カテゴリ : イベント の 記事一覧

1989年以降、こんな作品がありました。「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」
2015.06.26

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」

六本木の国立新美術館で開催中の
「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」に行ってきた。

個人的には、「みんなも行きなよ」と強くおすすめはしない。
入場料と比較すると、まあ悪くはなかったよ、という感じ。
比較的最近の作品が多いし、秘蔵の資料が並んでいる
わけでもないので、「必見」というほどではない。

マンガ家の手塚治虫さんが亡くなった1989年以降に
焦点を当てて、ゲーム・マンガ・アニメを紹介する内容。
ちなみに1989年は平成元年です。

ゲーム・マンガ・アニメの作品紹介や
制作資料などが展示されています。
会場ではアニメの一部分なども流れているけど、
全体的にややマニアックなので小さい子向けではないと思う。

文化庁メディア芸術祭と似た展示内容だけど、
展示資料は現物ではないものも多め。
パネルに印刷したものとか、複製原画とか。
一部、生の原稿・原画・絵コンテもあります。
アニメ作品をそのまま(音声つきで)上映するコーナーはない。
(制作環境のデジタル化が進んだ時代だと思うので、
作品によっては紙の資料がないものもあるのかも)

ゲーム分野はスーパーファミコンやゲームボーイ以降。
全般的に紹介されていたけど、感覚としては
プレイステーション系の展示がやや多かったかな。
会場でプレイできるものもあるけど、
プレイ目的で行くのはやめたほうがいいと思う。

1989年以降の名作・傑作を集めました、というものではなくて、
主催者が設定した切り口で作品をピックアップした感じ。
有名作品でも紹介されていないものもある。


ゲーム関係の展示では、ポケモンに注目した。
歴代のポケモンが対応ゲーム機とともに展示されている。

ここで注目なのはゲーム機で、
初代の「ポケットモンスター 赤・緑」は
2台のゲームボーイを通信ケーブルで接続した形で展示。
その後、アダプターを使ってワイヤレス通信したり、
ゲーム機本体にワイヤレス通信機能が内蔵されたことが
わかるようになっている。

あくまでもポケモンのコーナーなので
通信方法についての説明はなかったけど、
時代の流れと技術の進化を感じさせる展示形式だった。
ここの展示を企画した人はすごい。


マンガのコーナーでは、
「3月のライオン」や「坂道のアポロン」の
生原稿を見られたのがよかった。

展示終盤にある今敏監督の「パプリカ」もよかった。


会期は8月31日まで。
毎週火曜日は休館。
(9月以降、兵庫県に巡回)

入場チケット(一般1000円)は、
美術館内の展示スペース入口で買います。
美術館の外にあるチケット売り場ではありません。

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」
http://www.nact.jp/exhibition_special/2015/magj/index.html


第18回 文化庁メディア芸術祭に行ってきた
2015.02.07

第18回文化庁メディア芸術祭チラシ

今年もメディア芸術祭に行ってきました。
2月18日(水)まで、国立新美術館を中心とする
六本木エリアでイベントが行われています。入場無料。
(美術館は2月10日(火)は休館です)

もともと、メディア芸術祭に行くようになったのは
ゲームソフトが受賞作品に選ばれていたから。
しかしここ数年はゲームソフトの存在感は薄くなるばかりで、
もう存在感ゼロといっていいくらい。
(スマホ時代ならではの新ゲームといえる「イングレス」が
エンターテインメント部門の大賞なので存在感は強いと
解釈することもできるけど)

この傾向は今年も同じなので、行かなくてもいいかなと思いつつ
今日行ったところ、まあまあ楽しめた。

しかし今日は土曜日だったため、入場者が多くて
落ち着いて作品を見られなかった。
作品の説明が書かれているパネルを読むのも一苦労。
土曜や日曜に行くなら、できるだけ早く行くか、
閉館近くがいいのかもしれない。

去年のメディア芸術祭は広い空間をそのまま使った
展示形式だったけど、今年は2年前までと同様に
空間内を壁で区切り、一定の順路をつくる形式だった。
このほうがいいね。
混雑もあって、場所によっては通路がせまく感じたりするけど。


今回一番印象的だったのは「のらもじ発見プロジェクト」。
地方にあるような、あるいは昭和っぽさを感じさせるような
自営業の店舗の看板に注目して、その看板のフォントを
つくりだした作品。

会場では店舗の画像にキーボードで自由に文字を
打てるようになっていて、「なんとか洋品店」みたいな看板を
リアルタイムにつくれる。入力した文字数に合わせて
画像が左右に広がるしくみで、違和感なくおもしろい画像になる。

公式サイトでも体験できます。
http://noramoji.jp/


次に、「handiii」という義手をつくるプロジェクトもよかった。
制御用のコンピュータにスマホを使ったり、
3Dプリンタを活用して義手をつくるらしく、これにより
安くてカッコイイ(オシャレな)義手ができるそうだ。
ちょうど関係者による説明が行われていて、
その義手を装着した女性も会場にいた。
来場者のなかにはこの女性と握手している人もいた。


「スライムシンセサイザー」もよかった。
昔流行した、ゼリー状のドロドロしたスライムを使って
音を出す作品で、スライムにさわったりのばしたりすると
それに合わせて音が鳴る。混雑しててよく見えなかったけど
ちょっとさわってみたかった。


例年通り、アニメやマンガのコーナーは原画や絵コンテなどの
制作資料が展示されている。マンガのコーナーには
受賞者のサインもあった。ファンは必見だろうね。
手塚治虫のサインや直筆文書もあった。


入場無料なので、六本木まであまり遠くないなら
行ってみるといいかもしれない。
上映イベントやトークイベントは事前申し込みや
整理券が必要な場合もあるのでよく調べてください。
マンガの受賞作品は地下にあるお店でも売ってました。

第18回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品
http://j-mediaarts.jp/awards/index?section_id=1&locale=ja


第17回文化庁メディア芸術祭に行ってきた
2014.02.06

第17回メディア芸術祭
※ 冒頭の画像をさしかえました

メディア芸術祭に今年も行ってきました。
今回も会場は国立新美術館を中心とした六本木エリア。
2月16日まで。入場無料。
新美術館の会場内では、一部をのぞいて撮影OKみたいだった。

会場まであまり遠くないなら行く価値はあると思います。
例年とくらべると、体験型の展示はほとんどない。

今回のメディア芸術祭は、会場レイアウトが例年とちがった。
美術館の大部屋をそのままつかっていて、壁のしきりがない。
いつもはコーナーごとの区切り(壁)があったけど、
今回は学校の体育館が会場みたいな感じ。
過去に何回か来ているけど、こういうレイアウトは初めて。
解放感があるといえるけど、経費削減かな?とも思った。


もうひとつ気になったのが、ゲーム関連の存在感のなさ。
ここ数年、ずっとゲーム関連は存在感がなかったけど、
今年は存在感ゼロといってもいいくらい。

大賞や優秀賞に選ばれなかっただけでなく、
審査員推薦作品として選ばれたものも、会場の奥の
隠し通路みたいなところでひっそりと展示されているだけ。
使われているテレビも小さいものだった。

メディア芸術祭は、あらかじめ応募された作品が審査対象になる。
優秀賞などに選ばれるに値する作品がなかったのか、
注目作が応募しなかったのか、実情はわからない。
しかしゲームが目立たない年が続いているのは
おおげさにいえば危機的状況だと思う。
「ゲーム畑」の人が審査員から消えてもおかしくない。

念のため書いておくと、ゲーム作品がひとつ目立つところに
展示されている。「TorqueL prototype 2013.03 @E3」というもの。
PS Vitaで実際にプレイできるけど、これはもともとは
家庭用ゲーム機向けに開発されたものではないらしい。
(プレイしたけど、途中のステージだったのか、かなり難しかった)

ゲームとは違うけど、「プラモデルによる空想具現化」という
ジオラマ作品の一部にゲームキューブ本体が使われていた。
これはパソコンまわりを軍事要塞風にデコレーションしたもの。
パソコンとしてちゃんと動くけど、パソコンに見えないほど
改造されている。ゲームキューブは少し汚したような塗装をされて
組みこまれている。


以下、気になった作品をいくつか。

マンガ部門では、今年も生原稿やネームが見られておもしろい。
今年は各作家が仕事に使っている机の写真(イラスト)も
展示されている。こういうのも興味深い。
初めて知る作品が多かったけど、読みたくなるものが多い。
(美術館地下のグッズ販売コーナーで一部の本を売ってます)

そして今年は大賞に「ジョジョリオン」が選ばれたので、
この原稿も置いてある。ジョジョファンは必見なのかも。
会場入口の巨大パネルには、荒木飛呂彦さんがサインしている。

アニメーション部門では、今年も映像とともに絵コンテや
原画などの資料が展示されている。
いちばんインパクトがあったのは「燃える仏像人間」。
気味が悪いような、怖いような、でもおもしろそうな、そんな作品。
新人賞の「ようこそぼくです選」「Airy Me」もよかった。

会場に入ってすぐ左手にある「crt mgn」もよかった。
これはアート部門の大賞。振り子のように動く2本の棒が
テレビみたいな箱の上を通過すると音がする。
電磁波に影響された音らしく、巨大メカの作動音みたいに聞こえる。
棒の動きと音をボーッと楽しみたくなる作品。
(この作品はペースメーカーを使っている人は接近しすぎてはいけない)

展示会の情報や各部門の受賞作品については下記をどうぞ。
http://j-mediaarts.jp/awards/gland_prize?locale=ja§ion_id=1


「七福神めぐり」に初挑戦 後編
2014.01.05

港七福神めぐり

七福神めぐりをしてきたよ、という話の後編。

概要や注意点は前編を読んでほしいけど、
東京の港区にある七福神を参拝してきた。
7つの寺社に宝船をまつる神社をくわえて
8つの寺社をまわることになる。

前編はこちら
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2822.html

かかった時間は2時間弱。寄り道・休憩はせず、
道にも迷っていない。ネットで調べると約3時間と
説明するところが多い。ゆっくり歩くとそれくらいかも。
途中、坂はありますが階段はありません(境内をのぞく)。

寺と神社ではお参りの作法が違うので、
そういう意味でもなかなか楽しいですよ。

なお、下記の港区観光協会ブログの記事に
現地で受け取る地図がPDFファイルで公開されています。
事前にそれを見たり、スマホなどに入れておくといいかも。
http://www.minato-kanko.com/blog/?p=3462


天祖神社

七福神めぐりをどこからスタートするかは自分で決める。
アクセスしやすい駅のそばにあるところから始めればいい。
私の場合、東京ミッドタウンそばの天祖神社からスタート。
ここで地図と御朱印を押してもらう色紙を受け取る。
(御朱印はひとつにつき300円。色紙代もふくむ)

七福神めぐりの赤いのぼり

この赤いのぼりは寺社のそばに立っている。
目印のようなものなので、見逃さないようにしたい。
ルート上には順路や標識のようなものはほとんどない。
地図を見ながら行けば迷わないと思うけど。

ふたつめは、六本木通りを渋谷方面へ歩いて櫻田神社へ。
櫻田神社から次の氷川神社への道の途中には
中国大使館がある。警備が厳重。

氷川神社から大法寺への道の一部は下り坂になっている。
逆ルートで歩くと、ちょっと坂がきついと感じる人もいるかも。

次の大法寺から十番稲荷神社への途中、
進行方向右手にスーパーがあったのでトイレを借りた。

麻布十番は初めて来た。
もうちょっとゆっくりと見て回ればよかったかもしれない。
お菓子屋さんとかがいろいろある。

カエルの像

十番稲荷神社は、一番にぎやかだった。
大通りに面しているからかも。階段横にカエルの像がある。
江戸時代にこのあたりが火事になり、
沼から巨大なカエルが出現、口から水を噴き出して
火事を消したという逸話があるらしい。
「無事に帰る」とか「なくしたものが戻ってくる」とかの
御利益があるらしい、

十番稲荷神社から次の宝珠院へは、ちょっと遠い。
道の様子もあまりおもしろくない。

宝珠院の近くに来ると、東京タワーも近い。
こんな近くで東京タワーを見たのは久しぶり。

宝珠院は雰囲気がよかった。
さらに注目なのが、境内にあるヘビ・ナメクジ・カエルの像。
事前に調べてヘビの像があるのは知っていたが、
ナメクジとカエルは現地で知った。

ここのカエル像は十番稲荷神社のものよりも
はるかに古くて、こちらのほうが味がある。
土地に根付いている感じ。
(ナメクジ像はただの石の柱に見えるが、
表面にナメクジが彫ってある。年月を経たせいで見にくい)

このあたりでトイレに行きたくなったら、
東京タワーの下(根元)にある商業施設に寄るといい。

次の熊野神社は、サッカー日本代表でもおなじみの
八咫烏(やたがらす。足が3本のカラス)を描いた
提灯が飾ってあった。サッカー的なお守りも売ってた。

熊野神社から久國神社へ。いよいよラストだ。
この道のりは部分的に上り坂になっている。
途中にロシア大使館があり、ここも警備が厳重。
中国大使館ほどではなかったけど。

久國神社は大通りから内側へちょっと入ったところにある。
いい雰囲気の神社。ここで最後の御朱印をいただく。
最後の寺社で、その日の日付も記入してくれる。
完成した色紙が冒頭の画像。


8つの寺社をめぐると、それぞれのたたずまいの違いだけでなく、
御朱印を押してくださる関係者の違いもおもしろい。
住職が対応してくれて、印(スタンプ)を押すだけでも
わずかながら「ありがたさ」を感じさせてくれるところもあれば、
和風の装束をしているものの、ひどいコンビニ店員みたいな人もいる。
「行ってらっしゃいませ」とか「よいお参りを」とかいって
送り出してくれるところもある。
いろいろな人間がいるように、寺社もいろいろあるってことだ。

総合的に、七福神めぐりはなかなかよかったです。
皆さんにもおすすめします。御朱印を集めるかは好きにしていい。
少し寄り道しながら、時間をかけて回るのがいいですよ。

ほかの七福神めぐりでもいいですが、所要時間や開催期間に
差があるので事前に調べることをおすすめします。
ほぼ1日がかりになるところもあるみたいなので、
歩き慣れていない人は注意。


「七福神めぐり」に初挑戦 前編
2014.01.05

港七福神めぐり

例年、年の始めには初詣をしているけど、
今年はちょっと違うこともしてみたいなと思って
「七福神めぐり」をしてきた。
知らない土地を地図を片手に歩くのはなかなかよかった。
皆さんにもおすすめできます。

長くなったので、記事を分けています。
この記事では七福神めぐりの概要と注意点を。
後編で寺社を回っているときの話を載せています。
後編はこちら
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2823.html


七福神めぐりとは、その名の通り七福神を参拝すること。
いつでもできるけど、正月の場合は神社や寺で
御朱印を押してもらえる。いわゆるスタンプラリー。

そもそも七福神めぐりを知ったのはテレビ番組。
「そんな正月のすごしかたがあるんだ」と初めて知った。
ネットで調べたところ、関東でもいろいろあって、
所要時間にも違いがある。

ある程度近くて、回るのにあまり時間がかからない条件で、
「港七福神めぐり」を選んだ。東京の港区にある
七福神をめぐるもので、六本木や麻布十番あたりを歩く。
七福神のほかに「宝船」をまつる神社を加えた8カ所をまわる。
古くからの寺社を回りつつ、六本木ヒルズや東京ミッドタウン、
東京タワーなどを見ることができて、なかなかおもしろいルート。

港七福神めぐりの場合、御朱印ひとつあたり300円かかる。
8カ所まわるので、2400円。この金額設定をどう感じるかは
個人差があるだろう。私は「ちょっと高いんじゃ…」と思って
御朱印集めはやめようかと思ったけど、結果として
集め終わるとある程度の達成感があった。
参拝することに意味があるので、無理にやらなくてもいいけどね。
(御朱印代のほか、お賽銭もかかる)


港七福神めぐりは元日から1月15日までやっている。
地図は寺や神社でもらえる。御朱印をいただく場合も、
最初に行った寺や神社で色紙か台紙をもらえる。
色紙よりも台紙のほうがサイズが大きい。
上記以外の日程でも参拝はもちろんできるが、
御朱印をいただくことはできない。本殿も閉まっていると思う。

下記の港区観光協会ブログの記事に、
現地でもらえる地図がPDFファイルで公開されている。
下調べとして見たり、スマホに入れておくのもいい。
http://www.minato-kanko.com/blog/?p=3462

七福神を回る順番は自分で決めていい。
とはいえ、ある程度広い地域にあるので、地図にあるルートを
時計回りで行くか反時計回りで行くかの2択になると思う。
自由なのはスタート地点くらい。
(1日で回らず、数日にわけてもいい)

事前の調べでは、港七福神めぐりは約3時間かかるとあった。
私の場合、2時間弱でまわれた。途中でコンビニに寄ったりは
したけど、寄り道はしていない。道に迷うこともなかった。
歩数でいうと約1万歩。途中、急な坂道や階段はほとんどない。
(ゆっくり回れば、3時間近くかかってもおかしくない)

もう少し時間をかけて、ゆったりと回るのがおすすめ。
途中で昼ご飯を食べたり、東京タワーに登ったり、
高級そうなマンションをながめたりとか。
東京タワーは久しぶりだったので展望台に行こうかと思ったけど、
今回はパスした。

最後に注意点をいくつか。

大きめのバッグか、紙袋(ビニール袋)を持って行け
御朱印をいただく場合、色紙や台紙が大きいので、
それを入れられる袋があったほうがいい。
御朱印のインクはすぐにかわくけど、ほかのものといっしょに
バッグに入れると朱色が移ってしまうかも。
色紙の大きさはタテ27cm、ヨコ24cm。台紙はもっと大きい。

小銭を用意しろ
御朱印代は上で書いたように各300円。
できるだけ小銭を用意しよう。
1万円札を出している老婦人がいた。
千円札ならともかく、1万円は避けたい。

トイレ問題
参拝ルートには公衆トイレはほとんどない。
コンビニやスーパーのトイレを借りることになりそう。
スタート時に最寄り駅でひとまず済ませたい。

団体客に注意
途中、中高年の団体とすれちがった。
この団体は逆ルートで回っていた。
また、はとバス(?)のルートにもなっているらしく、
ガイドつきの別の団体にも出くわした。

こうした団体がいると、ガヤガヤしすぎて雰囲気がよくない。
また、御朱印をいただくにも行列になる。
自分の歩調を早めるか、店で一休みして団体を
先に行かせるか、どちらかにするのがおすすめ。
もっとも、元日からの数日はいつでも混むかもしれないけど。

長くなったので、各寺社の話は後編で。
http://g2012.blog.fc2.com/blog-entry-2823.html


NEXT≫
PR
プロフィール

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...