日付 : 2016年06月 の 記事一覧

選挙ポスターはなんとかならないか
2016.06.26

選挙ポスターは昔から同じ形式でつまらないね、という話。
候補者や政党がつくる大きなものではなくて、
仮設の掲示板に候補者全員が貼るポスターのこと。

選挙ポスターはみんな同じデザインだよね。
候補者の氏名と顔がメインで、あとはキャッチフレーズや
政党名が載っている。
比較的若い候補者だと、年齢を載せていることもある。

投票するときは候補者の氏名を書くから、
氏名を載せるのはわかる。でも顔は必要かな。
顔を出したほうが有利な人もいるだろうけど、
そうでない人もいるはず。

軽く調べた限りでは、ポスターのデザインは基本的に自由らしい。
つまり、必ずしも顔を出す必要はなくて、
動物でも文字だけでもいいみたい。
でもみんな同じようなデザインにするよね。


ポスターの面積が小さいから、詳細な情報は載せられなくて
顔と名前だけになりがちなのかもしれない。
でも顔写真は修正がきくし、運転免許みたいに撮影時期の指定もない。
情報伝達として、選挙ポスターはあまり機能していない。

理想としては、あの掲示板がデジタルサイネージになって
情報量を増やせるといい。予算がないだろうけど。
選挙用の掲示板は仮設だけど、一部に常設の掲示板をつくってもいい。
選挙ポスターは候補者の関係者がひとつひとつ貼ることになっているけど、
デジタルサイネージならいちいち貼らずにすむ。


選挙ポスターが昔から同じということは、
政党や候補者の情報を得るしくみも変わっていないということだ。
きちんと情報を知りたかったら、自分で積極的に調べるしかない。
直接話を聞いてみたいと思ったとしても、機会は限られる。

支持母体が強固な候補者が有利になりすぎないためにも、
制度の変更が必要なんだと思う。


低年齢層がゲーセンを利用できる時間が延びていた
2016.06.25

アミューズメント施設、いわゆるゲームセンターを
低年齢層でも夜遅くまで利用できるようになった、という話。

ひさしぶりに近所のゲーセンに行ったら、
低年齢層向けの利用時間について大きく告知が出ていた。
以前は、こうした告知はひっそりとしたものだったので、
なにかあったのかなと思って調べたら風営法が改正されていた。

「風俗営業等の制限及び業務の適正化等に関する法律」
いわゆる風営法というものがあって、ゲームセンターの運営は
一定の制限がかかっている。

制限のひとつが営業時間で、16歳未満の人は18時以降に
入店できないようになっていた。
(18歳未満は22時以降から入店不可)

風営法が改正されて、6月23日から16歳未満の人も
保護者同伴であれば18時以降も入店できるようになった。
最長で22時までは利用できる。
これが店頭で告知されていた。

「最長で」と書いたのは、都道府県によって対応が異なるから。
一部、従来通りの規制をつづける地域もある。


このところ、ゲームセンターのいい話は聞かない。
この規制緩和で売り上げがどれだけ増えるか不透明だ。
地域によっては(若い家族が多ければ)少しはマシになるかも。


そもそも、ゲームセンターの雰囲気が変わって久しい。
クレーンゲームとメダルゲームとプリクラの場所になったよね。
ゲームっぽいゲームは減少傾向。
高齢者の集会所みたいになっている店もあるとか。

料金を抑えながらサービスを充実させるのは大変だろうけど、
これからも雰囲気というか役割を変えながら生き残っていくと思う。


ほとんど報道されないE3
2016.06.15

東京ゲームショウと比較して、一般のマスコミでは
E3はあまり報道されないね、という話。

今年もE3が始まった。
話題性の強さでは「プレイステーションVR」がダントツだろうけど、
やはり「おもちゃにしては高価だな」という印象はぬぐえない。
新しいカテゴリーの商品だから、初期型が高いのはしかたない。


今日の本題はあまりE3は報道されないね、ということ。
E3はアメリカのロサンゼルスで開催されている見本市で、
ゲーム業界では最大級のイベントといえる。
ある程度ゲームが好きな人ならE3の情報は無視できない。

その一方で、日本ではE3を一般のマスコミが触れる例は
ほとんどない。東京ゲームショウだったらテレビも新聞も
だいたいは触れるのに。

開催地が大きくちがうことも少しは影響していると思う。
でも少しだ。中東やアフリカならともかく、アメリカには
たいていのマスコミは支局がある。

NASAのロケット打ち上げとか、デトロイトの自動車イベントとか、
開催地がアメリカでも日本で(映像つきで)報道される例はある。

おろらく、E3の主催者と日本のマスコミとのつながりが
弱いのではないかと思う。
取材してくれ(させてくれ)というコミュニケーションがなくて、
スルーされるんじゃないかな。
自動車産業とくらべると優先順位が低いのはわかるけどね。


評価システムがあてにならない
2016.06.08

ニンテンドーeショップでニンテンドー3DS用ソフトが
セールになっている。eショップの5周年記念。

買うつもりはないけど、様子を見に行ったら
ほぼすべてのソフトに高い評価がついていて笑った。
最大で星5つの評価ができて、ほとんどが星5つか4.5。
ざっと見たところ、星3以下のソフトは見当たらなかった。
(商品として流通させている以上、あまりに低評価も困るけど)

「評判のいいソフトをセール対象にしました」と
反論されたらそこまでだけど、それにしても評価が高すぎる。
現代ではプレイしにくい部分があるであろう
ファミコンやゲームボーイのソフトまで星5つだったりする。

このあたり、評価システムの限界があるのかもね。
関係者が星5つをつけている例もあるだろうし、
深く考えずに評価を決めている人もいると思う。

この手の評価システムがあまり役に立たないのは
いろいろ例がある。AmazonとかappleのApp Storeとか。
参考になりそうな意見が見つかればラッキーだ。


モノを買うかどうか、決めるのは自分なので、
最終的にはどんなに優れた評価システムがあっても意味がない。
購入者の8割が肯定的な評価をしていたとしても、
自分には合わないことはあるし、その逆もありうる。

とはいえ、あからさまに低評価のものにお金を使う気にはなれない。
だからこそ、有料で高評価をつけてもらう商売があるんだよね。


3DS用ソフトが最大50%オフのセール開催へ
2016.06.02

ニンテンドーeショップの5周年記念で、
ニンテンドー3DS用ソフトが最大50%オフになるセールが開催されます。

セール期間は6月7日の10時から13日の23時59分まで。
セールの対象は100タイトルあり、パッケージ販売されたソフトや
ダウンロード専用ソフト、バーチャルコンソールがふくまれます。

告知ページでは一部ソフトの価格も紹介されています
https://www.nintendo.co.jp/campaign/eshop5th/index.html

最大で50%オフといわれると大きなセールのように
感じられるけど、ゲームソフトはそもそも1割から2割は割引されて
売られるのが普通だし、中古品やワゴンセールもある。
それを考えるとお得感はあまり大きくないのかもしれない。


今回のセールとは直接関係ないけど、
「最大で」とか「○○円から」というフレーズは要注意だよね。
一番お得なものは少数で、事実上買えないことも多い。


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...