カテゴリ : その他の雑談 の 記事一覧

外国人の名前の読みかた
2018.03.28

北朝鮮の金正恩委員長が中国を訪問して、習近平国家主席と会談した。

このふたりの会談はそこそこ大きなニュースだけど、
金正恩と習近平、ふたりの名前の読みかたが改めて気になった。
「きむ・じょんうん」と「しゅう・きんぺい」。
韓国語風の読みかたと日本語風の読みかたになっている。


先日まで行われていた平昌オリンピック・パラリンピック。
「平昌」は「ぴょんちゃん」と読んだ。
韓国や北朝鮮の人名や地名は現地の言葉に近い発音で読むのが基本らしい。

その一方で、中国の人名はちがう。
「習近平」は「しゅうきんぺい」と日本語風に読まれるのが普通だ。
毛沢東や奈良時代の僧侶の鑑真も同様。

なぜ中国語風の発音をしないのか軽く調べると、
日本と中国のあいだで協定があるとか
中国語も北京語と広東語などで発音がちがうとかいろいろ理由があるらしい。

それでいて、中国の地名は現地語風の読みをすることもある。
北京、香港、上海。大連は日本語風だ。
人名のみ日本語風の発音で統一しているみたいだ。

隋や唐など、中国の王朝の名前は基本的に日本語の読みだ。
明(みん)は中国語の発音に近そう。


そもそも外国語の発音を日本語表記するのは無理があるので
現地語風か日本語風かどちらかに統一しろとはいわないけど
なんだか妙な感じがする。

仮に中国人名を現地語風に読むことにすると、
三国志の武将名がすべて変わるから違和感が大きそうだ。
パンダの名前は現地語風なんだけどね。


集中か分散か
2018.03.18

平昌パラリンピックで、ひとりで5個のメダルを取った日本人選手がいるそうだ。
ひとりで複数のメダルを取る話は夏の大会でもよくある。

複数の種目で活躍するのはけっこうだけど、
ひとりが複数の種目にエントリーできるのはイマイチな感じがする。

体調不良やドーピングがあったら、複数の種目でその国の選手が出られなくなる。
選手ひとりにつき1種目まで出場可能なルールにすれば、
より多くの選手に世界的大会を経験させられる。

これはスポーツに限らず、ひとりが複数の役割をこなすのは
リスク管理の点から見てよくない。重い役割ならなおさら。

スポーツに話を戻すと、メダルを取れるかどうかはともかく
ひとりで複数の種目にエントリーするのがめずらしくないとしたら、
似たような種目が多いのかもしれない。


公衆電話に使用法を説明するシールがあった
2018.03.14

しばらく前にネットで
最近の若い世代は公衆電話の使いかたを知らない(人もいる)
という話題を読んだ。小学生とかが知らない例が多いらしい。

携帯電話が普及してずいぶんたつし、通話の重要性も下がっているので
使う機会がないのはわかる。使わないなら使えないのは自然だ。
(似たような流れで、缶切りや栓抜きの使いかたを知らない人も多そう)

公衆電話の使いかたのシール

先日、自分が公衆電話を使う機会があって、
前はなかった「使いかた」のシールが電話機に貼られていた。
英語でも説明が載っている。

冒頭の「若い世代は使いかたを知らない」という話は、
このシールが貼られたことへの反応だったのかもしれない。

考えてみれば、なぜなかったのか不思議だ。
外国人への対応としても、もっと早く用意してもよかった。

ちなみに、電話機の上部には災害用伝言ダイヤルの使いかたを
説明したシールもあった。これは知らない人が多そう。

公衆電話は減少しているけど、災害時のためにゼロにはならない。
一度も使ったことがないなら、試しに使っておくといいかも。
電話をかけた相手の電話機に電話番号を表示する機能がある場合、
番号ではなく「公衆電話」と表示されます。
ちなみに、100円玉を入れるとおつりは出ません。


冬季オリンピックには登る競技がない
2018.02.19

冬のオリンピックを見ていると、高いところから低いところへ
移動する種目が多い。ほかの種目は平面上。

高速ですべり降りる様子がウケがいいのかもしれないけど、
登る種目がないのは不思議だ。
登りがふくまれる種目はあるが、高いところを目指す種目はない。

「富士登山駅伝」の雪山バージョンみたいな種目があってもいい。
富士登山駅伝は、富士山のふもとから山頂をへて、再びふもとへ戻る駅伝。
くわしくないけど自衛隊のチームが強い傾向にある。

駅伝ではなくても、雪道のマラソンというか、
登山をレースにした種目があってもよさそう。
雪道を駆け上がるのは疲れるだろうし、ルート選択も重要になりそう。
開催地が限られそうだけど、「やろうと思えば屋内に競技施設を
つくれる種目」ばかりではおもしろくない。

夏のオリンピックも登る種目はほとんどない。
2020年大会に「スポーツクライミング」が初めて選ばれた。
登る種目はそもそも少ないのかな。


オリンピックで道具代が一番安い(高い)種目はなにか
2018.02.10

平昌オリンピックが開催されている。
冬季大会としては過去最多の92の国と地域から選手が集まった。

夏季大会は200を超える国と地域から参加しているので、冬季は規模が小さい。
これは冬季の種目がいろいろとお金がかかることも影響しているらしい。
会場設備、育成、道具などのコスト。

屋内で氷のリンクを用意したり、ボブスレーなどのコースが
かなり特殊なのはなんとなくわかる。

夏季と冬季を合わせて、道具代が一番安いのはどの種目だろうか。
調べていないけど、柔道やボクシングだろうか。

たとえば柔道着は陸上競技のシューズのように
オーダーメイドはしていないだろうし、する必要もなさそう。
競泳水着のように最先端の製造技術も不要なイメージがある。
速乾性を高める工夫はしてあるかもしれない。

逆に高価な種目はなんだろう。
これも調べていないけど、セーリング、馬術、自転車か。
「馬はパートナーであって道具ではない」という意見がありそうだけど、
実質はボブスレーや自転車と同じ「乗り物」だろう。
生き物だけにお金も手間もかかりそうで、騎手よりもお金がかかるかもしれない。

実際、同じ種目でも国や選手によって道具代の差があると思う。
もともと道具代が安くすむ種目なら、資金の差が実力の差にならずにすむのかもしれない。


NEXT≫
PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...