えている健康な人が少なくないということだ。


そこでふと思った。
親が投票しない家庭で育った人は投票しないのだろうか。

子どもはよくも悪くも周囲の影響を受ける。
親に読書習慣があるなら子どもも本を読むとか、
親が応援するスポーツチームを子どもも応援するとか。

悪い表現をすれば洗脳されるわけで、
よくも悪くも「それが普通なんだ」と思ってしまう。
親が投票に行かない、あるいは「選挙は意味がない」と
明言していれば、子どもは「そんなものか」と思っても不思議はない。

ただし、投票権はある程度の年齢に達してから可能になるので、
親の影響は受けにくいかもしれない。
親から受ける悪影響の例として、虐待されて育った子は
自分が親になったときに子を虐待する傾向があるともいうけどね。

選挙や政治の話をしない家庭も少なくないだろうから、
投票については親の影響はほとんど関係ないかもしれない。

理由がなんであれ、日本の投票率を上げるのは
むずかしい課題だと思う。少子化問題の解決と同じくらい難しそう。
投票率が下がるほど、企業や宗教の組織票が有効になるので、
民意はどんどん繁栄されなくなる。

資産がたくさんあるとか、外国語を話せるとか、
いざとなれば日本を脱出できる人はともかく、
大多数の標準的な人は選挙の機会をムダにしないほうがいい。


元スクエニ社長の和田さんが語る社長業
2016.07.08

スクウェア・エニックス・ホールディングスで社長をしていた
和田洋一さんが自分の社長時代の出来事をいろいろと書いている。
イベントでの対談で話した内容に自ら注釈を加えたもの。

スクウェア時代から数年前までの、スクウェアにとっても
ゲーム業界にとってもいろいろあった年月が語られている。
かなり濃い内容。

そろそろ語ろうか(其の壱)
https://www.facebook.com/notes/%E5%92%8C%E7%94%B0-%E6%B4%8B%E4%B8%80/%E3%81%9D%E3%82%8D%E3%81%9D%E3%82%8D%E8%AA%9E%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%8B%E5%85%B6%E3%81%AE%E5%A3%B1/1078206192234133

すべてが事実かどうかはともかく、
開発者ではなく経営者の立場から語られるのはレアだ。
ゲーム業界がどうこうというよりも、
組織の動かしかたの点でも興味深い気がする。

ちなみに和田さんは金融業界からゲーム業界に入った人。
任天堂の君島社長も同じような経歴をたどっている。


「ゲームデザインは動作環境に依存する」という話は
当たり前なんだけど印象深かった。

デジキューブの話が出ているのもなつかしい。
コンビニでゲームソフトを流通させようと取り組んだ会社で、
あまりうまくいかず、とっくに倒産した。
自社ソフトもつくっていて、「アメリカ横断ウルトラクイズ」とか
「アタック25」とかのクイズ番組をテーマにしたゲームがあった。


夏の和服には浴衣より甚平が合っているのではないか
2016.07.04

花火大会やお祭で浴衣を着るのを楽しみにしている人も
いるだろうけど、夏の衣服として考えたとき、
浴衣よりも甚平のほうが涼しいのではないか、という話。

あまり浴衣を着たことがないので根拠が弱いけど、
浴衣は暑そうな感じがする。
帯をしめているのが暑さを助長しているイメージ。
もっとゆるい、筒状の形態が夏に向いていると思う。

そもそも浴衣は、湯あがりにバスタオル的に使用したり、
寝るときに着たもので、夏のための服ではない。

そこで思い浮かぶのが甚平。
これは帯がなく、上着はかんたんにヒモをしばるだけ。
浴衣よりあきらかに通気性がよさそう。



甚平は男性用の衣服みたいだけど、
入院や検査のときに着る服は甚平的な形状で、
男女の区別はない。女性が着ても問題ない。

仕立てや柄の問題をクリアすれば、
男女共通の服として定着しそうな気がする。



ビジュアルは浴衣のほうがいいかもしれない。
だけど美男美女なら何を着てもOKだ。


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...