日付 : 2011年08月 の 記事一覧

アンバサダーのみなさんへ。ダウンロード方法の確認
2011.08.31

値下げ前にニンテンドー3DSを買った人への贈り物である
「アンバサダー・プログラム」が9月1日(木)から始まります。
合計20本のソフトを無料ダウンロードできるようになります。
ダウンロード方法を確認しておきましょう。

念のため書いておきますが、アンバサダー・プログラムは
8月10日までに3DSを買い、指定された手続きをすませた人が
対象です。手続きをしていない人、値下げ後に買った人は
対象外となります。

9月1日からダウンロードできるのはファミコン用ソフト10本。
表向き、9月1日からとなってますが、もうダウンロード
できるみたいですよ。
(のこりのゲームボーイアドバンス用ソフト10本は
年内にダウンロードが始まる予定です)

ダウンロードの方法は難しくありません。
任天堂が画像つきで手順を説明するPDFファイルを
用意しているので、そちらを参照するのが一番正確です。
アンバサダー・プログラムのページのなか、
「よくあるご質問」に受け取り方法についての回答が
あります。
(「特典タイトルと仕様」のページの中盤にも
同じPDFファイルのリンクがあります)

アンバサダー・プログラム よくあるご質問
http://www.nintendo.co.jp/3ds/ambassador/qa.html

PDFファイルを見るのが面倒だ、という人のために
手順をのせておきます。なお、ダウンロード手順の
PDFファイルによると、今のところ配信終了の期限は
定めていないそうです。急いでダウンロードする必要は
ありません。

1、ニンテンドーeショップにアクセスする。
2、メニュー画面の一番左、「設定・その他」を選択。
3、「購入済みソフト」を選択。
4、購入済みソフトのリストに特典のファミコン用ソフトが
 ふくまれているので、「再受信する」を選択。
 そのあと「受信する」を選択してダウンロード開始。
(ダウンロードは1本ずつ。「アンバサダー・プログラム登録証」
もダウンロードするといいですよ)
5、ダウンロードが終了すると、3DS本体のメニュー画面
 (HOMEメニュー)にプレゼントボックスが並んでいます。

ダウンロードの手順は以上です。
なお、ゲームの説明書は、アンバサダー・プログラムの
「特典タイトルと仕様」のページからPDFファイルを
ダウンロードしてください。
または、HOMEメニューでソフトにカーソルを合わせて
下画面左下にある「説明書」を選択してください。

「アンバサダー・プログラム」トップページ
http://www.nintendo.co.jp/3ds/ambassador/index.html
大事なことが書かれているので、全体に目を通すことを
おすすめします。


クラブニンテンドーに新アイテム。「エキサイト猛マシン」
2011.08.30

クラブニンテンドーでポイントをためて交換できるアイテムに
Wii用ソフト「エキサイト猛マシン」が追加されました。
交換には1000ポイントが必要で、申し込み受付中。

クラブニンテンドーは、任天堂関連商品を楽しむ人の
会員制サイト。任天堂のゲーム機本体や対応ソフト、
周辺機器についていくるシリアルナンバーを登録して
ポイントをためて様々な非売品と交換することができる。
年間の蓄積ポイントに応じた特典も用意される。

今回追加されたアイテムが「エキサイト猛マシン」。
Wii用のレースゲームで、オンライン対戦もできる。
速く走った者が勝つ単純なレースではなく、走行中に
ハデなアクションをすることで、走りは遅くても
総合的な順位は上がるルールみたいだ。
ひとりでプレイするよりも、対戦のほうが楽しめそう。

さっそく交換しようかな、と思ったけど1000ポイント必要。
800ポイントくらいしかなかった。がんばってポイントを
ためるほどの面白さがあるかわからないけど、
レースゲームやアクションゲームが好きなら交換するのも
いいかもね。

「エキサイト猛マシン」公式サイト
https://club.nintendo.jp/present/P125/index.html
音が流れます。

クラブニンテンドー
http://club.nintendo.jp/


アンバサダー・プログラム開始まで1週間
2011.08.25

発売当初にニンテンドー3DSを買った人(アンバサダー)への
贈り物であるアンバサダー・プログラムの開始まで
1週間となりました。
(値下げ後に3DSを買った人は対象外の話です)

アンバサダーの皆さんにはファミコン用ソフト10本と
ゲームボーイアドバンス用ソフト10本が無料で提供されます。
そのうち、ファミコン用ソフト10本の無料ダウンロードが
9月1日(木)から始まります。
(のこりは年内に提供予定)

今のところ、提供されるファミコン用ソフト10本は
すべてが明らかになったわけではありません。
また、10本が一斉にダウンロードできるようになるのか、
小出しにされるのかも不明。
(公式サイトによると、サーバーの負荷を避けるために
多少は分けて配信されるらしいが、何日も待つことはない)

リメイクではなく、オリジナルのままのソフトが
提供されるので大きな期待をするのはよくないと思うけど、
アンバサダーの皆さんはもうしばらく待ちましょう。

任天堂、アンバサダー・プログラムの告知
http://www.nintendo.co.jp/3ds/ambassador/index.html

値下げ前に3DSを買ったけど、アンバサダー・プログラムを
初めて知った、という人もいるかもしれません。
残念ながら登録期間は終了していますが、手続きをふまなくても
8月10日までにネット経由で本体の更新を行った場合は
プログラムの対象になっているらしいです。
くわしくは上記サイトの「よくあるご質問」を参照。


「いつの間にテレビ」に必見の3D映像が
2011.08.23

ニンテンドー3DSで楽しめる「いつの間にテレビ」に、
必見の3D映像があったので紹介します。
毎日更新されるので今日のぶんはまもなく終了ですが、
今日紹介する動画は数回のシリーズのようです。
いつの間にテレビは無料で楽しめます。

紹介したいのが今日の更新分にある
「東北魂の祭 笑顔で泣く」という動画。
7月に行われた東北六魂祭を3Dカメラで撮影したもの。

この動画、3D感がなかなかいい。
奥行き感や浮いた感じが適度で、完成度が高い。
これまでに配信されたすべての動画のなかでも
トップクラスだと思う。途中でCMが入ってしまうのが
あまりに残念なくらい。

「いつの間にテレビはいつのまにか見なくなった」
という人もいるかもしれないけど、このシリーズは
見ても損はないと思う。CMはガマンして。

いつの間にテレビの動画は毎日更新されます。
保存はできません。

いつの間にテレビ
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/jerj/index.html
ニンテンドー3DS
http://www.nintendo.co.jp/3ds/index.html


携帯ゲーム機が資源リサイクルの対象になりそう
2011.08.22

環境省が小型の家電製品から資源をリサイクルする
法案を検討している。対象となる製品に携帯ゲーム機も
ふくまれることがわかった。普通に捨ててしまうのは
もったいないので、いいことだ。

携帯電話から金や銀などの貴金属やレアメタルを
回収できるのは有名な話。試験的な回収がこれまでに
何回か実施されてきた。貴金属やレアメタルを回収できる
廃棄物は「都市鉱山」とよばれる。今回はこれを法律にして、
本格的に小型家電の回収とリサイクルを進めようとしている。

貴重な金属類が回収できるのは携帯電話だけではなく、
デジカメや電子辞書などからもできるそうだ。
環境省の会合で採算性の高い小型の家電が調査され、
そのなかに携帯ゲーム機もふくまれた。
(変わったところでは「ACアダプタ」や「電気かみそり」も
ふくまれる)

報道によると、もっとも採算性が高いのは携帯電話で、
1キロ集めると1700円ほどの価値の資源を取り出せる。
デジカメ、ICレコーダーも価値が高い。
携帯ゲーム機は1キロで250円ほどになる模様。

現状では資源を取り出す技術が未発達らしいので、
今後の発展によってはさらに多くの資源が期待できる。
また、個人情報流出の懸念もあるので、そこをどう
クリアするかも課題らしい。

今回の話は法案提出にむけての下調べの段階。
来年の国会に提出されて審議される予定。
法案が成立したとして、実施されるのは早くても
来年の終盤だと思う。

なお、現時点では回収とリサイクルのために
消費者から追加料金を集める予定はないそうだ。

どうせなら据置型のゲーム機も回収したらいい。
このあたりはリサイクル技術が追いついていないのかも
しれない。

<関連記事>
DSを1億台売った任天堂がすべきこと
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-580.html


3DSを買った人に教えてあげたいちょっとしたこと
2011.08.21

ニンテンドー3DSが値下げされたことを受けて、
これから3DSを買う人が増えるはず。
購入直後に少しは役立ちそうな話をまとめてみました。

書いたのは以下の6項目。
・とにかく説明書は読もう
・液晶保護フィルターはお好みで
・Miiの登録情報に注意(受信拒否設定を追記)
・アイコンの移動と削除
・電池をもたせるために
・「ゲームメモ」を活用しろ

● とにかく説明書は読もう

説明書は一通り読むのをおすすめします。
たいていの疑問は解消するし、
いざというときの問い合わせ先もわかります。

● 液晶保護フィルターはお好みで

液晶画面を保護するフィルターは必要なのか?と聞かれたら、
「ご自由にどうぞ」と答えるしかありません。基本的には不要。

しかし、傷が心配なら下画面だけでも貼っておくといいですよ。
たいていは上下の画面を保護するためのフィルターが
セットになって売られています。私は下画面だけ貼ってます。
積極的に外に持ち出すなら、貼ったほうが無難。

商品はいろいろあって迷うと思いますが、
どれを選ぶかよりも「うまく貼れるか」が問題かも。

私は下で紹介しているホリのフィルターを使ってます。
悪くない商品ですが、発売当日は選択肢が少なかった。

Amazon
Amazon


● Miiの登録情報に注意

3DSを買うと、Miiというキャラクターを作ることになります。
すれちがい通信をするときの自分の分身になります。

様々なプロフィールを登録できます。
犬と猫のどちらが好きかなど。
そのなかに「作成者」の項目があります。
ここに本名を入れるのはやめましよう。

すれちがい通信をしていると、たまに本名らしき
氏名を登録している人がいます。
姓を入れずに名前だけにするか、適当な名前か、
空欄がおすすめ。

<追記>
余談ですが、すれちがい通信で不愉快な人と
すれちがってしまった場合、受信拒否設定ができます。

すれちがいMii広場でそのMiiを選択して「消す」を
選んで消したあとに受信拒否にするか聞かれます。
そこで拒否すればその人とすれちがうことはありません。
拒否設定の解除は「本体設定」の「データ管理」にある
「受信拒否設定の初期化」を選択するとできます。
受信拒否設定を個別に解除することはできません。
<追記ここまで>

● アイコンの移動と削除

ニンテンドーeショップに接続したりしていると、
だんだんメニュー画面のアイコン(ソフト)が増えてきます。
初期状態の横一列にアイコンが並んだ状態では
見にくくなってきます。
そんなときはアイコンを見やすく調整できます。

・アイコンの表示数の変更
メニュー画面の上部にアイコンが並んでいます。
左から2番目と3番目のアイコンをタッチすることで
アイコンの表示数を増やしたり減らしたりできます。

・アイコンの並び替え
アイコンをしばらくタッチすると、ポコッと浮いて
場所を移動させることができます。タッチしたままで
移動させたいところに持って行き、タッチを放すと
その位置に移動します。

移動先に別のアイコンがある場合は入れ替わります。
iPhoneやiPod touchのようにアイコンとアイコンの間に
割り込ませることはできません。

・アイコンの削除
メニュー画面で「本体設定」をタッチします。
工具(スパナ)のイラストのアイコン。
「データ管理」→「3DSデータ管理」と選ぶと、
ソフトやセーブデータを削除できます。
(最初から入っているソフトは消せません)

有料ダウンロードしたソフトを削除した場合、
その本体で再びダウンロードすることができます。
ただしセーブデータは復活しません。

● 電池をもたせるために

充電をできるだけ長持ちさせるためには、
以下の方法が有効です。

・液晶の明るさを適度に調節する。
メニュー画面上部、一番左のアイコンで調節

・ワイヤレス通信を使わないときはオフに。
本体右側面のスイッチで切り替え。
ランプが点灯していると通信可能な状態。
オフにしたままだと「いつの間にテレビ」などの
データを受け取れないので注意。

節電とは直接関係ありませんが、
「いつの間にテレビ」「ニンテンドービデオ」の
動画は電源を切っても保存されます。

● 「ゲームメモ」を活用しろ

メニュー画面上段にならぶアイコンのうち、
エンピツのアイコンが「ゲームメモ」です。
ちょっとしたメモをとることができます。

ゲームをプレイしたり動画を見ているとき、
HOMEボタンを押すとたいていの場合一時中断になります。
このときにゲームメモを起動させると、一時中断のままで
メモをとることができます。メモを保存したら、
中断していたゲームを再開できます。

一時中断の状態で3DSの電源を切ると
ゲームの進行はセーブされません。

ニンテンドー3DSのページ
http://www.nintendo.co.jp/3ds/index.html

ニンテンドー3DSサポートページ
http://www.nintendo.co.jp/3ds/support/index.html
疑問があるときはこちらへ。
説明書やARカードのダウンロードもできます。

<関連>
「いつの間にテレビ」はボタン操作もできる
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-127.html
ニンテンドー3DSのアイコンを整理&削除する方法
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-134.html


ニンテンドーeショップは「用がなくても行きたい場所」になっているか
2011.08.17

ニンテンドー3DSのメニューのひとつである
「ニンテンドーeショップ」。任天堂のサイトに掲載された
「社長が訊く」によると、「用がなくても行く場所にしたい」
という理想があるみたいだ。はたしてそうなっているのか、
という話。個人的には、現時点では理想にはまだ遠い状態だと思う。

岩田社長としては、「ウィンドウショッピングだけでも
楽しいところ」で、「週に1回程度は更新があって、
なにか面白いことがある」というイメージを持っているらしい。

ソフトの3D映像が見られるのは大きな特徴ではあるけど、
今のところ、更新が楽しみになるような、見るだけで楽しいという
ショップにはなっていないと思う。
(岩田社長は「デジタルの世界でモノを売るスタートラインに
ようやく立てた」とも発言しているので、今の状態が
完成形ではないのはたしかだ)

用がなくても行きたくなるショップとはどんなものだろう。
更新頻度が高い。
ソフトの見せかたがシャレている。整理されている。
ソフト購入以外の楽しみがある。
こんなところかな。

画面表示が遅くなったり、メニュー構造が複雑になっても
いけないので、難しいところだ。今のところ、3D映像を
見られるところが最大のメリットなので、ここが活性化の
ポイントになりそう。体験版を作るのは手間がかかるけど、
数分程度の映像なら用意しやすいはず。

ちなみに、今のところ判明している今後の展開としては、
9月にDSiウェアの「ゼルダの伝説 4つの剣」が無料配布
される予定。これは3DSでなくてもDSiとDSi LLでも
ダウンロードできる。次に、3DS用ゲームの体験版の配布が
今年の後半に始まる予定だ。

社長が訊く「ニンテンドーeショップ」
http://www.nintendo.co.jp/3ds/interview/eshop/vol1/index.html
ニンテンドーeショップ
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/index.html


逃れられない地震。できる限りの準備を
2011.08.17


日本に住む以上、地震からは逃れられない。
できる限り準備をしておいたほうがいい、という話。

東日本大震災から5ヶ月がすぎた。被災地はいまだに
復興にはほど遠い状況だ。しかし首都圏では震災直後にあった
緊急事態の雰囲気はうすれて、平時の感覚に戻っている。

最近、「生き延びるための 地震学入門」という本を読んだ。
日本に住む以上、いつ自分が被災者になるかわからないから、
準備はしておかないといけないよね、という気持ちにさせられた。

この本は筆者とその姉の対話を書籍化したもの。
お姉さんは京都大学の大学院で地震の研究者をしている。
素人が専門家に解説してもらうという流れ。

どうして地震や津波は起きるのか、予知はできないのか、
なんてことがマンガ形式をまじえて語られている。
専門的すぎることは書いていないが、大部分は文字だけ.。
「入門」とはいうが小学生でも読めるほどの簡単な内容ではない。


本のなかですすめられているのが、自分が住んでいる場所の
地震の発生確率を見てみること。地震調査研究推進本部という
政府機関のサイトで、今後30年間に大きな地震が起きる確率が
公表されている。

地震調査研究推進本部サイト内、一般・教育関係者向けページ
http://www.jishin.go.jp/main/1education.html
「地震に関する情報」のなか、「地震動予測地図ウェブサイト
全国版」と「あなたの街の地震発生確率」を参照。

地震調査研究推進本部トップページ
http://www.jishin.go.jp/main/index.html

それによると、特に確率が高いのは関東南部から四国南部に
かけての太平洋沿岸地域。ただし地震の予知は現代の科学では
ほぼ不可能なので、この確率は過去のデータからの推測に
すぎない。確率が低いところでも大きな地震が起きることは
ありうるので油断はできない。

「自分が住んでいるところもヤバイな」と感じた人も多いはず。
被災しても被害を少なくできるように、準備はしておいたほうが
いい。

・あらかじめ、備蓄をしておく
水・食料、電池・懐中電灯、トイレットペーパーなど。
持病がある人は薬も。首都圏でも震災直後にこれらが品薄に
なったことは記憶に新しいところだ。ある程度用意しておくことで
騒動に巻きこまれずにすむ。スーパーやコンビニの棚が
ガラガラになったことを忘れてはいけない。

・避難先を確認する
これは特に海岸沿いの話。津波の注意報・警報が出たら、
すぐに避難する。強い揺れがあったら、注意報がなくても
行動を始めたほうがいいかもしれない。海外での地震による
津波が日本に到達することもある。海のそばに住んでいるなら、
あらかじめ避難先を確認しておきたい。
(50センチの津波でも、人が立っていられないパワーを持つ)


「コクリコ坂から 原画展」に行ってきた
2011.08.14


現在公開中のスタジオジブリの新作「コクリコ坂から」の
制作資料を展示するイベントに行ってきました。
先月に池袋で開催後、横浜にやってきました。
なお、横浜での会期は8月15日まで。そのあとは
全国を巡回する予定があるようですが、詳細は不明。

映画のほうはとても気に入って、この原画展も
「ぜひ見なければ」という気持ちで行ってきた。
期待を裏切らない興味深い内容でとてもよかった。
まさしく制作の裏側、試行錯誤の様子を見て取れます。

展示してあるものは、宮崎駿監督が制作初期に描いた
イメージスケッチ、宮崎吾朗監督とキャラデザインを担当した
近藤勝也さんによるイメージ画、作品に実際に使われた
背景画と美術ボード。作中で広小路が描いた油絵の
実物も展示してある。会場内は撮影禁止。
(美術ボードとは、背景画を描くための準備段階のもの。
これをもとに各担当者が背景画を描く)

どれも興味深いし、直接見られるのは貴重なものばかり。
一番興味深かったのはキャラクターデザインの変遷。
初期段階ではずいぶん違うキャラになっていた。
どれもが完成バージョンが一番ステキで、
見事に磨きがかかった。

もっとも、デザインの変更については宮崎駿監督や
鈴木プロデューサーからの意見を反映させた部分もあるらしい。
「ヒロインはもっとかわいくないとダメだ」と言われたそうだし、
はじめはブレザーの制服を考えていたが、意見を受けて
セーラー服に変更したという。

カルチェラタンの内部も試行錯誤があったようで、
哲学部の部室が置かれたスペースも初期は
完成版とは違っていた。

展示されている作品数がけっこう多いので、見ごたえがある。
混雑していたので、あまりゆっくりとは(自分のペースでは)
見られなかった。今後の開催地で見るときは、開場直後か
夕方以降に行くといいかもしれない。

映画を楽しめた人が満足できるのはもちろん、
ジブリの制作の舞台裏を見られるという意味でも
価値のある展示です。静止画だけの展示なので、
小さい子には向いていないかもしれない。

入場者は作中で配布される「週刊カルチェラタン」の
実物をもらえます。映画を観た人にはうれしいアイテム。

横浜での展示は「そごう横浜店」で8月15日まで。
以降の予定はスタジオジブリのサイトをチェックすれば
告知されるだろうと思います。

「コクリコ坂から」公式サイト
http://www.kokurikozaka.jp/
スタジオジブリ
http://www.ghibli.jp/top.html


中川翔子さんおすすめ! 「時のオカリナ 3D」の小冊子
2011.08.13



「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」の小冊子が
店頭で配布されていました。これは第2弾で、今回は
しょこたんこと中川翔子さんからのおすすめコメントと
クラブニンテンドーで集められたプレイヤーの声を
まとめた冊子になっています。



中川翔子さんが登場するCMがしばらく前から
流れているけど、それを書き起こしたような内容。
「リンクは何も喋らないんですけど、恐らくこんなこと
思っているんじゃないかっていう想像させてくれる余地を
残してて。それがたまらんですね」などのコメントが
多数載っている。



実際にプレイした人たちの声は、わりとたくさん載っている。
これまでにも「プレイヤーの声」が載った例はあるけど、
今回が一番量が多いと思う。
当然ながら、否定的な意見はない。

たとえば44歳女性はこんなコメントを出している。
「簡単過ぎず、難しすぎずの丁度良いレベルで、
クリアした後の達成感が心地よかった!」
ゲームにあまりなじみがない世代だと思うけど、
よくクリアしたね。

「時のオカリナ」はオリジナル版をプレイしたけど、
結酷・オいゲームだと思う。今回の3DS版は
謎解きのヒントが追加されているけど、
戦闘はそのままだろうから、時間をかければ
誰でもクリアできるようなゲームではない。
面白いゲームであることは間違いないけど、
決して初心者向けとはいえないと思う。

その点、ドラクエみたいなゲームは間口が広いよね。
とにかくレベルを上げればなんとかなることが多いから。

「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/aqej/index.html


「アサシン クリード アート展」に行ってきた
2011.08.11


今日から開催の「アサシン クリード アート展」に
行ってきました。これまでのシリーズの制作に使われた
アートワークが展示されています。

アートワークとは、単純にいえば設定画・イメージ画のこと。
これをもとにスタッフ間でイメージを共有して、
実際のグラフィックや音楽を作っていくと思われる。

会場に着いたら、中で人が行列していて驚いた。
まさか入場規制か、と思ったくらい。しかしそれは誤解で、
会場近くにあるカフェに入ろうとしている人と
グッズ販売の会計の列に並んでいる人だった。
会場そのものには普通に入れる。

無料のイベントのためか、展示されている作品数は多くない。
こうした設定画は雑誌やネットに掲載されることが多いけど、
大きさはわからない。実物はA5サイズ程度のものから
大型のものまで様々。やはり実物を見る価値はある。

見る前は、画用紙みたいなものに描いているのかなと
思っていたけど、今回展示されているものはキャンバスに
描かれているみたいだった。どれもが「作品」とよべるほどの
描きこみがされている。

キャンバスの側面、色が塗られていない部分には
UBIソフトのロゴマークがプリントされているものもあった。
汎用のキャンバスではなく、特注品であるらしい(?)。

このイベントは海外を巡回してきたもの。
しかし最新作である「リベレーション」のアートワークの展示は
日本が初公開となるらしいですよ。また、著名デザイナーとの
コラボ作品の展示は日本のみ。

展示作品の一部。これは最新作のもの。



イベントの主役は展示されている作品だけど、
今回は客層も興味深かった。予想以上に女性客が多い。
「アサシンクリードってこんなに女性にウケてたんだ」と
新鮮な気持ちになった。全体的に、画家の個展を見に来た
若者という感じ。いわゆるゲーム系のイベントとはちょっと違う
雰囲気でよかった。

遠くから駆けつけるほどの価値があるかどうかは微妙だけど、
表参道や渋谷あたりもふくめてブラブラするなら寄ってみるのも
いいですよ。ゲームはZ指定ですが、このイベントは年齢制限は
ありません。

「アサシン クリード アート展」の告知
http://www.ubisoft.co.jp/ac_art/
会期は8月13日(土)まで。入場無料。
グッズ販売の収益の全額が震災への義援金になります。


アンバサダー・プログラム締め切りせまる
2011.08.09

ニンテンドー3DSのアンバサダー・プログラムの
手続きの締め切りが明日8月10日にせまっています。
せっかくの無料ダウンロード権の進呈なので、
しっかり申し込みをして受け取れるようにしておこう。
(10日の23時59分が締め切りです)

手続きとはいっても、難しいことはありません。
3DSのメニュー画面からニンテンドーeショップに
アクセスするだけ。これで登録完了。

発売日近くに3DSを買っていた人は、おそらく
とっくにアクセスしていたと思う。問題なのは
最近買った人で、ネット環境がない人かもしれない。

仮に自宅にネット環境がなくても大丈夫。
小売店にあるニンテンドー3DSステーションや、
ニンテンドーゾーン、駅などで展開するワイファインで
無料アクセスできます。
(将来、ソフトをダウンロードするときもここでできます)

注意点としては、ニンテンドーゾーンの代表的な場所である
マクドナルドは全店で非対応です。ニンテンドーeショップには
アクセスできません。

無料ダウンロードできるソフトのうち、ファミコンソフトの
10本は9月1日から配信予定。のこりは年内に配信開始予定。

アンバサダー・プログラムについて
http://www.nintendo.co.jp/3ds/ambassador/index.html
ニンテンドーeショップの始めかた
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/howto/index.html


地デジ放送とゲーム機の違いを感じた瞬間
2011.08.06

地デジの特徴をいかした番組を体験して、
ゲーム機との違いを感じてしまった、という話。

きのうの夜、NHK総合で「双方向クイズ 天下統一」という
番組を見た。ゲストの芸能人がクイズで対戦して一番を
決めるという番組で、視聴者も回答に参加できるという
地デジならではの番組になっている。
(最初は番組自体を知らなかったが、カンニング竹山さんが
Twitterで知らせていたのを思い出して見た)

番組では、視聴者が8組の芸能人の誰かに所属する。
芸能人を大将にしたチーム戦になっていて、
正解率で相手チームとの勝敗が決まる。
つまり、芸能人が正解するかどうかはあまり重要ではなく、
「(視聴者も含めた)正解者が多いチーム」が勝ち進むしくみ。

クイズの回答は、リモコンの青・赤・緑・黄のボタンで行う。
つまり4択問題。今回のテーマはアニメだった。

普通は見るだけのクイズ番組で、自分も答えられるのは
なかなか面白かった。テレビ画面に何問正解したかが表示されるし、
自分が所属したチームが勝っていくのも面白い。
(竹山軍に所属して、最終的に天下統一した)

自分の正解数が多くても、視聴者には特にメリットはない。
賞品や賞金はない。それでも、番組に参加できるのは新鮮で
なかなか面白かった。
(正解数に応じてアバターが成長するシステムなどもあるが、
特に面白いものではない)


面白いけど、「ちょっと待てよ」とも思った。
今はひとりで見ているからいいけど、家族で見ていたら
どうするのか?と。リモコンはひとつしかないから、
家族それぞれが違った回答をすることはできない。
話し合って最終的な意見を決めるとか、問題ごとに答える人を
変えるとか、視聴者側が工夫しないといけない。

せっかくクイズに参加できるなら、家族それぞれが回答して、
「当たった」「まちがった」とワイワイしたいはず。
Wiiなどのゲーム機なら複数のコントローラがあっても
不思議ではないけど、テレビはひとつだけなのが普通。
双方向性をもった番組を作れるようになったのに、
みんなで楽しむには工夫が必要なのはもったいない話だ。


もっとも、この番組は放送が深夜帯なので実際には
こうした問題は起きにくいと思う。また、ワンセグや携帯電話から
参加することもできる。

きのうの放送では、最終的に3万数千人が参加したらしい。
私は18問中14問正解で、114位だった。途中で参加の
締め切りはなかったので、順位が高いのだと思う。
こうやって結果が見えるのが面白さに影響している。

次回は8月13日(土)に放送予定。テーマは「戦国」。
地デジが見られるテレビかワンセグがあれば参加できるので
一度体験してみるといいかも。
(毎週放送する番組ではないらしい。また、番組を完全に
楽しむためにはテレビをネットにつなぐ必要がありますが、
回答するだけならつなげなくても大丈夫)

「双方向クイズ 天下統一」公式サイト
http://www.nhk.or.jp/tenka/


ソーシャルゲームの怪しさ
2011.08.05

Eテレ(教育テレビ)で先日放送された番組の話。
「ITホワイトボックス」という番組で、携帯電話や
スマートフォン向けのゲーム(いわゆるソーシャルゲーム)を
解説していた。
(今週日曜(7日)午後に再放送があります)

番組ではソーシャルゲームを3つの角度から紹介している。
一番の見どころは収益構造を紹介する最初の部分。
私自身はこの手のゲームはやっていないので
実態をよく知らなかったが、怪しさに満ちていた。

ソーシャルゲームの多くはとてもシンプルで、かんたん。
ちょっとした空き時間でプレイできるというメリットがある。

反面、他のプレイヤーと競う要素もあって、ここが問題。
ゲームを有利に進められるアイテムをゲーム内通貨で
買うことができる。ロールプレイングゲームでたとえるなら、
コツコツと経験値をためてキャラクターを育てることもできるが、
お金の力でレベルを一気に上げることもできてしまう。

ゲーム内通貨は現実のお金で買うことができるほか、
新たなプレイヤーを勧誘することでも得られるという。
このあたりはネズミ講のような怪しげな雰囲気があった。

ランキングで上位に入るなど、他人よりも有利な立場に立ちたい
というプレイヤーの心理を利用して、メーカーが利益を上げるための
からくりが用意されている。

クレジットカード払いであることが影響してか、有料アイテムに
多額のお金を使ってしまうことがしばらく前に問題になった。
そこで広告表示が多少変化した。それでも根本的なところは
あまり変わっていないようで、番組内でも「規制が遅れている」
と問題点が指摘されている。

お金でゲーム進行を左右できるのは少々疑問な感じもする。
それでも、余裕があるならそういうのもアリかな、とも思う。
問題なのはお金を使いすぎてしまうことだ。知らないうちに
使いすぎて、結果として食費を削るなんてことになれば
いいカモでしかない。

また、勧誘することでゲーム内通貨が得られるのも疑問だ。
ビジネスとしても、オンラインゲームとしても、会員数の多さは
とても大事だ。それを解決するいいアイデアなのかもしれないが、
「みんなで楽しみたいから」ではなく「ポイントがほしいから、
とにかく登録だけしてくれ」みたいな話が少なからずあるかと
思うと問題といわざるをえない。

ソーシャルゲームは急成長している分野なので、
それを運営する会社の社長はヒーロー的な扱いで取材される
ことが多い。しかしその実態はずいぶんグレーゾーンの
ビジネスのような印象を受けた。割り切ってプレイできる人
ばかりではないので、早急なルール作りが必要だと思う。

この番組は今週の日曜(7日)の16時から再放送があります。
気になる人は見てみるといいかも。今回の内容・表現を
素直に信じてしまうのも問題があるかもしれないけど、
多少なりともうさんくささを感じられると思う。
高校野球の放送もあるので、時間がずれる可能性があります。

ITホワイトボックス
http://www.nhk.or.jp/itwb/3/


有料体験版はどんどん出したらいい
2011.08.03

新作ゲームの一部を楽しめる体験版はほしい。
たとえ有料でもいいからどんどん出したらいいよ、という話。

今週発売のカプコンの新作「謎惑館(なぞわくやかた)」は、
パッケージ販売のほかに序盤だけをプレイできるバージョンを
200円でダウンロード販売するそうだ。
(当然、ダウンロードとプレイはニンテンドー3DSのみでできる)

「謎惑館」公式サイト
http://www.capcom.co.jp/nazowaku/
音が流れます

どの程度プレイできるものなのかわからないけど、
序盤だけでも格安でプレイできるのはいいことだ。
できれば無料がいいけど、メーカーが多少なりとも
利益を確保できるなら、有料でもいい。

ゲームソフトは安くない買い物だと思う。
本や映画にくらべれば高い。

すると「本や映画より長く楽しめる」という反論があるが、
仮に100時間楽しめるしかけがあったとしても、
最初の数時間で面白さを理解できなければ意味がない。
全額前払いしかないのは疑問だ。
全巻セットで売られるマンガは人気作だけだ。

体験版だけで判断されなくないとか、体験版で
満足されたら困るとか、そんな意見もあると思う。
「つづきをプレイしたい」と思わせることができなかったら、
ゲームのできが悪いか、そのプレイヤーに合わなかったかの
どちらかだと思うしかない。
(最初はよくわからなかったけど、だんだん面白くなってきた
というゲームもなくはないけど)

無料または格安の体験版でプレイを始めて、気に入ったら
製品版にデータを引き継いでプレイ続行という流れが
少しはあってもいいんじゃないかなと。
食わず嫌いみたいなものが解消されると思う。
(上で紹介した「謎惑館」の場合、有料ダウンロード版から
製品版にデータを引き継げるのかどうかは不明)


アンバサダー・プログラムは本当に特典といえるのか
2011.08.01

無料とはいえ、古典的ソフトでは特典とはいえないのでは?
という話。

ニンテンドー3DSが8月11日(木)から大幅に値下げされる。
発売からあまり時間がたっておらず、値下げ幅も大きいことから、
値下げ前に買った人に向けて特典が用意された。
それがアンバサダー・プログラムで、ファミコンと
ゲームボーイアドバンスのゲームが各10本、計20本を
無料でダウンロードできる。

値下げとアンバサダー・プログラムの告知
http://www.nintendo.co.jp/info110728/index.html

個人的には、今の時期に値下げされたことを不愉快には
思わない。通信機能が目玉である3DSはユーザーが
増えたほうがより楽しめる。すれちがい通信が成立しないと
魅力がそがれてしまう。

アンバサダー・プログラムも、まあまあだと思う。
ただし、これは個人的な話。ここからが今回の本題だが、
無料配布されるソフトに「なつかしさ」を感じられない人にとって
本当に特典といえる内容なのだろうか。

配布ソフトのリストを見ると、今プレイしても楽しめそうな
ものはある。しかし、当時のものを再現するかたちに
なっているので、ゲームのシステムも難易度もそのまま。
今となってはプレイしにくいものも少なくないと思う。

当時プレイ経験がある人なら、多少難点があっても
「思い出補正」でなんとかなるかもしれない。
しかし現在中学生以下だとか中高年の人、
全年代の女性にとっては「ただの古いゲーム」にしか
ならない可能性があると思う。

紙の説明書はなく、任天堂のサイトで確認するしかない。
これもプレイしにくさを助長する。

さらなる難点としては、ゲームボーイアドバンスのゲームは
中断機能がなく、フタを閉じてもスリープにならない。
これも困る点だ。
(セーブができないわけではなく、ゲームのルールに
したがってセーブする)

「ゲーム20本無料ダウンロード」と聞くとスゴそうな感じが
するが、実際には味見程度にしかプレイされないものが
多くなりそうな気配がある。

金品の配布は難しいところがあるだろうけど、
古典のオリジナル版20本よりも最近の2本のほうが
お得感があったかもなと思う。

値下げが発表されたときの話
「ニンテンドー3DS値下げ発表。持っている人へのフォローあり」
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-114.html


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...