日付 : 2009年09月 の 記事一覧

サモアって どこ?
2009.09.30

ときどき更新される「○○って どこ?」シリーズ。
今回はサモア。

日本の南方、サモアで地震が起き、かなり被害が出ている。
テレビでは「南太平洋の島、サモアで…」と伝えていた。
南太平洋といわれればなんとなく位置はわかるが、
具体的にはどこなのか。サモアという地名自体、あまりなじみがない。
例よって調べてみた。

サモアというのはサモア諸島のことで、文字通りいくつかの島で
構成されている。場所はインドネシアやオーストラリアの東、
ニュージーランドの北東方向。

1800年代後半に西半分をドイツが植民地とし、東半分をアメリカが
植民地とした。ドイツによって支配された部分はのちに独立し、
現在は「サモア独立国」と呼ばれる。

東半分は今もアメリカの領地で「アメリカ領サモア」と呼ばれる。
以前取り上げたサイパンと同じく、アメリカの影響は受けるものの、
完全に統治はせず、自治を認められる部分もあるようだ。

公用語はサモア語と英語。
珊瑚礁があるらしいので、観光客も多いかもしれない。

ウィキペディア「サモア」のページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A2%E3%82%A2

これまでの「○○って どこ?」
その1バーレーン その2ヘルシンキ その3ブルガリア
その4ラトビア その5トリノ その6カンヌ
その7マルタ その8トリニダード・トバゴ
その9ハイリゲンダム その10サイパン
その11ベリーズ


クラブニンテンドー景品 DSi用カバーが届いた
2009.09.28

ポーチの外観

クラブニンテンドーで申し込んでいたニンテンドーDSi用カバーが
届いた。わりと実用性の高い品になっている。
交換には200ポイントが必要。

ニンテンドーDSi専用のカバーで、内側はやわらかい素材で
できている。出し入れするときに傷がつくことはなさそう。
以前もらったDS Lite用ポーチはキツキツだったが、
このカバーは適度にフィットする。
衝撃への耐久性は期待できない。

収納するときは向きが決まっていて、説明書がついている。
説明書

どうしてこの向きで入れるかというと、イヤホン端子と
音量調整のボタンが露出するようにデザインされているから。
DSiで音楽を聴く人にはうれしい配慮だろう。
(指定の向きでなくても、一応入る)

収納しても音量調整できる
イヤホンも差しこめる


収納したら、バンドをかけて固定する。
オレンジのバンドをかけて固定

粗品っぽい感じはなくて、普段使いにできそう。
難点をあげるなら、全体的に白いので使うほどに薄汚れてきて、
それが目立つのは間違いない。

クラブニンテンドー
http://club.nintendo.jp/


混雑のなかに楽しさを見つける「東京ゲームショウ2009」
2009.09.26



「行かないかも」なんて言ってましたが、行ってきました。
会場入りが13時くらいだったので期待はしていなかったけど、
想像通り「入場規制」と「整理券配布済み」の連発。
今回初めて、1本もプレイしませんでした。
(並べばプレイできるところはあっただろうけど、
自分好みのブースはほとんどダメ(もしくは長時間待ち)だった)

「ベヨネッタ」や「アサシンクリード2」あたりをプレイしたかったなあ。

今回、会場の内外でDSを持っている人がメチャクチャ多かった。
DQ9のすれちがい通信なのかな。

車いすの人も結構見かけた。ゲームショウは障害のある人には
あまりやさしくないと思う。人しか見えない状況だろう。
バリアフリーも今後の課題だ。

● 混雑はしているが、実のところは…

例年通り、今年も混雑していた。今年は持ち物検査でも
行列ができていた。検査が大甘なのは前年通り。

今回取り入れられた整理券の配布は、私が到着した時点で
主なところは配布終了だったようだ。
(一部、配布中のブースもあったが、注目作ではなかった)

整理券を配らないところでも、注目作の多くが「入場規制」。
つまり、列を作って待つこともできない。並べるところでも
2時間とか3時間待ちは普通。

こんな状況なので、大勢の客がいるように見えるが
「どこにも入れず、流されるように歩くだけの人」も多いように思う。
見せかけのにぎわいだ。入場料がかかるだけに、たちが悪い。
(会場内で流れるゲーム映像の多くはネット上でも見られる)

開場後の数時間で「勝負」が決まってしまうなら、
入場を締め切る時刻をもっと早めてもいい。
あるいは開場から数時間が経過したら入場料を安くするとか。

ブースとブースの間の大混雑は今年も発生。
レベルファイブとカプコンの間、スクエニとソニーの間、
バンダイナムコと専門学校ブースの間とか。床さえ見えない。
逆に、「海外パビリオン」のあたりはスカスカ。
同じ空間とは思えないほどスカスカ。
ブースの配置はいろいろ考える余地がありそうだ。

● 脳波で動かす! 特殊メガネで立体映像!

1本もプレイしなかったとはいえ、楽しいところもあった。
CoFesta(コ・フェスタ)ブースではゲームに応用が利きそうな
IT技術が展示されているし、ゲーム科学博物館では
一部のハードの分解モデルが展示されている。地味だけど楽しい。
(ゲーム科学博物館は主に2カ所ある。入場口近くのブースでは
戦国武将の鎧が展示されていた。どんな意味があるんだ?)

ニューロスカイのブースでは、脳波でゲームを操作するプレゼン
テーションをやっていた。ヘッドホン風の器具で脳波を読み取る。
プレイヤーの「集中」や「リラックス」を読み取り、それが
ゲームに反映される。集中しただけでゲーム内の物体を
引っ張ったりしていた。超能力者気分?

ニューロスカイ公式サイト
http://www.neurosky.jp/
本格オープンは10月1日かららしい

最近流行の立体映像をゲームに応用したものが
ソニーブースに出展されていた。いわゆる参考出展で、
具体的な販売は決まっていない。今回は3D表示の
レースゲームを操作(または見学)できる。

特殊なメガネをかけて見ると、なかなか新鮮だった。
画面に奥行きが生まれる感じ。ポリゴンによる3D表示でも
奥行きは表現されているけど、それとは違う感覚。新しい。

メーター類の表示が一番手前に張りつくように表示されて、
コースに奥行きが出る。車の立体感は特にいい感じで、
「実物感」が強く見えた。明らかに普通のポリゴン表示とは違う。
「モンスターハンター」や「ロストプラネット」などを立体対応に
できたら、それだけで商品価値があるかも。
一見の価値あり。

最後にもうひとつ。会場内で配布されている
「テレビゲームのちょっといいおはなし6」という小冊子が
なかなかよかった。「バイオハザード」が好きなことで
有名な鈴木史朗さんの話や、ゲームのジャンルによって
脳が働く部分が違う話などが載っている。

今の段階で書いても遅いだろうけど、明日行くなら
開場と同時に入れるようにしたほうがいい。
遅くても、幕張に着くのが7時か8時くらい?

東京ゲームショウ公式サイト
http://tgs.cesa.or.jp/index.html


Wii 本体価格を5,000円値下げ 10/1から
2009.09.24

Wii本体が値下げされることになった。
5,000円値下げされ、定価20,000円になる。
10月1日(木)からこの価格で販売される。
本体の機能や同梱物に変化はない模様。

任天堂の告知
http://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2009/090924.html

Wiiの値下げのウワサはあったが、やはり来た。
ライバルの値下げが続いて、近い価格帯になってしまったので
動かざるを得なかった、というところかもしれない。

どうせならWiiモーションプラスを同梱するとか、
思い切った手を打ってもよかったかもしれない。
モーションプラスを標準化できるかどうかは
Wiiの寿命に大きく影響すると思う。

任天堂サイト内、Wiiのページ
http://www.nintendo.co.jp/wii/index.html


東京ゲームショウ2009、整理券配布は効果的なのか
2009.09.20

今年のゲームショウでは、整理券の配布が告知されている。
今のところ、FF13、キングダムハーツ、レベルファイブブース用に
整理券が配布されるそうだ。マイクロソフトブースでも
ファストパス(整理券)が配布される。

これは開場後、その日のぶんがドンドン配布されるようだ。
つまり早い者勝ちで、整理券をもらえなければ体験できない。
遅くとも、午前中には配布が終了するだろう。

整理券方式をとらないブース(ソフト)でも、早々に規制がかかる
ところがあるだろう。カプコンの「ロストプラネット2」とか。

整理券方式をとることで、人気ブースに客が殺到することは
ある程度防げるだろう。また、うまく整理券をもらえれば、
ひたすら待ち続ける必要もないので、時間を有効に使える。

しかし根本的な解決にはなっていない。
おそらく大多数の客は整理券をもらえないので、
「門前払い」が増えるだけだ。
(あるいは、指定された集合時刻が夕方で、それまで
何時間もどうやって過ごすんだ?と途方に暮れたり)

ここで問題になるのが入場料がかかることだ。
約1,000円の料金を払って入場したのに、「目玉」といえる
ブースでのきなみ「整理券がないとダメ、本日分は配布終了」と
言われたり、規制で並ぶこともできないとしたらどう感じるか。

ブースによっては巨大スクリーンで新作の映像を流したり、
プレゼンテーションを行うこともある。プレイしている人たちを後ろから
ながめることで、新作の雰囲気がなんとなくわかることもある。
パンフレットやチラシも大量に配布されている。

こうしたことである程度の満足を得る人もいるかもしれないが、
ゲームショウの醍醐味は発売前の新作を試せるところにある。
会場内を歩いただけで満足してはいけない。

もっと思い切った対策が必要だろう。
一番効果的なのは入場者数に制限を加えることだけど、
そこまでする気はないだろうね。

東京ゲームショウ2009公式サイト
http://tgs.cesa.or.jp/index.html


東京ゲームショウ2009 主要メーカー特設サイト
2009.09.20

今年のゲームショウは9月26日(土)と27日(日)の開催です。
主要なメーカーの特設サイトを集めてみました。

まずは基本情報から。
会場は幕張メッセ。最寄り駅はJR京葉線の海浜幕張駅。あとは徒歩。
入場料(中学生以上)は当日券1,200円、前売券1,000円。
前売券はコンビニなどで買えます。できるだけ前売券を買いたい。
小学生以下は無料。

開場は9時30分。閉場は17時(入場は16時で終了)。

一部人気タイトルなどは整理券の配布があるので注意。
開場後すぐに、その日のぶんが配布終了になると思います。
整理券配布場所については要確認。
(ブース以外で配布されるものもある)

Z指定(18歳未満プレイ禁止)のゲームを試遊する場合、
身分証の提示が必要です。

めちゃくちゃ混雑すると思うので、初めての人は覚悟を。

東京ゲームショウ2009公式サイト
http://tgs.cesa.or.jp/index.html

ソニー・コンピュータエンタテインメント
http://www.jp.playstation.com/tgs/
上記サイトの更新は24日から。出展概要は下記参照。
http://www.scei.co.jp/corporate/release/090911.html

マイクロソフト
http://www.xbox.com/ja-JP/event/tgs2009/
ファストパス(いわゆる整理券)配布あり。

カプコン
http://www.capcom.co.jp/tgs2009/

スクウェア・エニックス
http://www.square-enix.co.jp/tgs09/
FF13など、整理券配布タイトルあり。

セガ
http://tgs.sega.jp/2009/

コナミ
http://www.konami.jp/tgs/index.html

バンダイナムコゲームス
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/event/2009/603/001_001.html

去年の話は下記ページからどうぞ(2008.10.11)
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-680.html

今年、私は行かないかもしれません。
前売券はまだ買ってない。


ゲームショウ2009、エレクトロニック・アーツのブースはない
2009.09.16

※タイトルの一部を変更しました。

今年の東京ゲームショウには、エレクトロニック・アーツの
ブースがない、という話。ソフトの出展はある。

東京ゲームショウ2009の公式サイトで、ホールマップを見た。
スクエニブースとソニーブースの間の通路が混雑しそうだな〜
なんて感じで見ていたら、エレクトロニック・アーツのブースがない
ことに気がついた。

ソニーブースやマイクロソフトブースで自社ソフトの展示はある
ようだが、独立したブースを出さないのはちょっと驚いた。

エレクトロニック・アーツは海外のメーカーなので、日本人には
なじみが薄いかもしれない。それでも企業の規模でいえば
世界最大級だ。そんなメーカーが出展しないのは
ちょっとした異常事態といえないこともない。おおげさだけど。
(有名なところでは、ハリー・ポッターのゲームはここが出している。
あとはFIFA公認のサッカーゲームとか)

不況の影響で今年は見送っただけならいいが、「東京ゲームショウは
お金を出すだけの価値がない」と思われていたら残念だなあ。

ゲームショウは毎年混雑が激しいから、仮に出展していたとしても
見られない(体験できない)可能性が高いけどね。
(待ち時間でほとんどの時間を使ってしまうから余裕がない)

東京ゲームショウ2009ホールマップ
http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2009/visitor/map.html

エレクトロニック・アーツ公式サイト
http://www.eajapan.co.jp/


「ドラゴンクエスト3」、ついにケータイに登場
2009.09.14

「ドラゴンクエスト3」が携帯電話用アプリとして配信される。
NTTドコモ向け、今年秋配信開始。料金は未公開。
追加(変更)要素も不明。

スクウェア・エニックスの告知
http://www.square-enix.co.jp/mobile/dq/dq3/
現時点ではまともな情報がない

ドラクエの1と2がケータイに移植されたのは2004年と
2005年のことなので、ずいぶん久しぶりだ。

少し気になるのが、今秋配信というタイミング。
新機種と同時の配信なら冬だと思う。
別の何かとタイミングを合わせているのだろうか。
(ドコモの次の新機種は年末から年明けにかけて
発売されると思う。今年は早くなるのかな?)

なにはともあれ、今年は「9」でドラクエに触れた人が
多いだろうから、ケータイ版も大人気になりそうだ。
機種が対応していれば、私もプレイしようと思います。

ドラクエ3はシリーズのひとつの頂点といえるものなので、
プレイして損はないですよ。


新iPod touchの価格はDSやPSPに対抗?
2009.09.11

日本時間の今日未明、アップルが発表会を開いて
iPodシリーズを刷新した。シリーズがいろいろあるので
注目点が多いが、ここではiPod touchに注目したい。

今回発表されたiPod touchは3種類ある。
データ容量の違いで、8GB、32GB、64GBの各モデルがある。
なかでも8GBモデルは19,800円とお手頃な価格になった。
(従来の8GBモデルより1万円ほど値下げされた)

iPodなので、主要な機能は音楽を聴くことだが、iPod touchの
場合はいろいろなソフトをインストールして楽しめる。
音楽プレイヤーというよりは小さなパソコンのようなものだ。

インストールできるソフトにはゲームも含まれる。
アップルもそこは意識しているようで、今回の発表会では
ニンテンドーDSiやPSPを比較対象にして「我々のほうが
優れている」とアピールしている。

ここで価格をもう一度確認すると、8GBモデルは19,800円。
アメリカでは199ドル。ニンテンドーDSiが18,900円(169.99ドル)、
PSPが19,800円(169.99ドル)。
価格の点で、大きな差がないことがわかる。
(価格はすべて日本とアメリカの定価)

ちなみに、11月発売のPSPgoは26,800円(249ドル)するが、
本体に16GBのデータを保存できる。

ソフトの品ぞろえによっては、iPod touchが携帯ゲーム機の
シェアに少なからず影響を与えることになりそうだ。
(今の段階でも、iPhoneを含めて考えればかなりの台数が
普及している)

今回の価格変更を受けて、「買っちゃおうかな」と考えた人も
いるかもしれないが、少し考えたほうがいいかもしれない。

8GBモデルは、価格が安くなっただけで、中身は従来モデルと
同じらしい。しかし32GBと64GBモデルは中身の部品が変わって
いて、従来モデルより処理速度が向上しているそうだ。
iPod touchでゲームやサイト閲覧を重視するなら8GBモデルは
あまり向いていないのかもしれない。

今のところ、8GBモデルだと動かないソフトはないと思うが、
ソフトの起動が遅いなど、快適さを犠牲にする部分はありそう。

32GBモデルの価格は29,800円。以前の8GBモデルが
このくらいの価格だったので、容量が増えたぶん「安い」と
いえないこともない。

iPod touchをゲーム機やネット端末として見た場合、
とにかく安く買うか、それなりの快適さを求めるか、
難しいところだね。

個人的には、PSPgoよりはiPod touchのほうが気になります。

発表会の様子を伝えるEngadget japaneseの記事。
「DSやPSPよりスゴイぜ」という話は中盤で出てきます。
http://japanese.engadget.com/2009/09/09/rock-and-roll/

アップルのサイト内、iPod touchのページ
http://www.apple.com/jp/ipodtouch/

Amazon 32GBモデル
Amazon  32GBモデル


「サイレントヒル」最新作、日本語版発売中止
2009.09.10

ホラーゲームとして有名な「サイレントヒル」の最新作、
「サイレントヒル ホームカミング」の日本語版が発売中止になった。
Xbox360とPS3で発売される予定だった。
海外では発売済み。

延期ならともかく、中止というのはただことでない。
(漠然とした発売時期も公表されていなかったようだが)

日本語公式サイトには「諸般の事情により、日本国内での発売を
中止致します。申し訳ありません。今後のシリーズ作品に
ご期待ください」とある。

「諸般の事情」という都合のいい言葉しか出ていないので、
発売中止の詳細はわからない。開発にあたったのが海外の
メーカーだったと記憶しているので、販売の権利などで
修復不可能なほどもめてしまったのかな。

どの地域で販売するかは制作開始時点で決めているはずなので、
単純に「日本で売っても利益が望めない」と判断したのかも。
(メニュー関係の日本語化や、日本語字幕を入れる作業をする
余裕もないということか)

なんにしてもファンにとっては残念な話だ。
もう「サイレントヒル」は過去のものになってしまったのかもしれない。

「サイレントヒル ホームカミング」公式サイト
http://www.konami.jp/gs/game/sh5/
10月30日で閉鎖されるそうです


「VIDEO GAMES LIVE IN JAPAN」今月開催
2009.09.09

ゲーム音楽に注目したイベントが今月東京で開催される。
最近TVCMを見て知ったが、ゲーム系マスコミでは
6月下旬に告知されていた。

「VIDEO GAMES LIVE」はゲーム音楽を主体とした
ライブイベント。オーケストラによる演奏を中心に、ゲーム映像や
舞台上でのパフォーマンスを含めたイベントになっていて、
単純に演奏を楽しむだけではないようだ。海外では
2005年から各地で開催されていて、日本での開催は
今回が初めて。

公式サイトでは、当日演奏されるゲームタイトルの一部が
公開されている。個人的には「ワンダと巨像」と
「クロノ・トリガー」あたりが注目かな。
オーケストラを基本にするとタイトルが限定されそうな気もする。

開催は9月21日(月)、22日(火)。東京国際フォーラムにて。
チケットは販売中。

「VIDEO GAMES LIVE IN JAPAN」公式サイト
http://videogameslive.jp/

プロデューサーのトミー・タラリコ氏のインタビュー。
6月に掲載されたGAME Watchの記事。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090624_296394.html


1分ごとにイケメン登場「俺画」
2009.09.08

ゲームの闇鍋をご覧の女性の皆様(いるのか?)おまたせしました。
1分ごとにイケメンが登場して時刻を教えてくれるサイトが
始まったそうですよ。

「俺画(オレガ)」
http://orega.tv/

「東京ナイロンガールズ」で紹介されていました。
http://nylongirls.jp/topics/2009/09/orega.html

男性の皆様には「美女暦」や「美人時計」がありますよ。

「美女暦」
http://www.bijogoyomi.com/
「美人時計」
http://www.bijint.com/jp/


スキップモードはひかえめに 「ラブプラス」その2
2009.09.08

けしからんくらい甘い世界が繰り広げられる「ラブプラス」。
「スキップモード」はあまり使わないほうがいいかも、という話。

本題に入る前に、ヒロインの性格について。
「ラブプラス」に登場する3人のヒロインは、1人につき3種類の
性格を持っている。性格が変更されるとセリフがだいぶ変わって新鮮。
性格の違いが外見に反映されることはないが、別キャラな感じ。

性格の変更は、プレイヤーが自由にできるわけではない。
彼女からのメールや、デート中の会話で選択肢が示される。
必ず思い通りになるわけではないが、とにかくゲームのオプション
変更のように、コロコロ変えられるものではないので注意が必要だ。

ちなみに、彼女が自分をどう呼ぶかもデート中に変更できる
ことがある。性格と同じく、いつでも変更できるわけではない。

ここから本題。
「ラブプラス」の恋人パートは、2つのモードを選べる。
現実の時間の流れと同じ「リアルタイムモード」と、
現実の時間とは無関係に1週間を繰り返す「スキップモード」だ。
(スキップモードでも四季は反映されるが、クリスマスなどの
日付限定のイベントは発生しない)

スキップモードは時間を早送りするようなものなので、
デートに必要な「彼氏力」をすぐに貯められる。
原則として日曜日にするデートもすぐにできる。

やや作業めいたプレイになるが、スキップモードに慣れると
リアルタイムモードではできることが少なすぎると感じるかも
しれない。

スキップモードである程度過ごしてみてわかったが、
なるべくリアルタイムモードにしたほうがいいと思う。
スキップモードは言ってみれば麻薬のようなものだからだ。

彼氏力が(リアルタイムモードより)早く充実してしまうので、
デートではチュッチュしまくり。すきあらばチュウ、という感じに
なってしまう。
(そうなるためには好感度や自分の操作も影響するが)

恋人パートではシナリオ展開のようなものはないらしい。
破局することがないのはもちろん、自分が他の女の子に浮気する
ことはできないし、彼女が他の男に奪われることもない。
良くも悪くもデートを重ねるだけだ。
(長期間会わないと好感度が激減することはあるらしい)

そんな流れなので、「デートしまくりキスしまくり」は
飽きる(慣れる)のを早めるだけのような気がする。

その点、リアルタイムモードなら「しまくり状態」にはなりにくいので、
新鮮さやドキドキ感を維持しやすいような気がする。
現実の1週間のなかで、デートできるのは1回か2回のほうが
よりリアルな感じもする。

それではスキップモードは忙しい人のためのモードかというと
そうでもない。「スポットレベル」を上げるには活用すべきだ。
何度も行かないと上がらないからね。
(デートできる場所には「スポットレベル」が設定されていて、
レベル0だとその場所ではデートできない。上昇すると
スキンシップがやりやすくなる)

何事もあせったらダメということなんじゃないかと。

「ラブプラス」の前回の記事は下記参照。(2009.9.6)
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-473.html

「ラブプラス」公式サイト
http://www.konami.jp/products/loveplus/

Amazon
Amazon

ラブプラス公式ガイド
ラブプラス公式ガイド


バカップルと言われてもかまいません 「ラブプラス」
2009.09.06

前から気になってはいたけれど、スルーしようと思っていた
「ラブプラス」。ネット上の情報をいろいろ読んでいるうちに
思わず買ってしまった。ニヤニヤしながらプレイしている。

「ラブプラス」はDS用のゲームで、ヒロインとの恋愛がテーマ。
ゲームというよりはシミュレーションかな。同様のゲームは
いろいろあるが、「ラブプラス」ではヒロインと付き合い始めてからが
重視されている。

DSのタッチパネルやマイクを活かして、今までにない
ヒロインとのコミュニケーションが最大のウリだ。
(プレイ内容によってはマイクはあまり使わずにすむ)

なかでもタッチパネルはかなり重要なので、現時点では
DS以外のゲーム機に移植するのは厳しい。Wiiでも
似たようなことはできるだろうが、「タッチ感」が違うと思うので
まさにDSのためのゲームだ。
(単純に言えば、「ニンテンドッグス」みたいな感じ)

ゲームは序盤の「友達パート」と「恋人パート」に分かれる。

友達パートは主人公とヒロインが付き合い始めるまでの
部分で、それなりにプレイ時間はかかるが、あくまでも前座だ。
そのあとの恋人パートこそが本番。

友達パートは、ちょっと「作業感」が強い。
ヒロインに気に入られるために能力を伸ばしたり、いろいろ
行動する必要がある。お気に入りのヒロインに気に入られる
ためにどうしたらいいかは簡単にわかるので、「攻略」を
考える必要はほとんどない。手続きというか作業めいた
プレイになる。

ある程度進行させると、ヒロインから告白される。
3人いるヒロインの誰から告白されるかはプレイヤーの行動次第。
複数のヒロインから告白されるようにプレイすることも可能らしいが、
最終的にひとりを選ぶことになる。また、セーブデータは上書きしか
できないので、序盤でお気に入りのヒロインを決めたらその子だけに
集中したほうがいいのかもしれない。
(私の場合、ゲーム内で60日程度が過ぎたあたりで告白された。
100日経過しても告白がなければゲームオーバー)

いよいよ恋人パートへ。
ここからはゲーム内の時間の流れが変わって、
現実と同じ時間の流れのなかでプレイすることもできる。
たとえば「9月6日の15時に待ち合わせ」なんて感じで
デートの約束をしたら、実際にその時間に「ラブプラス」を
起動しないと約束を破ったことになる。
(現実の時間を無視したモードもあります)

「どうぶつの森」でも実際の日付にあわせたイベントが
あったけど(釣り大会とか)、デートとなると重みが違う。
彼女のために現実の予定を組み替える必要があるかも?

デートが「ラブプラス」の最大の見せ場。
恋人なので、スキンシップの果てにキスもあり。
(人目の少ないところで彼女に触れる)
好感度やプレイヤーのタッチのしかたにもよるが、
チュッチュしまくり。

待ち合わせ場所でチュー、お出かけ先の動物園でチュー、
「もっといっしょにいたい」ってんで美術館に移動してチュー、
別れ際に自宅前でチュー・・・と、けしからん状態に。
ここはフランスかイタリアかって感じ。ニヤニヤするしかない。
(付き合い始めた直後はスキンシップがうまくいかないけど)

ヒロインを3Dで描写したグラフィックは質が高いとは
言い切れない部分もあるけど、キャラデザインやシチュエーション、
声の演技の力で総合的にはすごくいい雰囲気。
キャラデザインが趣味に合えば、プレイする価値はありそう。

作業じみたところがあるなど、不満がないわけではないけど、
今のところ感触はいい。気になる人は公式サイトの動画を
見てみるといい。

季節ごとのイベントも用意されているので、ハマると
長期間楽しめそうだ。

「ラブプラス」公式サイト
http://www.konami.jp/products/loveplus/

Amazon
Amazon

ラブプラス公式ガイド
ラブプラス公式ガイド


初代ポケモンは6年間も作っていた 「社長が訊くポケモン」
2009.09.04

9月12日(土)発売の「ポケットモンスター ハートゴールド・
ソウルシルバー」が「社長が訊く」で取り上げられた。

今回のポケモンは1999年発売の「ポケットモンスター 金・銀」の
リメイクになっている。私の近所の店では予約を締め切っている
店もあった。ポケモン人気はまだまだ健在らしい。

大きく内容を変えないリメイクのせいか、対談のほとんどは
「ポケモン史」を振り返る内容になっている。
振り返るとはいえ、制作の苦労話やプログラマーのマニアックな話、
メディア展開の考え方、プロゴルファーの石川遼選手など
話題は大きく広がる。今回も興味深い。

社長が訊く「ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー」
http://touch-ds.jp/mfs/st112/interview1.html

「ポケットモンスター
ハートゴールド・ソウルシルバー」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/ds/ipkj/index.html
9月12日(土)発売 定価4,800円


Xbox360、日本でも値下げ。しかしD端子ケーブルは削除
2009.09.02

先日アメリカで値下げが発表されたXbox360。
日本でも値下げが発表された。

値下げは9月10日(木)から。
120GBのハードディスクが同梱された「エリート」が1万円
値下げされて税込29,800円に。
60GBのハードディスクが同梱された通常版はオープン価格に。
少なくとも数千円の値下げになりそうだ。

ハードディスクがつかない「アーケード」は変わらず。
税込19,800円。今後、アーケードは消えてしまうのかも?

マイクロソフトの告知
http://www.xbox.com/ja-JP/press/release/20090902-1.htm
Xbox360公式サイト
http://www.xbox.com/ja-JP/

はっきりいって、この値下げでXbox360が大きく動くことは
ないと思う。買いやすくなったことは間違いないけど、
新PS3にくらべればインパクトがない。

全体として見れば朗報な今回の発表だけど、ひとつ残念なのが
通常版やエリートに付属していたD端子ケーブルがなくなって、
コンポジットAVケーブルになってしまったこと。

コンポジットAVケーブルは、テレビと本体をつなぐための
もっとも基本的なケーブル。テレビの赤・白・黄の差し込み口に
つないで使う。古いテレビでも接続できるメリットがある反面、
画質は最低だ。
(PS3も本体付属のケーブルは同様のもの)

高画質をウリにするゲーム機としては本領が発揮できないわけで、
とてももったいない。たとえるなら、ステレオで収録されている音を
わざわざモノラルで聞くようなものだ。

Xbox360やPS3でゲームを楽しむなら、D端子やHDMI端子で
接続するのがベストだ。少なくともD3端子で接続したい。
別売りのD端子ケーブルは3,000円程度する。
できたら本体に同梱してほしかったけど、価格を抑えるために
しかたがなかったのかなあ…。

各端子の話は過去記事も参照してください。(2008.4.21)
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-816.html

Amazon Xbox360 D端子ケーブル
Amazon Xbox360 D端子ケーブル

Amazon PS3/PS2用 D端子ケーブル
Amazon PS3/PS2用 D端子ケーブル


Wii、インターネットチャンネルが無料に
2009.09.01

Wiiのインターネットチャンネルが無料でダウンロードできる
ようになった。これまでは500Wiiポイント(500円相当)が
必要だった。

今回の決定に至る流れを、任天堂の岩田社長が動画で
語っている。それによると、Wiiをネット接続させたい理由の
ひとつとして、大画面で各種サイトを見ることができる
インターネットチャンネルをあげる人が多いのだそうだ。

大画面でみんなで一緒にサイトを見られる利点はよくわかるが、
インターネットチャンネルは使い勝手がいいとはいえないと思う。
PCで見るときとは比較にならない。

見たいサイトが決まっている場合はいいかもしれないけど、
ひとつのページをもとに、いくつかのサイトを行ったり来たりする
には向いていないと思う。
(検索結果から次々とサイトを見ていくなど)

無料なので、ダウンロードしておく価値はあると思うけどね。

今日から、そのインターネットチャンネルがバージョンアップした。
対応するFlashのバージョンが上がったことが目立つ変更点。

さっそく再ダウンロードしてみたが、あまり変わっていない。
起動は速くなったような気もするが、Googleマップは使えない。
(うちの過去記事を検索すると、Googleマップを見られると
書いてある。どこかで仕様が変わったのかも)
Yahooのマップは見られる。

インターネットチャンネルのページ
http://www.nintendo.co.jp/wii/features/internet/index.html
USB接続のキーボードによる文字入力に対応していますが、
かな入力は未対応のようです。ローマ字入力のみ。


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...