日付 : 2007年08月 の 記事一覧

Wiiリモコンは2001年から存在した?
2007.08.31

ギズモード・ジャパンで、Wiiリモコンとヌンチャクの原形に
あたるアイディアの画像が紹介されていました。

ギズモード・ジャパンの記事
http://www.gizmodo.jp/2007/08/wii_38.html

リンク先の記事によると、モーションセンサーの特許を持つ
Gyration(ジャイレーション)という企業と任天堂が接触を持った
のだそうだ。片手で操作するコントローラのアイディアを
任天堂側が話したところ、ジャイレーション社側から従来型の
コントローラを分離させるアイディアが提示されたそうだ。

アイディアとしてはまさしくWiiリモコンとヌンチャクだけど、
この話は2001年のできごと。2001年といえば、9月に
ゲームキューブが発売された年。おそらく、ゲーム機に
応用できそうな技術として基礎的な研究がされていたのだろう。
(現在のWiiリモコンにジャイレーション社の特許が使われている
のかどうかは不明)

ギズモード・ジャパンには失礼だけども、この話が
どこまで真実なのか、疑問もある。かなり前から
研究されていたことは確かだろうけど。

ジャイレーション社は「空中マウス」と呼ばれる商品を出している。
これはマウスパッドや机がなくてもカーソルを動かせるマウス。
まさしくWiiリモコン的な操作ができるマウスで、日本でも
2003年ごろには販売されているようだ。

今回紹介したギズモード・ジャパンの記事
http://www.gizmodo.jp/2007/08/wii_38.html
「ギズモード・ジャパン」トップページ
http://www.gizmodo.jp/


「シータ」体験版
2007.08.31

ニンテンドーDSのパズルゲーム「シータ」の体験版の話。
この体験版は現在DSダウンロードサービスで無料配信
されている。DS本体を持ってサービスを実施している店舗に
行けば、誰でも自由にダウンロードできる。

公式サイトによると、「シータ」は「リラクゼーション&回転
パズル」というジャンルになっている。回転パズルと
アクアリウムパズルの2種類のパズルをクリアしていくことで、
汚れた水槽を浄化するという設定になっている。

結論から書くと、あまり面白くなかった。

体験版では、回転パズル7ステージがプレイできる。
回転パズルのクリアによって得られる玉(アトムと呼ばれる)を
使って、アクアリウムパズルもプレイできる。アクアリウムパズルを
進めていくと、にごった水槽がだんだんキレイになっていく。

回転パズルは、タッチペンを使って歯車を回して
玉をゴール地点へ運ぶ。歯車を回すと玉が上から下へ落ちていく。
画面の一番下に落ちると、一番上から落ちてくる。

このパズルでポイントになるのが、ひとつの歯車を回すと
連動して動く歯車があること。連動を利用して遠くにある玉を
移動させることもできるが、逆に移動させたくない玉を
動かしてしまって困ることも。制限時間はないので、じっくり
考えることができる。わりと難しい。

アクアリウムパズルは、画面上の指示にしたがって
玉をそろえる。水中をただよう玉を、ほうきで掃くような感覚で
集める。体験版のためか、まったく難しくない。

うまく玉をそろえられると、水槽が浄化されるわけだが、
これがゲーム上の「ごほうび」としての魅力が弱い。
水槽の描写はDSとしてはかなりキレイだけど、ただ眺めるしか
できないようだ。

体験版をプレイした率直な感想としては、全体として
面白さを理解できなかった。回転パズルはそれなりにアタマを
使うし、クリアしたときの達成感もそれなりにある。
しかしハマるというほどではなかった。

アクアリウムパズルはパズルと呼んでいいのかわからないが、
特に面白いものではなかった。水槽の浄化というテーマは
面白いと思うが、キレイになったから何なのさ、という感じもした。
キレイになった水槽で別の要素がほしかった。

この体験版は操作説明が不親切なところがあるので、
もしかしたら理解できていない部分があるのかもしれない。
そのせいもあるかもしれないが、もっとプレイを続けたいとか
製品版を買いたいという気持ちにはなれなかった。

熟慮型のパズルゲームが好きな人なら、回転パズルは
気に入るかもしれない。

リラクゼーションという言葉を期待しすぎないほうがよさそう。

DSダウンロードサービスのページ
http://www.nintendo.co.jp/ds/ds_station/dl_service/index.html
「シータ」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/ds/axij/index.html
発売は9月6日。対戦の要素はない。


「任天堂で働くということ」開発環境コーディネータ編
2007.08.30

任天堂の職種を紹介する連載記事「任天堂で働くということ」が
更新された。今回紹介されるのは「開発環境コーディネータ」。

「任天堂で働くということ」トップページ
http://www.nintendo.co.jp/jobs/work_at_nintendo/index.html

くわしくはリンク先を読んでほしいが、この仕事は単純にいえば
ソフト開発者をサポートする業務。ソフト開発に必要な基礎技術に
精通していて、ソフト開発者の要望や疑問に答える仕事のようだ。
最近、ホテルや百貨店にコンシェルジュという相談(案内)役が
いるけど、これに近い印象を持った。エンジニアのコンシェルジュ。

こういう職種があることは初めて知った。裏方に徹していて
客からは姿が見えない職種だけど、商品の完成に大きな影響を
与えている。こうして紹介されることで、(任天堂に限らず)この
職種に携わる人に少しでもスポットライトが当たるのはいいことだ。

前にも書いた記憶があるけど、この連載は任天堂の職場や
仕事の雰囲気を伝えるものだ。つまり、表向きは任天堂への
就職を考えている人に向けた記事だ。しかし、ニンテンドーDSや
Wiiの立ち上げのころの話が披露されていて、単純に読み物として
興味深い内容ですよ。

「任天堂で働くということ」トップページ
http://www.nintendo.co.jp/jobs/work_at_nintendo/index.html


Wiiの人気の秘密とは?(日経サイトより)
2007.08.28

日経のサイトに、Wiiや「WiiSports」の人気の
秘密をさぐる記事が掲載されていた。日経トレンディ誌上に
掲載された記事のウェブ版のようだ。

ニンテンドーDSとWiiの所有者の比較や、Wiiの設置場所に
関する記載など、未見の人には興味深い内容だと思います。

日経の記事はこちら
他機種との方向性の違いが改めてよくわかる内容。

簡単に言うと、これまでのWiiの状況を見ると
「個室ではなくリビングに設置され、家族(仲間)で
プレイする」というのがひとつのスタイルになっている。

これは任天堂のシナリオ通りだろうと思う。
ゲーム人口を広げるという意味で、良好なスタートと
いえそうだ。

Wiiは発売から1年もたっていないハードだけど、
オンラインによる対戦(協力)プレイができるゲームや、
「ゲームらしいゲーム」も忘れないでほしい。

「WiiSports」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/rspj/index.html
Wii公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/index.html

<Amazon>


Wii Sports


「ドラゴンクエスト9」、来年に延期
2007.08.27

ニンテンドーDSで今年中の発売が予定されていた
「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が来年に延期
されることになった。理由は「クオリティーアップのため」。
ようするに予定通り制作が進んでいないということだ。
来年のいつごろになるかは未公表。

アクション性が高いと思われた戦闘システムが
従来のコマンド式に変更になった(?)あたりで
年内の発売が難しくなったのかもしれない。

ガッカリした人もいるだろうけど、まだ詳細が明らかに
なっていなかったのだからショックを受ける必要はない。
延期というのはイヤなものだけど、スケジュールよりも
内容を優先してもらったほうが結果としてはいいと思う。

クリスマス商戦にソフトを投入する予定だった
他のメーカーはこの延期を喜んでるかもね。
最大級のライバルがいなくなったわけだから。

「ドラゴンクエスト」公式サイト
http://www.square-enix.co.jp/dragonquest/
「最新ニュース」に延期の件が出ている。

PDFファイルによる告知も出ている。
http://www.square-enix.com/jp/ir/j/
ニュースリリースの今日付のところ。


8/28(火)は皆既月食ですよ!
2007.08.26

当サイトでもチラッと紹介しましたし、新聞でも報道されているので
ご存じの方も多いと思いますが、あさって8月28日(火)に
皆既(かいき)月食を見ることができます。

月食というのは、太陽と地球と月が直線状に並ぶことにより
月が欠けたように見える現象のこと。太陽の光が地球によって
さえぎられ、暗くなったエリアができる。そこに月が入りこむ
ことで、地球から見える月が暗く(欠けたように)見える。
暗くなったエリアに月が部分的に入るのを部分月食といい、
まるごと入るのを皆既月食という。

今回の皆既月食は、天気がよければ全国で見られる。
時間帯は19時前から20時半あたりまで。肉眼でも問題なく
見られるそうなので、小さい子でも観測しやすい。
夏休み終盤のイベントとしてちょうどいい。

国立天文台のサイトによると、大気の汚れ(チリの量)に
よって月の色が違って見えるそうだ。チリが少ないと明るい
オレンジ色に、チリが多いと黒っぽいらしい。

次回の皆既月食は2010年12月だそうだ。

国立天文台の特集ページ
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20070828/index.html

ウィキペディア「月食」のページはこちら


寝る前のネット利用は眠りの質を悪くする?
2007.08.24

ITmediaが紹介するロイター通信のニュースに気になる
ものがあった。寝る前にネットやテレビを使っていると、
睡眠不足だと感じる割合が高いという調査結果が出たという。

調査をしたのは大阪大学のチームで、6000人近くの日本人に
アンケートをとった。その結果、寝る前にネットやテレビを
使っていると、「自分は睡眠不足である」と感じる人が多かった
そうだ。しかし実際の睡眠時間が削られているわけではなく、
眠りの質に影響を与えている可能性があるらしい。
特にネット利用時の影響が大きいそうだ。

ITmediaの記事はこちら

まだまだ調査が必要だろうとは思うが、興味深い内容だ。
私も、寝る前までネットをウロウロしていることが多い。
最後にメールのチェックをして回線を切り、そのあと
歯を磨いて寝る体勢に入るのがひとつのパターンになっている。

よい睡眠のためには、寝る1時間前くらいから静かに
過ごすのがいいと聞いたことがある。部屋の照明も間接照明を
使うなどして、ちょっと暗くするといいとか。寝つきが悪いときは
無理に寝ようとしないことが大事だそうだ。

人生の大部分は寝て過ごすわけだから、どうせなら
ぐっすり眠りたい。ネットやテレビで得られる情報のほとんどは
どうでもいい情報だろうから、ちょっと早めに切り上げるほうが
メリットが大きいのかもしれない。

気になるテレビ番組があるときは、録画して見れば
早送りできるぶん、時間の消費が少なくすむ。
ネットもテレビも、リアルタイムで見る魅力はあるけどね。


「ビューティフル塊魂」体験版
2007.08.24

Xbox360の「ビューティフル塊魂」の体験版をプレイした話。
22日から配信が始まっている。

「塊魂(かたまりだましい)」は、これまでソニー陣営の機種で
展開していたゲーム。玉を転がして、いろいろな物を
くっつけて(巻きこんで)玉を大きくするゲーム。最初は
小さな物しか巻きこめないが、しだいに大きな物を巻きこめる
ようになるところが面白くて気持ちいい。

体験版では、1つのステージを3分の時間制限でプレイできる。
ステージがひとつだけとはいえ、攻略ルートがいくつか考えられる
ので体験版のボリュームとしては問題ない。「塊魂」を知らない
人でもどんなゲームなのかきちんと理解できるはずだ。
シリーズのファンなら、これまで通りの面白さを味わえる。

操作で使うのは基本的に左右のスティックだけ。
敵に襲われるとか自滅するという要素がないので、
制限時間内で思う存分玉を大きくできる。

最新機種に対応したわけだが、見た目や基本ルールには
大きな変更はないみたいだ。公式サイトによると、オフラインでも
協力や対戦プレイができるそうだ。オンライン対戦もあるが、
体験版ではできない。
オンライン対戦に対応したことが最大の注目点かもね。

何回かプレイしたところ、最大で4メートル52センチ5ミリの玉を
作ることができた。うまい人はもっと大きくできるのだろう。

1回のプレイを終えると、タイトル画面に戻ってしまうのが残念。
続けてプレイできるようにしてほしかった。

シリーズには一定のファンがいると思うが、対応ハードが
Xbox360であることがどう影響するだろうか。国内では
「興味はあるけど買えない」という人が意外と多いかもね。

「塊魂」公式サイト
http://katamaridamacy.jp/
発売は10月18日。

Amazon
Amazon


PS3に新周辺機器、テレビ録画可能に
2007.08.23

ドイツで開催されたイベントで、PS3の周辺機器が発表された。
「PlayTV」というもので、ハードディスクにデジタル放送を
録画できるようになる機器だそうだ。来年ヨーロッパ地域で
発売される。

日本での発売時期が気になるところだが、未定だそうだ。
各社の報道をふまえて調べてみたところ、単純に日本語に
対応させればいいという問題ではないようだ。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070823/scee.htm
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070823/scee.htm

問題は放送規格の違い。単純にいえば、放送の電波を送受信
するシステムがいくつかあって、世界で統一されていない。
このため、対応言語を増やすだけでは世界中で販売することが
できないようだ。

ウィキペディアによると、ヨーロッパで使われているデジタル
放送規格は「DVB」と呼ばれるもの。オーストラリアやインドなど
かなり広い範囲で使われているそうだ。使っていないのは日本や
アメリカくらいらしい。

日本では「ISDB」という規格が使われ、アメリカや韓国などでは
「ATSC」という規格が使われている。

要するにバラバラなわけで、全世界で売りたければ地域に
合わせて設計する必要があるということらしい。

発売時期も気になるが、ハードディスクの容量が多くないと
充分に使えないのではないだろうか。一般的なハードディスク
レコーダーでは、250GBから500GBくらいのハードディスクを
搭載している。今のPS3の容量ではロクに録画できないように
思う。ハードディスクの増量が計画されているのだろうか。

ウィキペディア「デジタル放送の一覧」のページ

ソニー・コンピュータエンタテインメント公式サイト
http://www.scei.co.jp/
この件については、英語によるプレスリリースが出ている。


「フォーエバーブルー」修正版届いた
2007.08.22

きのう、修正版発送の連絡が来たことを書いたが、
今日品物が届いた。首都圏在住なので、京都から1日で
届いたことになる。

宅配業者が来たときに私が直接対応することはできな
かったが、家族が交換に応じた。荷物の外装に
「配達時に引き取り商品有ります」とラベルが貼られており、
業者のほうから交換を促されたという。

家の者に交換のことを言っておいたので、交換は
スムーズに行った。家の者に荷物を開封させ、返信用の
封筒を取り出させたそうだ。返信用封筒についている伝票への
記入はいらなかった。

届いた修正版は新品という扱いなので、クラブニンテンドーの
シリアルナンバーも入っていた。もうひとつ登録できるのかな。
パッケージは一部変更されているが、ディスクは前と変わって
いないようだ。

「不具合で迷惑をかけて申し訳ない」という主旨の手紙も
入っており、荷物を受け取ったときに交換できなかった場合は
同封の封筒で返信してくれとも書いてある。

簡単に回避できるとはいえ、最悪の場合ゲームが進行できなく
なる不具合騒動もこれで一段落ついた。今後は好きなだけ
シノノメサカタザメを水槽に配置できる。当然ながら、それまでの
セーブデータは使える。プレイをやり直す必要はない。

今回の騒動のために店頭でも商品が消えていたようだが、
今日あたりから販売が再開されていると思う。興味がある人は
ぜひプレイしてみてほしい。気持ちいいゲームですよ。

「フォーエバーブルー」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfbj/index.html


腕相撲ゲームで骨折、製品自主回収へ
2007.08.21

ゲームセンターに設置されている腕相撲ゲームで3名の
男性が腕を骨折するという事故が起きた。これをうけて、
メーカーのアトラスは自主回収を決めた。事故の原因は
はっきりしておらず、回収して調査するそうだ。

各社の報道やアトラスのサイトにある告知によると、
回収されるのは「腕魂(うでだましい)」というゲームで、
先月26日から設置が始まったばかりだそうだ。
プロレスラーの小川直也氏のキャラクターを利用している。
全国に150台設置されていたようだ。

腕相撲のゲームというのは、昔、力士と対戦する設定の
ゲームを見かけた記憶があるけど、新商品として存在していたとは
驚きだ。

出荷前にさんざんテストされているだろうに、骨折という
事態は被害者もメーカーもゲーセンも痛い。原因を確定するのが
難しそうなので、慰謝料の支払いで話がこじれるかもね。

ヤフーニュースの記事はこちら
毎日新聞の記事はこちら
しばらくすると読めなくなると思います。

アトラス公式サイト
http://www.atlus.co.jp/
ニュース・更新情報の欄に、「製品の自主回収に関するお知らせ」
というPDFファイルがあります。


「フォーエバーブルー」修正版発送始まる
2007.08.21

海中散歩を楽しむゲーム「フォーエバーブルー」は、
不具合のため修正版と交換されることになった。
先日交換の申し込みをしたところ(07.08.07)、
今日「修正版を発送します」という主旨のメールが届いた。
(発送のタイミングは交換申し込みをした時期により異なる)

メールに記載されていた伝票番号をもとに調べたところ、
荷物は京都から発送されるようだ。

メールによると、宅配業者(ヤマト運輸)が自宅に来たときに
自分の手元にあるソフトを渡せと書いてある。その場で
交換を済ませないといけないのか、とりあえず受け取って
後日集荷してもらってもいいのかわからなかったので、
任天堂に問い合わせてみた。

その結果、基本的には修正版を受け取ったときに
交換を済ませてほしいそうだ。しかし当然ながら、
交換申し込みをした人が家にいるときに業者が来るとは
限らないので(他の家族ではわからない場合もあるので)、
とりあえず受け取るだけにして、返送は後日でも構わないそうだ。
(ヤマト運輸の場合、電話すれば無料で集荷にきてくれる)

ここで気になるのが、ヤマト運輸のドライバーにどんな
指示が出ているかだ。普通の荷物と同じように、ハンコさえ
もらえればいいのか、「交換してこい」といわれているのか。
状況によっては、ちょっとゴタゴタしてしまうかもしれない。

「フォーエバーブルー」は店頭在庫も交換となり、明日あたり
から販売が再開されるようだ。不具合のためにテレビCMも
流れなくなって、ゲームソフトとしては完全に売り時を逃して
しまった。他のソフトとの競争に敗れたならしかたがないが、
不具合という「自滅」で埋没するのはなんとも残念だ。

しかし内容としては、高い評価を受けていい。
海の美しさ、深海の不気味さ、魚の愛らしさなど、
ビジュアルがなかなかいい。そして泳ぐ(潜る)操作の
快適さは特筆すべきものがあると思う。いわゆる
「ゲームらしいゲーム」ではないので、複雑な操作や
激しい操作は必要ない。ゲーム慣れしていない人でも
楽しめるソフトだ。

「フォーエバーブルー」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfbj/index.html


Xbox360、ヨーロッパでも値下げ
2007.08.20

ロイター通信の記事によると、Xbox360がヨーロッパで
値下げされることになったという。20GBのハードディスクが
ついたタイプが50ユーロ値下げされる。1ユーロは今日の
時点では約155円なので、約7700円の値下げだ。
この価格は8月24日から適用されるという。

ロイター通信の記事はこちら

アメリカでも先日値下げがあったので、アジアでもなんらかの
形で「お得感」を演出してくる可能性は高そうだ。

ここで問題なのが、日本でのXbox360の惨状だ。仮に
5000円から1万円の値下げをしたとしても、大勢に大きな変化が
起きるとは考えにくい。新規購入者にはXboxLiveのゴールド
メンバーシップの利用料を3ヶ月無料にするとか、先日
書いたようなセット割引を実施するとか、思い切った作戦が
必要だろう。

それでも、一番大事なのはソフトだ。こういうのは触れてみないと
面白さがわからないので、独自に規模の大きなイベントを
開くのがいいかもしれない。客が買ってくれるのを待たずに、
自分から客に近寄る姿勢があっていい。

なんとかディスクドライブの静音化を実現してくれれば、
それだけでも購入者が数百人は増えそうだ。

所有者としては、Xbox360を買って後悔したことはない。
本体の不具合に会っていないせいもあるだろうが、ソフトや
オンラインサービスの満足度は高い。ゲームに慣れていない
人を引きつけるようなソフトが少ないことや、D3端子以上で
接続しないと文字が小さく読みにくいことがあるのが欠点だ。

Xbox360公式サイト
http://www.xbox.com/ja-jp/default.htm


「歩行者が通ります」っておかしくないか
2007.08.19

おかしな(?)日本語を聞いたぞ、という話。

先日、近所にあるショッピングセンターの前を歩いたときのこと。
駐車場の前に近づくと、警備員が「はい、歩行者が通りまーす」と
声を上げ、車の流れを止めた。私がそこを通過した。

そのときは何も感じずに歩いたが、「歩行者が通る」という
表現はおかしくないだろうか。歩行者は、読んで字のごとしで
歩く人のことだから、最初から通っているわけだ。つまり、
「馬から落馬する」とか「頭痛が痛い」というのと同じ種類の
間違いのような気がする。

この表現が文法上、本当に間違っているどうかわからない。
しかし日本語は難しい言語だから、ちょっとおかしな表現が
出てきてもしかたがない。逆に言えば、多少の乱れが許される
融通の利く言語とも言える。


<酷暑>気象庁の発表を信じていいのか
2007.08.16

気象庁が発表する最高気温のデータは現状を表していない
のではないかという話と、熱中症対策の話。

ここ数日、特に暑い日が続いていたが、今日は40.9度となり
最高気温の新記録を更新してしまった。しかし、この
40.9度というデータはウソだ。もちろん、厳密にいえば
ウソではないが、実際の(体感)気温より低く測定されていることは
ほぼ間違いない。

気象庁が全国に展開している観測点では、温度(湿度)計が
直接外気に触れないように設置されている。通風筒というものに
入れられている。つまり、直射日光や地面からの照り返しの影響が
少ない環境で計測されているわけだ。街を歩くときに感じる気温より
も少なくとも2〜3度は低そうだ。

厳密に気温を測定するためには日光が邪魔になるから
日陰で測定しているのだろうが、実際のところ、40度越えは
数日前から(あるいは数年前から)起きていたと考えたほうが
よさそうだ。一般的な夏の環境は、気象庁がいうよりも過酷だと
考えたほうがいい。

暑い日が続くと気になるのが熱中症。気分が悪くなったり
倒れてしまうのは避けたいところだ。個人的には、真夏に
スポーツのイベントがあることがサッパリ理解できない。

調べたところ、熱中症対策には水分補給が大事だ。
この時期、屋内で過ごす人でも1日に2〜3リットルは水分を
とったほうがいいそうだ。のどが乾いたと感じる前に飲むのが
ポイント。

水分といっても、普通の水や緑茶ではダメ。これらでは
汗として体外に出されるミネラルを補給できないからだ。
水以外に塩分の補給が大事だ。飲むときは「がぶ飲み」は
せずに少しずつ飲むのがいい。一度に大量に飲んでも
吸収しきれずに排出されてしまう。
<追記>アルコールもダメ。

スポーツドリンクならいいでしょ、と思うかもしれないが、
ここにも落とし穴がある。成分としてはベストのようだが、
商品によっては意外に糖分が多いので飲み過ぎに注意。

水分がうまくとれないと、脱水症状が起きてくる。
幼児、お年寄り、ペットに注意が必要だそうだ。
唇が乾いてきたりすると、それは軽度の脱水症状と見ていい。

熱中症で体がフラフラしてきたな、と感じたら、首のまわりや
ワキの下あたりを冷やすのもいいらしい。このあたりには
太い血管が通っているので、そこを冷やすことで冷えた血液が
体中を循環するわけ。シャワーを浴びられるならそれでもいい。

おまけ。気象庁サイト内、全国観測値ランキング
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/rank_daily/data00.html


Wii本体の不具合を修正
2007.08.14

8月7日、Wii本体のプログラムがバージョンアップされた。
その結果、インターネットチャンネル使用時などに不具合が
出ていたそうだが、それを修正するデータが配信されている。

再バージョンアップしておきましょう。
今回の修正は短時間で終わる。バージョン名は3.0Jのまま。

BroadBand Watchの記事
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/19143.html

8月7日のバージョンアップの記事はこちら
http://www.mypress.jp/v2_writers/m23epa/story/?story_id=1641233


ゲーム業界もセット割引をすればいいのに
2007.08.14

本体とソフト、あるいは周辺機器をセットで買ったら
個別に買うより安くなる仕組みがあってもいいのにね、という話。

ファミレスやファストフードでは、セットで注文すると
飲み物などが単品で注文するより安くなるパターンがある。
こうした「セットで割引」というパターンは衣料品や靴の店でも
よくある。

こうした販売方法をゲーム業界でも取り入れたらいい。
ハードと同時にソフトや周辺機器を買ったら、
個別に買うよりも割引率を高くする。

これは、いわゆる「同梱版」とは違う。新旧全てのソフトを対象
として販売することを想定している。同梱版はソフトが指定
されているので、そのソフトに興味がある人にしか魅力がない。
また、販売数が限定されている点もよくない。

ゲーム機本体やソフトは、原価と販売価格の差が小さいと
いわれる。ハードメーカーとしてはやりたくないだろうが、
劣勢に立たされているなら考えてみてもいいと思う。


かき氷に関東風と関西風があるらしい
2007.08.11

ここ数日全国的に暑い日が続いているけど、そんなときに
食べたいのが「かき氷」。そのかき氷には関東と関西で
作りかたに違いがあるのだそうだ。実際のところ、厳密に
区別されているわけではないようだけど。

一般的にかき氷を想像すると、器に盛られた氷の上に
シロップをかけたものが思い浮かぶと思う。これは関西風だそうだ。
器にシロップを入れておいて、あとから氷を盛りつけるのが
関東風なんだって。

関西風が主流のような気がするけど、一応こんな感じの
区別があるらしい。私自身、甘味処などの専門店で
かき氷を食べたことがないので知らないだけだろうか。

家にかき氷機があって、小さいころよく作ったけどその時は
氷を先に用意したなあ。カルピスの原液をかけて食べた。

細かく見ていくと、かき氷(氷菓)はいろいろ地域差がある
みたいだ。有名なところでは、九州の白くまとか。

そういえば「ところてん」も東西で食べかたが違う。
関西では黒蜜、関東では酢醤油(三杯酢)。私は関西風のほうが
好きだな。どうして酢をかけるのか理解できない。

ところてんのことを考えているうちに、「くずきり」との違いが
気になった。食感は似ているけど、おそらく材料に違いがある
のだろう。ところてんはテングサ、くずきりは葛(くず)。

夏のデザートというと、どうしてもアイスクリームが主流に
なりそうだけど、和風のものもいいね。食べたくなってきた。

ウィキペディア「かき氷」のページはこちら
東西の差については触れられていない。


ペルセウス座流星群を見てみよう
2007.08.10

流れ星の見ごろが近づいてますよ、という話。
国立天文台などの情報によると、大量の流れ星が発生する
ペルセウス座流星群の見ごろが迫っているそうだ。

今日の夜でも見られるようだが、一番の見ごろは12日の
深夜から日付が変わって13日の明け方だそうだ。
13日は新月だそうで、月明かりの影響を受けないため
観測に向いているんだって。

特定の方向だけを見ずに、広い範囲を見渡すといいそうだ。
道具は使わずに、肉眼で見ればいい。

ピークが明け方というのがちょっと困るけども、晴れているようなら
見てみるのもいいかもね。都会の場合、街灯やネオンサインが
邪魔して見にくいかもしれないけど。安全面にも注意して。

夏休みのイベントとして、早起きして見てみるのもいいかもね。
小さな子ほど、天体観測のインパクトを味わえると思う。

国立天文台サイト内、夏の夜・流れ星を数えようキャンペーン
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20070811/index.html
国立天文台トップページ
http://www.nao.ac.jp/


ゲーム機でネットサービスを受ける人は約半数
2007.08.08

CNET Japanに、ゲーム機の利用状況に関する
アンケート結果が掲載されていた。

それによると、Wii、PS3、Xbox360の3機種では
所有者の約半数がネット接続して対戦などのサービスを
利用しているそうだ。

CNET Japanの記事はこちら

約半数の人がネット接続しているという結果は多いのか
少ないのか判断が難しいと思う。この調査はネット上で行われて
いるため、根本的にネット接続環境がない人はアンケートに
回答できないはずだからだ。

結果のなかで、Xbox360でも約半数(49.0%)しか接続して
いないのは意外だった。Xbox360の所有者は比較的マニアック
な人が多いと思うので、少なくとも6割程度の人が接続している
だろうと思っていた(根拠のない想像だが)。

Xbox360では無料でダウンロードできる体験版や動画が
多く、オンライン対戦もタイトルごとの課金ではないところがいい。
総合的に見て、オンラインサービスが充実しているハードだと思う。
オンラインサービスを利用しないのはとてももったいない。


Wii本体がバージョンアップ
2007.08.07

Wii本体のプログラムが更新され、細かなところが改善された。

わかりやすいところでは、メニュー画面の日付の上に時刻が
表示されるようになった。それ以外にも文字入力の改善など、
細かな変更がある。喜ばしいところとして、本体の起動が
速くなっているように思う。

更新の方法は、メニュー画面左下の「Wiiオプション」を
選択後、「Wii本体設定」を選び、ページを右側にずらして
「Wii本体の更新」を選択するとできる。更新にかかる時間は
ネットの混雑状況や回線速度によって変わるが、私の場合
5分程度かかった。更新作業中は本体の電源を切ったり
ネット接続を切ってはいけない。絶対ダメ。
(本体の説明書「機能編」のp.52以降も参照のこと)

上に書いた方法はWiiでネット接続できる環境がある人向け。
今後の任天堂のソフトにバージョンアップのデータが収録される
はずなので、ネット接続環境がない人も心配しなくていい。

今回のバージョンアップを簡単に説明したページ
http://www.nintendo.co.jp/wii/q_and_a/048.html

サポート情報のトップページの下のほうでは詳細を載せた
PDFファイルが公開されています。「追加機能ガイド」がそれ。
http://www.nintendo.co.jp/wii/support/index.html

ちなみに私はPDFファイルを見るときは「Foxit Reader」という
フリーソフトを使っています。アドビリーダーと比較して起動が
かなり速くて快適。海外製のソフトですが、日本語対応です。
興味がある人は検索してみて。

Wii公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/index.html

Amazon
Amazon


「フォーエバーブルー」不具合解消のため交換へ
2007.08.07

ある条件を満たすとゲームの進行がストップする不具合が
出ていた「フォーエバーブルー」。その不具合を解消するため、
正常に動作する製品と無償交換されることとなった。
正常品はそれまでのセーブデータを活用してゲームを再開できる。

交換の手続きはネット上あるいは電話で行う。8月21日以降に
宅配業者(クロネコヤマト)が正常品と交換に自宅に来るそうだ。
ネット上から手続きをしてみたが、宅配業者が来る日時を指定
することはできない模様。
<追記>
ネット上での手続き後、任天堂からメールが来ました。
それによると、発送日などについて後日メールをくれる
とのことなので、業者が来る日を予測することはできる模様。
<追記ここまで>

「フォーエバーブルー」交換に関する告知
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfbj/info2.html

不具合の内容は最悪なものだが、楽に避けられるので
今も普通にプレイしている。面白い。このまま交換しなくてもいいかも、
とチラリと考えたが、ここはやはり交換してもらうべきだ。
うっかりということもあるし。

「フォーエバーブルー」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfbj/index.html


「アルカイック シールド ヒート」公式サイトの準備が早い
2007.08.06

ニンテンドーDS用ソフト「アルカイック シールド ヒート」(ASH)の
公式サイトが更新され、ストーリーとキャラクターの情報が
公開された。

「ASH」はファイナルファンタジーの生みの親として知られる
坂口博信氏が手がけるシミュレーションRPG。発売は
10月4日(木)。これまでに公開された静止画を見る限りでは、
携帯機とは思えないグラフィックの仕上がりになっているようだ。
(現時点では公式サイトにゲーム画像はない)

10月発売のソフトなのに、もう公式サイトの運営が始まる
のは任天堂としては例外的に早いと思う。いちいち記録を
取っているわけではないが、任天堂の場合、発売1ヶ月前でも
オープンしていない場合が多いように感じる。

それだけ期待のソフトということなのか、坂口氏側との
契約の一環なのかわからないが、今後もいろいろな形で
宣伝されそうだ。ジャンプとファミ通は強くプッシュしてきそうだ。

ニンテンドーDSが広く普及しているとはいえ、その何割かは
確実に非ゲーマー層だ。さらに坂口氏の名前に何の関心もない
層も多いだろうから、何本くらい売れるのか興味深い。

「アルカイック シールド ヒート」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/ds/yasj/index.html
開発元「ミストウォーカー」のサイト(音出ます)
http://www.mistwalker.info/
現時点では「ASH」の情報はない


変形!「トランスフォーマー」
2007.08.04

<ネタバレなし>
映画「トランスフォーマー」を観てきた。
全体としてはまあまあ。変形・戦闘シーンは見事。

昔日本で放送されていたアニメの実写化。
遠い宇宙で行われていた戦争が地球に舞台を移して
続行されたもんだから地球人は大迷惑、という話。

正直なところ、ストーリーはイマイチ。ひどくはないけども、
中盤で中だるみしている。ところどころ笑えるシーンもある。

なんといっても見どころはトランスフォーマーの変形シーンと
戦闘の描写。異常なほど細かくパーツが動いて変形する。
スロー再生で見たくなるほどのクオリティ。戦闘は局地的な
描写しかされないが、かなり激しく動いて見ごたえあり。
最後の戦闘では敵と味方の区別がつきにくいような気がしたけど。
映像や音響がハデなシーンが多いので劇場で観るべき映画だ。

全体として、ストーリー描写を重視する人には向かないと思う。
細かいことは気にせず、変形や戦闘を「おースゲー」と
見ていられる人向け。

必見の映画とはいえないけど、金払って損したとも感じないだろう。
帰り道、あれもこれも変形しそうに見えてしかたがなかった。

そういえばXbox360も少しだけ登場します。変形してたみたい。

「トランスフォーマー」公式サイト
http://www.transformers-movie.jp/


小魚にまとわりつかれる女。「フォーエバーブルー」その2
2007.08.03

致命的なバグはあるものの、「フォーエバーブルー」は
なかなか楽しい。「鍾乳洞を調べてこい」という指示のもと、
船を動かして該当エリアにダイブ。

その鍾乳洞は意外と広くて複雑で、さまよい泳ぐのに
ちょうどいい感じ。いつでも船に戻れるシステムだから安心だけど、
方向音痴の人は確実に迷うだろう。
予想外に有名なほ乳類に遭遇して感激。

今日のタイトルにあるように、このゲームでは魚をつついたり
しているとその魚が自分のあとをついてくることがある。これが
なんともカワイイ。パートナーのイルカを除けば、ついてくるのは
小さめの魚だけみたいだけど。なんとかハギとか。
写真撮影の邪魔になることもあるくらい。刷り込みで
人間のあとをついてくる鳥のヒナみたいなイメージ。
(タイトルに女とあるのは、女性キャラを使っているから。
海中では性別は意味がないけど)

船の上にもいろいろ生き物が現れる。
「海のムツゴロウ王国や〜」って感じ。

攻略とかクリアとか、そういうものを気にせずプレイできる
ゲームなので、本当にゆったりしている。緊張感を強いられる
場面は(今のところ)ない。その緊張感のなさ、演出の希薄さが
合わない人もいるだろうけどね。

ひとつ面倒なのが、魚の友好度アップ。
魚に触れることで、最初は名前もわからなかったのが
少しずつ説明文が増えていく。これが作業的に感じたが、
今は名前さえわかれば無理に触らないことにしている。

激しくWiiリモコンを動かすタイプのゲームではないので、
ヌンチャクに対応していないのが残念。もっと操作性がよくなった
はずだ。基本はWiiリモコンだけで、使いたければヌンチャクも
使えます、というシステムにするのは難しいのだろうか。

「フォーエバーブルー」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfbj/index.html


Wiiで見られるサイトあれこれ
2007.08.03

日経のサイトにWiiの「インターネットチャンネル」に
最適化されたサイトを紹介する記事があった。
インターネットチャンネルをダウンロードしてある人にとっては
参考になる記事だ。

日経の記事はこちら
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/column/20070802/1001910/?P=1

インターネットチャンネルは、Wiiを使って各種サイトを見る
ことができるチャンネル。しばらく前までは無料でダウンロード
できたが、現在は有料で500ポイントが必要。お店で買うことは
できない。

インターネットチャンネルの紹介ページ
http://www.nintendo.co.jp/wii/features/wii_channel.html#internet
Wiiポイントの購入方法
http://www.nintendo.co.jp/wii/shopping_ch/wii_points/index.html

インターネットチャンネルを使えばGoogleやYahoo!はもちろん、
当サイトも見ることができる。それなりに使いやすくできているが、
PCで見ることに比べれば快適さは劣る。500ポイントなら
手に入れる価値はあると思うが、日常的に使うには向いていない
と思う。PCが突然壊れることもあるから、サブとして用意しておく
のも悪くない。現時点では、キーボードを接続することはできない。
(将来、バージョンアップする可能性はあるらしい)

PCほど快適ではないと書いたが、インターネットチャンネル
ならではのメリットもある。テレビにサイトを表示できることから、
多人数で同じサイトを見るのに向いている。旅行の打合せで
地図サイトを見ながら待ち合わせ場所を決めるとか、宿泊場所の
サイトを見るとか。3人以上で集まる機会があるなら真価が発揮
されそうな気がする。

個人的にはほとんど使っていないけど、あれば便利とは思う。
操作がシンプルであることや、Wii本体が小さくて軽く、
無線LANを搭載していることから、テレビさえあれば場所を
選ばずネット接続できる。完成度の低さを感じる部分もあるけど、
総合的にはもっと高く評価されてもいいのかもしれない。


穏やかな海をひとりじめ。「フォーエバーブルー」
2007.08.02

南太平洋をモデルにした海で海中散歩が楽しめるゲーム、
それが「フォーエバーブルー」。買いました。
予想通り、いい具合にのんびりムードで、ありふれた表現を
すれば「癒される」。

本題に入る前にバグ(不具合)の話から。私自身は経験して
しないが、フリーズ(ゲームが進行しなくなる状態)が発生する
バグがあるとネット上で話題になっている。

そのバグはアクアリウム(水槽)のなかにシノノメサカタザメという
生き物を入れると発生するらしい。詳しい発生条件や発生確率は
不明。とにかくシノノメサカタザメを水槽に入れるのは避けよう。
あるいは直前でセーブしておくこと。
この件について、現時点では公式サイトに情報はない。
<追記>
公式に告知が出ました。現状ではシノノメサカタザメを
避けるしか回避策がない模様。フリーズはバグのなかでも
最悪のものだけど、アクアリウムでシノノメサカタザメに
こだわらなければゲーム進行に問題はない。
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfbj/info.html
<追記ここまで>

さて、このゲームは冒頭にも書いたように、海中散歩または
スキューバーダイビングのゲームだ。ストーリーと呼べるような
ものはないようで、自由度が高い。逆に言えば数時間で
飽きる人がいるかもしれない。

海のなかを泳ぐのは気持ちいい。操作性全般が
快適とはいえないが、基本となる泳ぐ操作はとても快適。
Bボタン押しっぱなしで前進、ポインターで進行方向を変える。

−ボタンを押せば自動的に前進する。この自動前進と
ポインターによる進路変更が本当に快適。他機種で似たような
ゲームが出たとしても、この遊泳感を生み出すのは難しいだろう。

海中のグラフィックはなかなかいい。他機種ならもっとキレイに
描写できるだろうけど、大きな不満は感じない。生き物の描写も
よくて、序盤からマンタやナポレオンフィッシュに出会えて感激。
船の上の描写は人間も含めてイマイチか。
(船の上ではBボタンを押しっぱなしにしてポインターを
移動させることで歩き回れる)

ゲーム中のメッセージや魚の説明には難しい漢字が使われて
いるので、低年齢層は読めないこともあるかもしれない。
会話に音声はつかない。

まだプレイ時間は短いが、本当にのんびりしたゲームで、
アクシデントに見舞われることはないようだ。
酸素の量に制限があるが、それはただの制限時間であって、
切れても強制的に船に戻るだけらしい。魚に自由に触れられる
が、毒針に刺されるというようなこともない。時間切れとか
低評価という要素はあっても、死ぬとか襲われるという要素は
ないみたいだ。

とことん泳ぎ回るもよし、海中ガイドを引き受けるもよし、
魚とふれあうのもよし、イルカに芸を仕込むのもよし。
BGMもゆるやかな感じで、せかされる印象はまったくない。
自由に気ままに海を楽しめる。

複雑な操作は要求されないので、ゲーム慣れしていない人でも
問題なくプレイできると思う。

<追記>
遊泳中、ときどき黄色く光る球体が出る。
最初は意味がわからなかったが、光るところにポインターを
合わせて+ボタンを押すと画面が拡大され、通常では
見えなかった魚などが出現するようだ。
<追記ここまで>

「フォーエバーブルー」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfbj/index.html

Amazon
Amazon


DS用ソフト2本に不具合
2007.08.01

「がんばる私の家計ダイアリー」と「太鼓の達人DS
タッチでドコドン!」の2本に不具合があることが告知された。
どちらも無償交換される。詳細は各社サイトを確認のこと。
これらのソフトを持っている人が身近にいたら教えてあげてほしい。

「がんばる私の家計ダイアリー」の不具合は電卓機能にある。
かけ算と割り算の一部で計算結果が間違ってしまう。
計算を間違える電卓とは困った話だ。

家計簿での入力と集計などは正常だそうだ。

任天堂の告知
http://www.nintendo.co.jp/ds/a2yj/inf.html

「太鼓の達人DS タッチでドコドン!」の不具合は致命的で、
ゲームが進行不能になるそうだ。特定の条件下でキャラの
着せかえを行うと発生するらしい。

バンダイナムコゲームスの告知
http://www.bngi-channel.jp/information/taiko_nds.html


PR
プロフィール

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...