日付 : 2014年09月 の 記事一覧

任天堂、3DSの「テーマ」と「きせかえプレート」を公開
2014.09.29

10月にニンテンドー3DSのシステムが更新される予定で、
新機能としてテーマの変更が加えられます。
また、10月11日にはNewニンテンドー3DSで使える
きせかえプレートも同時発売されます。

じぶんだけの3DSを演出できるようになるわけです。
これらの情報が任天堂のサイトで公開されています。

● テーマ

テーマとは、3DSのHOMEメニュー画面の背景や
フォルダー画像、BGMや効果音を一括で変更できる機能。
無料のものと有料のものがあります。
これは10月の更新を適用すればすべての3DSで使えます。

任天堂サイトにあるテーマ一覧を見ると、
有料のものは100円とか200円することがわかる。
「なんだか高いような」と思ったけど、
BGMや効果音も変わるとすると、まあまあの価格かもしれない。
ここを知らないと、高いと感じるかもね。

このテーマは、そのうち
「ソフトを買うと、そのソフトについてのテーマが使える」
ということが行われると思う。オマケだね。
もしかすると「ダウンロード版を買ったら、特典としてつけます」
なんてこともあるかも。ようするにエサとして使う。

3DSのテーマ機能について
http://www.nintendo.co.jp/3ds/theme/index.html

● きせかえプレート

最初に書いておくと、これはNewニンテンドー3DSのみで使える。
New3DS本体の外観を変えられます。
現在発売中の3DS本体や、New3DS LLでは使えないので注意。

これも10月11日に発売になるものが公開されているけど、
安いもので1000円、ちょっと高くて1500円、3000円のものもある。
この価格設定は高いと思う。
2組とか3組がセットになってこの価格ならともかく、
これをいくつも買うならソフト代にしたほうがいい。

実物の質感がわからないのでなんともいえないけど、
売れるものと売れないものの差がかなり激しくなりそう。
小売店では場所をとるから、全種類は置かないこともあるかも。

「きせかえプレート」コンテストがあったらおもしろそう。
選考や投票結果で実際に発売する。

きせかえプレートについて
http://www.nintendo.co.jp/3ds/kisekae/lineup/index.html

テーマもきせかえプレートも、クラブニンテンドーの
交換グッズとして用意される可能性は高いと思う。

すれちがい通信で個性を出せる変更もあったらいいのにね。


クラブニンテンドーのショッピングバッグは柄に注目
2014.09.28

クラブニンテンドー ショッピングバッグ

クラブニンテンドーで交換を頼んでおいた
オリジナルショッピングバッグが届いた。
250ポイントで交換できる。

ポリエステル製の袋で、よくあるタイプの品だけど、
マチが21センチと広くて、物を出し入れしやすそうだ。
ちなみに耐荷重は8キロ。

内側のポケットの部分に、全体を収納することができる。

生地にはテレサやキラーなど、マリオシリーズでおなじみの
敵キャラがプリントされている。
ここにポイントがあって、内側のポケットの部分と、
バッグとして広げた部分ではプリント柄の大きさが違う。
バッグ部分のプリントのほうが1.5倍くらい大きい。
2種類の生地を用意したわけで、芸が細かい。
冒頭の画像はポケットの部分です。
(どうせならキャラの違いがあったらよかったけど、
それはない)

買い物袋として使うのによさそうですよ。
洗濯機・乾燥機・アイロンは使うなとあるので、
ふいてもとれない汚れがついたら捨てるしかなさそう。

防水処理はされていないとのことなので、
雨対策と汚れ防止のために防水スプレーをかけるといいかも。

クラブニンテンドー
http://club.nintendo.jp/


アーキテクチャ統合とNewニンテンドー3DS
2014.09.26

2013年1月、任天堂の経営方針発表会で岩田社長から
「ゲーム機のアーキテクチャ統合のプロジェクトを
2012年から始めている」と語られた。
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/130131/index.html
この話題は最後のほうです。

アーキテクチャ統合というのは、現在の例でいうと
Wii Uとニンテンドー3DSの基本部分を共通化させることを
さすらしい。プログラムや素材を相互に使えたり、
移植がしやすくなったりするそうだ。
(ゲーム機がひとつになるわけではない)

来月発売のNewニンテンドー3DSは、
このプロジェクトの成果がふくまれた設計だろうと思う。

結果として、なにかどうなるかは不明だけど、
現在発表されているNew3DS専用ソフトの「ゼノブレイド」は
プロジェクトの成果として移植作業が
少しは簡略化されているのかもしれない。

プロジェクトがうまくいっていれば、New3DS専用ソフトを
Wii Uで動かすのもむずかしい話ではなさそうだ。

携帯機と据置機で同一のソフトが動いて、
セーブデータを共有できる例は他社がすでにやっている。
だから画期的というわけではないけど、
同じソフトのWii U版とNew3DS版が同時発売されるのも
そう遠い話ではないかもしれない。


クラブニンテンドー、サービス変更へ
2014.09.25

クラブニンテンドーが、新年度である今年10月から
サービスを変更することがわかりました。
会員へはメールが届いているはずです。

本題に入るまえに、今年度のプラチナ会員向けの
特典も発表されました。
「クラブニンテンドーピクロス+(プラス)」です。
対象となる会員には後日ダウンロードできます。
あわせて、特製カレンダーも送付され、
これはゴールド会員ももらえます。12月送付予定。


サービスの変更について。

・会員のランク制度を廃止。
・ポイント対象商品をゲームソフトのみに。
・携帯電話(いわゆるガラケー)からのアクセスが不可に。
・ポイントを貯めたり、アンケートに答える基本はそのまま。

ランク制度がなくなるので、プラチナ・ゴールド会員特典は
今年度が最後。来年度以降については不明だけど、
交換にたくさんのポイントが必要なグッズが用意されたり、
プラチナ会員という名称がなくなるだけで、
たくさんポイントを貯めた人向けの特典がある可能性はある。
(カレンダーは普通の交換グッズとして用意されるかも)

ガラケーからのアクセスは不可になるが、
ガラケー向けメールアドレスを登録している場合、
そのまま使えます。

くわしくはクラブニンテンドーで確認してください。
http://www.nintendo.co.jp/


事実上、サービス縮小といえる変更だけど、
これは任天堂の業績が悪いことと無関係とは思えない。

また、そもそもクラブニンテンドーは
ユーザーの動向を知るためにつくられたと思うけど、
最近はニンテンドーネットワークへの登録を
しきりに勧めている。ミーバースと合わせて、
ユーザー情報はこちらからも集められるので、
クラブニンテンドーを少々縮小しても問題ないという
判断なのかもしれない。


選別される死
2014.09.24

神戸で行方不明になっていた女の子が
遺体で発見された件について、大々的に報じられている。

小さな子が行方不明となり、一定期間見つからず、
結果として遺体が放置され、容疑者も問題ありとすると、
マスコミの食いつきが悪いはずもないが、
「なんだかな」という気もしている。

例によって被害者がどんな人物であったかなどの
報道は辟易するけど、この死だけに注目することにも
違和感を覚える。

日本だけに限定しても、毎日のように人は死んでいる。
病死、事故死、自殺、他殺、いろいろだ。
ところが、日常生活では他人の死は比較的軽い扱いになりがち。
「人身事故で列車に遅れ」と聞いて驚きや心配を見せる人は少ない。
(念のため書くと、人身事故だからといって死ぬとは限らない。
また、死んだとしても自殺とは限らない)

大々的に注目される死は、ネタになるものだけ。
被害者が幼い(または若い女性)、家族間または老人間の事件とか。
加害者がクセのある人物でもネタになりやすい。

死をネタにするなら生もネタになりそうだが、そうはならない。
死は状況がさまざまで、突発的なものもあるから。
一般人の生で話題になるのは、母親が被災して直後に出産とか。
昔は「五つ子ちゃん誕生」とかのネタがあったけど。

ネタとして扱いやすい死だけを取り上げておいて、
災害で犠牲者が何人とか、年間の交通事故死が何人とか、
カゴに盛った野菜みたいな感じで死を扱うのも妙な気がする。

たくさんのできごとから選別して伝えるのがニュースであり
メディアだ、といわれたらそれまでだし、
すべての死を伝えられても困る。
でも、温度差というか、一極集中ぶりが気になる。


日本ゲーム大賞の「フューチャー部門」は必要か
2014.09.22

今年のゲームショウでも日本ゲーム大賞の発表があり、
各賞がぞくぞくと明らかになった。
多くはビジネスデー初日に発表されたが、
「フューチャー部門」は最終日に発表された。

フューチャー部門は、ようするに「発売が楽しみなソフト」。
今年のゲームショウに出展された未発売のソフトを対象に、
来場者による投票と選考委員会の審査で決定する。
投票期間は18日から20日まで。つまりビジネスデーもふくむ。

今回のフューチャー部門は、12もの作品が受賞した。
総出展(発表)ソフトの数からすれば厳選された数字
かもしれないけど、なんだか多いなという気がする。

また、投票という点も少々疑問だ。
そもそもシリーズものは知名度の点で有利だろうし、
ある程度の告知がすでに行われているものも有利なはず。
ソフトによって「スタートライン」がちがうような気がする。

今年の例でいくと、「サイコブレイク」や
「メタルギアソリッド5」あたりは有利だろうと思う。
選挙の投票時間が終わると、即、当選確実になる
候補者みたいな感じ。

逆に、「こんなに露出が多いのに選外だった」例や、
「ほとんど知名度ゼロだったのに出展がきっかけで入選」の
例はあるのかな。

「発売が楽しみだよね」というソフトをピックアップするのは
意義があると思うけどね。

逆に「ガッカリでした賞」があったらおもしろいと思うけど、
それは堂々とはできないね。

日本ゲーム大賞 フューチャー部門についての記事
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140921_667845.html

ちなみに、今年のゲームデザイナーズ大賞は、
「ブラザーズ 2人の息子の物語」だった。
PS3のダウンロード専用ソフト。
http://www.spike-chunsoft.co.jp/brothers/


次の注目は香りか
2014.09.18

今年の東京ゲームショウは、VR(バーチャルリアリティ)系の
出展がひとつの目玉になっているみたいだ。
ソニーが開発中の「プロジェクト モーフィアス」など、
複数のメーカーによる機器を試せるらしい。
(実際には整理券がないとダメなパターンで、
開場後15分もすれば「本日分終了」で
まともに体験できないだろうけど)

これらの機器はプレイヤーの視界全体がゲーム画面に
なるような感じで、頭を動かすと画面内の視野も連動して
動くらしい。

「視野全体がゲーム画面」というのは夢の実現とも
いえるわけで、大画面テレビでは味わえない没入感がありそう。
これらの発売はまだ先だし、一般に普及するかどうかは
不透明だけど、かなり未来感があるのはたしかだ。

ある程度高価なスピーカーを使えば音はよくなる。
今回のVR機器で視界の没入感も高くなる。
そうなると、次は嗅覚だろうね。香り、におい。

不愉快なにおいはあまりかぎたくないけど、
火薬のにおい、ものが焼けるにおい、香水、
こういった香りを表現できると、没入感や臨場感はさらによくなる。
技術やコストの点で可能なのかわからないけど、
遠い将来にはできるようになるはず。

ゲームではないけど、ガスのにおいを再現できれば、
ガス漏れ対応の訓練ができそうだよね。
実際のガスを使うと危険だけど、ゲーム的なものなら
死に至る動作の危険性がわかる。


以上で今回は終わりにしようと思ったけど、
香りのほかに、熱い、冷たい、という感覚もほしいね。
ゲーム内の太陽がギラギラしていると、そちら側の体が
熱くなってくるとか、ある方向から風が吹いてくるとか。
触れたものの温度がわかるとか。
ここまで来ると一般家庭内での表現はむずかしいだろうけど、
テーマパークのアトラクションなら可能かも。


スマブラにマリオブラザーズを見た
2014.09.16

3DSの「スマブラ」の体験版が配信されている。
先日それをプレイしていて、「マリオブラザーズ」の
プレイ感覚に近いな、と感じた。
(これがスマブラ初体験ではないけど)

スーパーマリオではなくて、元祖のほう。
床を突き上げてカメを転倒させるアレ。

スマブラはステージのスクロールがないし、
奥行きの表現もない。地形も似ている。
そのとき操作していたのがマリオだったので、
よけいにそう感じたのかもしれない。

マリオブラザーズはファミコン初期のゲームだから、
アフリカで生まれた最古の人類みたいなもの。
その遺伝子が現代人にあってもおかしくない。


環境と、できることと
2014.09.14

スポーツ選手の活躍を見ていると、周囲の環境との相性が
かなり重要なんだなと思わされる。
チーム移籍や監督(コーチ)の交代があると、
それまで活躍していた人がベンチ入りさえできなくなったり、
放出された人が急に活躍したりする。
実力があっても環境と合っていないとうまくいかない。

スポーツ選手は常にケガのリスクがあるし、
身体能力を高いレベルでたもつのも限界があるので、
スゴロクでいう「1回休み」みたいな状況がつづくのは
ストレスになるだろうと思う。

ただしむずかしいのは、環境が合っていないのか
実力が足りないのか、その判断がしにくい。
ステップアップしたつもり、あこがれに近づいたつもりが
合わなかった、ということもあるから。

そう考えると、活躍とか成功っていうのはなんだろうね。
本人の素質や努力は必要だけど、それだけでは不充分なこともある。
1位、優勝、金メダル、こうした栄誉をえた選手は
とびぬけて優れていたわけではなくて、その日その時その瞬間に
ちょっとだけ調子がよかっただけなのかもしれない。
(逆に、ライバルの調子が悪くて、自分が浮上しただけだったり)

今の状態がイマイチだなと感じているとき、
もうちょっとねばるべきなのか、環境を変えるべきなのか。
そのあたり、正解はないのかもしれない。
なるようにしかならないというか。

とはいえ、テキトーでいいわけではなくて、
できることはやっておかないとダメなんだろうね。

たとえば私たちがパン屋だとする。
営業する気があるなら、客が来てから生地をこね始めても遅い。
スポーツ選手だったら、どんなに不遇な状況でも
ストレッチくらいは欠かさないと思う。
「すぐ動ける状態にしておく」っていうのかな。
車を動かすときになって「キーはどこだっけ」と探してたらダメ。


更新はありがたいけども
2014.09.12

いろいろとデータ更新があるのはメリットがあるけど、
ちょっとめんどうでもあるよね、という話。

いよいよ発売がせまった3DSの「スマブラ」。
発売を前にして早くも更新データが公開されている。
これをダウンロードしないと、インターネットにつなげられない。
これはパッケージ版を買う人が対象で、
ダウンロード版を買う人には無関係の話。

これはパッケージ版の生産を始めないといけないときに
完成が間に合わなかったのだろう。
発売を1週間(?)遅らせるよりも、データをダウンロード
してもらったほうがいいと考えた。
(今回の更新データは375ブロックなので、
データの量は多くない)


ゲーム機にハードディスクやメモリーカードが使われるのが
当たり前になって、いろいろとデータ更新が行われるようになった。
不具合の解消や新機能の追加とか、いろいろあるけど、
こうしたものが面倒に感じることもある。

ゲーム機を買った直後や、ひさしぶりに動かすときは特に困る。

ゲーム機を立ち上げてネットにつなぐと、
ゲーム機本体のシステム更新がはじまる。
ダウンロードにそれなりの時間がかかって、再起動も必要。
ようやくソフトを動かすと、これもデータ更新があったりする。
これもしばらく待たされて、再起動。
目的のゲームプレイになかなかたどりつかない。
(とりあえず更新は後回しに…なんてことはできない場合が多い)

最近はネット接続にID登録が必要な場合が多いから、
ゲーム機を新たに買ったときはその操作も必要。
どれも必要なことだし、待ち時間は契約しているネット回線に
よって大きな違いがあるけど、
ゲームをはじめる前につかれちゃう感じもする。

そこまでやって、やっとキャラクター作成とかがはじまるわけで、
買ってきた初日はまともにプレイできない可能性もある。

ほんと、必要なことだとはわかるけど、なんとかならないのかな。
ソフトを買ったときはワクワク感があって、
「早くプレイしたい」という気持ちでいっぱいなんだよね。
オープニングのイベントシーンが長いだけでも
ちょっとイヤなのに。


クラブニンテンドー、新グッズ3種追加
2014.09.11

クラブニンテンドーで交換できるグッズが3種類追加されました。
最近、新グッズの追加がつづいてます。

今回追加されたのは以下のもの。
交換に必要なポイントと、現時点で交換を申し込んだ場合の
配送時期も表記しました。

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 サウンドセレクション」
CD2枚組。11月末まで250ポイントで交換。
12月以降は500ポイントになります。
配送は10月。

「スーパーマリオ ひらいて だあれだ!?」
幼児向けの絵本。180ポイントで交換。
配送は10月。

「どうぶつの森 ミニトランプ」
紙製のトランプ2個セット。
200ポイントで交換、配送は11月。

詳細はクラブニンテンドーで確認できます。
http://club.nintendo.jp/


なんだか最近、グッズの追加が連続している。
ラバーコースター、ファミコンリングノート、
ショッピングバッグと来て、今回の3種。
こんなに連続するのは過去に例がないかもしれない。
なにかねらいがあるんだろうけどね。

ポイントをたくさん貯めるには商品を買うしかないけど、
「予約ボーナス」や「プレイ後アンケート」を活用すると
地味に貯まります。


3DS「スマブラ」、体験版配信中
2014.09.10

※ 少し追記しました

9月13日(土)に発売が迫っているニンテンドー3DSの
「大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS」の
体験版が配信されています。

ニンテンドー3DSでニンテンドーeショップにアクセスすれば
無料でダウンロードできます。

体験版のブロック数は1016。
起動できる回数は30回です。

体験版をダウンロードした3DSを持ち寄れば、
対戦ができます。オンライン対戦は不可。
もちろんひとりでもプレイできます。

この体験版には電子説明書はありません。
公式サイトに「遊びかた」のページがあるので、
それを参考にしてください。
また、タイトル画面で少し放置しておくと、
ごく簡単な操作説明の動画が流れます。
(基本操作は全キャラで統一されている)

「大乱闘スマッシュブラザーズ」公式サイト
http://www.smashbros.com/jp/


Google、ゲーム課金で20億円を返還
2014.09.06

アメリカの話だけど、親が設定したスマホやタブレットを
子どもが使い、親の知らないところでアプリに課金されていた
問題を受けて、Googleが日本円で約20億円を返還すると
アメリカの政府機関と合意したそうだ。

ロイターの記事
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPKBN0H004020140905

この記事だけではわからない部分もあるけど、
有料アプリを買ったり、基本無料のアプリで課金してしまう
問題は海外にもあるみたいだ。

基本無料のアプリは広告表示のほかに
有料アイテムを買わせることで収益を上げるシステムが多い。
たくみに「ちょっとお金を払うとお得だよ」と勧めてくる。
時間の短縮になる系統の課金が多い印象がある。
小さい子だと、課金のボタンを押したくなると思う。

システム面の問題もあるだろうけど、それ以上に
クレジットカードを登録してしまうのがまずい。
かんたんに支払いができちゃうから。

Amazonで電子書籍をたまに買うけど、意外なほど手軽に
買えちゃう。回転寿司で皿を取るのと同じような感覚で
支払いが完了しちゃう。

セキュリティの点でも、ネットサービスは
プリペイドカードで支払いをするのがいいと思う。
これなら残高以上の支払いはできない。
子ども対策以外でも、衝動買いが多いと自覚できるなら
クレジットカードはできるだけ控えたほうがよさそうだ。
(Amazonも支払い方法を変更できる)


クラブニンテンドーのラバーコースターが届いた
2014.09.03

クラブニンテンドー ラバーコースター
クラブニンテンドーに先月追加された新グッズの
「ラバーコースター(ハテナブロック)」が届いた。

いつも通りの紙の封筒を開けると、
めずらしく乳白色のビニール袋に入っていた。

ハテナブロックのデザインを施した、ただの板かなと
思っていたけど、実物は違った。
「?」のフチの部分や、ブロックの四隅のネジ(?)の部分は
浅い溝になっている。ハテナブロックが実在したら
こんな感じかもな、と思える。

さらに、裏側は全面が黒で、中央にクラブニンテンドーの
ロゴが赤く入っている。ここがいい。
写真に撮ろうと思ったけど、周囲の写りこみが激しくてやめた。

素直にコースターとして使うのはもちろんいいけど、
裏面にマグネットシートを貼りつけて、
冷蔵庫とかの金属面に貼っておくのもいいかも。

クラブニンテンドー
http://club.nintendo.jp/

コースターは、基本的には冷たい飲み物の水滴が
テーブルにつかないようにするためのものだと思う。
今回のコースターはゴムみたいな材質なので、
テーブルに食器を置くときの音を小さくする効果もありそうだ。
たとえば深夜とか、音を気にする環境では
ふだんコースターを使わない人も試す価値はありそう。
(コルク製のものも同様)


ゲームソフト9000円の時代
2014.09.01

ゲームがだんだん高価になってきて、
いいのか悪いのかよくわからない、という話。

先日、「アサシンクリード ユニティ」の定価が税別で
8400円だという情報を見た。PS4とXbox Oneで発売される。
税別で8400円ということは、税込みなら9000円をこえるわけだ。

実際、買うときは1割程度は割引された状態になるけど、
それでも8000円程度してしまうのは、
価格の水準がまた一段上がったなと感じてしまった。
そのうち、税別定価で9000円以上のものも出るかもしれない。

ゲーム機が高性能になるほど、いろいろと手間がかかって
人件費も開発期間も増える傾向で、それが価格の上昇につながる。
「アサシンクリード」は大作なので、価格設定が高くなるのは
しかたがないかもしれないけど、素直によろこべない感じもする。
高いぶん、おもしろさもパワーアップしているとは限らない。

売れるかどうかわからないのに大金が必要という状況に
メーカーが耐えられなくなって、その結果がライバル機種に
同じものを出すマルチ展開になった。
最近は旧世代と新世代の機種にも出す傾向がある。

ソフトが高額な状況で、旧世代の機種でも出るとすると、
価格の点であえて旧機種版を選ぶ人も少なくないと思う。
そうすると最新世代ゲーム機の普及は鈍くなるわけで、
墓穴を掘ることにならないか気になる。

余談だけど、支払い金額を意識できるだけいいのかもね。
月額課金のオンラインゲームだったりすると、
累計でどれくらい払っているか計算したくない人もいるかも。


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...