カテゴリ : 買ったゲーム・体験版 の 記事一覧

怒濤のプチゲームと瞬間の判断 「メイドインワリオ ゴージャス」
2018.08.05

体験版が好印象だったので、製品版を買いました。
ひとつ5秒のプチゲームをどんどんクリアしていくゲーム。
シンプルな操作だから老若男女問わず楽しめる。
ハイスコアを目指すのはむずかしい。

「まわるメイドインワリオ」以来のプレイでずいぶん久々だけど、
やっぱりおもしろい。クリアしていくとだんだん高速になり、
同じプチゲームでもバリエーションが出てくるので意表をつかれる。
(製品版は体験版よりも難易度が低い状態から始まる)

プチゲームを次から次へとクリアしていくところが
一番おもしろい要素だと思うけど、
各プチゲームをクリアしたときのリアクション(グラフィックの変化)も
クスッと笑わせる。静止画では魅力を伝えにくいゲームだ。

まだまだプレイ時間は短いけど、うまくプレイすれば
どんどん高速になる。この感覚は「かるた」に近いのかもしれない。
読み上げられた瞬間にどの札なのか判断して取りに行かないと勝てない。
対戦中心のゲームではないけど、とぎすまされるとそんな状態になりそうな気がする。

アクション(操作)がうまくできると、気持ちいい。
制限時間があるのは人をあせらせる。
BGMのテンポが速くなるのも、あせらせる。
ゲームの基本がわかるゲームともいえるかもしれない。


このゲームにはオマケ要素としてガチャがあって、
いろいろなミニグッズを入手できる。
その一部は任天堂の古いゲーム機の資料になっている。
「こうせんじゅうカスタム シリーズ」の画像と説明文はおもしろかった。

「メイドインワリオ ゴージャス」公式サイト


手堅いおもしろさ「メイド イン ワリオ ゴージャス」体験版
2018.07.18

3DS用ソフト「メイド イン ワリオ ゴージャス」の体験版が
ニンテンドーeショップで配信されています。プレイ回数制限なし。
製品版は8月2日(木)発売。

ひとつ5秒で終わるプチゲームをつぎつぎとプレイしていくゲーム。
多種多様な操作方法やグラフィックのおもしろさで
あきさせない。
ゲームのクリアをつづけると、だんだんむずかしくなる。
4回失敗するとゲームオーバー。

最初はどう操作すればいいのかわからないゲームが
あるかもしれないけど、すぐに次のゲームがおしよせてくるので
問題ない。瞬間的な判断もこのゲームのおもしろさのひとつ。

この体験版はわりと充実した内容で、
このゲームの操作をだいたい試せる。
プレイ回数の制限もないから、自分に合うゲームなのか
きちんと判断できると思う。

私の場合、ゲームボーイアドバンスの
「まわるメイドインワリオ」以来のプレイだった気がするけど、
変わらないおもしろさがあった。
逆にいえば斬新さは弱いけど、しっかり楽しめた。
製品版を買うかもしれない。

製品版では2人対戦ができるけど、
本体とソフトが2つずつ必要。

「メイド イン ワリオ ゴージャス」公式サイト
8月2日(木)発売予定



「進め! キノピオ隊長」体験版
2018.06.24

7月13日(金)に発売の「進め! キノピオ隊長」の体験版の話。

ニンテンドースイッチ版とニンテンドー3DS版が同時発売で、
体験版も両方ある。無料でダウンロードできます。
3DS版の体験版は30回までプレイできる。スイッチ版は無制限。

立体模型のようなステージの上をキノピオ隊長を動かして
ゴールを目指すゲーム。キノピオ隊長は歩いたり物を投げたりする
基本アクションしかできないが、ステージ上のしかけを動かしたり
視点を動かしてステージの構造を調べたりしながら進むのが楽しい。

このゲームはもともとWii Uの「スーパーマリオ 3Dワールド」の
ミニゲームとして登場したもので、あとで単独のWii U用ゲームになった。
スイッチ版と3DS版はこれの移植で、「スーパーマリオ オデッセイ」を
テーマにした新ステージが追加されている。

体験版では、序盤の3つのステージをプレイできる。
スイッチ版と3DS版の内容は同じ。

スイッチ版のみの要素として、1人プレイと2人プレイをいつでも変更できる。
2人プレイだと、片方がキノピオ隊長をサポートする感じになる。
赤い玉を投げて敵を攻撃するサポートもできるので、
2人プレイのほうが難易度が少し下がるかもしれない。
(3DS版は1人プレイのみ。スイッチ版も3DS版も難易度選択はない)

スイッチ版にはコントローラの振動機能もつくけど、これはどうでもいいかな。
グラフィックも少しリッチになる。

3DS版では立体視に対応しているけど、弱め。

3DS版は普通のニンテンドー3DSでプレイした。
ゲーム中に頻繁にある視点の操作が3DS版では少しやりにくい感じがした。
慣れの問題かも。New3DS(2DS)なら気にならないかもしれない。
(ゲーム中に説明される操作法のほかに、LやRボタンでも視点は変えられる。
Xボタンでズームアップ・ダウンも可能)

3DS版では、画面をタッチしてステージのしかけを動かす操作がある。
プレイ中に「画面をタッチしろ」という意味のアイコンが出てわかるけど、
スイッチ版の同じ操作は少しわかりにくかった。
画面上のポインター(青または赤の点)を動かすところに合わせてZRボタンを押す。
ZRを押すことはアイコンでわかるけど、ポインターも合わせるのは気づきにくい。


そこそこおもしろい体験版で、もっとプレイしたくなった。
しかし買うかと聞かれると微妙。買っても損はしないと思うけど。

スイッチ版と3DS版のどちらがいいかは好みの問題。価格は同じ。
両方持っているなら、スイッチ版のほうがいいかも。

「進め! キノピオ隊長」公式サイト

3DS版の体験版はニンテンドーeショップからダウンロードできますが、
発売前の今は「キノピオ隊長」のページの「予約」というところからダウンロードできます。
「予約」の部分にあるとは思わなかった。


余談だけど、3DS版は普通のニンテンドー3DSでプレイした。
ステージ中にハシゴを降りる効果音があって、これが気持ちいい音だった。
ハシゴは登る音と降りる音がちがって、降りる音だけくりかえし聞いた。
この音はスイッチ版だとテレビからもスイッチ本体からもよく聞こえない。
ささいなことだけど、ちょっと印象に残った。

 


「マリオテニス エース」先行オンライン大会は12戦12敗
2018.06.02

「マリオテニス エース」のオンライン体験イベントが開催中。
トーナメント方式の対戦と、コンピュータ相手の練習試合ができる。
マリオテニスは長いシリーズがあると思うけど、まともにプレイしたのは初めてかも。

「マリオテニス エース」公式サイト
発売前先行オンライン大会は6月3日の23時59分まで。

今のところの印象では、あまりおもしろくなかった。
12戦12敗では印象が悪くてもしかたない。
人とは別にコンピュータとも4回くらいやったけど全敗。

おしくも負けた、という感じではなく、常に劣勢。
「アームズ」の体験会のときも似たような印象だったかもしれない。
自分には合わなかったみたいだ。

操作説明はあるので、じっくり練習することもできる。
オプションで視点の動きを反転させたりできるけど、
振動をオフにする項目がなかったのは不思議だ。
試合中のリプレイをオフにするのもできなかった。

製品版がほしいとは感じないし、
「1日1試合は無料でできますよ」といわれたとしてもあまり気が乗らない。
それでも、eスポーツとしてはウケがよさそうな気はする。
だからこそシリーズがつづているともいえる。


いきなり配信「ニンテンドーダイレクト ミニ」
2018.01.12

いきなりニンテンドーダイレクトが配信されました。
約15分の「ミニ」で、今年前半に発売予定のスイッチ用ソフトを紹介。

YouTubeの任天堂公式チャンネルなどで再生できます。

15分間ずっとソフト紹介なので濃い内容だけど、
発表内容としてはそこそこな感じ。移植が多い。
ソフトの品ぞろえを増やそうとする意思は伝わった。

ニンテンドースイッチは発売直後から大型ソフトが続いたから、
今年前半はひと休みなのか、まだなにかあるのか。
任天堂が直接つくったものはなさそう。

以下、気になったところ

「スターデューバレー」
DL専用ソフト。1370円(税別)。配信中。
農園を引き継いだ主人公が農作業をしたり
モンスターと戦ったりするRPG。
他機種にも出ている。

「スーパーマリオ オデッセイ」の更新
2月に予定される無料更新で新ゲーム追加。
「ルイージのバルーンファインド」。
ステージ中に隠された風船を探す。
自分で隠した風船をほかのプレイヤーに探させたり、
ほかのプレイヤーが隠した風船を探せる。

「ダークソウル リマスター」(5月24日発売)など、
任天堂のゲーム機に欠けていたゲームも紹介されたけど、
他機種でも出るみたいだ。


NEXT≫
PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...