日付 : 2011年09月 の 記事一覧

「ゼルダの伝説 4つの剣」無料配信中
2011.09.28

「ゼルダの伝説」の誕生から25周年を記念した
キャンペーンのひとつとして、「ゼルダの伝説 4つの剣」が
25周年記念エディションとして無料配信されています。

ニンテンドーDSi、DSi LL、3DSを持っている人なら
無料でダウンロードできます。2012年2月20日までの
期間限定配信です。

最大4人までの同時プレイができます。
人数分のソフトと本体が必要になります。
オンラインプレイは非対応。

ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiware/kq9j/index.html
ダウンロード方法の説明もあります

さっそくダウンロードして、少しだけプレイしました。
基本的に多人数でプレイする前提のゲームのせいか、
ひとりでプレイした第一印象はあまりよくなかった。
まだまだわからないけどね。


紙の説明書は消えていく運命なんだろう
2011.09.28

紙の説明書、特に、厚い説明書は簡略化されていくんだろう、
という話。広い分野で通用する話だけど、
今回はゲームソフトの説明書に関する話。

先日買った「ギアーズ・オブ・ウォー3」は説明書がやたらと
薄くて驚いた。説明書というか、紙を折りたたんだものが
入っているだけで、ごく基本的なことしか書かれていない。

くわしいことを知りたければ、このアドレスにアクセスしてね、と
アドレスが載っているが、いろいろと問題があった。

・PCからしかアクセスできない(ゲーム内で見られない)。
・そのアドレスが日本語公式サイトからリンクされていない。
・そのアドレスを打ちこんで表示させると、英語表記になっている。
(日本語訳されたページはあるが、英語ページに日本語への
リンクは見当たらなかった)

正直なところ、シリーズの経験者であれば操作に迷うことはない。
また、ゲームのジャンルとしても標準からかけ離れた操作や
システムではないので、だいたいの人が困ることはなかっただろう。
しかしプレイヤー全員が経験者ではないので、もう少し配慮が
ほしかった。


どんな経緯で今回の説明書が簡略化されたのか知らない。
上で書いたように問題もあった。とはいえ、紙の説明書が
簡略化されていくのは自然の流れなんだろうなと思った。

今後数年以内に紙の説明書が完全になくなるとは思えないが、
説明書が厚くなってしまうゲームの場合は簡略化されたものが
同梱されて、あとはゲーム内またはネット上で参照するのが
普通になると思う。そもそも、ダウンロード形式のゲームなら
紙の説明書をつけられない。

紙の説明書を減らすメリットはいろいろある。
・紙資源を使う量が減る
・将来のゴミが減る
・印刷のコストが減り、時間も少なくすむ
・輸送のコストが減る(重量が軽くなるため)
内容を検索しやすくなるメリットもありそうだ。

じゃあどんな形態の説明書がいいか。
ゲーム内(プレイ中)に見られるようにするのは必須。
PC、スマホ、タブレットで見るのもいいけど、
別の機器を動かすのは手間だ。

説明を見るときは、できるだけ軽く動作するといい。
「ヘルプモード」みたいなものに切り替えることができて、
ゲーム内の数値やアイテム、固有名詞の説明が見られるといい。
ただしこうしたものを作ろうとすると、かなり手間がかかりそう。

逆にやめてほしいのは、紙の説明書を画面上に再現しただけ
だったり、PDFファイルを配るだけだったりするもの。
せっかく紙から脱却するなら、動画を加えたり、関連項目に
リンクをつけたりしないとダメ。

ある程度慣れてくると、説明書は無用のものになる。
メーカーは、あまりチカラを入れたがらないかもしれない。
初心者をゲーム世界に導く役割としては、
ゲーム序盤の設計と同じくらいの重要度があるはずだけどね。

優れたゲームを表彰する動きがいくつかあるけど、
優れた説明書を表彰してもいいと思う。
そのほうが担当者のモチベーションも上がる。


そして男たちは解放された 「ギアーズ・オブ・ウォー3」その2
2011.09.26

<ネタバレなし>
ストーリーモードをクリアした。
今は別の難易度で再挑戦しているところ。

今回も面白かった。
前回も書いたように、基本的なシステムは変わっていない。
それでも面白いのは、戦闘状況のバリエーションがいいことと、
キャラクターの会話・演技による雰囲気作りがいいからだろう。
「動かせる映画」という感じなんだよね。
見ているだけのシーンも少なからずあるけど。
(国産ゲームの「ラストストーリー」は、ギアーズのこうした
雰囲気をうまく取り入れた好例だと思う)

今回のシナリオで印象的だったところは2つある。
ひとつは重大なポイントなので書かないでおく。
もうひとつはコールの選手時代を描く場面があったこと。

コールは主人公が率いる部隊の一員で、プロスポーツの
スター選手だった経歴を持っている。ゲーム内で得られる
資料によると、ローカストとの戦闘で家族を失ったために
選手をやめて入隊したらしい。

プロ選手が戦争のために徴兵されてしまうという話は
「巨人の星」のアニメ版にもあったような気がする。
終戦後に選手生活に戻る者もいるが、なかには
戦死してしまう者もいる。

戦争のために生活がねじまげられてしまうのは
これからの日本でも起こりうるわけで、なんだかリアルに
感じた。もっとも、ギアーズは基本的に軽いノリで話が進むので、
悲壮感はあまりない。


ストーリーモードには大きな不満はない。
あえていうなら、グラフィックかな。最高級のグラフィックで
あることは間違いないけど、これまでのシリーズでは
「こんなの見たことない」と感じる描写が必ずあった。
今回はそれがなかったように思う。

あえていえば、ヘリが起こす風になびく草の表現や
水中の表現がそれにあたると思うけど、
「見たことない」というほどでもない。

「レッド・デッド・リデンプション」でグラフィックはひとつの
頂点に達していて、それを超えるものは今のところ
発売されていないのかもしれない。


ゴツイ男どもが帰ってきた!「ギアーズ・オブ・ウォー3」
2011.09.23

<ネタバレなし>
Xbox360の「ギアーズ・オブ・ウォー3」の話。
以下の内容はストーリーモードの話だけで、オンラインの話は
まったくありません。
このゲームは18歳未満の購入・プレイが禁止されています。

義援金にするためにゲームを買わない運動中だけど、
例外として買いました。

人類と地底人の戦いを描くこのシリーズ。
今作では新種の敵も登場して大変なことになっている。
3作目の今作で長いストーリーにひとつの区切りがつくらしい。

ストーリーは前作から続いているので、シリーズが初めての人は
わかりにくいと思う。一応、前作までのあらすじの紹介は
あるが、それでもわかりにくいだろう。ストーリー描写がメインの
ゲームではないが、前作までをプレイしていたほうが
より味わえる。

パッケージを開けて、驚いたのが説明書。
基本的な操作説明が書かれた紙が入っているだけで、
くわしいことを知りたければネットにアクセスする必要がある。
説明書を簡略化するのは理解できるけど、あまりに省略しすぎ。
初心者に配慮するなら、もう少し情報を載せたほうがいい。

くわしい操作説明は下記サイトで
http://gearsofwar.xbox.com/ja-JP/gameguide/article/gameguide-tableofcontents
クッキーを受け入れる設定にした上で、
生年月日の入力が必要です


基本的なシステムはほとんど変わっていない。
シリーズの経験者なら説明書がなくてもプレイできるはず。
プレイ感覚は同じなので、開始直後はあまり新鮮さを感じなかった。
おなじみの陽気な奴らと戦っているのは楽しい。

難易度の選択ができるので、一番簡単なモードにすれば
苦手な人でもなんとかなるんじゃないかと思う。

今のところ、Act3の途中までプレイを進めた。
Act2までは序盤というか肩慣らしだと思う。Act3から
戦闘に緊張感が出てくる。おおげさに表現すると、
常にクライマックスという感じ。

基本システムは特に変化がないのに面白いのは、
ステージの構成(デザイン)とキャラのセリフ(演技)が
強く影響している。様々な状況下で戦闘があるし、
地形もこっていて、敵の側面に回りこむことができる
ステージもある。

キャラの演技がいいのは相変わらず。
セリフの翻訳もふくめて、人類の危機が陽気なピクニック
みたいな、いい雰囲気がでている。
翻訳と演技がイマイチだったら、ゲームの魅力が
大幅に落ちるのは間違いない。日本語吹き替えが最高に
うまくいっているゲーム(シリーズ)だと思う。

切れ目なく続くステージ演出や、オートセーブもこれまで通り。
このシステムだと、やめるタイミングがわからなくて
困ってしまう。ずっとプレイしたくなってしまう。

今のところ、これまでのシリーズを楽しめたなら
今作も確実に楽しめる印象。オンラインもふくめて考えれば、
かなりボリュームがあるといえそう。オンラインは弱肉強食の
世界だけど。

最後にもうひとつ、データをインストールしてプレイしても、
しばらくディスクは回り続けます。そのうち止まるので
バグや故障ではありません。

「ギアーズ・オブ・ウォー3」公式サイト
http://www.xbox.com/ja-JP/Marketplace/Product/GearsofWar3/home
「シリーズ紹介」のコーナーで簡単なストーリー紹介が
あります。


面白いぞ 「ブレイブリーデフォルト」予告編
2011.09.22

ブレイブリーデフォルト
スクウェア・エニックスのニンテンドー3DS用ソフト
「ブレイブリーデフォルト」の予告編が面白いよ、という話。
3DSを持っているなら体験する価値はあります。無料。

この予告編は単純な映像ではなくて、ARマーカー(画像)を使った
ちょっと面白いしかけになっている。ARマーカーをカメラで
撮ると、そこから女の子が出現、プレイヤーに対して
あるメッセージを投げかける。
(予告編を見る方法は後述します)

女の子が出現したときや、動き回るときは特に面白い。
「見る」というよりは「体験する」という感じ。
3DSの画面が窓になったような感じで、もっと画面が
大きければいいのにと思ってしまう。
短い映像だけど、3回くらい繰り返して見てしまった。

予告編の内容もいいけど、むさくるしい自室に
女の子が出現するという状況も面白い。
途中で写真を撮ることもできるけど、自室が背景では
撮る気になれない。

「ブレイブリーデフォルト」は、先日初公開になったときから
注目してます。まだ情報が少ないけど、期待させる。

今回の予告編で、プレイヤーに向かって語りかける内容に
なっているところも気になる。スクエニのRPGというと、
あらかじめ決められた主人公を動かすイメージがある。
「ブレイブリーデフォルト」の主人公はプレイヤーの分身として
登場するのだろうか。

● 予告編を見る手順

予告編を見るためには、3つの手順があります。

ニンテンドーeショップから「ブレイブリーデフォルト
AR体験アプリ」をダウンロード。
(「ニンテンドー3DSカンファレンス2011 3D映像1」から
ダウンロードできます。また、「ブレイブリー」で検索してもOK)

ニンテンドーeショップ
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/index.html

次に、ブレイブリーデフォルト公式サイトからARマーカーの
画像データをダウンロード。画像が表示されたら、
Windowsの場合右クリックして「名前をつけて画像を保存」で
保存できるはずです。

最後に、保存した画像を印刷します。公式サイトでは
A4サイズの紙に印刷することがすすめられています。
このサイズだと等身大の女の子が出現します。
もっと小さいサイズでも問題ないはずです。

用意ができたら、ダウンロードしたAR体験アプリを起動して
画面の指示にしたがうだけ。画像をA4サイズで印刷した場合、
ある程度広い部屋でやったほうがいいですよ。

「ブレイブリーデフォルト」公式サイト
http://www.square-enix.co.jp/bdff/
音が流れるので注意。2012年発売予定


ならんでいるときも楽しいイベントができたらいいのに
2011.09.20

東京ゲームショウは激しい混雑がお約束になっている。
行列を作って待つことすらできない状況でも
「おおいに盛り上がった」などと好意的に
伝えられてしまっている悲しい状況だ。

抜本的に混雑を解消するには運営側の大きな決断が
必要になるので、現状では期待できない。
ある程度の待ち時間があるのはしかたがないので、
待っているあいだも楽しいイベントになればいいのにね、
という話。


本題に入る前に、前回の記事でライスさんからコメントを
いただいた。そのなかに「(混雑緩和のために)
遊園地のフリーパス券(回数券)みたいなシステムを
導入したらいいかもね」という趣旨のアイデアがあった。

これはなかなかのアイデアだと思う。
たとえば、優先的にプレイできるチケット1枚を入場時に
もらうことができたらいいかもしれない。このチケットを
使えば、行列の先頭で待てる。

せっかく入場料を払っても、並べないところや長時間行列
ばかり、という状況が残念ながらある。そこでこのチケットを
使うことで、1回はプレイできるわけだ。

この優先チケットが実現しても、結局、人気作の混雑は
変わらないと思うけどね。


娯楽産業のメーカーによるイベントだから、
待ち時間さえも楽しめるようにならないだろうか。

数年前とくらべると、行列中に映像を見せることが多くなった。
待っているあいだに映像を見てもらうのは有効な解決策の
ひとつだと思う。ただし、すぐに見終わってしまうことが多い。
並ぶ時間と映像の時間のバランスは改善の余地がありそう。

完全に理想論だけど、待っている時間も楽しくて、
順番が回ってきたら「もうちょっと待ちたかった」と思えたら
面白い。後ろの人に順番をゆずったりして。

予算の問題が大きいだろうから、今の入場料では
待っている間も楽しませるしかけを用意するのは難しいかもね。


「ゲームショウ」あらかじめ体験者数を告知すればいい
2011.09.18

来年以降の東京ゲームショウでは、人気タイトルの
体験者数を事前に告知すればいい、という話。

東京ゲームショウ2011が今日で終わった。
一般公開日の混雑は相変わらずだったみたいだ。
注目タイトルは開場直後に入場規制をかけたらしい。

この混雑がイヤで2009年を最後にゲームショウには
行っていない。早朝から並ばないと注目作を体験できない
状況はまったく変化がないようだ。入場料がかかる空間なのに
待つこともできず、待てたとしても体験まで数時間かかるのも
めずらしくないのは明らかに異常だ。

主催者側は積極的に状況を変える気がないのだと思う。
とにかく入場者数が多ければいい。


抜本的な対策をする気がないなら、せめて注目作については
1日あたりの体験者数を事前に公表したらいい。

1回の体験時間が15分を超えるようなソフトの場合、
1日あたりの体験者数はかなり限られる。そんなソフトは
「1日につき150名を予定しております」などと告知する。

家電店のチラシに、日替わりの特価品が「先着10名様」
なんていう感じで載っている。これと同じノリだ。
「限られた人数しか体験できません」と告知すれば、
競争率の高さがあらかじめわかる。

漠然と「整理券を配布します」という対応よりも具体的な人数が
わかったほうがいい。1日あたり数万人が来場するイベントで、
数百人しか体験できないことがあらかじめわかれば、
「それなら行くのをやめよう」という判断もできる。

入場規制は人気の証明だと思ってはいけない。
来場者数をきちんと予測できていないか、最初から
「たくさんの客に体験してもらいたい」とは考えていないかの
どちらかだ。


3DSはデータを削除してもメニューの配置はそのまま
2011.09.15

ニンテンドー3DSでデータを削除したら、メニュー画面が
ちょっと違和感のある状態になった、という話。

先日の発表会後、新作ソフトの3D動画が大量に公開された。
おかげでメニュー画面にたくさんアイコンが並んだ。
アンバサダー・プログラムでダウンロードしたソフトもあるので、
かなりいろいろアイコンが並んでいる。

アイコンの表示数を変えて見やすく調整したけど、
残す必要がない動画がいくつかあったので、削除した。

ちなみに、アイコン表示数の変更やデータ削除については
以前まとめたことがあります。
「ニンテンドー3DSのアイコンを整理&削除する方法」
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-134.html

データの削除はひとつずつしかできない。
ちょっと面倒だな、と思いつつポチポチと消していった。
消し終わってメニュー画面に戻ったら、
ちょっと変な状態になっていた。

消した動画が表示されていたと思われる部分が、
空白になっている。いくつか消したので、ポコポコと
穴があいたような状態。左側に詰めてくれたらいいのに。
(バグかと思って一度電源を切ったが、そのままだった)

消したものが集中していたところは広い空白になっていて、
右へスクロールしたところにポツンとひとつだけ
アイコンが残っていたりした。自動的に左へ詰めるか、
「まだ右にアイコンがありますよ」という表示がないと
データが消えたように勘違いするかもしれない。

3DSのメニュー画面は、アイコンの配置を変えることが
できるが、別のアイコンと位置を交換するだけで、
列に割りこませることはできない。
ここも違和感を覚えている。

11月には本体の更新が予定されている。
このあたりも修正というか動作を選択できるといいんだけど。

ニンテンドー3DS
http://www.nintendo.co.jp/3ds/index.html


PSヴィータ、12月17日(土)発売。注意点あり
2011.09.14

ソニー・コンピュータエンタテインメントが発表会を開催し、
様々な情報を公開した。中心となる話題だったのが
「プレイステーション ヴィータ」(PSヴィータ)で、
発売日や同時発売ソフトが発表された。

PSヴィータは12月17日(土)発売。
10月15日(土)から全国の小売店舗で予約受付開始予定。

PSヴィータの本体は2種類ある。
基本となるWi-Fiモデルと、携帯電話のように場所を選ばず
通信できる3G/Wi-Fiモデルだ。
Wi-Fiモデルを選ぶ人がほとんどだと思う。
私も買うとするならWi-Fiモデルにする。

Wi-Fiモデルの定価は24,980円。
3G/Wi-Fiモデルの定価は29,980円。

● 3Gモデルの契約事務手数料と、メモリーカードに注意

3G/Wi-fiモデルでどこでも通信するには、NTTドコモとの契約が
必要。契約プランは定額プランのほか、2種類のプリペイド方式
から選ぶことになる。
(定額制はドコモの定額データプランに加入するらしい)

30日間のうち、20時間通信できる980円のプラン。
180日間のうち、103時間通信できる4,980円のプラン。
それぞれ、新規契約時には事務手数料2,100円がかかる。
この手数料の存在は注意点だと思う。
契約プランの詳細はNTTドコモのページを参照してください。
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2011/09/14_00.html

もうひとつの注意点は、メモリーカード。
ゲームのセーブデータは、ソフトのカートリッジ内に
保存するものと、メモリーカードに保存するものがあるそうだ。
(ソフトによって違う)

メモリーカードは専用の品で、一般的なSDカード等は使えない。
専用メモリーカードは一番容量の少ない4GBのカードだと
2,200円で本体と同時発売。大容量のものもある。


PSヴィータは面白そうなハードだけど、発売日に買う
必要はないかな、という印象。正直なところ、お金がないんだけど。

ソニー・コンピュータエンタテインメントの告知
PSヴィータの発売日・ソフトについて
http://www.scei.co.jp/corporate/release/110914a.html
プリペイドプランについて
http://www.scei.co.jp/corporate/release/110914b.html
メモリーカードなど周辺機器について
http://www.scei.co.jp/corporate/release/110914c.html

PSヴィータ公式サイト
http://www.jp.playstation.com/psvita/index.html

PSヴィータ コミュニティサイト
http://psvita.jp.playstation.com/


年末〜2012年の動きが明らかに! 3DSカンファレンス2011
2011.09.13

任天堂が、ニンテンドー3DSに関する発表会を行った。
今後発売のソフトがズラズラと発表された。

先日ファミ通で初公開となった「拡張スライドパッド」は
まったく説明がなかった。
<追記>
拡張スライドパッドの単品販売は1,500円。12月10日発売。
ソフトとセットの同梱版もありそう。
http://www.nintendo.co.jp/3ds/hardware/accessories/index.html
<追記ここまで>

「モンスターハンター3G」は12月10日(土)発売。
定価5,800円。拡張スライドパッドをふくむかどうかは不明。
「モンスターハンター4」が3DS向けに開発されていることが
明らかに。発売時期などは未公表。
http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/3G/

「NEWラブプラス」は12月8日(木)発売。
http://www.konami.jp/products/newloveplus/index.html

大量にソフトが発表になったが、「脳トレ」のような
中高年層でも問題なさそうなタイトルはなかった。

今日公開になったタイトルから28タイトルの3D映像が
後日公開されます。3DSを持っていれば見られます。
<追記>ニンテンドーeショップでもうダウンロードできます。

● 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」

3DSの話の前に宮本茂さんが登場。
「ゼルダの伝説」をプレゼン。Wii用最新作の
「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」は
11月23日(水・祝)発売。
http://www.nintendo.co.jp/wii/souj/index.html

「魔法のツボ」を使って地面に積もった砂を吹き飛ばす
新アクションあり(ツボから風が出ている?)。
「マリオサンシャイン」にあった水をかける操作に似ている。
昆虫採集の要素もある。つかまえた虫はアイテム強化に
使えるらしい。

● 3DS新色発売! 本体の更新も

新色「ミスティピンク」が10月20日(木)に発売。
http://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2011/110913.html

3DS本体の更新を11月に予定。
今日明らかになった強化点は以下の3点。

3D動画撮影機能追加。
すれちがいMii広場の強化。
ニンテンドーeショップの強化。

● 今後発売の任天堂製ソフトたち

「パルテナの鏡」は2012年1月〜3月の発売に延期。
アニメスタジオ3社が制作する3Dアニメが無料配信される。
それぞれ3分ほどの動画。

11月3日(木)「スーパーマリオ3Dランド」
公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/arej/index.html

12月1日(木) 「マリオカート7」
・8人までのオンライン対戦あり。
・フレンドがプレイしているところに合流できる。
・カートをカスタマイズできる。
・水中走行あり。

以下は2012年発売予定のソフト

「マリオテニス」(仮称)
3DSを垂直に持って、ジャイロセンサーで操作。

「ペーパーマリオ」(仮称)
「ルイージマンション2」

「どうぶつの森」(仮称)
今回は村長になって「村おこし」をすることもできる。
村長をサポートする秘書も登場。
Wi-Fi通信、すれちがい通信対応。
すれちがい通信したプレイヤーの家が
「住宅展示場」に並ぶ。

「ガールズモード」(仮称)
「わがままファッションガールズモード」の新作。
バッグの追加、メンズファッションの追加。
ショーウィンドウのデザインを決められる。

「カルチョビット」
サッカーチームの育成
「カルドセプト」
オンライン対戦対応のカードゲームの新作。

「ファイヤーエムブレム」(仮称) 2012年春予定

発売未定のソフト
「トモダチコレクション」(仮称)
「心霊カメラ 〜憑いてる手帳〜」

● 任天堂以外からの発売ソフト

特に記載がない限り2012年発売予定

「真・三國無双 VS」(コーエーテクモ)
4人対戦が可能に。

「ブレイブリーデフォルト」(スクエニ)
RPG。ARカードを使ったしかけを用意。
公式サイト(音が流れるので注意)
http://www.square-enix.co.jp/bdff/

「プロジェクト ミライ」(仮称。セガ) 2012年3月
初音ミクが登場するリズムゲーム

「バイオハザード リベレーションズ」2012年初頭
「エースコンバット3D」今冬
「鉄拳3D」今冬
「メタルギア3D」今冬

「モンスターハンター」の紹介コーナーでは
カプコンからプロデューサーが登壇。唯一の社外ゲスト。

ニンテンドー3DSカンファレンスのページ
http://www.nintendo.co.jp/n10/conference2011/index.html
録画動画あり。

ニンテンドー3DSのページ
http://www.nintendo.co.jp/3ds/index.html


3DS新作動画続々! まずはこの5本を見て
2011.09.13

ニンテンドー3DSカンファレンス終了後、新作ソフトに関する
大量の3D動画が公開されました。28本もあって、
ひとつひとつダウンロードしないといけないのでちょっと面倒。
(28本の3D動画と、1本のアプリが公開されてます)

無料なので全部見たらいいですが、時間がないなら
この5本を優先して見てほしいなという私からのおすすめを
あげてみました。1分程度の動画です。

動画のダウンロードは3DSの「ニンテンドーeショップ」から
できます。動画がいつまで公開されているかわかりませんが、
急ぐ必要はないと思います。

自宅に無線LANの環境がない場合は以下の場所で
ダウンロードしてください。どこでダウンロードしても無料です。

・小売店にある「ニンテンドー3DSステーション」で。
・全国にある「ニンテンドーゾーン」で(ただしマクドナルドをのぞく)。
・駅などに展開する「ワイファイン」で。
くわしくは下記サイトを参照してください。
「ニンテンドーeショップをはじめるには?」
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/howto/index.html

ニンテンドーeショップ
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/index.html

ではここから優先して見てほしい5本です。

・「スーパーマリオ 3Dランド」
公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/arej/index.html

・「ルイージマンション2」
・「ペーパーマリオ」
・「心霊カメラ 〜憑いてる手帳〜」(コワイです)

・「ラビリンスの彼方」
公式サイト
http://www.konami.jp/gs/game/labyrinth/

さらに余裕があるなら、
・「ガールズモード」
・「カルチョビット」(地味だけど面白そう)
・「どうぶつの森」
このあたりがおすすめです。

最終的には、ぜんぶ見てほしいですけどね。
動画だけでは「ゲームとして面白いか」はわかりませんが、
雰囲気はだいぶ伝わってきます。

なお、動画を続けて見る場合、動画終了後にHOMEボタンで
メニュー画面に戻ったあと、見ていた動画を終了させずに
次の動画を選択すると少しだけ手間をはぶけます。

ニンテンドー3DSカンファレンス2011
http://www.nintendo.co.jp/n10/conference2011/index.html
ニンテンドー3DS
http://www.nintendo.co.jp/3ds/index.html


東京ゲームショウ2011 主要メーカー特設サイト
2011.09.12

各社の特設サイトをまとめてみました。
今年のゲームショウの一般公開日は9月17・18日です。
私は今年も行かないつもりです。

今年の会場マップを見て気になることが3つ。
グリーの大規模ブース
マイクロソフトの小規模ブース
レベルファイブが自社ブースを出さない
(ソフトは他社ブースで出展する。10月に独自イベント開催)

たまたま今年がこんな感じになっただけなのか、
ひとつの転換点なのか、興味深いところ。

以下、主要メーカーの特設サイト。

● 東京ゲームショウ2011公式
http://tgs.cesa.or.jp/index.html
入場料金は中学生以上1,200円。前売り1,000円。
小学生以下は無料。障害者・高齢者割引あり。

● マイクロソフト
http://www.xbox.com/ja-JP/event/tgs2011

● ソニー・コンピュータエンタテインメント
http://tgs.playstation.jp/

● カプコン
http://www.capcom.co.jp/tgs2011/

● スクウェア・エニックス
http://www.square-enix.co.jp/tgs11/

● コーエーテクモゲームス
http://www.gamecity.ne.jp/tgs2011/

● コナミ
http://www.konami.jp/tgs/

● バンダイナムコゲームス
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/event/tgs2011/

● セガ
http://tgs.sega.jp/2011/


使ってますか?「ニンテンドーおさがしガイド」
2011.09.11


店頭でWiiやDSのソフトを検索できる
「ニンテンドーおさがしガイド」というものがあります。
それを使ってますか?という話。

使ってますか?といいつつ、私は使ってません。
近くに置いてある店がない。最近は節電で停止していた店も
多かったみたいです。
(基本的に大型店に置かれています)

先日、久しぶりに設置店にいったら、利用を案内する
チラシが置いてありました。こんなことができる機械ですよ、と
簡単に説明する内容。



個人的には、ソフトを買うときは店に行く前に決めているので
本格的におさがしガイドを使う機会はなさそう。
ワゴンセールになっているソフトの内容を調べるのにいいかもね。



ソフトのパッケージをカメラにかざすと、そのソフトの内容を
調べられます。これは結構面白い体験です。

3DSにも対応していると思うけど、気にしなかったなあ。

ニンテンドーおさがしガイド
http://www.nintendo.co.jp/n10/osagashi_guide/index.html

<関連>
ソフト探しをお手伝い 「ニンテンドーおさがしガイド」運用開始?
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-305.html

社長が訊く「Wii・DSソフト おさがしガイド(仮称)」
http://www.nintendo.co.jp/n10/osagashi_guide/interview/vol1/index.html


東日本大震災、義援金受付が延長してます
2011.09.11

先の震災に対する義援金の受付が来年3月まで延長されました。
日本赤十字、中央共同募金会(赤い羽根)が受付中です。
他の団体も延長すると思います。

震災から6ヶ月経過したものの、復興の動きは始まったばかり。
まだまだ支援が必要な状況です。個人でできることは
限られますが、みんなが少しずつチカラを出し合うことで
大きなチカラにすることができます。


4月に宣言しましたが、個人的にゲーム代を義援金に
まわしていました。当初、義援金受付が9月末までだったので、
それまではソフトを買わないことにしていました。
今回の延長に合わせてゲーム代をまわすのも延長します。

4月以降、ニンテンドーeショップがオープンしたときは
例外としてプリペイドカードを買いました。
これから年末年始は注目作が多いので、また例外を
作ろうかなと思ってます。2本か3本くらいは買おうかな。


3月以降、たびたび募金した経験からすると、
一番募金しやすいのはコンビニのレジにある募金箱か、
ファミリーマートにある「Famiポート」を使った募金だと思います。
(映画の前売り券などを売っている端末を使った募金)

ファミリーマートの場合、郵便局では必要な用紙記入や
待ち時間がありません。買い物のついでに募金できます。
ただし、匿名での募金になるため、税金の控除は受けられません。

サギを企む団体もあると思うので、募金先には注意してください。

日本赤十字社、東日本大震災義援金について
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html
Famiポート募金の説明も出てます

ファミリーマート Famiポート募金
http://www.family.co.jp/famiport/donation/index.html

中央共同募金会 東日本大震災義援金
http://www.akaihane.or.jp/er/p2.html


ドラクエ10の発表に覚悟と自信を見た
2011.09.06

きのう発表になった「ドラゴンクエスト10」(DQ10)。
シリーズ初のオンラインゲームであることや、
Wii版のほかにWii U版も発売されるということで
いろいろ驚いた。

なお、きのうの段階では「ネット接続が必須かどうか不明」と
書いたが、公式のサポート情報によると必須だそうだ。
最初の一部だけがネットなしでもプレイできるが、
事実上ネット接続環境がないとプレイできない。

シリーズの正統な最新作をオンラインゲームにし、
しかも家庭用ゲーム機のみに対応させるという発表に
堀井雄二さんの覚悟と自信が見えたような気がした。

オンライン専用ゲームにするということは、
長期的な運営を想定しているはずだ。
1年程度で終わるようでは失敗で、3年〜5年の運営は
当たり前として考えていると思う。

そうした長期運営を考えると、対応ゲーム機の人気(普及)が
固まってからのサービス開始では遅いのかもしれない。
ゲーム機の寿命の終盤になって別のゲーム機にサービスを
移すのはいろいろ問題がある。だからこそ、Wii Uの
立ち上げ初期に投入することを決めた。
(Wii Uの発売は2012年の予定)

寿命という意味ではPS3でもいいかもしれないが、
開発費がかかるので避けたと思う。ドラクエらしさを
表現するには、高度な描画性能はいらないと
堀井さんは考えているのかもしれない。
(おそらくWii U版のDQ10は、最近よくある「HD化」の
バージョンになるんじゃないかと思う)

これまでのドラクエは「一番売れているハードに出す」という
意向があったが、評価が定まらないWii Uへの対応を決めたのは
自分たちで市場を作る(広げる)、それができるという
決意なんだと思う。

家庭用ゲーム機のみでオンライン専用ゲームを
展開するのは最近は例がない。いくらドラクエとはいえ
なじみがない人にとっては超えるべきハードルがある。
ネット接続率は任天堂もシナリオ通りに事を運べていない
部分がある。DQ10は根本的なところで課題を抱えている。

ネットに接続させる技術的・心理的なハードルと、
ゲームとしての面白さ、両方をうまくいかせるアイディアが
形になってきているのだと思う。

幅広い層に楽しまれているドラゴンクエストが、
どんな形でオンラインゲームになるのか、すごく楽しみだ。
ゲーム内容そのものよりも、ゲーム運営やプレイヤー間の
コミュニケーションがどうなるかが気になる。

2012年の発売予定が遅れたり、ゲーム内容が
大きく変わる可能性もある。のんびり待ちたい。

「ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 オンライン」
公式サイト
http://www.dqx.jp/

Wii Uに関する情報は下記サイトを参照してください
http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2011/index.html

きのうの記事はこちら
「ドラクエ10、ついにオンラインへ。Wii U、3DSも対応」
<追記>残念ながらこの記事は消えました


「ゼルダの伝説」にオープンワールドの原点を見た
2011.09.01

ニンテンドー3DSのアンバサダー・プログラムが始まった。
さっそく特典をもらうためにダウンロードを始めた。
とりあえず1本ダウンロードしたのが「ゼルダの伝説」。

「ゼルダの伝説」は1986年に発売されたソフト。
今となっては世界的に人気のあるシリーズの第1作。
「スーパーマリオブラザーズ」と平行して開発された。

本格的にプレイするのは今回が初めて。
現代のゲームに慣れた身としては難しい。だけど
「さすがに人気作の原点は違うな」と楽しめている。
いわゆる思い出補正がなくても楽しめるのは本当にさすがだ。

プレイしていて感じたのが、
「これってオープンワールドの先駆けなんじゃないか?」
ということ。

オープンワールドとは、ここ数年でよくあるゲーム形式のこと。
広大なマップを行き来できるのが特徴。さらにはロードによる
待ち時間や画面切り替えがないことも多い。簡単に言えば
ゲーム世界を丸ごと描写して、ゲーム進行がとぎれることなく
キャラクターが移動できるゲームだ。

主に海外製のゲームに見られる形式。「オブリビオン」
「フォールアウト3」「レッド・デッド・リデンプション」
「アサシンクリード」など。
国産でいうと、「ゼノブレイド」などがそれにあたる。

この手のゲームはマップの広さを活用して、
プレイヤーの行動をあまり制限しないことが多い。
ストーリーはあるが、必ずしもそれを追いかける必要はない。
プレイヤーの好みに応じて寄り道できる。

ようするに、「広いマップ」を「比較的自由に行動できる」のが
オープンワールド形式の特徴だと思ってほしい。
(もちろんゲームにより細かいところは違う)


話をゼルダに戻すと、ゲーム開始後、いきなりほったらかしに
されるのがたまらない。すぐそばの洞窟に入って剣をもらうのが
通常の流れではあるけど、強制はされないし、指示もない。

しかたがないから、プレイヤーはウロウロ歩いて
周辺を探索するしかない。マップは結構広い。
ゲーム内でマップは作成されないから、本気でマッピング
(紙に地図を書く作業)しようかと思うほど。
「こっちには何があるんだ?」とか言いながらプレイしていると
ようやくレベル1のダンジョンを見つける。
そこをクリアしても、レベル2のダンジョンが
どこにあるのか、まったく情報がない。また探索が始まる。

このあたりのプレイ感覚は、現代のオープンワールドの
感覚と同じだ。でもプレイしているのは1986年のソフト。
地平線は見えないし、空の高さもわからない。
しかし確かに広い世界がそこにある。

テレビゲームの初期から現代までがつながる1本の道が
見えたような気がして、なかなか興味深かったという話でした。

なお、アンバサダー・プログラムで入手するゼルダは
基本的な操作説明があるだけで、舞台設定などはわかりません。
それを補うために、Wiiのバーチャルコンソールのページを
見るといいですよ。

バーチャルコンソール「ゼルダの伝説」のページ
http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_zel_fc/index.html

なお、今回のタイトルで原点という表現をしましたが、
正確に原点であるかはわかりません。もっと古いものに
原点があるかもしれません。


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...