日付 : 2012年11月 の 記事一覧

<追記あり>「とびだせ どうぶつの森」の画像をネットに載せることについて
2012.11.28

ゲーム画像の扱いについて任天堂に問い合わせた、という話。
※追記があります。一部表現も変更

ゲームの画面写真や動画を許可なくネット上に掲載するのは
著作権の侵害にあたる。簡単にいえば違法行為だ。
それでも、画像を掲載する個人サイトは以前から多いし、
最近は動画の掲載もめずらしくない。
それが人気コンテンツだったりする。
(写真の公開が許可されている例もあるが、少ない)

先日発売になった「とびだせ どうぶつの森」には、
ゲームの様子を撮影する機能がついている。
撮影した画像はSDカードに保存され、好きなときに見られる。
画像データはPCなどに移せるが、ネット上で公開していいという記述は
公式サイトにはない。

「とびだせ どうぶつの森」の人気を受けてか、しばらく前に
ニンテンドー3DSから直接画像つきでツイートできるサービスを
開発した人が現れた。自分のタイムラインにもそのサービスを
使った画像つきツイートが多数流れてきた。
「このサービスって、著作権侵害を推奨・助長する行為ではないのか」
と疑問だった。

そうしているうちに、今度は「はてなブログ」で
「とびだせ どうぶつの森」の画像を使ってプレイ日記を書く企画が
始まった。(許可のないゲームの)画像掲載を推奨するのは
初めて目にしたので、軽い驚きだった。


当サイトも著作権侵害とは無縁だとはいえないが、
いろいろと疑問がふくらんできたので、
任天堂に問い合わせてみた。個人による画像の掲載や
はてなブログにのみ許可したのかどうかとか。

翌日、回答をいただいた。その文章の全体や一部を
そのまま紹介することはできないきまりになっているので
簡単に紹介すると、

個人が「とびだせ どうぶつの森」で撮影した画像を
他の媒体で使うことを制限するつもりはないそうだ。
ただし無条件ではなく、ゲームのイメージを損なう使いかたや
営利目的での使用は許されない。

この回答から、上の条件を守っていれば、
自分の家や村がこんな感じだ、大きな魚を釣った、
なんていう画像をブログやツイッターに載せるのはOKのようだ。
つまり、いわゆるプレイ日記は問題ない。

OKとなると、いろいろ細かいところが気になってきた。
「どうぶつの森」と同様にゲーム内で撮影ができる他のソフトは
どうなんだとか。追加で質問がある場合の専用アドレスがあるので
再質問してみたが、これについては3営業日以上経過した今も
返答がない。「そこは察しろよ」ということなのかもしれない。

<追記>
追加の質問についての返答もいただいた。
「法律の範囲は守れ」という主旨だったけど、
ちょっと解釈に迷う記載もあった。
しかし、上の条件を守る前提でプレイ日記的な内容であれば
警告を受けたりすることはなさそうだけど、微妙なところだ。
<追記ここまで>

今回のやりとりから、少なくとも「とびだせ どうぶつの森」では
上の条件を守ればブログなどに画像を載せていい
ということがわかりました。

「とびだせ どうぶつの森」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/egdj/index.html


安くなってWiiがモデルチェンジ! Wii mini登場
2012.11.27

海外ではWii Uの発売も始まった今、
Wiiの安いモデルが発表されました。
その名はWii mini。

ただし現在のところカナダでの販売のみで、
その他の地域での販売は不明。
しかし、本体デザインが変更されていてカッコよさそう。
単純な価格改定ではないので、カナダだけで終わらせる
可能性は低いんじゃないかと思います。

Wii mini公式サイト(英語表記)
http://www.nintendo.com/wiimini/
現時点では日本の任天堂のサイトには情報なし

価格は99ドル99セント。1カナダドルを82円で計算すると
8000円ちょっと。ヌンチャクやセンサーバーも当然ついている。

この件を伝えるengadgetの記事によると、
ゲームキューブ用ソフトが動かないことと、ネット接続機能がない
とのこと。
http://japanese.engadget.com/2012/11/27/wii-mini-100-12-7/

最近のWiiは目立つ新作はないけど、ソフト資産は充実してる。
未経験の人なら、任天堂製のソフト群にふれるだけでも
かなり楽しめるはず。

日本で発売されるかは不明だけど、途上国での販売を
考えているなら悪くない商品なのかも。


ドラクエ10、TSUTAYAでレンタル開始
2012.11.26

オンライン専用ゲームの「ドラゴンクエスト10」を、
TSUTAYAでレンタルして試せるサービスが始まります。
Wiiでネット接続できる環境と、16GB以上のUSBメモリは
自分で用意しておきます。

「お試しサービス」ですが、その後も継続してプレイするための
権利も買えます。これが3800円なので、事実上の値引き販売。
ちなみにパッケージのみの定価は6980円。
(プレイ料金は別にかかります)

レンタル実施期間は12月1日(土)から2013年2月28日(木)。
レンタル期間は7泊8日で、無料。返却が遅れたら料金がかかる模様。
TSUTAYAの会員登録は必要。

TSUTAYA全店舗でドラクエ10のレンタルを行うわけではありません。
くわしくは下記サイト参照
http://www.tsutaya.co.jp/game/ms/dqxr/index.html

スクウェア・エニックスの告知
http://www.dqx.jp/news/?newsNum=2012_061

レンタル期間終了後もプレイを続けたい場合は、
「レジストレーションコード」をTSUTAYA店頭で買えるそうです。
これは「製品版を購入しました」という証明になります。
これが3800円。上でも書いたように、パッケージのみの定価が
6980円なので、お得です。レンタルで試した人だけが買えます。

あとはプレイ料金を払えば好きなだけプレイできます。
プレイ料金を払わなくてもプレイできる「キッズタイム」もあります。
祝日をふくむ平日の16時~18時、土日の13時~15時。

重要なこととして、レジストレーションコードを買って
プレイを続ける場合、レンタル用データの引き継ぎはできないそうです。
詳細は不明ですが、キャラ設定などをイチからやり直すみたい。

さらに注意点として、手元にディスクがないため、
USBメモリが破損するなどして再インストールが必要になったときに
どうなるのか、購入前に確認が必要だろうと思います。


「ドラクエ10には興味があるけど、買うのはためらう」という人と、
少しでも新規プレイヤーを増やしたいスクエニの双方にとって
悪くないサービスですよ。Wii U版のドラクエ10を待っている人にも
よさそう。

ちなみに、来年2月にドラクエ7のリメイク版が3DSで出ます。
「普通のドラクエ」がプレイしたいなら、ドラクエ10よりも
こちらのほうがいいかもしれません。特に低年齢層の場合。
http://www.dragonquest.jp/dq7/

レンタルについてのスクウェア・エニックスの告知
http://www.dqx.jp/news/?newsNum=2012_061

「ドラゴンクエスト10」公式サイト
http://www.dqx.jp/
動作確認されたUSBメモリの情報やプレイ料金などが載ってます。
プレイ前に熟読することをおすすめします。

ドラクエ10をプレイするときにあったほうがいいものを
以前紹介しました。レンタル後もプレイするときは参考にしてください
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2488.html
使っているUSBメモリも載ってます。


相手にプレイを見せるということ
2012.11.25

「ガールズモード」や「どうぶつの森」など、
自分のプレイの様子をほかの人に見られるゲームは
自然と集中度が上がる、という話。

最近、3DSのゲームにはすれちがい通信で
自分でカスタマイズしたものを相手に見せられるゲームがある。

ひとつが前にも書いた「わがままファッション ガールズモード
よくばり宣言!」で、主人公の服装や髪型、メイクを
すれちがった相手に見せられるし、条件によっては
コーディネートしたファッションアイテムを相手に渡せる。

もうひとつが「とびだせ どうぶつの森」。
自分の家の様子や主人公の服装を見せられる。
ある程度プレイを進める必要があるけど、
自分の村全体も相手に見せられるようになる。

こうした要素があると、自然と「いいコーデをしたい」とか
「どんな部屋にしようか」と考えるようになる。
プレイヤーの個人差で、すれちがい通信がなくても
深く考える人はいるだろうけど、他人の目を意識するほうが
より深く考えると思う。

こういうのって、得点や走行タイムなどの
数字やテクニックの競争よりも平和な感じがする。
実際は、アイテムの組み合わせもセンスが求められるわけで、
数字の競争と同じくらいハードな世界だと思うけど。
(「どうぶつの森」の場合、模様のデザインに手を出すと
職人的な技術と根気が必要なことがよくわかる)

すれちがい通信はチャットのようなコミュニケーションは
できないけど、自分でカスタマイズしたものを見せるのは
充分に雄弁だと思う。「どうぶつの森」をプレイしている人なら、
「この部屋はスゴイな」と感じたことがあるんじゃないかな。

ゲーム内のメリットや自己満足のために考えるのではなく、
見られることを意識して考えるのは新しい動きだと思う。

自由度の高いゲームは自分が飽きたときが終わりだけど、
お互いに見せ合う要素があると、寿命をのばす効果もありそう。


いい意味で期待を裏切る 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
2012.11.21

<ネタバレなし>
エヴァQ、観てきた。
今作は前売り券(割引券)がなかったっぽいので(グッズ付しかなかった?)、
1800円払うのに少しためらったけど、結果として観てよかった。

「Q」は前作「破」の続編だけど、大きく舞台設定が変わっている。
そのせいか、大きな話の流れとしてはあまり進展がない。
全体として完結に向けての「タメ」みたいな話。
次回作が完結編のはずだけど、ほんとに終わるのかなあ。
もっと時間をかけて語ってくれてもいいな、という気もする。

大きく舞台設定を変えてきたのは面白かった。
TV版を知っている人ほど「えっ」っていう感じになると思う。
もはやTV版は原作というか原案みたいなものになってる。
それだけに、あと1作で終わらせるのかわからない。
(心理的に)弱いシンジが全編に登場するのもエヴァっぽい感じ。

DVDやブルーレイが出てから観ればいいや、という人も
いるだろうけど、劇場の高音質で観るのもなかなかいいですよ。
以前テレビで放送された冒頭の6分くらいも、
音が違うとだいぶ迫力も違う。演出も少し違う。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 公式サイト
http://www.evangelion.co.jp/


興味のないものは、よくわからない
2012.11.19

すごく当たり前の話だけど、興味のないものは
よくわからないよね、という話。

さきほど更新したPS3の本体パックの話のなかで、
「このソフトはとっくに出てたんじゃ?」と勘違いしたことを書いた。
そのソフトが発売前の新作だと気づかずに、
「発売から時間がたっているけど、
定番ソフトを本体とセットで売るんだな」と(一瞬)思ってしまった。

言い訳すると、シリーズのナンバーが違うだけだし(5と6)、
キャラデザインも前に見たことがあるようなものだったし、
そもそも「みんなのGOLF」にあまり興味がないので、
第一印象として勘違いしてもしかたないかなーと思ってる。

この感覚は、意外と多くの人が持っている気がした。
興味のないものって、よく知らないのが普通だよね。

ゲームでいうなら、タイトルのナンバーが違うだけだと
(前作と比較して)内容がわかりにくいと思う。
たとえば「Newマリオ」だと、DSで出て、Wiiで出て、Wii Uでも出る。
「なにが違うんだ?」と思っている人もいるんじゃないかな。
ポケモンなんかもそうだと思う。

ほかの商品でも、PCやスマホの新機種は
何が違うのかわかりにくい。

ファンの人やメーカーの人ならあれこれ違いをあげられるけど、
ある程度深くもぐらないとそうした知識はえられない。
興味もないのに深いところまでもぐるのは面倒。

興味・関心の差が知識の差になる。
当たり前の話だけど、結構重要な話でもある。
モチベーションで学習の壁が低くなるとか、
みんなが同じ興味を持っているわけではないとか、
いろいろなことを説明できそう。


「PS3 スターターパック」の小冊子配布中
2012.11.19

PS3スターターパック
PS3本体と「みんなのGOLF6」がセットになった
「プレイステーション3 スターターパック」の小冊子が
店頭で配布されていました。

これを見たとき、「PS3用の「みんなのGOLF」は
とっくに出てたような?」と思ったんだけど、前作の「5」と間違えてた。
今作の「みんなのGOLF6」はシリーズ最新作。11月22日発売。
このスターターパックも同日発売。
バラバラに買うよりも3980円お得だそうだ。

PS3スターターパック

冊子の内容は大部分が「みんなのGOLF6」について。
ゲーム内容や、Vita版のプレイヤーともオンライン対戦できる
ことなどが書かれている。

スターターパックに入っているコントローラはひとつ。
これでも家族や友だちとプレイするときは
交代しながら打てるらしい。もちろん別売のものも使える。
(コントローラひとつでも最大4人まで対戦できる)

みんなのGOLF6

PS3本体の機能紹介は最後に少しだけ。
事実上「みんなのGOLF6」の冊子のようなものだから、
これを買おうかなと思っている人はチェックするといいかも。

PS3スターターパック

「みんなのGOLF6」公式サイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/mingol/6/index.html
PS3版は11月22日(木)発売、定価4980円。
ダウンロード版もあって、こちらの定価は3900円。
Vita版は12月17日(月)発売。


島がヤバイ 「とびだせ どうぶつの森」その3
2012.11.17

島に行けるようになった、という話と、
すれちがいでちょっと変わった人に出会った話。

発売日からプレイしているなら多くの人が行けるであろう「島」に
先日行けるようになった。島に行くのにネット接続は不要。

島は舟で渡る南国リゾートという設定。つまり季節が夏。
現在の村は秋なので、見慣れない魚や虫がたくさん。
しかも高額で売れるものが多い。
島に行くのに往復で1000ベルかかるけど、
そんなのはすぐに回収できちゃう。
(どちらかというと夜に行くのがいいかも?)

こんなに高値でいいのかな、と思っちゃうくらいだけど、
何十万も必要な公共事業があるみたいだから、
これでいいのかもしれない。

島ではいろいろな「ツアー」に行くこともできる。
これはミニゲームで、成績に応じてメダルをもらえる。
メダルとひきかえに「おみやげ」をもらうこともできる。

このツアーは、まあまあ面白いかな。
1回やれば充分かなと思うものもあるけど。
フレンドといっしょにやるのがよさそう。

ツアーはネット経由で知らない人とプレイすることもできるけど、
最初からできるわけではない。ある程度メダルをためないとダメ。


よく売れているだけあって、すれちがえる数も多い。
Newマリオは買っていないので、こんなにすれちがえるのは
初めてかもしれない。

前にも書いたけど、すれちがった相手の家を見るのは楽しい。
人数が多いと逆に困るくらい。

先日、ちょっと変わった人がいた。
その人は部屋の手前に大きな家具を置いていて、
すれちがった人が部屋のなかに入れないようにしていた。
(2階や地下室に行く部分だけ入れる状態。
部屋の持ち主は家具を動かせるので入れる)

すれちがった人が部屋のなかに入っても
家具を取ったり置いたりできないんだけど、
なにか気持ち悪いと思ったのかなあ。
ま、そういう人もいるかもね。
(部屋を見せないという設定はできない)

あと、シリーズの経験者ほど気がついていないかも
しれないけど、部屋のなかでは視点を大きく動かせる。
十字キーの左右を何回も押せば、入口側の壁も見られる。
オシャレな人(?)は、そのへんにも家具を置いているかもしれない。
部屋に入ったときの視点だと、入口側の壁に
家具をつけていても見えない。

「とびだせ どうぶつの森」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/egdj/index.html


Wii Uについて知っておきたいこと 補足ダイレクト
2012.11.14

Wii U本体について、知っておいたほうがよさそうな
いくつかのことについて。

今日、新しいニンテンドーダイレクトが公開されました。
今回は前回(11/7)の補足としての映像。15分ほど。
前回の放送後のネット上での反応をもとにした
追加説明が主な内容。

反応を見て、フォローを入れるのはなかなかいいね。
スピード感というか、ライブ感というか。

Wii U本体機能ダイレクト ちょっと補足
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/direct20121114/index.html
YouTubeでも見られます
http://www.youtube.com/user/nintendodirectch

詳細は動画を見てほしいけど、
以下にいくつかピックアップ。

● 保護者による機能制限(ペアレンタルコントロール)について

Wii Uでは、アカウントごとに細かく機能の制限をつけられる。
ブラウザの使用許可やニンテンドーeショップでの支払いの許可など。
Twitter的な「ミーバース」では、閲覧のみ許可して
投稿を禁止したり、両方禁止したりもできる。

文字入力の変換学習データは、アカウントごとに管理保存される。

● 本体メモリ容量について

本体機能などのデータがあるため、プレイヤーが実際に
データを保存できる容量はやや少なくなる。

Wii Uのベーシックセットは空き容量(プレイヤーがデータ保存に
使える部分)が特に少ない。空きは3GB。
「ニンテンドーランド」のダウンロード版を購入したい場合、
本体内の空き容量では足らない。
(NewマリオUは大丈夫だが、ほとんど空きがなくなる)

USB接続の外付けハードディスクを自分で用意すれば
空き容量を増やせる。「ニンテンドーランド」はデータ量が
少ないほうなので、他のソフトの場合は空き容量が足らない
可能性がさらに高まる。

プレミアムセットなら空き容量が多いので、当面は困らない。

● 外付けハードディスクについて

USB接続のハードディスクは、2TBのものまで使える。
それ以上のものを接続しても、2TBとして認識される。

Wii Uで使い始めると、PCやその他の機器との共有はできない。
Wii Uを2台買ったとしても、共有はできない。

ハードディスクを買う場合、セルフパワー形式のもの
(コンセントにつなぐプラグがついているもの)が望ましい。
プラグのないバスパワー形式でも使えるが、
「Yケーブル」のものが望ましい。
(USBケーブルが二又になったもの)

動作確認済みハードディスクは任天堂のサイトで紹介される。
<追記>動作確認済みの機器を紹介するページができました。
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/support/usbmedia/index.html

USBメモリも一応使えるが、おすすめしない。
(データの書き換え回数に限界があるため)

SDカードはPCとのデータ交換などに使うため、
Wii U用のゲームやセーブデータ保存には使えない。
(一部例外あり?)

● Wii Uゲームパッドのみを使ったプレイについて

以下のソフトは、テレビを使わずにWii Uゲームパッドのみで
プレイすることはできない。将来のバージョンアップによる
実現も期待薄。

Wiiウェア、バーチャルコンソール、Wii用ゲーム

ただし、Wii U用のバーチャルコンソールは開発中で、
これはゲームパッドのみでプレイできる予定。
いつ公開になるかは不明。

Wii U本体機能ダイレクト ちょっと補足
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/direct20121114/index.html
YouTubeでも見られます
http://www.youtube.com/user/nintendodirectch

Wii U公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/index.html


ポケモンになっちゃった!「ポケモン不思議のダンジョン」体験版
2012.11.14

「ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮」の
体験版の話。現在無料配信中。

「どうぶつの森」があったりするせいで、ダウンロードしたものの
プレイしてなかったんだけど、やってみたらまあまあ面白かった。
「買いたい」とまでは思わなかったけど。
この体験版のセーブデータは製品版に持ち越せます。

なぜかポケモンの姿になってしまった主人公が、
ポケモンの世界で冒険する。仲間のポケモンといっしょに
入るたびに構造を変える「不思議のダンジョン」を突破していく。

「主人公がポケモンになってしまう」という導入部分は
面白いなと思ったけど、プレイしていて一番注目だったのが、
文字の読みやすさ。特に、セリフなどが表示される部分は
かなり読みやすい。漢字にはフリガナもついている。

ゲームとしては、伝統の「不思議のダンジョン」シリーズ。
このゲームは久々にプレイしたけど、基本は変わってない。

操作説明は比較的親切。
また、下画面に何を表示するか切り替えることができて、
そのひとつが説明書になっている。慣れないうちは
操作説明を表示させて、慣れてきたらマップ表示にすると
いいのかも。

「不思議のダンジョン」シリーズの特徴として、
マップ構造がプレイするたびに違うんだけど、
ムダに広いマップになりがちな気がした。
また、地形タイプも同じ形がよく出てくるような。
これは体験版だからかな?

ダンジョン内のBGMが、やや耳につく感じがした。
短いBGMをくりかえし聞くのはゲームでは普通だけど、
BGMの音量を少し下げたくなった。個人的な好みの問題かも。


この体験版では、本編の序盤をプレイできるほか、
「マグナゲート」というモードもプレイできる。
これは現実世界にある「丸いもの」を3DSのカメラで撮影すると
そこがダンジョンの入口になるというもの。
これはまあまあ面白かった。ある程度明るいところで撮影しないと
認識しにくいみたい。

丸いものを写して突入するダンジョンも不思議のダンジョンで、
ランダムで選ばれた(?)ポケモンを使ってクリアを目指す。
2回試して2回とも途中で力尽きてしまったけど、
それまでに手に入れたお金やアイテム(の一部)を
本編の主人公に送ることができる。


「ポケモン不思議のダンジョン」はシリーズ化しているので
これまでとの違いはわからない。体験版の内容としては
あまり新鮮さはない気がするけど、ダウンロードする価値はありそう。
正直、おすすめ度はそんなに高くない。

製品版では、セーブデータをひとつしか作れないので注意して。

「ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/apdj/index.html
11月23日(金)発売


はじめてのすれちがい 「とびだせ どうぶつの森」その2
2012.11.12

すれちがい通信をした話。

本題に入る前に、パッケージ版の品薄についての情報。
この品薄について、任天堂の岩田社長がツイートしました。
それによると、パッケージ版は完売のところが多く、
ダウンロードカードまで完売が多いそうだ。
これは任天堂としても想定をこえる状況だそうだ。

この対応として、今週の前半に約10万本、
今週の後半に約20万本の追加出荷を予定しているとのこと。
おそらくその後も毎週出荷があると思われます。

ニンテンドーeショップで直接購入する方法であれば、
品切れはありません。その場合の支払いは
ニンテンドープリペイドカードかクレジットカード。
ニンテンドープリペイドカードは小売店やコンビニで売ってます。
パッケージ版とダウンロード版の内容は同じです。

ただしこの場合、ダウンロードに時間がかかります。
自宅で3DSを使ってネット接続できない場合は
この方法を選ばないほうがいいでしょう。
また、SDカードにある程度の空き容量が必要です。

ニンテンドー3DS用ソフトのダウンロード版について
http://www.nintendo.co.jp/3ds/dlsoft/index.html
ニンテンドーeショップでの支払い方法について
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/payment/index.html

クリスマスプレゼントとしてこのソフトを考えている場合、
パッケージ版を買うなら早めに品物を入手したほうがいいでしょう。
12月の状況はわかりませんが、やはり品薄になるかも。

「とびだせ どうぶつの森」公式Twitterアカウント
https://twitter.com/doubutsuno_mori
岩田社長のツイートもこちらにあります

Amazon ニンテンドープリペイドカード3000円
Amazon   ニンテンドープリペイドカード3000円


さてここからが本題。
記事をふたつに分けてもよかったかも。

ようやく、すれちがい通信ができるようになった。
自宅が完成したあと、不動産屋と住宅展示場で手続きを
するとできるようになる。

さっそく4人とすれちがうことができた。
すれちがった相手と、その家が住宅展示場に並ぶ。

4人中2人が、早くも家の内装がととのっていて驚いた。
時間設定をずらしているのかな。
ウチなんて改装を1回終えたくらいで、家具はもちろん、
壁紙や床もほとんど初期状態なのに。
(さすがに、家の外観はみんな初期状態だった)

とはいえ、相手の家のなかを見られるのは面白い。
まさしく「お宅訪問」って感じ。
倉庫みたいな雰囲気にするのはマズイ。

さらに相手もいるので、服装にも気をつかいたい。
正統派にオシャレをするのもいいし、ウケねらいもいい。
帽子やメガネがどんどん欲しくなる。

部屋といい服装といい、気をつかってから
すれちがいたくなるのは「ガールズモード」と同じで面白い。

しかしそうなると、お金が足りなくなる。
ローン返済や公共事業でもたくさんお金がいるから。
あまり見栄をはらずにマイペースでいくのがよさそう。

「どうぶつの森」は、お金をためようとして
魚釣りとかをしまくると、とたんに作業的なプレイになる。
そうすると苦しいだけなので、のんびりやるのが一番いいと思う。

「とびだせ どうぶつの森」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/egdj/index.html


堂々とプレイ動画を流せるゲームが出る
2012.11.09

プレイ動画を流すことが公式に認められたゲームが出るそうだ。
engadgetの記事から。
http://japanese.engadget.com/2012/11/08/call-of-duty-ps3-xbox-360-youtube-wii-u/

11月発売の「コール オブ デューティ ブラックオプス2」には、
オンライン対戦の様子をYouTubeに生中継する機能があるそうだ。
これ、著作権侵害が多い現状において興味深い対応。
これなら堂々と流せる。
(ゲーム映像だけでなく、プレイヤーの様子や音声も流せる)

黙認される例がほとんどとはいえ、著作権侵害は多い。
私も人のことをあれこれいえる立場にないけど、
「チョサクケン? 何それ?」という感じで動画や画像がアップされている。

今回みたいに公式に許可してくれる例がもっと増えればいいのに。
流れる動画の量が増えれば、ゲームを観戦して楽しむという動きも
もっと活発になると思う。

engadgetの記事
http://japanese.engadget.com/2012/11/08/call-of-duty-ps3-xbox-360-youtube-wii-u/


村長になっちゃった 「とびだせ どうぶつの森」
2012.11.09

「とびだせ どうぶつの森」

買いました。
DS版で人気に火がついたシリーズの最新作だけあって、
パッケージ版は品切れの店が多いみたい。
おそらく毎週出荷されると思うので、高値で転売している人に
飛びつくのはやめたほうがいいですよ。急ぐゲームではないし。
3DS LLの本体パックも増産されるらしい。

私は「どうぶつの森」をシリーズの初代からやっているので、
さすがに新鮮さは薄くなっているけど、村長として迎えられてしまう
今作のスタートはなかなかいい。とはいえ、村長らしいことは
なかなかできないので、いつもの「のんびりムード」は変わらない。

村長らしいことはなかなかできないと書いたけど、
今作ではできることが少しずつ解放されていくしくみになっている。
すれちがい通信も、ゲーム開始直後はできない。
実をいうと私もまだできなくて、おそらく自分の家が建つまでは
できないのだと思う。「島」もまだ行けない。
<追記>
家を建てただけではダメで、さらにその翌日になるみたい。
不動産屋などで簡単な手続きあり
<追記ここまで>

自宅を建てるまでに少し時間がかかるので、
のんびりフルーツを拾ったり虫とりや魚釣りでお金を貯めよう。
セカセカするのはこのゲームに合わない。
シリーズの知識が少ない人にひとつアドバイスすると、
村のあちこちにある岩をスコップでたたくといいことがあるかも。

十字キーで釣りざおや網の持ち替えができたり、
操作性はシリーズで一番いいかもしれない。
しかし残念なのが、村の住民の「声」の設定を変えられないこと。

セリフの文字とともに擬似音声的な効果音が鳴るけど、
これまでのシリーズではこの部分の音を変更できた。
どうも今作では変更できないみたいだ。
個人の好みの問題だけど、あの音は雑音みたいに聞こえて
あまり好きじゃない。変更してた人はよほど少数派だったのかな。

「とびだせ どうぶつの森」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/egdj/index.html


Wii Uの本体機能と「NewマリオU」の紹介 ニンテンドーダイレクト
2012.11.07

予定通り、20時からニンテンドーダイレクトがありました。
あとからPCで再生できるほか、3DSのニンテンドーeショップでも
見られるようになるはずです。

事前の告知通り、岩田社長によるWii Uについての説明は
35分ほど。そのあとに「NewスーパーマリオブラザーズU」を
開発スタッフが紹介するコーナーがあって、2本立ての構成。
結果として1時間近くある。両方とも注目。

● 発売直後の本体機能は少なめ?

Wii U本体に内蔵された機能が紹介された。
くわしくは公式サイトを見てもらうとして、思ったよりは少ないな
という印象だった。今回初公開になったのはカラオケ機能だけ。

これは機能がないわけではなくて、順次公開する形なんだと思う。
Twitter的な機能である「ミーバース」も、ネットにアクセスして
データをダウンロードすることで使い始められるそうだ。
同様に、新メニューが追加されていくと思う。

今回初公開となった本体機能が「WiiカラオケU」。
これはWii Uを使って自宅でカラオケを楽しむメニュー。
カラオケの「ジョイサウンド」と協力して、カラオケ店に行くのと
同等のクオリティのサービスになっているそうだ。

有料サービスで、一番安いメニューは1時間100円で歌い放題。
基本的に、ネットにアクセスできる環境が必要。
曲の検索などは無料でできるらしい。

キーの変更やエコーの強さの調整ができるのはもちろん、
採点機能やランキング機能もある。
字幕が流れるビデオに自分のMiiや写真を登場させることもできる。

家でカラオケをしたい人がどれだけいるのか疑問だけど、
以前ジャパネットたかたでカラオケ機能のついたマイクを売っていた。
それが結構売れたらしいので、ある程度需要はあるみたいだ。

歌う雰囲気をより強く楽しみたい人のためにマイクが別売りされ、
ネット環境がない人向けに一部の曲をオフラインで楽しめる
特別パックも用意されるそうだ。

● ナイスバディ! 楽しそうな「NewマリオU」

後半にある「NewスーパーマリオブラザーズU」の紹介部分も必見。
今回は協力プレイのことを「バディプレイ」と呼ぶそうだ。
Wii UゲームパッドとWiiリモコンの役割の違いの様子が見られて、
これがかなり楽しそう。くわしくは動画を見てほしいけど、
「ナイスバディ」は密かな流行語になりそう。

今回のニンテンドーダイレクトは任天堂公式サイトのほか、
YouTube、ニンテンドー3DSのニンテンドーeショップで見られます。
eショップでの公開は11月8日の午前10時ごろからだそうです。
YouTubeのアドレスは以下
http://www.youtube.com/user/nintendodirectch

ニンテンドーダイレクト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/direct20121107/index.html
Wii U
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/index.html


Wii Uは体験イベントをやらないの?
2012.11.07

タイトル通り、体験イベントはやらないのかな?って話。
発売前に直接さわってみたいよね。

日本では12月8日(土)に発売されるWii U。
いろいろと情報が公開されてきて、予約も受け付けられている。
体験イベントが全国各地で開催されるんだろうなと
勝手に思っていたけど、今のところ告知はない。
少なくとも発売前のイベントはないみたいだ。

どうしてやらないんだろう。
最近は赤字になっているとはいえ任天堂だから、
「予算がない」という理由は考えにくい。
「会場が空いていなかった」という理由は考えられるけど、
それならショッピングモールの店頭を借りるなどの方法もある。
「その必要はない」と考えているのかなあ。

正直なところ、Wii Uの最大の面白さがどこにあるのか、
まだよくわからない。対戦(協力)プレイをするときに
「鬼ごっこ」のようにプレイヤーごとに役割が違うところが
面白さのひとつらしいけど、実感はできていない。
たぶん世の中の大多数が同じ印象だと思う。
WiiリモコンやヌンチャクがWii Uでも重要なことも
知らない人が多そうだ。

小売店の店頭に試遊台が置かれる可能性は高そう。
しかしこの場合はイベントのように係の人がいないので、
誰かに占有されてしまう場合が多い。
また、対戦(協力)プレイの体験も難しそう。

体験イベントは必ずしも発売前である必要はないけど、
ちょっとさびしい。動画だけでは充分とはいえないし。

Wii U公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/index.html


今夜20時、ニンテンドーダイレクト
2012.11.07

今日(11/7)の20時から、新しいニンテンドーダイレクトが
公開されます。

今回のテーマはWii Uの本体機能について。
岩田社長のツイートによると、今回は約35分で、
Wii Uの本体機能を具体的に紹介するとのこと。
新作ゲームの情報はなし。

例によって録画放送なので、20時からの初公開を見られなくても
あとから再生することもできます。
3DSのニンテンドーeショップでも見られます。

ニンテンドーダイレクト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/direct20121107/index.html

Wii Uの本体機能はあまり情報がありませんでした。
プレイヤーが交流する「ミーバース」やブラウザ機能、
ボイスチャット機能については少し情報が出ていた。
Wiiにある「Wiiチャンネル」のようなものがWii Uにもあるはず。
他社のサービスを活用したものがいくつかあるだろうと思います。

Wii U公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/index.html


もはやカジノ 課金ガチャのアリ地獄
2012.11.05

一部ソーシャルゲームの課金ガチャで大量のお金を
使わせる構造はおかしい。すぐに規制すべき。
一般的なテレビゲームとは収益のあげかたが違うので、
ソーシャル勢をゲーム業界にふくめるのはやめたほうがいい
のではないか。…という話。

今回の話は以下のTogetterを読んだのが発端。
DeNA(モバゲー)の「アイドルマスター シンデレラガールズ」を
プレイするうちに、大量のお金を使う様子が載っている。
http://togetter.com/li/401522
実話だと断言はできないが、まあ信じてよさそうだ。

私はいわゆるソーシャルゲームには手を出していないので、
まったく状況を知らなかったのだけど、しばらく前の
コンプガチャ問題をきっかけに過度の課金の問題は
正常化に向かったのだと思っていた。
しかし実態はあまり変わっておらず、現在も続いていた。
(コンプガチャは各社が中止している)

上のリンク先を読んで、「カジノみたいだな」と思った。
バンバンお金を使うことが想定内のことになっている。

あんなにお金を使うのはごく一部の人だけかもしれないけど、
ルールとして許されていて、それが他のプレイヤーを上回るための
有効な手段になっているのは問題だ。無課金でもプレイできるが、
周到にワナが用意されているようだ。

有料でガチャをさせて「次はいいキャラが出るかもしれない」と
思わせ、有料アイテムで「これで上位に行ける」と思わせて
湯水の如くお金を使わせる構造は、一般的なテレビゲームの
構造とはかなり違う。
正直、「ゲーム業界」として同列に扱ってほしくないと感じた。

課金ガチャのゲームを食事でたとえるなら、
ファストフードの店に入ったつもりなのに、サイフの中の現金では
足りず、クレジットカードまで使って支払いをしているようなものだ。
店に入る前には想定していない金額を使うはめになっている。

こうした構造のものは、規制されて当然だ。
なくせとはいわないが、きちんと線を引かないといけない。
「気がついたら多額のお金を払ってた」という導線がよくない。
入口は分けないといけない。

いわゆるソーシャルゲームのすべてがこんなゲームではないよ、という
反論があるかもしれない。むしろ、あってほしい。
しかし、上のファストフード店のたとえのような、安くすむと思っていたら
バンバンお金を使っていたという構造は問題だ。
誰もが上のリンク先の人のようになる可能性がある。

この問題を語るとき、各自のお金の管理能力とサービス内容の
どちらが悪いのか、答えは簡単には出ない。
金持ち向けの道楽としてカジノ的なものはあってもいいし、
自己責任でかたずけるのもおかしい。
アメリカの銃規制的な感じ。

勝てば官軍というが、こうした形で収益をあげるのは賛成できない。
まして「急成長の注目分野」と見るのもおかしい。
このまま状況が変わらず、来年以降のゲームショウに出展しようと
するなら、主催者はそれを拒否する姿勢を見せてもいいと思う。
行政の規制を待っていたら、まっとうなゲームがとばっちりを食う。
(グリーとDeNAは主催団体のひとつであるCESAの会員なんだけど)


「ガールズモード」と「どうぶつの森」が生む新たな「対戦」
2012.11.03

3DSの「ガールズモード」と「どうぶつの森」では、
あまり例のない形の「対戦」が行われているのでは、という話。

「わがままファッション ガールズモード よくばり宣言!」では、
すれちがい通信で出会った人が自分の店に客として登場する。
普通の客と同様にコーデを依頼され、うまくコーデできると、
ネット経由で相手にそのコーデを渡せる。
(相手がネット接続できない場合は渡せない)

前にも書いたけど、このコーデが真剣になってしまう。
「ヘタなコーデはできないな」と身構えてしまう。
いつもよりじっくり考えて、本気でコーデをする。
相手のプロフカードの画像を見て、かなりイケてるコーデを
してる人だと、真剣度がさらに増す。平凡なコーデはできない。

そんなときに限って、相手の要望に合う服の在庫が少なかったり。
「こんなコーデしかできなくてスミマセン…」という感じになっちゃう。
結果としてコーデを買ってくれたとしても、
「相手の期待にこたえられてないだろうなー」という気になる。

この感覚は、マリオカートや格闘ゲームなどで
コンピュータと対戦するのと人間相手に対戦するのとで
レベルが大きく違うのと似ている。
「ガールズモード」には勝敗の要素はないけど、
プレイの本気度・真剣度が上がってしまう点では共通だと思う。
確実に「バトル」がある。

勝敗の要素がないのは大きなポイント。
はっきりいってしまえば、人間相手のコーデでも基本を守れば
拒否される可能性はだいぶ低い。しかし相手にコーデが渡ることを
考えると、できる限りのコーデをしたい、という気持ちになる。
買ってくれればそれでいいという問題ではない。

勝つか負けるかではなくて、センスのぶつかり合いというか。
速く走るとか相手を倒すとかの明確な判定がないぶん、
よけいにシビアな世界が広がっている気がする。

「すれちがった人が店に来る」だけで、対戦でもなんでもない。
しかし、こんなコーデをした、こんな要望の客に、
こちらがどんなコーデを返すか、というのは攻防の雰囲気がある。
静かだけど熱いバトル。


来週発売の「とびだせ どうぶつの森」では、すれちがい通信で
相手の家を見ることができるそうだ。外観も内装も見られる。
また、夢の中で他の人の村に遊びにでかけることもできる。
これもまた、コーデの見せ合いのような、
センスのぶつかりあいのようなものが発生すると思う。
変な家は見せられないよねえ。


対戦で楽しむのはテレビゲームの根本的な要素のひとつ。
しかし昔も今も、勝敗がはっきりつくものがほとんどだと思う。
「ガールズモード」や「どうぶつの森」のような、
「表向きは対戦の形式はとっていないけど、実はバトルしてる」
という要素は結構新鮮だと思う。
しかも、アイテムの選択や組み合わせが重要で、
ボタン操作のうまさは関係ない。

「ガールズモード」や「どうぶつの森」はゲーム全体としては
「その他」に分類されるような例外的存在かもしれないけど、
能力値の高さや操作テクニックは関係なく、
囲碁や将棋のような思考とも関係なく「対戦」が成立するのは
かなり面白い鉱脈を掘り当てているのかもしれない。

「わがままファッション ガールズモード よくばり宣言!」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/aclj/index.html
「とびだせ どうぶつの森」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/egdj/index.html


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...