日付 : 2006年08月 の 記事一覧

PSU、発売したが・・・
2006.08.31

「ファンタシースターユニバース」が発売され、
ネットワークモードの運営も始まった。始まったが、やはり
アクセスがキビシイ状況になってしまった。

特にセガリンクのIDを取得するのが難しいみたいだ。
現時点でもセガリンクにはアクセスしにくい状況になっている。
ID取得後もゲームキーの登録があるので、実際にプレイを
始めるまでにはかなり時間がかかるようだ。
プレイできていない人もいると思うので、イライラしている人が
相当多いだろう。

私の場合は、セガリンクのIDはすでに取っていたので
比較的スムーズだったが、それでもログイン時に何度も
回線が切れた。

こうしたサービス開始直後やバージョンアップ時の混乱は
他のオンラインゲームでもよくあることだ。古い話だけど、
FF11のときも初日はまったくログインできなかった。

こういうのはなんとか回避できないものなのか。
一時的にサーバーを強化する(レンタルする)とか
できないものなのか。「サービス開始直後の混乱は当然」と
メーカー側が考えていないといいけど。

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/


PSU、ケータイと連動
2006.08.30

いよいよ明日発売となった「ファンタシースターユニバース」。
ネットワークモードの機能の一部が携帯電話と連動することが
公表された。

ゲーム内で知人から送られたメールをケータイで
確認したりできるのだそうだ。くわしくは公式サイトにある
「開発者ブログ」の8月29日の記事を読んでほしい。
メールの返信もできたらいいけど、それは無理みたい。

定額制を利用している人にとっては魅力的かもね。
私は定額制ではないので、あまり使わないと思うけど。
<追記>
公式サイトによると、月額315円かかるのだそうだ。
私は利用しないと思う。
<追記ここまで>

オンラインゲームとケータイの連動はFF11でも企画されていた
みたいだけど、お蔵入りになったらしい。
オンラインゲームは中毒性が指摘されることが多いので、
ケータイまで巻きこんで展開することには賛否が分かれそう。

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/


「ファンタシースターユニバース」ネットワークモード初歩編4
2006.08.28

「ファンタシースターユニバース」のネットワークモードを
プレイするとき、初心者の方に役立つと思われることを
いくつか書いてきました。この初歩編は今回でひとまず
終了です。製品版発売以降に気がついたことがあれば
追記していく予定です。

ここで紹介するのは「NPCをパーティに加える」と
「アイテムの分配設定」の2つ。

● NPCをパーティに加える

プレミアディスク(体験版)では、チュートリアルの途中で
教官のNPCからパートナーカードをもらうことができた。
これを利用して、NPCをパーティに加えることができる。

メインメニューを「コミュニティー」→「パーティー」と進み、
「パーティー結成」を選ぶ。すると手持ちのカード一覧が
表示されるので、そこでNPCのカードを選べばいい。
この操作は街の中でしか行えない。また、自分がパーティの
リーダーになる必要がある。
(マイルームにいるパートナーマシナリーも、成長させると
パーティに加えることができるようだ)

同じ方法でパートナーカードを受け取った他のプレイヤーを
パーティに誘えるが、事前の承諾なしにいきなり誘うのは
やめたほうがいい。

● アイテムの分配設定

どのミッションを受けるか決めるとき、拾ったアイテムの
分配方法を「レアアイテム」と「レア以外」で区別して
設定できる。ソロプレイの場合は気にする必要はないが、
パーティを組む場合は配慮がいる。
(アイテムのなかには、お金も含まれるようだ)

設定は3種類。
最初に設定されている「取得者に分配」、
「ランダム」、「順番ランダム」。

「取得者に分配」は「早い者勝ち」の意味。
アイテムを拾った人の所持品になる。

あとの2つについては、少し具体的に説明しよう。
Aさん・Bさん・Cさんの3人でパーティを組んだとする。

「ランダム」は、抽選でアイテムの所持者が決まる。
拾った人の所持品になるとは限らない。
確率は低いだろうが、すべてのアイテムがAさんの
所持品になる可能性がある。

「順番ランダム」は、抽選であることは変わらないが、
一度所有権を取った人は抽選対象から外れる。
つまり、あるアイテムを拾い、Aさんの所持品に
なったとする。次にアイテムを拾ったときは、
Aさんに配られることはない。BさんとCさんで
抽選になる。

さらに3つめのアイテムを拾った場合は、
当然Bさんは抽選から外れる。Aさんが抽選対象に
なるかどうかはよくわからない。
(パーティメンバー全員が1回ずつアイテムを取得するまで
一度アイテムを取った人は抽選対象にならないという
説もあるみたいだが検証はしていない)

パーティを組む気がある場合は、ランダムか順番ランダムに
設定しておくのが無難だろうと思う。

当サイト内、他のPSUの記事
その1 その2 その3 その4
初歩編1(プレイの前に・基本操作あれこれ・ミッションの流れ)
初歩編2(パートナーカード・マイルーム・防具と服)
初歩編3(フォトンアーツ設定・武器強化・アイテム合成)

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/


ニンドリ博に行ってきた
2006.08.26

任天堂のゲーム機関連の専門誌「ニンテンドードリーム」の
創刊10周年を記念して開催された「ニンドリ博」に行ってきた。
開催は明日まで。入場無料。

ニンテンドードリームは昔は「64ドリーム」という名前で、
私もかなり前から読んでいた。立ち読みが多いけど。
任天堂の広報担当者が読者の質問に答えるコーナーがあって、
それがこの雑誌の最大の見どころだと思っている。

週刊誌に比べると速報性では不利だろうが、質問コーナーと
インタビュー記事でしっかりと存在感を出していると思う。
ゲーム誌ではエンターブレインの雑誌が目立ちすぎているので、
ライバルとしてがんばってもらいたい。

「ニンドリ博」は創刊10周年記念のイベントなので、
ゲームの最新情報が手に入るようなイベントではない。
当然、ゲームの試遊台などない。
このあたりは理解しておかないといけない。

イベントの内容は、メーカーから編集部に贈られた
品々(色紙とか手紙とか)の展示、国内外のゲームボーイの
限定品の展示、読者から送られたイラストハガキの展示、
雑誌のバックナンバーの閲覧。大型テレビでは昔のゲームの
テレビCMなども流れていた。

「おいでよ どうぶつの森」を使ったコーナーもあった。
編集部が用意した村にプレイヤーが遊びに行く?というような
コーナーらしかった。人が多くて詳細不明。

バックナンバーの閲覧コーナーで1冊手にとってパラパラ見た。
宮本茂氏のインタビュー記事があって、「ドルフィンが
どうのこうの」と語る場面があった。そういえばドルフィンって
言ってたよなーとなつなかしくなった。
ドルフィンはゲームキューブの仮称(開発コード名)。

イベントの開催前、雑誌かネットか忘れたけど
「学校の文化祭みたいなノリで準備している」なんて感じの
告知を見たような覚えがある。たしかにそんな感じの雰囲気で、
ハデさはないが悪くない雰囲気だった。会場に入って左奥には
休憩エリアが広くとられているのもよかった。
(入り口を入ったところに、開催を祝う花が飾られていた。
3つくらいあったと思うが、そのうちのひとつがピンクルからの
ものだった。ピンクルを知らない人はこちらへ

駅からビルに入ったあと、どこでやっているのかわかりにくかった。
「ニンドリ博やってます」という案内は少ない。会場は
「東コア」の2階なので、フロアの地図を頼りに移動してほしい。

明日も猛暑ではないようなので、おでかけルートのひとつに
入れてみるのもいいかもしれない。

「ニンテンドードリーム」の公式サイト「ニンドリドットコム」
http://www.nindori.com/


「ファンタシースターユニバース」ネットワークモード初歩編3
2006.08.25

ここで紹介するのは「フォトンアーツの習得と設定」
「武器強化」「アイテムの合成」の3つ。

● フォトンアーツの習得と設定

フォトンアーツとは、戦闘で使う特殊なスキルのこと。いわゆる、
必殺技とか魔法とかそんな感じのもの。これを使うためには
いくつかの段階をふむ必要がある。「PA」と略されることがある。
(チュートリアルでひとつ手に入れられる)

まずは、利用する武器に応じたフォトンアーツの「ディスク」を
買う必要がある。武器屋で「ディスク」として売られている。

買ったら、メインメニューの「所持品」のなかにあるので、
それを選択して使う。これでそのフォトンアーツを習得できた。
次に、メインメニュー「所持品」から、覚えたフォトンアーツを
使いたい武器を選ぶ。出てきたメニューのなかから
「フォトンアーツをリンク」を選択。使いたいフォトンアーツ名を
選択。これでミッション中にフォトンアーツを使えるようになった。

フォトンアーツは使うたびに経験値が貯まり、レベルアップする。
積極的に使って強くしよう。ただ使えばいいというわけでなく、
きちんと効果を発揮させないと(ダメージを与えないと)
経験値は貯まらないようだ。

フォトンアーツにどれくらい経験値が貯まっているかを
確認するには、メインメニュー「キャラクター情報」→
「フォトンアーツ一覧」とたどり、確認したいフォトンアーツに
カーソルを合わせると見ることができる。「所持品」で武器を選び、
「フォトンアーツをリンク」でもいい。

● 武器の強化

武器を強化して、性能を高めることができる。有料。
強化の際に必要なのは、代金と強くしたい武器と「グラインダー」。
グラインダーは「合成」で自分で作る(あるいは他のプレイヤー
から買う)。合成については後述。
また、強化してもらう際は武器をアクションパレットから
はずしておく必要がある。

武器強化で忘れてはならないのは、強化に失敗した場合
その武器が消えてなくなってしまうこと。予備の武器か
新しい武器を買えるだけのお金を用意しておこう。

武器にはメーカーが設定されている。強化はショップで行うが、
ショップごとに強化してもらえるメーカーが決まっているので注意。
たとえば、ギガッシュという武器はGRM社製だ。この武器は
惑星パルムにある「GRM・ショップ」でなければ強化できない。

強化は10段階(未確認)あるらしく、3段階目までは高確率で
成功するようだ。

● アイテムの合成

マイルームにいるパートナーマシナリーを利用して、アイテムの
合成ができる。合成に必要なのは、設計図にあたる「基板」と
合成材料。これらはミッション中に手に入れることもあるし、
合成屋で買うこともできる。

まずは、パートナーマシナリーに基板をセットする。
パートナーマシナリーに話しかけて表示されるメニューから
「Pマシナリー機能」→「アイテムを合成する」→「ボードの
エントリー」と進むと基板をセットできる。合成に使う材料は
パートナーマシナリーに預けておく。自分で持っていては使えない。

「Pマシナリー機能」→「アイテムを合成する」→「合成を
おこなう」を選ぶと、セットされている基板が表示される。
材料がそろっていれば、基板を選択することで合成できる。

武器の合成の場合、好きな属性のフォトンを使うことができる
ことがある。属性は火や氷など数種類ある。敵の属性との
関係でダメージが増減したり追加効果があることも。
同じ武器でも属性を変えて複数作ることも可能なわけだ。

武器強化に必要なグラインダーもこの手順で作る。
グレードCの武器を強化する場合、グラインダーCの基板と
グラインダー基材Cを買えばいい。基板はセットが必要で、
材料は預けなければ使えないことを忘れずに。

高級品を合成しようとすると、かなり時間がかかるらしい。
一度合成を始めたら、ログアウトしていても合成作業は
進んでいると聞いたことがあるが未確認。

当サイト内、他のPSUの記事
その1 その2 その3 その4
初歩編1(プレイの前に・基本操作あれこれ・ミッションの流れ)
初歩編2(パートナーカード・マイルーム・防具と服)
初歩編4(NPCをパーティに加える・アイテム分配設定)

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/


東京ゲームショウ2006 ソニーブース情報
2006.08.23

9月23・24日に開催される東京ゲームショウ2006。
ソニーブースの情報が公開された。なんといってもPS3関連の
出展が気になるが、27種のゲームが実際に体験できるという。

ソニー・コンピュータエンタテインメントの告知

リストにあるタイトルのなかでは、「THE EYE OF JUDGMENT」に
触れてみたい。カメラの前で実際のカードを動かして、
それをゲーム内に反映させるというゲームだ。
E3のときのプロデューサーへのインタビュー記事が下記リンク先
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0605/13/news021.html

イベント当日まで非公開のタイトルが必ずあるはずなので、
そちらも期待だ。


「ファンタシースターユニバース」ネットワークモード初歩編2
2006.08.23

PS2版のネットワークモードをプレイするにあたって
役に立ちそうなことを書いてみた。ここでは
「パートナーカード」「マイルーム」「防具と服」の3項目。

●パートナーカード

ミッションなどを通じて仲良くなった人に「パートナーカード」を
送ることができる。このカードを見ることで、相手がオンラインか
どうかが判断できる。
(ゲームをプレイしているかどうかがわかる)
オンラインの場合、現在地や所属パーティ名も表示される。
また、メールを送ることができる。
(メール送信時、相手がオフラインだった場合は、
相手が次にオンラインになったときに届く)

なお、同じアカウントであればキャラを変えていても
渡した相手に居場所がわかる。

パートナーカードを持っていると、相手のマイルームへ
出かけることができる。無断で入られるのがイヤな場合は
出入り口にパスワードをかけることもできる。
出入り口近くにある「ルームロック」で4桁の番号を設定。

パートナーカードの渡しかた
シティでは、渡したい人にカーソルを合わせて○ボタン。
その後「MYカード送信」。この画面でアイテム交換も可能。
パーティを組んでいる人に渡すときは、メインメニューの
「コミュニティー」 → 「パーティー」 → 「MYカードを渡す」。

●マイルーム

プレイヤーには部屋が与えられる。
アイテムの保管や合成を担当するパートナーマシナリーや
共有倉庫がある。部屋を飾るアイテムの設置も可能。
(「リニアライン」「サンフラワ」など)

マイルームでアイテムを販売する店を開くこともできる。
(自分で合成した品やミッションで拾った品を売る)
開店にはアイテムが必要で、ルームグッズとして
売られている。

マイルームには他のプレイヤーが入ることができる。
パートナーカードを持っていれば相手の部屋に行ける。
出入り口近くにある「ルームロック」でパスワードを
かけることも可能。

チュートリアルを再び受けることができる。
パートナーマシナリーに話しかけ、「Pマシナリー機能」→
「話す」と選択すると、もう一度受けられる。

●「防具」と「服」

PSUのキャラクターの外見を決めるのは「服」。
上半身・下半身・靴に分類されるようだ。
「防具」は防御力の数値を高める。服の上に光る模様を
加えるが、外見の大部分は服で決まると考えていいみたいだ。
(キャストの場合は服ではなく「パーツ」で、腕と胴体と
足に分類?)

服を複数持っていればマイルームで着替えができる。
服は安くはないので、ある程度お金に余裕がないと
ファッションを楽しめないかも?

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/

当サイト内、他のPSUの記事
その1 その2 その3 その4
初歩編1(プレイの前に・基本操作あれこれ・ミッションの流れ)
初歩編3(フォトンアーツ設定・武器強化・アイテム合成)
初歩編4(NPCをパーティに加える・アイテム分配設定)


「ファンタシースターユニバース」ネットワークモード初歩編1
2006.08.22

「ファンタシースターユニバース」(PSU)のネットワークモード
のプレイにあたって役立つ初歩的なことをいくつか上げてみた。
説明書や公式サイトに目を通すことでほとんどの疑問は解決
するはずだけど。有志の方々がまとめたPSU wikiも
疑問解決に役立つはずだ。
(PS2版・PC版の発売は8月31日)

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/
PSU-wiki
http://suimasen.sakura.ne.jp/aaaphp/

以下、PS2版でのプレイを前提にしている。
また、製品版の発売やそれ以降のバージョンアップで
変更になる部分もあるかもしれない。

●プレイの前に

ネット接続環境などのほかに、SEGA link IDが必要になる。
このID登録はPCか携帯電話からしかできないので注意。

SEGA link(モバイル版もあり)
http://segalink.jp/
Macによるアクセスは不可。winでもIE以外のブラウザだと
登録できない?

セガインターネットゲームナビ SIGN
http://seganavi.jp/

プレイ料金は最初の30日間は無料。
それ以降、30日間の利用権が1260円かかる。支払い方法は
クレジットカードかネットキャッシュ。クレジットカードによる
継続的な支払いだと少し割引される。
ネットキャッシュはコンビニなどで買える。

ネットキャッシュ公式サイト
http://net-cash.jp/index.html
(ネットワークモードを始める時点でネットキャッシュが
必要になるかもしれない)

総合すると、ADSLや光ファイバーなど通信回線の料金と
プロバイダ料金と30日間利用料がかかるわけだ。

●基本操作いくつか

R3ボタン(右スティック押しこみ)でキャラの頭上に名前を
表示できる。さらに数回押すことで、名前+レベル表示、
アカウントナンバー表示に切り替えられる。

ちなみに、名前の左側に表示されるキラキラしたものは
ゲーム内での運勢を表しているらしい。キラキラが強いほど
ラッキーで、一番光っている状態だと敵がレアアイテムを落とす
確率などに影響があるらしい。日付が変わると運勢も変わる?

スタートボタンを押してメインメニューを表示させている間は
チャットをしたりアイテムを拾ったりできないので注意。

方向キーの右を押すことで、チャットのショートカットメニューを
表示できる。よく使う言葉を設定すればキーボードがない人や
入力が遅い人でもテンポ良くチャットができるかも。
このメニューの決定は方向キー右。メニューを消すときは方向キー左。
(キーボードを使ったチャットショートカットの操作も可能)

チャットショートカットの設定は、メインメニューの
「コミュニティー」の「ショートカット設定」から行う。

●ミッションの流れ

ゲーム序盤では、クライズシティ4Fにあるミッションカウンターで
ミッションを受ける。3Fから徒歩で移動して、4Fに出現した
地点から見て右奥にある「リニアラインホーム」の中にある。
(5Fのガーディアンズ本部でも受けられる模様)

シティ → 中継ロビー → ゴールロビー(終着点)

シティでミッションを受けてクリアすると、中継ロビーに着く。
そこでは基本的なアイテムの売買などができる。中継ロビーでは、
少し難易度が高い別のミッションを受けることもできる。
そのミッションをクリアするとゴールロビーに着く。アイテム屋あり。

シティからロビーへミッションクリアなしに移動することはできない。
(パーティメンバーがロビーにいれば移動できる?)

ミッション中に死んだ場合、クリアしたときの評価が下がる。
パーティメンバーに生き返らせてもらったとしても、評価は下がる。

なお、一部のボスキャラとの戦闘は、それまでのミッションとは
別の戦闘エリアで行われる。そのエリアのなかで死んで、
街に戻ってしまうと戦闘エリアに再び入ることができないので注意。

当サイト内、他のPSUの記事
その1 その2 その3 その4
初歩編2(パートナーカード・マイルーム・防具と服)
初歩編3(フォトンアーツ設定・武器強化・アイテム合成)
初歩編4(NPCをパーティに加える・アイテム分配設定)


「ファンタシースターユニバース」プレミアディスク その4
2006.08.18

プレミアディスクのプレイを続けている。
ネットワークモードばかりで、ストーリーモードは2回プレイしただけ。
このゲームの本領はネットワークモードにあると思う。
たぶん買ったあとはネットワークモードから始める。
(ストーリーモードとネットワークモードは世界観を共有しているが
キャラクターは別の管理になっている。ストーリーモードで
キャラを育ててネットワークモードを始めることはできない)

この前も書いたけど、多人数でのプレイは楽しい。
敵も4〜5体が同時に出てくることがあるので、乱戦になる。
一時的ではあるが三国無双的な気配もある。

戦闘の操作は複雑ではないので、「みんなでワイワイ戦う」という
感じ。「モンスターハンター」のようなシビアさはない。
複雑なコマンド入力や特定のタイミングでボタンを押さなくては
いけないという場面もない。
(ゲーム後半になればそういう場面もあるかもしれないが)
PSUを評して「チャットがメインで、ゲームはオマケ」と
言った人がいるとかいないとか。

パーティを組むときのレベル差や職業もあまり気にしなくていい。
現在私のキャラはレベル11だが、今日組んだパーティのなかには
レベル5の人もいた。そんな状態でも目立つ悪影響はない。
(PSUでは、敵に少しでもダメージを与えていれば、倒したとき
経験値が入る。とどめを刺した人には多めの経験値が入る)
プレイに効率を求める人もいるので、レベル差や職業について
何か言われることもあるかもしれない。

パーティが組みやすいというのは特筆に値する。
以前書いたように、スッとどこかのパーティに入って、
数回ミッション(戦闘)をクリアして落ちる(プレイを終える)こと
も充分可能だ。ひとつのミッションをクリアするのに
かかる時間は15分から20分くらいかな。
私がプレイした範囲内では、時間制限のあるミッションは
なかったので、途中でチャットに花を咲かせることもできる。

ミッションを選べば、ソロ(自分ひとりだけ)でも可能だし、
3人しか集まらなくても大きな問題はない。この自由度がいい。
あまりに敵が強ければ、ミッションをやめることもできる。
(現時点では、ミッションを受けるのにお金はかからないし、
途中でミッションをやめてもペナルティはない)

最後に大事なことを書いておくと、ネットワークモードを
プレイするにあたってIDを取得する必要がある。IDの取得は
すでにできるので、買うことを決めている人は登録しておくといい。
発売日前後はつながりにくくなるかもしれない。
なお、8月28日15時から翌29日15時まではメンテナンスのため
登録手続きはできない。

公式サイト内、「SEGA link ID(linkID)早期登録のお願い」はこちら
ストーリーモードのプレイにはID登録は不要。

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/

当サイト内の他のPSUの記事
その1 その2 その3
ネットワークモード初歩編1(プレイの前に・基本操作あれこれ・ミッションの流れ)
初歩編2(パートナーカード・マイルーム・防具と服)
初歩編3(フォトンアーツ設定・武器強化・アイテム合成)
初歩編4(NPCをパーティに加える・アイテム分配設定)


「SNS的仕事術」鶴野充茂 ソフトバンク新書
2006.08.16

<追記>
一部に追記しました。
<追記ここまで>

ブログなどのサイト運営に役立つヒントを含んだ本の紹介。
「SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで
働き方を変える!」という本。

SNSというのは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の
略で、mixi(ミクシィ)などで有名だ。ネット上に自分の情報を
載せるページを作って、友人や知人のページとリンクさせる
ことで交流をはかろうというもの。招待メールをもらわければ
サービスを受けられないものも多い。単純にいえば、
友達の輪を広げていこうというサービスだ。

会社の看板を背負わず、自分の足で歩んでいくためには
私的な人間関係が重要になる。そうした人間関係(ネットワーク)を
作るために、SNSやブログによる情報発信を活用しようよ
というのがこの本の主旨。SNSやブログを自分自身のカタログ
のように使おうというわけだ。

SNSの使い方やサイトデザインに関する本ではないが、
「いかに情報発信をするか」という記述は年齢や立場に関係なく
役に立つ部分が多かった。すでに自分のサイトを持っている人、
これから作ろうとしている人に有益なヒントがある。

基本的に、サイト作りの具体的な話は第3章から始まる。
サイトテーマの探しかた、記事の書きかた、運営を続けていく上での
注意点などが書いてある。なるほどと思ったところを取捨選択して
実行していくといい。

すべてを引用するわけにはいかないので自分で目を通してほしいが、
ひとつ紹介したいのは次の一文。

【引用始まり】 --- 情報発信の方法に何が正しい・正しくないというものはありませんが、ブログをプライベートの備忘録か単なる日常を記録した日記として使い、他人から見られているという意識に欠けている場合は、知り合い以外の反応は期待できません。(P.122)【引用終わり】 ---
この意見には大賛成。一般人が普通の日常を、普通の文章で
記事にしてもあまり意味がない。管理人が学生の場合ありがちな
「今日はテストでした。ぜんぜんできませんでした〜」なんてのが
いい例だ。書いてはいけないことはないが、たくさんの読者を
集められる内容とは思えない。
(「今日はテストでした」という内容でも、表現方法によっては
面白おかしく書けるだろうが、なかなか難しい)

読者を意識する(想定する)のはとても大事だ。
友人・知人を対象としたサイトなら、日常を淡々と記すのもいい。
しかし、アクセス数を伸ばしたい、コメントやトラックバックを
もらいたいと思うなら、別の道を探る必要がある。
読者が知らない、あるいは知りたがると思われることを、
わかりやすく書けたらベストだ。
(自分にとってはありふれたことでも、他人にとっては
興味深いこともある)

くりかえしておくが、この本はSNSやブログの選びかた・使いかた、
日本語文章の書きかたを解説した本ではない。あくまでも、
会社組織に頼りきりにならずに働くことがテーマになっている。

「SNS的仕事術」鶴野充茂 ソフトバンク新書

SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで働き方を変える!ソフトバンク新書


「ファンタシースターユニバース」プレミアディスク その3
2006.08.13

ネットワークモードで、今日は6人パーティを体験できた。
人数が増えてくると、面白くなってくる。チャットが活発になるし、
敵との乱戦が面白い。

このゲームでは、街では大勢のプレイヤーであふれるが、
ミッション(戦闘)中はパーティメンバーしかフィールドに
存在しない。そこで、パーティを組むには他の人がプレイ中の
フィールドに途中参加するか、ひとりで始めて誰かが
入ってくるのを待つということになる。
(街で呼びかけてパーティを組むのは一般的ではないみたい)

途中参加するとなると、なんとなく「いきなり入っていいのかな」
という気分になることもある。しかし、あまり気にせずどんどん
入って問題ない。入ったら「こんにちは〜」などとあいさつすれば
向こうもあいさつを返してくれるはずだ。
(基本的に、メンバーが増えて困ることはない)

どのパーティに途中参加するか選ぶ段階で、
パーティによってはコメントが書かれている場合がある。
どうしても気になるなら、「乱入歓迎」とか「誰でもどうぞ」とか
「初心者です」などと書かれたパーティに入ればいい。

雰囲気が合わないと感じたら、少しプレイしたあとで
「次で最後にします」とか「それではぬけますね」などと
断ってパーティを抜ければいい。引き留められることはない。

コミュニケーションをはかるためにも、キーボードは
あったほうがいい。キーボードがない場合は断っておくといい。

このゲームに限らないけど、仲間がいるかどうかは
ホントに重要。面白さが大きく違ってくる。

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/

当サイト内、プレミアディスクに関するその他の記事
その1 その2 その4
ネットワークモード初歩編1(プレイの前に・基本操作・ミッションの流れ)
初歩編2(パートナーカード・マイルーム・防具と服)
初歩編3(フォトンアーツ設定・武器強化・アイテム合成)
初歩編4(NPCをパーティに加える・アイテム分配設定)

PS2版
PS2版

PC版
PC版


「ファンタシースターユニバース」プレミアディスク その2
2006.08.12

きのう届いた「ファンタシースターユニバース」(PSU)の
プレミアディスクの話のつづき。今日はネットにつないで
プレイする「ネットワークモード」を試してみた。

その前に、今日はプレミアディスクを配布するイベントが
開かれたようだけど、大勢が押しかけたために一部の会場では
開始時間前に整理券を配ったところもあるようだ。また、
製品版を予約した人に優先して配布した店もあったという。
(配布数が少ないことや、長い行列を作らせたくなかったからだろう)

これは、来場者と開催場所・配布数のバランスが取れていなかった
ということだろう。セガの失態といえる。大勢が集まれる場所と
大量の体験版を用意して実施すべきだったのではないか。
すべてを抽選で配布するようにすれば、無駄な混乱は起きなかった。

話を戻す。
ネットワークモードでは最大6人でパーティを組める。
まだプレミアディスクの配布が始まって間もないので、
ひとりでプレイしている人が多かった。

以下、製品版では変更になる部分があるかもしれない。

ひとつのサーバーに250人程度が入れる。
<追記>
現在は500人まで入れる模様。
<追記ここまで>
当然、他のプレイヤーがウロウロしているが、そのほとんどが
マネキンのような簡略化された表示しかされない。ある程度
時間がたつと、やっと普通にキャラクターが表示される。
これは通信環境の問題なのかPS2の性能の問題なのか
よくわからないが、少し残念だ。
(ミッション(戦闘)では最初から普通に表示される)

他のプレイヤーとコミュニケーションするためのチャットは
2種類しかないようだ。周辺の不特定多数の人にも会話内容が
見えるチャットと、パーティメンバーにだけ見えるチャットだ。
1対1で話すチャットはないみたいだ。また、サーバー内にいる
プレイヤーを検索することもできない。

これらの影響で、回線が切れるなどした場合、復帰後に
それまでパーティを組んでいた人と再開するのは難しい。
(仲良くなってパートナーカードを交換していれば、
お互いの所在はわかるし、メールを送ることもできるらしい)
<追記>
回線落ちした場合、落ちたエリアに復帰できる。
そのため、再会するのは困難ではない。
しかし同じエリアでも別サーバーに戻る場合があるので、
自分がどのサーバーにいたのか覚えておく必要がある。
サーバー移動は簡単。戦闘中に落ちた場合は、
戦闘前にいた街(中継地点)に復帰する。
<追記ここまで>

戦闘は、あまり難しくない。きのうの記事のなかで
モンスターハンターに例えたが、モンスターハンターほど
厳しくない。防御や緊急回避のコマンドはない。
戦闘中でも、ある程度チャットする余裕がある。
「アクションパレット」に武器やアイテムをセットすることで、
武器の交換や回復アイテムの使用がすばやくできる。

ひとりでプレイしていると地味だが、複数になると
わりと楽しい。このあたりは他のオンラインゲームと同じで、
仲間が見つかるかどうかで面白さが大きく変わってくる。
(お金を貯めたりレベルを上げたりするために
同じ事をくりかえす必要がある。そんなとき話し相手がいると
雰囲気が違ってくる)

ロードが頻繁にあるのが気になるかも。
店に出入りするだけでも短いロードがある。

個人的には、製品版を予約しているけども、
ネットワークモードをプレイできるのなら悪くない印象だ。
ストーリーモードしかプレイしない(できない)人は
もう少し情報を集めたほうがよさそう。

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/
PS2版とPC版の発売日は8月31日。

当サイト内、プレミアディスクに関するその他の記事
その1 その3 その4
ネットワークモード初歩編1(プレイの前に・基本操作・ミッションの流れ)
初歩編2(パートナーカード・マイルーム・防具と服)
初歩編3(フォトンアーツ設定・武器強化・アイテム合成)
初歩編4(NPCをパーティに加える・アイテム分配設定)

PS2版
PS2版

PC版
PC版


「ファンタシースターユニバース」プレミアディスク
2006.08.11

「ファンタシースターユニバース」プレミアディスクが
届いた。雑誌で希望者を募集していたものだ。これは
今月31日に発売の「ファンタシースターユニバース」の
体験版で、オンライン・オフライン共にプレイできる。
(オフラインの「ストーリーモード」は一部のプレイが可能)

基本的にアクションRPGに分けられるゲームだと思う。
タイプとしては、簡単に言えば「モンスターハンター」と同じだ。

とりあえず、「ストーリーモード」をプレイしてみた。
主人公のイーサンが、騒動に巻きこまれることで
警察官的存在である「ガーディアン」を志すまでがプレイできる。

「ストーリーモード」というだけあって、ストーリー描写の
部分が多い。つまり見ているだけのシーンが長い。
第1章がまるごとプレイできるが、面白そうな展開とは
感じられなかった。

テレビアニメを意識したのか、章の最初と最後にテーマ曲が
流れる。これが必要なものなのかどうか、疑問だ。

操作方法はあまり難しくなかった。
最初だからかもしれないが、苦戦することはない。
武器の種類がいくつかあるので、武器によって操作感覚が
違ってくると思う。

グラフィックは中の上という感じか。

インターネットに接続して他のプレイヤーとパーティを
組んでプレイできる「ネットワークモード」については後日。

「ファンタシースターユニバース」公式サイト
http://phantasystaruniverse.jp/
8月31日に発売されるのはPS2版とPC版。Xbox360でも後日発売。

当サイト内、プレミアディスクに関するその他の記事
その2 その3 その4
ネットワークモード初歩編1(プレイの前に・基本操作・ミッションの流れ)
初歩編2(パートナーカード・マイルーム・防具と服)
初歩編3(フォトンアーツ設定・武器強化・アイテム合成)
初歩編4(NPCをパーティに加える・アイテム分配設定)


鈴置洋孝氏亡くなる
2006.08.10

機動戦士ガンダムのブライト役や洋画の吹き替えで有名な
鈴置洋孝(すずおき・ひろたか)氏がお亡くなりになったらしい。

現在のところ、所属事務所や鈴置氏が主催する劇団のサイトには
情報は出ていないが、一部の役者のサイトや芸能ニュースで
報じられているようだ。死因は肺ガンだと伝えられている。

ガンダムファン、アニメファンにとってはショックな出来事だろう。

ウィキペディア、鈴置洋孝氏のページ


ゲーム&ウォッチコレクションが届いた
2006.08.08

「ゲーム&ウォッチコレクション」はクラブニンテンドーの
景品のひとつで、1980年に発売された携帯ゲーム機の
ソフトをニンテンドーDS用に移植したもの。
「ドンキーコング」「オイルパニック」「グリーンハウス」の
3本が収録されている。交換に必要なポイント数は500。

さきほど確認したところ、現在は在庫切れの状態。
9月4日に在庫が追加される予定とのこと。

7月28日に交換を依頼したものが今日届いた。
時間がなくてパッケージはまだ開けてない。

パッケージ表面


パッケージ裏面


クラブニンテンドー
https://club.nintendo.jp/


トリニダード・トバゴってどこ?
2006.08.08

明日、サッカー日本代表と試合をするトリニダード・トバゴ。
例によってどこにある国なのかさっぱりわからない。
先日のサッカーのワールドカップのときに気になっていたけど、
なんとなくスルーしてしまった。

調べたところ、正式にはトリニダード・トバゴ共和国と呼ぶ。
南北アメリカ大陸の間にあるカリブ海の南方にある島国だ。
北米の南東方向、かなり南アメリカ大陸に近いところにあって、
ベネズエラの北にあたる。ベネズエラもわかりにくいが、
単純にいえばブラジルの北方だ。

トリニダード島とトバゴ島で構成されていて、面積で比べれば
千葉県より少し大きい程度。首都はポート・オブ・スペイン。
公用語は英語。石油と天然ガスが取れる。

首都名にスペインの名が入っていることで予想がつくが、
大航海時代以降、長くヨーロッパの国々の植民地だった。
1962年にイギリスから独立。

ここでサッカーに話題を戻すと、7月12日の時点の
FIFAランキングでは64位。日本は49位。
対戦カードとしては注目に値しない試合といえそう。
当然、結果によってランキングの計算に影響が出るが、
練習試合・親善試合という感じか。

調べているうちに、「カリブ海と大西洋の境界線はどこか」
という疑問が浮かんだけど、よくわからなかった。

外務省サイト内、トリニダード・トバゴ共和国のページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/trinidad/

ウィキペディア、トリニダード・トバゴの検索結果

これまでの「○○ってどこ?」
その1バーレーン その2ヘルシンキ その3ブルガリア
その4ラトビア その5トリノ その6カンヌ
その7マルタ その9ハイリゲンダム


チロルチョコ 杏仁豆腐味
2006.08.05

人気のために生産が追いつかなくなり、発売中止になった
「チロルチョコ・杏仁豆腐」を見かけたので買ってみた。

包装紙
包装紙は麻雀牌風のデザインになっている。

今日の猛暑のために溶けかけていたけど、味はたしかに
杏仁豆腐。中にゼリーのようなやわらかいものが入っていた
ような気がする。いっぺんに口の中に入れてしまったので
よくわからなかったが。溶けたチョコを勘違いしたかも。

カカオの風味は弱いので、普通のチョコレートとは少し違うが、
チョコレートや杏仁豆腐が好きな人なら一度食べてみる価値はある。
1個20円だし。

チロルチョコのメーカーは、チロルチョコ株式会社だった。
チロルチョコというのはあくまでも商品名だと思ってた。
ウィキペディアでも「へえ〜」と感じることがいくつか
書かれていた。

ウィキペディアの検索結果はこちら

発売中止のお知らせ
http://www.tirol-choco.com/owabi_annin.html
7月31日に発売開始、8月1日に発売中止。

チロルチョコ株式会社
http://www.tirol-choco.com/index.html


環境ゲームコンテスト
2006.08.04

今日の毎日新聞夕刊に、地球環境に関するゲームの
コンテストの記事が出ていた。

これは武蔵工業大学が企画したもので、省エネや
リサイクルなどの環境改善をテーマにしたPC用ゲームを
募集するというもの。募集部門はふたつあり、
ゲームソフトそのものを選考する部門と企画・アイデアの部門に
分かれている。

応募できるのは全国の高校生と大学生。
締切は9月30日。

詳細は下記参照。
http://www.yc.musashi-tech.ac.jp/news/2006game.html

ソフトを作ってしまう部門は専門性が必要だろうけど、
企画・アイデアの部門なら敷居は低い。
挑戦してみるのもいいかもね。実際に応募はしなくても、
考えてみるだけでもいいかも。


リズム感ゼロでも楽しめる「リズム天国」
2006.08.03

「スターフォックス コマンド」と迷ったが、「リズム天国」を
買うことにした。「極魔界村」も捨てがたかったけど。
ゲームボーイアドバンスのソフトは久しぶりに買った。
紙のパッケージだもんね。

リズムに乗ってボタンを押すというアクションゲーム。
手拍子をするような感覚。たくさんのミニゲームで構成されている。
最初はAボタンしか使わないが、だんだんと使うボタンが増える。
静止画を見ただけでは魅力が伝わらないタイプのゲームだ。

「メイドインワリオ」と共通するスタッフが作っている?と
どこかで見た覚えがあるけども、確かに雰囲気は似ている。
バカッぽい感じ、カワイイ感じなどの味のあるグラフィックで
演出して飽きさせない。

ゲームをスタートすると、リズム感チェックが始まる。
3種類のリズムでAボタンを押してチェックする。
その結果・・・「0.0てん」。ゼロ。0.1点もないとは。
満点は何点なんだろう。
脳年齢が70歳だとか、任天堂は私に厳しい現実を突きつけてくる。

悲しいお知らせから始まったけども、それを越えて
普通にゲームが始まると、問題なく楽しめる。
問題ないどころか、かなり面白い。音楽にのってリズムを刻むのは
昔から人間がやってきたことだから、原始的・古典的面白さだ。

まだプレイ時間は短いけども、ゲームのデザインが豊富で
どれも面白い。ゲームとして面白いのは当然で、登場するキャラの
ちょっとした動きもいい感じ。ロード時間がないし、セーブも自動で
行われるのでプレイのテンポはとてもいい。スイスイ遊べる。

テレビCMで、プレイ中の人が皆ヘッドホンを使っていたのを
思い出したので、DSにイヤホンをつけてプレイしてみた。
DS本体のスピーカーよりも音が良くなったような気がする。
ちなみに、プレイ環境によって音の設定のオススメが違うので
説明書はきちんと読もう。

完全に1人用なので、対戦要素がないことを不満に感じる人が
いるかもしれない。セーブデータもひとつしか作れない。
また、ゲームボーイアドバンスのソフトなので、スリープモードは
ない。DSでプレイするときは気をつけよう。

「リズム天国」公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/n08/brij/index.html
特訓ムービーに出てくるプロデューサーはモー娘。を
世に送り出したあの人。実際にはアドバイザーだろうけど。
<追記>
「ほぼ日刊イトイ新聞」によると、プロデューサー氏が
企画書を任天堂に送ったことがきっかけで制作が始まったのだそうだ。
「樹の上の秘密基地」のなかにインタビューあり。
<追記ここまで>

「リズム天国 + ゲームボーイミクロ専用2Wayストラップmicro」 お買い得パック

<参考>
「まわるメイドインワリオ」をプレイしたときの話
http://www.mypress.jp/v2_writers/m23epa/story/?story_id=716251


PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...