日付 : 2009年07月 の 記事一覧

モンスターハンターは「ゆるい」? 社長が訊くMH3
2009.07.31

いよいよ明日発売になる「モンスターハンター3(トライ)」。
開発スタッフに裏話をインタビューする「社長が訊く」でも
取り上げられた。

社長が訊く「モンスターハンター3(トライ)」
http://wii.com/jp/articles/monster-hunter3/crv/vol/index.html

単純に過去の延長線上のものを作るのではなく
ゼロから作り直したとか、描画性能の低いWiiやボタンの少ない
Wiiリモコンをどう見たか、なんて話が語られている。
今回も興味深い話だ。

同時発売になるクラシックコントローラProとWii本体の新色
「クロ」にも話が及んでいる。「クロ」は素材作りから始めたそうで、
企画から3年近くかかっているという。この話もくわしく知りたい。

今回の話のなかで、少し違和感があった部分がある。
それは対談の序盤、モンスターハンターとはどんなゲームなのか、
という説明のところだ。それによるとモンスターハンターは
「ゆるい」ゲームで、パーティ全員が同じ行動をとる必要はなく、
誰かひとりだけが他のことをしていてもいい世界だという。

これはちょっと信じられない。
フレンドどうしでプレイしているならともかく、ひとりだけ
「オレ釣りするから。みんなは適当に狩ってて」なんてことが
あるだろうか。少なくとも私はそんなことをしたことがないし、
そんな人を見たこともない。やろうと思えばできるけど、
そんな雰囲気とは思えない。

むしろ「なるべく死なないようにしなきゃ」と考えて、
ゆるいどころか緊張感が高いような気がする。
(このあたりはメンバーの雰囲気で大きく変わる。
のんびり系の人もいれば、やたらと効率を求める人もいる)

それでも、期待が大きいのはたしかだ。
個人的にはマンネリを感じていたけど、ゼロから作った
モンスターハンターがどんなものになったのか楽しみだ。

社長が訊く「モンスターハンター3(トライ)」
http://wii.com/jp/articles/monster-hunter3/crv/vol/index.html
「モンスターハンター3(トライ)」公式サイト
http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/3/index.html


ゴツイ男たちの戦いが再び!「ギアーズ・オブ・ウォー2」
2009.07.31

「ギアーズ・オブ・ウォー2」買いました。
人類とローカスト(地底人)との戦いを描くシューティングゲーム。
前作で地底人に大打撃を与えたが、勢力を取り戻して再び
人類を襲ってくる。日本語版がやっと発売になった。
(アメリカでは去年発売になっている)
Z指定のゲームなので、18歳未満の人の購入・プレイは不可。

通常版を買うつもりでいたけど、品切れでリミテッドエディションを
買った。いわゆる限定版みたいなもの。

ディスクが入っているアルミケースが前作よりいい感じだな、なんて
思っていたら、ディスクがなかなか取れなかった。
真剣に「ディスクが割れるかも」と思ったのは初めて。
一度取り外すと楽にできるようになった。

ゲームのプレイ感覚は前作と同じ。
続編だからといって特に難しく(複雑に)なっているわけではない
ようで、前作を知らなくてもまあ問題はないと思う。
説明書はきちんと読んだほうがいい。
(オフラインの話。オンラインプレイはやってない)

グラフィックは今回もスゴイ。英語版の発売から時間がたっている
とはいえ、世界最高峰のグラフィックだろう。光と水の表現がスゴイ。
前作も雨の描写が印象的だった。
すごく広い空間のなかで戦えるのが気持ちいい。

セリフはすべて日本語音声がついていて、この吹き替えも
なかなかいい。主要キャラは前作と同じ声優で、いい雰囲気が
出ている。演技だけでなく、翻訳もいいのだろう。

例によって日本語字幕が小さいのが残念。
文字や数字を読まないといけない場面は少ないが、
なんとかしてほしいものだ。

ストーリーモードはステージ制だけど、かなり連続性のある
構成になっているので、やめどきが見つからない感じ。
オートセーブであることもあって、ついつい長くプレイしてしまう。

「ギアーズ・オブ・ウォー2」公式サイト
http://www.xbox.com/ja-JP/games/g/gearsofwar2/


マックでDS、DQ9のミニゲームやアイテムを配信
2009.07.29

マクドナルドにニンテンドーDSを持って行くと受けられる
サービスの「マックでDS」で、「ドラゴンクエスト9」の
ミニゲームが遊べるようになる。とっくに流れている情報だけど。

まだあまり流れていない(?)情報としては、同時期に
レアアイテム配信もあるのだそうだ。

マクドナルド店内に、このミニゲームを告知する小冊子が
置かれていた。それによると「ドラゴンクエスト マクドナルドの
たびびとたち」というゲームで、店内でのみ楽しめる。
モンスターとの戦闘ができるそうだ。戦闘は1日1回のみ。
ゲームの配信は7月31日(金)から9月3日(木)まで。
ドラゴンクエストのゲームソフトは必要ないみたいだ。

小冊子によると、「赤いアフロ」という装備の配信もある。
「ドラゴンクエストWi-Fiショッピング」経由で買えるそうだ。
価格は3900G。防御力などの詳細は不明。
配信時期は同じく7月31日(金)から9月3日(木)まで。
こちらはゲームソフトを持っていないと意味がない。

ドラゴンクエストWi-Fiショッピングは、無線通信を利用して
特別な買い物リストをダウンロードできるシステム。
ゲーム内で条件がそろえば、1日1回リストをダウンロードできる。
特別料金は不要。

リストに必ず「赤いアフロ」が含まれるとは限らないそうだ。
期間中に1日1回試すしかない。

「赤いアフロ」についてはマクドナルドは無関係のようだ。
環境が整っているなら自宅でもいいし、小売店にある
DSステーションでもできると思う。
(マクドナルドでもできるが、やや手順が増える。
自宅で無理ならDSステーションでやるのが一番楽かもしれない)

小冊子には、ミニゲームやアイテム配信の操作手順や
マックでDSへのアクセス方法が載っている。これを読めば
手順で迷うことはなさそうだ。
(それでも店員に問い合わせる人が多そうだけど)

「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」公式サイト
http://www.dqix.jp/
ニンテンドーゾーン(マックでDS)のページ
http://www.nintendo.co.jp/ds/nintendozone/index.html
DSステーションのページ
http://www.nintendo.co.jp/ds/ds_station/index.html

「マックでDS」を体験したときの話は下記参照。(2009.6.19)
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-522.html

以下、小冊子の一部を撮影





「菅野美穂さんのDSiのある毎日。」小冊子配布中
2009.07.28

タイトルの通りの小冊子が店頭に置かれていたよ、という話。
「菅野美穂さんのDSのある毎日」というシリーズは
だいぶ前からテレビで流れているけど、ついに小冊子としても
展開された。

菅野さんを通じて、ニンテンドーDSi本体の簡単な説明や
DSiウェア、おすすめのDSi用ソフトが紹介されている。

冊子によると、菅野さんはピンクのDSiを使っているのだそうだ。
どこまで本当の話なのかわからないが、彼女がプレイしている
(ダウンロードした)DSiウェアも紹介されている。

プレイする様子を撮ったページがいくつかあるので、
ファンアイテムとしても多少は価値があるのかも。

過去のテレビCMは「Touch-DS.jp」で今も見ることができます。
全部あるかどうかわからないけど。
http://touch-ds.jp/

ちなみに、菅野さんのCMが流れ始めたのは去年の5月くらい
みたいだ。そのときの話は下記参照。(2008.5.12)
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-798.html

以下、画像2枚。





新PCの話
2009.07.26

新しく買ったPCの話。
たいしたことは書いてません。

先日、これまで長いこと使っていたデスクトップ(XP)が壊れた。
かなり前から「次に買うときはMacにしよう」と決めていた。
MacはWindowsとはいろいろと違うところがあるけど、
デスクトップとの2台体制なら問題は回避できると思っていた。
(MacにWindowsをインストールすることもできる)

ところが急にデスクトップが壊れたことで、別の問題が起き、
ワードとエクセルがないと困る状況になってしまった。
Macで環境を整えることもできるけど、いろいろと予算がいるので
おとなしくWin機を買うことに。Mac計画は無期延期。

PCを買うのは3台目なので、デルなどの通販系が安くていいなと
思っていたが、手元にまともに動くPCがないと商品選びが
まともにできない。Wiiのインターネットチャンネルではデルの
商品カスタマイズの画面がうまく表示されなかった。
(そもそもタブ機能がないなど、使い勝手はよくない)

PC故障による別の問題のため、店頭で選ぶ時間的余裕も
あまりなかった。最終的に買ったのがNECのLL730/TGという機種。
デスクトップがよかったけど、近い将来引っ越しをするかもしれない
のでノートにした。PCでゲームはやらないし。

最後まで迷ったのが、富士通のノート。
富士通のノートPCにはテンキーがついている。
ある程度数字の入力をすることがわかっていたので、ちょっと迷った。
結局価格やポイントを考慮してNECにしたけど、
ほんの少し後悔している。
(どうしてもテンキーが必要なら、USB接続の別売があるが)

LL730/TGは、NECのカタログには載っていない。
LL700/TGの一部強化版みたいなもの。
メモリが最初から4GB積んであるのが主な強化点。
Win7へのアップグレードの対象になっている。

メモリ4GBの効果もあってか、Vistaは特に重いとは感じない。
(実際には3GBくらいしか使えないが)
ノートだからだと思うが、手を乗せるところが少し暖かくなる。
「光るテンキーパッド」の使い勝手はあまりよくない。
液晶はまあまあ。

大手メーカー製なので、余計なソフトを消したり
旧PCに入れていたフリーソフトを再度入れたり
ブラウザのお気に入りを復活させるのが意外と大変。
サイト名などを覚えていないものもあって、完全復活は無理っぽい。
保険としてオンラインブックマークのサービスを使うのもいい
かもしれない。

PCは突然壊れることがあるし、長持ちしたとしてもテレビや
冷蔵庫より寿命が短い。それでいて大事なデータを蓄積している
ので、「遠くない将来に必ず壊れる」と考えて用意しておくのが
よさそうだ。

「壊れるかも」と不安を感じながら作業するのもよくないので、
「新しいPCを買ったとき、データを移すにはどうしたらいいか」と
考えてみるのもいいかも。


クラブニンテンドー 新グッズ追加
2009.07.23

クラブニンテンドーに新しいグッズが追加された。
交換受付が始まっている。

クラブニンテンドーは、任天堂のゲーム機本体や対応ソフトに
同封されているシリアルナンバーを登録してポイントを貯め、
様々な非売品グッズと交換できるシステム。たくさん
ポイントを貯めた人には特別なグッズの贈呈もある。
入会費や年会費はかからない。

今回追加されたグッズは8種類。
「カービィのフライングディスク」は公園で目立ちそうだし、
普通に販売してもそこそこ売れそうだ。
「どうぶつの森 マグネットクリップ」も地味に役立ちそう。
詳細は公式サイトを確認してほしい。

ポイントがあまっているので、「ニンテンドーDSiカバー」を
申し込んでみた。200ポイントかかる。発送は9月中旬以降。

クラブニンテンドー
https://club.nintendo.jp/


一応、復帰します
2009.07.22

休止状態にありましたが、とりあえず復帰します。
コメント・トラックバックの機能を元に戻します。

しかし、ハードディスク故障にともなうデータ消去のために
まだしばらくはゴタゴタします。更新頻度は低くなります。

データのバックアップは常識だろうと思いますが、
実際にはしていませんでした。やっておくべきですね。
消えたら取り返しのつかないデータはそうそうあるものではない
ですが、ある程度のショックを受けるのは間違いないです。

家計簿、天候の様子、デジカメ画像、血圧や体重など、
データを蓄積している人はバックアップは必須です。
作業は多少面倒ですが、やって損はありません。
(古いPCを使っているなら急いだほうがいい)

前回までのお知らせはWiiのインターネットチャンネルで
更新しました。あってよかったなーと思いますが、
普段使いにはまったく適さないですね。あくまで非常用。


お知らせ
2009.07.14

7/18追記 再開までもうしばらくかかりそうです。 PC故障のため、しばらく更新を休みます。 休止中はコメント欄とトラックバックの機能を停止します。


任天堂初のゲームデザイナー現る! 「社長が訊く パンチアウト!!」
2009.07.13

7月23日発売のWii用ボクシングゲーム「パンチアウト!!」が
「社長が訊く」で取り上げられた。

「社長が訊く」で取り上げるほどのソフトかな? なんて思いながら
読んでみると、任天堂の歴史を20年以上振り返る内容になっている。

話のほとんどがマニアックな昔話で、岩田社長が純粋な
インタビュアー、進行役になっているというめずらしい展開の
「社長が訊く」でした。一読の価値あり。

社長が訊く「パンチアウト!!」
http://wii.com/jp/articles/punch-out/crv/vol/index.html

アメリカではすでに発売済みで、順調に売れているそうだ。
最初から海外市場を見据えたソフトだろうけど、日本では
イマイチな結果になりそうな予感。

実際にプレイすればそれなりに面白そうだけど、
買うところまではなかなかいかない感じがする。
「Wiiスポーツリゾート」の存在も大きい。

「パンチアウト!!」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/r7pj/index.html


ドラクエ9 その3 上画面のマップは雰囲気を壊す?
2009.07.12

「ドラゴンクエスト9」(DQ9)では、基本的に上画面に
マップが表示されている。これは便利だけど、一方で
ゲームの雰囲気を壊すというか、緊張感がゆるむことに
つながっているような気がする、という話。
(Wi-Fiショッピングについても少し)

上画面のマップは便利ではあるけれど、周囲の状況が
わかりすぎて、冒険感をなくすことにもなっているような気がする。
目的地に到着するまでのドキドキ感(MPや薬草が足りるかな、
という緊張感)、新しい街を発見したときのホッとした気持ちを
味わえない。

ある程度文明が発達していれば、地上のマップがあるのは
理解できるが、ダンジョンは歩いたところだけが明らかになる
システムのほうがよかったかもしれない。
(ゲームが進行すれば、マップ不明の場所があるかも?)

最後にWi-Fiショッピングについて。
DSでネットにアクセスできる状態だと、セントシュタインの宿で
特別な買い物リストをダウンロードできるらしい。

これをちょっと楽しみにしていたけど、ある程度ゲームを
進めないとダウンロードできないみたいだ。
もうちょっと説明書の表現を考えて欲しかった。
私の場合、まだできてません。

「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」公式サイト
http://www.dqix.jp/


ドラクエ9 その2 すれちがい通信を試す
2009.07.12

「ドラゴンクエスト9」(DQ9)では、ある程度ゲームを進めると
すれちがい通信を楽しむことができる。それを試してきた。
ショッピングモールをブラブラしたところ、6人と通信できた。

すれちがい通信は、通信状態のDSをスリープして持ち歩くことで、
同様に持ち歩いている人と自動的にデータをやり取りできる
システムだ。「ニンテンドッグス」「おいでよ どうぶつの森」など
でも使われている。

DQ9でできるすれちがい通信は、「宿に客を呼び込む」という
設定になっている。すれちがい通信に成功すると、宿に客が
増えていく。客である他のプレイヤーの戦績やメッセージを
見ることができる。

ここまでは、特にメリットはない。お金が貯まったりはしない。
説明書によると、クリア済みの「宝の地図」を持った状態で
すれちがい通信に成功すると、相手にその地図をあげることが
できるそうだ。今回の通信では地図をくれた人はいなかった。
私自身は、まだ宝の地図を手に入れたことがない。

基本的に宿に客が増えるだけらしいので、ちょっと残念な感じ。
レア度の低いアイテムをプレゼントできるとか、もう一工夫欲しい。
宝の地図が出回るまでは少し時間がかかるかもね。

すれちがい通信は、セントシュタイン城下町の宿屋で
始めることができます。とりあえずそこまで行かないとできない。

通信しているときは、最大で3人まで通信できます。
(たくさんすれちがい通信をしている人がいたとしても、
3人分までしかデータを記録できない)
人が多いところに行く場合は、途中でDSのフタを開けて
途中経過を見てみるといい。3名に達しているときは一度
宿に戻って、通信をやり直したほうがいい。

通信に成功した人は、宿屋のカウンターの左方向にある部屋に
います。エレベーターから行く部屋ではないので注意。
最大30人分までデータが残ります。

イベントなどで、著名人のデータとすれちがい通信できる企画が
あったら面白いかもね。堀井雄二さんは持ち歩いてるのかな。

「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」公式サイト
http://www.dqix.jp/


普通に面白いドラクエ9
2009.07.11

買いました。
一応予約しておいたけど、午後に複数の店を回ってみたら
在庫は充分にあるみたいだった。今日買うつもりだった人は
大半が無事に買えたんじゃないかと思う。

で、数時間プレイしてみたところ、まあ普通に面白い。
夢中になってプレイするほどではないけど、
普通にドラゴンクエストだ。逆にいえば、ゲームとしての
新鮮さはゼロに近い。

プロローグにあたる部分が少々長いのが気になった。
もっと短く切り上げてもよかったような。

4人までの同時プレイができることがウリのひとつだけど、
しばらくプレイしないとできません。3時間程度かかるかな?
(具体的には、セントシュタインというところまで
行かないとできません)

少なくとも序盤は難易度低め。
テンポよくレベルが上がるし、敵が宝箱を落とす確率も
高めのような気がする。しかし中盤以降は難しいという噂。

装備品でキャラの外見が変わるのがいい。
「外見が変わる」というのはめずらしくないけど、
新しい装備品があると気になってしまう。

今作では敵がフィールド上をウロウロ歩いている。
主人公を発見すると襲ってくる(走り寄ってくる)ことも。
主人公が強くなってくると、無反応だったり逃げたりする。

これをもう1歩進めて、かなりレベル差が開いた場合は
戦闘シーンに移らずにフィールド上で触れるだけで
敵を倒せるとよかったかも。

良くも悪くもドラクエのようです。
同時プレイをすれば印象が違ってくるだろうね。

「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」公式サイト
http://www.dqix.jp/
セーブデータを1つしか作れないので注意。
(家族でプレイする場合、個別にセーブデータを
作ることはできません)


Wiiのコントローラ、もうちょっと安くならないか
2009.07.08

別売りのWiiのコントローラは少し高い、安くしてくれたら
いいのにね、という話。原価がわからないので無茶なことを
言っていると思うけど、それでもね。
(以下、価格はすべて税込定価)

きのうの記事でWiiのヌンチャクが1,800円することを
確認できた。これはちょっと高いなーと思いつつ、他のも
確認してみた。

Wiiリモコンが3,800円。Wiiリモコンとヌンチャクはセットで
ほしいので、5,600円になる。今後標準になりそうな
Wiiモーションプラスもそろえるなら、さらに1,500円プラスで
7,100円になってしまう。

定価で買うことは少ないので、仮に1割引だとしても
6000円ちょっとかかる。対戦相手1人につき新作ソフト1本に
相当する金額がかかるのはちょっと困る。
4人家族の場合、3人分も追加で買うのはハードルが高い。

Wiiは「オンライン対戦よりも、家族や友達とワイワイプレイして
くださいね〜」と強くアピールしている。そんなに同時プレイさせたい
のなら、コントローラをもっと安くしないといけないのではないか。

買ったソフトを存分に楽しむためにも、対戦に必要な「壁」は
できるだけ低いほうがいい。同時プレイを推すWiiなら、
資金に余裕のある任天堂なら「壁」はギリギリまで下げるべきだ。

Wiiリモコンは、テレビのリモコンのように家庭の中で共有する
ものではなく、1人1本持つのが理想だろう。より気軽に
そろえることができれば、それはゲーム人口の拡大になるし、
Wiiが家庭内で嫌われないことにもつながる。

コントローラの販売で得る利益を少し我慢することで、
長期的には大きなリターンが期待できそうな気がする。
「損して得取れ」のパターンにならないかなあ。

Wiiのコントローラのページ
http://www.nintendo.co.jp/wii/controllers/index.html


「ほぼ日」でWiiスポーツリゾート企画が掲載
2009.07.07

「ほぼ日刊イトイ新聞」で、Wiiスポーツリゾートを使った企画が
掲載されました。ほぼ日スタッフが全種目を楽しむ様子を
テキストと画像で紹介しています。
(夕方から順次更新されていたようですが、現在は終了してます)

「みんなでWii Sports Resort」
http://www.1101.com/nintendo/wii_sports_resort/index.html
各種目の簡単な説明もあり。

内輪ネタっぽい感じもありますが、楽しげな雰囲気は
伝わってきます。宴会的雰囲気でプレイできるのは理想的というか
ぜいたくだね。

「Wiiスポーツリゾート」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/rztj/index.html

近所の店ではヌンチャク単品が品切れになってました。
対戦用に買っちゃうよね。ヌンチャクの定価が1800円って
少し高い。

Amazon
Amazon


「江ノ電トロ号」運行中!
2009.07.05

神奈川県の藤沢と鎌倉を結ぶ江ノ島電鉄(通称江ノ電)に、
「どこでもいっしょ」のトロがあしらわれた車両が走っている。
その江ノ電に乗ってきた。

江ノ電はちょっとレトロな雰囲気の電車で、湘南の海沿いを
走るので全国的にも有名だと思う。トロ号運行は今月末日まで。
25日(土)には江ノ電の鎌倉駅構内でイベントもある。

通常編成の江ノ電も走っていて、いつトロ号が来るかわからない。
江ノ電は平日休日問わず10分程度の間隔で走っている。
トロ号を撮影すべく、すこしねばった。

トロ号は車両の先頭もしくは最後尾(両方とは限らない)にトロの顔が
描かれたパネル(看板)がついている。パネルがついた車両のみ、
車内の広告の多くが最新作の「トロともりもり」の広告になっている。
(パネルの位置などについては、その日の車両編成によって
変わるかもしれません)

で、トロ号を撮影したんだけど、失敗してた。
くもりだったせいか、パネルがまともに写ってない。
 

25日のイベントはともかく、トロ号は特に乗る必要はない。
外見も内装も普通の江ノ電とほぼ同じだから。
少なくとも江ノ島駅と藤沢駅では告知も見当たらなかった。

今月鎌倉や江ノ島に行く予定があるなら、
ちょっと気にしてみるのもいいかもね。

トロ号運行とイベントの告知
http://www.dokodemoissyo.com/event/detail/enoden/index.html


「FFCCクリスタルベアラー」体験会参加者募集中
2009.07.03

今冬発売予定のWii用ソフト、「ファイナルファンタジー・
クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」の体験会が
スクエニのサイトで告知されています。締切は7月15日。

体験会は都内にあるスクエニ本社で行われる。
しっかりと時間をとってプレイできるようだし、社内でのプレイ
なので一般的なイベントみたいに「音が聞こえない」なんて
ことはなさそう。恵まれた環境でプレイできそうだ。

募集人数が少なめなのが残念だけど、このソフトが気になるなら
応募する価値はありそう。アンケートの回答もあるとのことなので、
わかりにくい点や難しい点を指摘しておけば製品版では修正
されるかも。

体験会の告知
http://member.square-enix.com/jp/special/crystalbearers/
「FFCCクリスタルベアラー」公式サイト
http://www.crystalbearers.jp/


関西では半夏生にタコを食べる?
2009.07.02

今の時期、関西ではタコを食べる風習があるんだってさ、という話。

先日スーパーに行ったら、鮮魚売り場にタコがいつもより多めに
並んでいた。そばに告知が出ていて、それによると今の時期は
「半夏生」で、関西ではタコを食べる風習がある、だから買え
といったことが書かれていた。

そんな風習聞いたことないな、思いながら別の売り場に行った。
気になったので調べてみると、たしかにそうした風習があるようだ。

半夏生(はんげしょう)は夏至から11日目のことで、今年の場合
今日(7月2日)にあたる。この時期には田植えを終えており、
稲が無事に生長するように、稲の根がタコの足のように八方へ
伸びるようにという願いをこめてタコを食べるらしい。
ウィキペディアによると、地域によっては別の物を食べるらしい)

タコにはタウリンという疲れに効く物質が含まれているので、
本格的な夏を前にした今食べるのはなかなかいいことなのかも。

関西で生活したことがないので、こんな風習は初めて知った。
スーパーとしては、なんだかんだと理由をつけて売りたいのだと
思うが、関東でやっても意味がないような気がする。
恵方巻でさえ違和感があるのに。タコは好きだけどね。

日本は世界的には小さな国だけど、地域ごとにいろいろな文化が
根付いている。「秘密のケンミンSHOW」なんかを見ていると
面白い(あるいは変な)風習がいろいろ出てくる。
自分では普通だと思っていることが実は全国的ではなかった、
なんてことは結構たくさんあるんだろうね。

ところで、スーパーでの告知はチラッと見ただけだったが、
半夏生ではなく「半夏至」と書かれていたかもしれない。
どちらで検索しても同様のタコを食べる話が出てくる。
半夏至と書いても「はんげしょう」と読むらしい。


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...