カテゴリ : ゲーム系雑談 の 記事一覧

ニンテンドースイッチのソフトには電子説明書もないと今さら気づいた
2018.02.23

電子説明書もなくすのは賛成できない、という話。

ニンテンドースイッチで、あるソフトの体験版をダウンロードした。
そのソフトは悪くなかったけど、自分の好みには合わないみたいだった。

そのソフトには一応チュートリアルがある。
それでもよくわからない部分があったので電子説明書を読もうとした。
3DSやWii Uと同じノリで、HOMEボタンを押せば読めると思った。

ところが、説明書の項目がない。
ゲーム中やHOMEメニューでいろいろなボタンを押しても見つからない。
ニンテンドーeショップにもないみたい。

どうやって説明書を見るのか検索したら、
ニンテンドースイッチには電子説明書を読むシステムがないらしい。
任天堂のサポートページによると、任天堂製のソフトには
すべて電子説明書がなく、他社のソフトも対応はメーカーによってちがう。

スイッチ本体のシステムとして説明書を読むメニューがないので、
ゲーム内のオプション画面などで対応するしかないみたいだ。

今回プレイした体験版も、ソフトの公式サイトで
PS4版の説明書だけ公開されていた。
スイッチ版のゲーム内の説明は不充分だと思う。


「ゼルダの伝説」をプレイしたときはソフト内で操作法を解決できたので
わからなかったけど、電子説明書もなくすのは賛成できない。
説明書がない前提で配慮ができるメーカーばかりではないから。

説明書の有無を問わず、操作や謎解きのむずかしさで
自分に合わない可能性があるのがゲームソフトなのに、
基本部分から突き放しかねないのはよい対応とは思えない。

説明書やチュートリアルをしっかり用意しても、
それを読まない人が少なくないらしいけどね。


このような状況だと、たとえ任天堂製でも
「ゼノブレイド2」や「スカイリム」を買った人たちは
システムの理解が順調だったのか気になる。


「ニンテンドーラボ」は「Wiiスポーツ」の進化形
2018.02.16

ニンテンドースイッチとダンボール工作を組み合わせた
「ニンテンドーラボ」が話題になっている。4月20日(金)発売。
売り上げがどうなるかはわからないけど、
発売日にほしければ予約したほうがいい。

先日、「ニンテンドーラボ」の追加情報の動画が公開になった。
工作のおもしろさに加えて、おもちゃとしての楽しさが豊富みたいだ。
作曲ができるなどマニアックな部分があるけど、
基本的にはゲームマニアに向けた商品ではなさそう。

初公開のときもふくめて動画を見ていると、
「ニンテンドーラボ」は「Wiiスポーツ」の進化形だと感じている。
「Wiiスポーツ」は、棒状のWiiリモコンを野球のバットやテニスラケットなどに
見立てたゲームで、Wii本体と同時発売だった。
同時発売ながら、Wiiを象徴する1本だったんじゃないかと思う。


ニンテンドースイッチのジョイコンはWiiリモコンよりも小さく、薄く、軽い。
Wiiリモコンとヌンチャクの関係がワイヤレスになり、
ヌンチャク側に振動機能をつけられたのも大きい。
これでコントローラのパーツ化が進み、ダンボール工作に組みこみやすくなったのではないか。

スイッチ本体も工作に組みこむので、
携帯ゲーム機としても使えるスイッチの特徴が活きている。
個人的にはスイッチを外に持って行くのは興味がないけど、
ニンテンドーラボ的な使いかたは試してみたい。

「ニンテンドーラボ」の発売が2018年4月なのは戦略上の話で、
実際の開発は「1-2-スイッチ」と同時期から始まっていたのではとも思う。
ニンテンドースイッチの本領がようやく公開された感じ。
ゼルダやスプラトゥーンよりもスイッチらしいソフトなのかもしれない。

VRを投入したソニーとの方向性のちがいがおもしろい。
任天堂もVRは研究しているらしいけど。


初回出荷数アピールのモヤモヤ
2018.01.31

先日発売になった「モンスターハンター ワールド」が
発売から3日間で全世界500万本の出荷数を記録したそうだ。
ダウンロード版をふくむ数字。カプコンはニュースリリースを出している。

今回のモンスターハンターはひさびさに据置機向けに出たし、
ついにというか、やっとというか、初のオープンワールドでもあって
注目が高まったのはわかる。


今回に限った話ではないけど、出荷数のアピールはモヤモヤする。
特に初回出荷数はメーカーがある程度自由に決められるので、
「500万本」はかなり前から予定されていた数字のはず。
(発売直前なって急に生産数を増やすのは無理)

それを快挙であるかのようにアピールするのは
失礼な表現をすれば「やらせ感」がある。

同じ事実をもっと自然な形でアピールできる。
発売前に「500万本の注文を受けました。まだ増えてます」とか
「初回出荷数のうち、9割以上が売れました」などとするのがよさそう。
「500万本も出荷したけど、一部店舗では品切れでごめんね」でもいい。


セブンイレブンでプレイステーションストアカードが増量中
2018.01.23

セブンイレブンでプレイステーションストアカードを買うと
もれなく10%増量されるキャンペーンをやっています。

対象は10,000円券のみ。
期間は2018年1月22日から2018年1月28日までの購入分。
2018年1月29日の23時59分までに手続きすると増量されます。

ダウンロード版のソフトなどをよく買う人はお得かもしれません。

キャンペーンサイトで詳細をよく確認してから買ってください。


ニンテンドーラボは参入メーカーを増やすかもしれない
2018.01.18

ニンテンドースイッチ向けの新しいしかけが発表になった。
「ニンテンドーラボ」というもので、工作するたのしさと
遊ぶたのしさを両方味わえるしくみになっている。

4月20日(金)発売、まずは2種類が用意されている。

「ニンテンドーラボ」公式サイト

Wiiリモコンの進化形ともいえるジョイコンが小さくて軽いからこそ
実現した企画だと思う。
ゲームよりはおもちゃに近くて、任天堂らしいといえそう。

まだ詳細はわからないけど、映像やホームページを見る限り、
工作としてのたのしさは確実にありそう。つくってみたい。
ただし価格は少し高めに感じた。


おそらく第3弾と第4弾くらいは出ると思う。
もっとつづきそうな支持を得られたら、任天堂と取引するメーカーが増えそうだ。

おもちゃ的な商品なので、カプコンやスクエニが企画開発するとは思えない。
ゲーム機ビジネスとは縁がなかったメーカーが
ニンテンドーラボに商品を出すかもしれない。

メーカーの展開によっては、ゲームソフト売り場だけではなく
書店で販売される可能性もあるかも。

よほど人気が出れば、「スーパーマリオメーカー」のようなものも
出るかもしれない。そうなるとコンテスト開催から商品化の可能性もある。

正直、どこまでウケるのかわからない。
ニンテンドーラボをたのしむためにスイッチ本体を買うのは考えにくい。
それでも、任天堂の会議室にかけられている「独創」の書が思い出される一品だった。


NEXT≫
PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...