カテゴリ : その他の雑談 の 記事一覧

緊急時、従業員はどこまで働くべきなのか
2018.09.08

天災などの緊急時、従業員はどの範囲で仕事をするべきなのか
という話。結論は出ない。

台風21号の猛威を受けて、関西空港が陸の孤島になった。
一時は8000人が閉じ込められたそうだ。

このニュースで、空港内のコンビニに客が殺到している映像があった。
空港から出られないとなれば、ひとまず物資を確保したい気持ちはわかる。
あんな状況でも営業が行われ、店の前にちゃんと行列をつくる様子は
なんとも日本らしいなと思って映像を見た。
その後も空港内の混乱は数日つづいた。


そのあと北海道で大きな地震が起きた。
北海道全域で停電になり、物流も途絶えるなかで
物資を求める人たちがスーパーやコンビニに駆けつけた。

停電などの影響で営業できない店が多かったが、
北海道を中心に店を出すコンビニ、セイコーマートの一部店舗では
ハイブリット車から電源をとって営業した。
さらにガスで動く釜を使って米を炊き、おにぎりの販売をしたそうだ。
(同じセコマでも店舗によって設備が違うので閉店した店もある)

私も東日本大震災のときはコンビニにお世話になったので、
緊急時でも営業してくれるありがたさはわかる。
(関東なので建物の被害はなかったが、自宅周辺は停電した。
いつまで停電するかわからないので、食料の確保でコンビニに行った)


ここまで店の対応を美談のように書いたけど、
こうした対応が適切なのか、今もわからない。

空港内や地震の被害を受けた地域のコンビニが営業していると
ありがたいのはまちがいない。しかし、激しく混雑するのに
店舗スタッフの収入はおそらく変わらない。特別報酬の話は聞かない。
空港職員や店舗スタッフも被災者なのに、
サービスの提供を求められるのは酷ではないか。

日本の職場は基本的にブラックなところがあるというか、
歩調を合わせることを暗に求める傾向がある。
緊急時とはいえ、「家族や家が心配だから帰ります」とはいい出しにくいかもしれない。
特にコンビニ業界はブラックだといわれる

こうしたことは雇用側がマニュアルをつくるといいのかもしれない。
帰らずに(あるいは非番でも出勤したら)給料アップとか、
思い切って閉店するとか。

台風や雪が予想されると、前もって閉店時間を早める例が増えた。
それを考えると緊急時に営業するのが普通だと思わないほうがいい。

警察官や消防士、医師や看護師にも同じことがいえるけど、
コンビニスタッフや空港職員が同じレベルで職務にあたるべきとは思えない。

犠牲の精神を発揮した人、あるいはそれを強制された人に
報いるシステムがあったらいい。
「ほんとに犠牲になったら表彰します」では悲しい。


危機は管理できるのか
2018.08.23

台風が接近しているので、西日本を中心に行政が避難情報を告知している。
複数の自治体に「危機管理室」という部署があるみたいだ。

危機管理という言葉はめずらしくないけど、適切な表現なのだろうか。
予算管理、在庫管理、機器管理ならともかく、危機は管理できるとは思えない。
管理できない事態こそ危機だ。

危機対策、危機対応と表現するのが適切に思える。


区別されている私たち
2018.08.02

東京医科大学の受験で女性志望者の得点が一律で減点されていた
というニュースが流れた。この大学は裏口入学で話題になったばかり
だけど、それを上回るひどい話だ。

もっとも、女性志望者を減点する(面接などで低評価する)のは
ほかの大学の医療系学部でも少なからずあるらしい。
さらに、浪人生は浪人年数が多いほど不利になるウワサもある。

医者の世界はいろいろとひどくて、かつては製薬会社と癒着して
過度の接待や金品の送付がめずらしくなかったらしい。
(近年では業界内で禁止されているらしいが機能しているかは知らない)
今は医者になる前の志望者の段階で選別していたわけだ。

今回の話はかなりひどいので、不合格になった受験者は
裁判を起こせば勝てそうな気がする。受験料の一部返還や再採点とかね。


ずいぶんひどい話だけど、新卒の就職活動では学校名だけで落とされたり
説明会への参加さえできなかったりする例がある。
知らないところでいろいろ区別されている例は多そうだ。

あらゆる選考・選抜において、正面入口から入っていない合格者は必ずいる。
公平・公正は信じすぎないほうがいい。

そう考えると、選挙で1人1票が機能しているのは不思議だ。
正しく集計されているかわからないけど。
比例区の名簿で上位に入るのは正攻法ではないのかもしれない。


被災地だらけの日本
2018.07.17

かなり暑い日が続いていて、例年よりかなり厳しい夏になっている。
ニュース番組で「命を守る対策を」とか「ためらわずに冷房を使用し」
なんて言葉が聞かれるのはそれだけ異常ということだ。

そんなニュースのなかで「特に被災地では最大限の対策を」と
いっているのが聞こえた。
被災地ってどこの? と一瞬考えてしまった。
その後の文脈で西日本の大規模な水害だとわかった。

今の日本はあちこちに被災地があって、
特定エリアの代名詞にはならないと思う。

調べたところ、東日本大震災の避難者は
2018年6月現在で約6万人いる(復興庁のデータ)。
そのうち、仮設住宅や公営住宅に避難している人が
岩手県で約5500人、宮城県で約4300人、福島県で9400人。
首都圏などに避難している人もたくさんいる。

熊本地震の被害もつづいていて、
熊本県のデータによると今年6月末の時点で
仮設住宅や公営住宅などに避難している人が約3万人いる。

西日本の大水害でさっぱり報道されなくなったけど、
大阪北部地震でも今月の時点で22の避難所があり、
109人が自主避難している。


今の日本はこうした状況だから、被災地という言葉は
エリアを限定した言葉をそえて使わないといけない。
もっとも、暑さ対策は日本のほとんどのエリアで必要だから
あながちまちがっていないのかもしれない。


真夏の復興作業は夜にやったらいいのでは
2018.07.14

西日本の広範囲の水害で、炎天下での復興作業が続いている。
気温と湿度が高く、ライフラインが完全ではない地域が多いので
最悪の作業環境だろうけど、片づけないと片づかないのでしかたない。

ただ、どうせ作業をするなら日没後がいいような気がする。
直射日光がなければ多少は楽になるはず。

あしもとが見えないのは困るだろうけど、ヘッドランプがあれば
どうにかなりそう。泥のかきだしもやりにくいだろうけど、
ものを片づけるくらいなら夜でもできそう。

日中は避難所などなるべく涼しいところで体力を温存して、
暗いうちに作業するのが夏の復興のベストだと思う。あえて昼夜逆転。
無理に日中に行うと、ミイラ取りがミイラになるというか、
体調を崩す人が増えて医療チームの負担が増えるだけのような気がする。

不審者を発見しにくくなることと、音の影響で重機を使いにくいのがデメリットか。

マスコミが日中の映像を流すだけで、実際には夜間の作業や
未明からの作業もしているのだと思うけどね。


NEXT≫
PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...