このページの 記事一覧

「ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる」を読む
2017.08.12

「ポケモンGO」の開発に基礎から関わり、
現在はゲームディレクターの立場で開発を続けている
野村達雄さんの著書を読んだ。

「ポケモンGO」の開発秘話かと思ったけど、
野村さんの半生を語った自伝に近い。
野村達雄さんは中国生まれ。祖母が日本人で、9歳で来日。
のちに日本に帰化した。


「芸は身を助ける」というけど、野村さんはプログラムに
小さいころから興味を持って、その方面の知識を伸ばして
大学以降のキャリアを積んでいる。
大学入学以降の話はもちろん興味深かったけど、
それ以前の話が印象的だった。

プログラムに興味を持つきっかけがゲームデータの
不正改造だったのは皮肉だなと思って読んでいたら、
小学6年で新聞配達のバイトを始めたとか、
中学生のときに社会的立場を偽ってファストフード店で
バイトしたとか、果てにはバイク事故まで起こす。しかも無免許。
赤裸々な話が出てくる。

6年生でバイトって、法的にOKなのかなと思うけど、
この収入で中学生の野村さんはパソコンを買い、
自宅にインターネット回線まで引いてしまう。
これがプログラムを独学するのに役立った。
人生に大きく影響したのはまちがいない。

大学院生のとき、Googleでインターンとして働くチャンスを得る。
そのとき配属になったのがGoogleマップのチーム。
これも人生の分岐点。

正式に社員になったあともGoogleマップの担当で、
エイプリルフールの企画をきっかけに「ポケモンGO」の開発に至る。
同じGoogleでも、別のチームだったら
野村さんの人生はどうなっていただろうか。


この本を買ったのは「ポケモンGO」に興味があったからだけど、
任天堂の前社長である岩田聡さんにも触れているかもしれないと
思ったのも理由のひとつ。

岩田さんに関する話はあって、写真も載せられている。
野村さんと岩田さんは2回会っているみたいだけど、
最後に会ったのは岩田さんが亡くなる半年前。
その内容は第三者には軽い内容だけど、野村さんには忘れられない時間だったみたいだ。


野村さんがGoogleに入社したのは2011年。
(本文では2009年になっているが誤植だと思う)
まだまだキャリアがつづくことを考えると、今後の動向が楽しみな人だ。


読んで感じたのは、やっぱり環境は大事だ。
自分ではどうにもならない部分はあるけど、どうにかなる部分もある。
そして、ときにはグレーゾーンにふみこむことも必要。
妙におとなしくせず、「おこられたら、やめればいいや」という感じの
気持ちでいたほうがいい場合もある。

全体として、おすすめ度の高い本ではない。
でもこうして文章を書く気になる内容だった。

amazon 「ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる」
amazon 「ど田舎うまれ、ポケモンGOをつくる」


高校野球のバックネット裏にいる少年たちがかわいそう
2017.08.12

高校野球には興味がない。
たまたまチャンネルを合わせたとき、
バックネット裏の席の様子が気になった。
バッターや審判の裏手にある席。

少年野球のチームが招待されているらしく、
ユニフォーム姿の子が最前列から陣取っている。
どの試合でも招待されているみたいだ。

野球をやっている子たちに観戦の機会を与えるのは悪くない。
でも、どうも様子がおかしい。
全員が、ほぼ動かずに試合を見ている。
ずっと見ていたわけではないけど、となりと会話する様子もなかった。

ただ動かないだけでなく、姿勢も共通している。
座った体勢で、もものあいだに両手をはさむような
(股間を押さえるような)姿勢で見ている。
どの試合を見てもその姿勢。

おそらく、テレビ中継によく映る席なので、
「ジタバタしないで見ろ」と上層部から命令されてるっぽい。
手を振ったりしようものなら、連帯責任でチームが活動停止になるのかも。
席に座っているとはいえ、同じ姿勢を続けるのはつらい。


炎天下での試合がそもそもおかしいのに、
通気性の悪そうなユニフォーム姿で、
同じ姿勢で動かず見ろなんてのは虐待や拷問に近い。
しかも見ているのがプロの試合ではなくアマチュアだから、
最初から最後まで観戦するとしたら集中力がもたないだろう。

誰がこんなことを考えたんだろう。


繁忙期と料金
2017.08.11

帰省シーズンのせいか、「新幹線や空港が混雑した」という
ニュースをよく見かけた。新幹線に乗客が通勤電車みたいに
押しこまれている映像もあって、妙な雰囲気だった。
一斉に帰省するシステムは変だよね。

新幹線の混雑を見ていると、繁忙期は自由席をやめて
全席指定席にするのも悪くない。
そのほうが混乱が少なくなるはず。

座席のあいだの通路に人が立っている様子は、
ホテルでいえば客室前の廊下に人が寝てる状態なわけで、
あきらかにおかしい。


さらに考えが広がって、長期休暇の時期には
交通費や宿泊代金が上乗せされる状態が思い浮かんだ。
なんとなく「そういうものだ」と受け入れがちだけど、
完全に客の足下を見ている。
公正取引委員会が取り締まってもいい気がする。
一種のカルテルだよね。

ただし、逆の見かたもできる。
繁忙期の料金が通常料金で、それ以外は割引料金かもしれない。


逆の方向を行く商売もあって不思議だ。
スーパーや家電量販店のチラシを見ると、客が増える土日に
セール品を用意する例がよくある。
年末年始は最大級のバーゲンシーズンだ。
数量限定の場合も多いけど、繁忙期に値下げしている。

薄利多売ができる商売かどうかで対応が変わるのかな。
ホテルや航空機ではできない。


ゾーラの里をクリア 「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」その4
2017.08.05

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」の
プレイをつづけている。最近は部屋が暑くてあまりできていない。
ゾーラの里の神獣をクリアできた。

初めて挑戦したゲルド族の神獣で大苦戦したけど、
その後のリト族やゾーラ族の神獣はスムーズにクリアしている。
ゲルド族のときはどうしてあんなに苦戦したのか。

ゾーラの里に向かうと、常に雨が降っていてガケを登れない。
これまでさんざんガケを登ってきたので、
登れないのは逆に新鮮だった。
(プレイヤーによっては早々に来る場合もある)

神獣内部に入れるようになると雨がやむ。
クリア後、石碑を探すミッションをしたりして、ウロウロ歩いた。

スムーズに探索できて気持ちいいな、と思っていたら、
それはイーガ団の刺客が出現しないせいでもあった。
雨が降っているとき(ゾーラの里に着く前)も、
雨がやんだあとも出ない。理由はわからないけどまあいいや。

ゾーラの里に向かう道のりでは、矢がたくさん出るのもいい。
もっと早く知っていればよかった。

残るはゴロン族の神獣だけど、先を急がずウロウロする。
マスターソードもぬいてない。


雨宿り
2017.07.30

今日の夕方、外出先で強い雨に降られた。
天気予報ではくもりの予報だったと思う。
折りたたみの傘を持っていたけど、
歩いているうちに靴がグチョグチョになるのは
はっきりしていたので雨宿りした。

雨宿りしたのは商業施設で、ほかにも雨を
避けている人が多かった。
カフェかどこかで時間をつぶすか、と思ったけど、
こうしたときはみんな考えることは同じで、
店は満席で休憩用のイスも埋まっている。
立って待っているしかなかった。

しばらく待っても雨はやまず、勢いも変わらない。
通り雨ではないみたいだ。

そんな状況になると、
あきらめたのか傘をささずに走って行く人や、
車で迎えに来た人が合流したりして、
だんだん雨宿りの人が減っていく。

雨宿りしていた人たちは知り合いでもなんでもないけど、
なんとなくさびしい気持ちになった。
保育園や幼稚園で、保護者が迎えに来るのが遅くて、
友だちがみんな帰って、ひとりでさびしい、という話は
こんな感情なのかもしれない。

結局、雨はやまないし勢いもあまり変わらないので、
あきらめて折りたたみの小さい傘をさして帰った。
予定通り靴は激しく浸水し、バッグもぬれた。

雨宿りしていた商業施設には100円ショップがあるので、
そこでビーチサンダルを買って、靴と靴下をぬいで歩けば
よかったかもしれない。ぬれていい状態にしてしまう。
家の近くまで来てから気づいた。


被災地支援の形
2017.07.23

福岡や大分で起きた豪雨災害のニュースを見ると
ボランティアの方々が泥をかき出したりする様子がよく流れる。

真冬でも汗をかきそうな作業なのに、この暑いなかで行うのは
本当に大変だろう。自分だったら、親戚が被災したとしても
体力的な意味で作業をためらうと思う。

こう思う反面、一般人による災害支援のニュースは
現地に行くボランティアの話が多いな、とも感じている。

物理的な距離や体力の問題で現地での作業を選ばない人もいて、
募金などの形で支援するのも被災地支援のひとつだ。
ボランティアの様子を伝えつつ、
「今日の時点で、赤十字には○○円の義援金が集まっています」
などの報道もあったらいいのに。

マスコミとしては、「絵になる素材がほしい」という思惑もありそう。
汗を流しながら作業する人、低年齢層のボランティア、感謝する現地の人。
義援金をテーマにするとしても、せいぜい街頭募金。

各自ができることを、できる範囲で支援すればいいわけで、
特定の行為だけを重視する必要はない。

井村屋 えいようかん 5本
井村屋 えいようかん 5本


名作アニメを地図で追いかける
2017.07.18

「母をたずねて三千里」は地図を片手に見ると
もっとおもしろい、という話。

しばらく前から、TOKYO MX2で「母をたずねて三千里」を放送している。
放送開始を知らなくて、途中から録画して見ている。
言わずと知れた名作なのでたしかにおもしろいけど、
主人公の旅を地図で確認するとさらにおもしろい。


「母をたずねて三千里」は、1976年に放送されたアニメ。
主人公の少年マルコが、消息不明の母に会うために
イタリアからアルゼンチンまでひとりで旅をする。

アルゼンチンまでは船で移動する。
かなりの長旅だけど、作中ではどのあたりを移動しているか
ビジュアルで説明する場面はほとんどない。
マルコが船上で地図を広げるシーンはあったけど、
視聴者への説明シーンという感じではなかった。

しかし、セリフには地名が頻繁に登場する。
目的地である「アルゼンチン」はもちろん、
出発地である「ジェノバ」、寄港地としての「ダカール」、
「ラプラタ川」、「ブエノスアイレス」など。

こうした地名を地図で確認すると旅の行程が見える。
ダカールなんて、「パリ・ダカールラリー」の影響で
地名としては知っていたけど、港町だとは知らなかった。
(ちなみにパリ・ダカールラリーは古い呼びかたで、
今はダカールラリーが正式名称らしい)


予定ではブエノスアイレスで母親に会えるはずだったけど、
母親はそこにいなくて、「バイアブランカ」の街にいるのではないか、
というのが現在まで放送された部分で語られている。
バイアブランカは「ずっと南のほうの街」と作中で説明されたので
地図で見ると、たしかにブエノスアイレスから南西方向の
遠いところにある。港町らしい。

「こんな遠いところまで行くのか~」と思っていたら、
今日の放送分では「バイアブランカまで600km」と説明があった。

ちなみにブエノスアイレス到着後のマルコは
ボーカの街(?)にいたみたいなんだけど、この街はよくわからない。
ブエノスアイレスのなかに「ラ・ボカ」という地区があるので、
これが作中のボーカなのかもしれない。

地名の具体的な場所がわからなくても
長距離を移動していることや目的地が遠いことはよくわかる。
それでも、地図で調べるのはけっこう楽しい。
作中で親切に説明がなくて逆によかったくらいだ。


ここからは余談。
「母をたずねて三千里」を見るのはこれが初めてではないけど、
けっこうひさしぶりに見ている。
マルコが年齢相応の少年らしい部分を見せる反面、
イライラしたり落胆したりするシーンもあって興味深い。

「負の感情を見せる少年主人公」は後世の作品でも
2人くらい代表格が思い浮かぶけど、その先例だったのかもしれない。


NEXT≫
PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...