カテゴリ : ゲーム系雑談 の 記事一覧

任天堂、「プレゼントソフトカタログ2018冬」を配布中
2018.12.08

恒例のソフトカタログが今年も店頭で配布されています。
ニンテンドースイッチを中心に、3DSやスマホアプリなど
ゲーム機本体と対応ソフト、周辺機器を紹介する総合カタログです。

Amazonのkindleストアでも同じものが無料配布されていて、
対象のダウンロード版ソフトが500円オフになるクーポンがついています。
クーポンの有効期間は2019年2月28日まで。


「スマブラSP」が発売されたため、アミーボを紹介するページもあります。

ニンテンドースイッチ本体と「マインクラフト」がセットになった
品物が発売されていて、初めてマインクラフトを起動するときに
インターネット接続が必要になるそうです。
2回目以降はオフラインでも大丈夫なのかもしれない。


今年の冊子では、ニンテンドースイッチを楽しむ人たちの写真が
何枚か載っている。そこで気になったのは、高齢者の姿がない。

小学生くらいの子どもとその親、中高生、
若手サラリーマンの姿はあるけど、おじいちゃん・おばあちゃんはいない。
会社員の打ち上げみたいなシーンの写真で、上司らしき
年配の男性が例外的に登場しているだけ。
スイッチ発売以前は家族で楽しむシーンに高齢者がまざっていたと思う。

高齢者を登場させていないのは意図的だろう。
今はまだアピールの対象を若い世代優先で考えているのかもしれない。
ニンテンドースイッチが発売されたのは2017年3月。


任天堂、動画や静止画の投稿に関するガイドラインを告知
2018.11.29

任天堂が自社ソフトを使った動画や静止画をネット上に
投稿する行為について基準となる条件を発表した。
この条件にそっていれば、著作権侵害の訴えをしないそうだ。

ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン
上記のガイドラインは随時更新されるとのこと

TwitterやYouTubeなどが順当に認められている反面、
ブログは記載がない。厳密に考えればダメで、現実的には
これまで通りグレーゾーンなのだと思う。
(著作権を侵害しているかどうか、最終的に判断するのは
裁判所なので、著作権を持つ者でも明確な線引きはできない)

今回こうした基準が発表されたのは、ようやく、という感じがする。
グレーゾーンの時代が長くて、非公認のゲーム実況が登場して久しい。
SNSへの画像投稿が公式に認められ始めたのも数年前。
もっと早く動きがあってもよかった。

任天堂ホームページの株主・投資家向け情報のページにある
古川社長のメッセージでは、「任天堂IPに触れる人口の拡大」が
キーワードになっている。今の時代、公式の情報よりも
他人が載せた情報のほうが接触機会が多いかもしれないわけで、
このあたりで企業としての態度を明らかにしておこう、ということなんだろう。



たしかPS4本体にはプレイの様子を生配信する機能があったと思う。
ニンテンドースイッチにも生配信の機能が追加されるかもね。
静止画と短い動画のSNS投稿機能はある。


今回の発表はわりと重要な内容だと思うけど、
任天堂ホームページのトップページにわかりやすくリンクがないのは意外だ。
「トピックス」にも「更新情報」にもなくて、
サポートページの下のほうにリンクがある。
情報を周知させたいのかわからない。


ゲーム大会
2018.11.15

スマブラで大会が開催されるそうだ。小学生対象の団体戦。
任天堂はeスポーツという用語との関連性が薄い印象だけど
大会の開催はここ数年積極的だと思う。スプラトゥーンとか。
任天堂はあまり関与していないかもしれないけど
ポケモンも世界的な大会がある。

eスポーツというとプロの存在が注目されがちだけど、
プロまたはアマチュアでもうまい人だけを対象とした用語ではないと思う。
頂点の存在として、うまい人たちがいるのは当然として、
一般プレイヤーが(のんびりと)プレイする場が広がるのが
理想なんだろう。行ったことはないけど碁会所的なイメージ。
底辺が広がらないと頂点は高くならない。

オンラインプレイが普通になったことで
碁会所的なものはとっくに成立しているともいえるけど、
ネット上の動きは第三者から観察されにくい。
リアルの大会は宣伝として必要だと思う。
プロ活動ができるかどうかは別の話。

趣味でジョギングをする人が、マラソン大会出場を目標にするのと
イメージは近いかもしれない。

Wiiスポーツで大会がなく、シリーズが途切れているのは残念。
老若男女問わず出場できそうなゲームだから、
個人戦はもちろん家族対抗戦もできたはず。
ベタ移植でもいいからニンテンドースイッチに
Wiiスポーツがあったほうがいいのかもしれない。

勝つことがすべてではないけど、イベント参加が
プレイのモチベーションにつながる効果はあるかもしれない。

マラソン大会でいえば、出場ランナーで優勝や上位入賞を意識しているのは
ごく一部だと思う。たいていの市民ランナーは完走や目標タイムのクリアを
目指しているはず。リタイヤ前提で目立つところで走りたいだけの人もいるかも。
こんな感じの、ゆるい(?)意識で参加できるリアル大会がゲームにもあったらいい。

ゲーム人口の拡大というのは、ハードやソフトがどれほど売れたかではなくて、
個人や世代を超えて話題や体験として共有できるかで判断されるものかもしれない。


クラウドのゲームが普通になるか
2018.10.12

マイクロソフトがゲームのクラウドサービスを発表した。
Project xCloudという仮称で、クラウド技術を使って
Xbox Oneのソフトをスマホやタブレットでもプレイできるようにするらしい。
開始時期や料金はわからないけど来年テストが行われる予定。

クラウド技術によるゲームは、プレイヤーの手元にある機器で
ゲームを処理しない。ボタン操作をするとその情報がネットに送られる。
ジャンプや攻撃など操作した映像がネットを経由してプレイヤーのもとに戻る。
ある程度高速なインターネットがキモになるサービス。
回線が遅いと、操作とアクションのタイミングがずれてゲームにならない。

見えないところにゲーム機本体があるイメージで、
ワイヤレスのコントローラが標準になった今なら
プレイ感覚はあまり変わらないだろうと思う。体験したことないけど。
(実際には回線速度やサーバーのアクセス量などで
快適ではない場合もありそう)

Xbox Oneのソフトを動かすには現状では高性能のパソコンか
Xbox One本体が必要だけど、この計画がうまくいけば高性能な機器は必要ない。
高速な回線を用意できれば、そこそこ古いスマホやタブレットでも
楽しめるのかもしれない。

クラウドによるゲーム提供はめずらしくないので、
テレビにゲーム機能がふくまれてもおかしくない。


近い将来、ゲームの環境がクラウドに移行するのかな、とも思うけど、
当面は「古いゲームはクラウドで」という感じになるのではないか。
しくみ上、サーバーを整えれば「最新」のゲームもプレイできるだろうけど、
ゲーム機本体の売り上げをつくれなくなる。
料金設定はむずかしそうだ。

ゲーム機本体がなくなるとすると、CPUやGPUなどの部品メーカーは
それなりに困るわけで、少なくとも次の世代のゲーム機本体は存在すると思う。

そう遠くない将来、月額で3000円台の基本料とソフトごとの料金で
完全クラウドのゲームサービスが出たりするかもしれない。
ソフトのダウンロード購入が普通になったように、
長い目で見るとゲーム機本体を手元に置かないのも既定路線なのかもね。


eスポーツの話題が急に増えている?
2018.10.09

ここ数ヶ月、eスポーツやプロゲーマーの露出が増えている気がする。
悪いことではないけど、急激に増えた印象。
今日も徳島でeスポーツのイベントがあった、というニュースを見かけた。
(正確にはアニメ・ゲームのイベントがあって、コーナーのひとつだった)
いろいろお金が動いているらしい。

今のところ、eスポーツやプロゲーマーに関する団体は
日本に2つあるみたいだ。

ひとつは「日本eスポーツ連合」。2018年2月から活動を始めた団体で、
3つの組織が合併してできた。幹部の名前を見ると東京ゲームショウの
主催で知られる団体(CESA)のeスポーツ部門と考えてよさそう。

もうひとつは「日本eスポーツリーグ」。2016年から(?)の活動で、
全国に5つのプロチームをつくって3つのゲームでリーグ戦をしている。
毎日新聞社が後援している。

組織の規模や資金面で日本eスポーツ連合が中心みたいだ。
事実上CESAと同じ組織なので、国との距離も近そう。


このところeスポーツ関連の露出が増えたのは
日本eスポーツ連合の活動が大きく影響しているのかもしれない。
8月のアジア競技大会も話題を提供した。
(正式種目ではないが、ウイニングイレブンの競技で
日本チームが金メダルをとった)

eスポーツはオリンピック種目への採用の動きがある。
採用されるかどうかは日本だけの問題ではないけど、
選手団を送れるかどうかは国内の問題になる。
根回しや地ならしの結果として露出増につながっていると考えていい。

ただの愛好者の集まりでは活動に限界があるので、
権威やカネが必要なのはわかるけど、eスポーツ界隈は
動きが急に激しくなった印象がある。
プロゲーマーの存在や国内外のゲーム大会は昔からあったけど
長年の活動が浸透したのではなく、何者かが一般層に食い込ませようとしている感じがする。

環境の変化はプロゲーマーの人たちが感じているかもしれない。
ゲーマーもいろいろなので、これから数年で環境の差が大きくなりそう。


NEXT≫
PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...