このページの 記事一覧

任天堂、「プレゼントソフトカタログ 2017冬」を配布中
2017.11.18

ソフトカタログ 2017冬

年末恒例のソフトカタログが今年も店頭で配布されています。
ニンテンドースイッチと3DSを中心に、スマホアプリやアミーボも紹介。
「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」も載ってます。
例年通り、ボリュームがある冊子です。

インターネットで情報を集められるなら見なくてもいい内容ですが、
年末年始に任天堂の商品を買おうとしているなら参考になりそうです。


ニンテンドースイッチを買う予定の人、すでに持っている人が
一番注目すべき情報は、オンラインサービスが2018年から
有料化されることです。現在は無料。

2018年のどの時点で有料になるかわかりませんが、
有料化されると「スプラトゥーン2」などのオンライン対戦は
原則としてお金を払わないとできません。
料金プランは下記の公式サイトを参照してください。

ニンテンドースイッチ オンライン


個人的に今回の冊子で一番注目したのは、
Newニンテンドー2DS LLの重さについて。

「大画面&軽量の最新機種」と紹介されていた。
New2DS LLが軽量とは知らなかったので調べると、
初代3DSが235gに対してNew2DS LLは260g。25gしか差がない。
ちなみにNew3DS(通常サイズ)は253g。
New3DS LLは329g。

New2DS LLはたしかに軽く、初代3DSとほぼ同等の重さだった。
しかも、バッテリーの持続時間も初代3DSより少し長い。
2DSは立体視ができないから時間が長いと思うけど、
パーツの省電力化や構造設計が効果的なのだと思う。
(初代3DSとNew3DSは生産終了している)

Newニンテンドー2DS LLのページ

ニンテンドースイッチのページ


2018年用の年賀状にはマリオのものはないっぽい
2017.11.13

日本郵便の年賀状を注文できるサイトを見た。
何年か前にはスーパーマリオをテーマにしたものがあったけど、
2018年向けには用意されていないみたいだ。
(ほかの販売ルートならあるかもしれない)

ゲーム系のものがほとんどなくて、
「テイルズ オブ」シリーズのものがあったのは失礼ながら意外だった。

バンダイナムコ系列でいうと、アイドルマスターシリーズもある。
ゲーム(アプリ)でカード状に登場するものが
紙で商品化されるのはファンなら少し注目かもしれない。
(誰かに出すのではなく、保存用として買う)

サンリオキャラクターやムーミンなどのキャラクターものや、
伝統的な絵柄のものも用意されています。

郵便局の年賀状印刷のページ
「キャラクター」や「コレクション年賀状」で検索してください


「ゼノブレイド2」ダイレクト公開
2017.11.08

ニンテンドースイッチ用RPG「ゼノブレイド2」を特集した
ニンテンドーダイレクトが公開されました。
「ゼノブレイド2」は12月1日(金)発売。

今回は約28分。
世界設定や戦闘システムを紹介。
目立つ新情報はなかった印象だけど、
広くて美しい世界や活用しきれそうにない戦闘システムはわかった。

動画はYouTubeの任天堂公式チャンネルなどで見られます。

今作ではプレイヤーキャラに「ブレイド」というキャラが
パートナーとして冒険する。
ブレイドは複数いて、ブレイドによって攻撃方法などが変わる。

ブレイドの数はかなり多いらしく、
戦闘に出られないブレイドは「傭兵団」を組ませて
冒険に出てもらえる。これで戦闘に参加しなくてもレベルアップ。

キャラの育成が好きな人は、どんなに時間があっても
プレイしきれないかもしれない。

すべて有料で(?)追加コンテンツが予定されている。
2018年秋までコンテンツの配信がある。

「ゼノブレイド2」公式サイト(音が流れるので注意)


余談だけど、今回ダイレクトで一番注目したのは映像配信前。
「スーパーマリオオデッセイ」などの映像がずっと流れていた。
映画館で映画を見る前の予告編みたいなイメージ。
公開済みの情報が大半だったと思うけど、開始を待っているだけにならないのはよかった。


任天堂、7月~9月の決算を発表
2017.11.01

任天堂が今年の7月から9月にかけての決算を発表した。
君島社長による説明と質疑応答を見る限り、
特に注目すべき発表はなかった。

任天堂の決算発表会についてのページ

ニンテンドースイッチ本体は今も世界的に品薄で、
年末に向けて出荷数を増やすとのこと。
しかし、年末年始は需要が一番集中する時期なので、
いつでも買える状況にはならないと思う。

社長説明で少し興味深かったのは、
ニンテンドースイッチの遊ばれかたについて。
約2割の人がテレビ中心で遊び、約3割が携帯モードまたは
テーブルモードで遊んでいる。残りの約半数は両スタイルを併用。
世界的なデータ集計でテレビ中心が2割なのは意外と少ない印象。


また、3DSシリーズが今もそれなりに売れているのも意外だった。
急速な右肩下がりになっているのではと思ったけど、そうでもない。
安いゲーム機に対する需要が根強いのかもしれない。


「どうぶつの森 ポケットキャンプ」11月下旬配信
2017.10.25

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が公開されました。
iOSとAndroid向けに11月下旬から配信。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」公式サイト
音が流れるので注意

今回のニンテンドーダイレクトは約15分。
濃い内容だった。ぜひダイレクトの映像を見てほしい。

今の印象として、こんなにきちんとした「どうぶつの森」を
出すなんて意外だった。まさにシリーズの最新作で、
任天堂のスマートフォン事業への本気を見たというか、
スイッチ版の「どうぶつの森」は当面出ないのではと思うくらい。
(ゲーム機でプレイしたい人には残念な発表といえるくらいのイメージ通りの新作)


今回の「どうぶつの森」はキャンプ場が舞台で、
プレイヤーはキャンプ場の管理人になる。
キャンプ場はいくつかのエリアに分かれていて、
キャンピングカーで移動する。

キャンプ場に来ているどうぶつたちと話して、
虫や果物などを届けたりすると素材をもらえる。
その素材を使ってキャンプ場に設置する設備(家具)をつくる。

大規模な家具ほど完成まで時間がかかる。
時間を早めるためのアイテムがある。
ゲーム内で条件を満たしたり、リアルのお金でそのアイテムを買える。


リアルの時間と連動しているのはこれまで通り。
時間帯によってキャンプ場内のどうぶつが違うらしい。
季節のイベントもある。
(定住はしない?)

ほかのプレイヤーが自分のキャンプ場を訪れることがあり、
そのプレイヤーのキャンプ場を見学したり、バザーで品物を買える。
フレンドにもなれる。
(同時にキャンプ場内を歩き回ることはできない?)

キャンピングカーの内装・外装はカスタマイズできる。
シリーズでおなじみ、ローンを組んで改造することも。

今回の映像を見た限りでは、ほんとにシリーズ最新作。
のんびりプレイしてもいいし、せっせとお金や素材を集めるプレイもいいみたい。
3DSでも出してくれ、と望む人が絶対いると思う。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」
音が流れるので注意


スマホ版「どうぶつの森」、明日情報解禁
2017.10.24

スマートフォン・タブレット用の「どうぶつの森」が
明日正午からのニンテンドーダイレクトで明らかになる。

スマートフォン版「どうぶつの森」ダイレクト
いつもの通り、任天堂の公式YouTubeチャンネルなどでも見られます

どのような内容なのか、どんな料金システムなのか、
さっぱりわからない。料金は完全無料はなさそうだ。

内容は、これまでのシリーズとは少しちがうものになるのではないか。
村のなかを自由に歩き回るシステムではないかも。

アプリの配信がいつ始まるかわからないけど、
スーパーマリオランよりも注目を集めるのはまちがいない。
緊急メンテナンスなどで通常のプレイができない可能性もあるかもしれない。


「はじめてのニンテンドースイッチ」配布中
2017.10.18

はじめてのニンテンドースイッチ

これからニンテンドースイッチを買う人、
初めてゲーム機を買う人に向けた冊子が店頭で配布されています。

むかし、「はじめのWii」という冊子が配布されていたけど、
それと同じような超基本的なことを説明する内容。

最初のページにあるのが
「Nintendo Switch って何?」
「いつでも、どこでも、誰とでも楽しめるゲーム機です。」
という説明。これだけでも冊子の内容がだいたいわかると思う。
「Nintendo Switch」には「ニンテンドースイッチ」とふりがなまでついている。

はじめてのニンテンドースイッチ


よくある質問と回答のページもあって、
「3DSやWii Uのソフトは動かない」とか
「海外向けに販売されているニンテンドースイッチのソフトは
基本的に動くけど、動作保証はしていない」などが書かれている。

裏表紙は周辺機器の紹介。単品販売のジョイコンなど。


基本的に任天堂ホームページを見られる人には用のない内容。
スイッチを欲しがっている人向けというか、「お金を出す人向け」という感じ。

これを読んで予習するのはいいけど、品薄は解消されそうにない。
クリスマスや年明けに買いたいなら、今から探して買ったほうがいい。
状況は厳しいと思う。

任天堂サイト内、ニンテンドースイッチのページ

ニンテンドースイッチについての任天堂サポートページ

ニンテンドースイッチ本体とソフト以外に、買ったほうがいいものはあるかと
聞かれたら、「特にない」と答える。
USB接続のLANケーブルのアダプター(パソコン用)があると、
テレビにゲーム画面を出してネット接続するときに役立ちます。
無線接続でもいいけど。

スイッチ本体の画面を保護するフィルムは、あってもなくてもいい。
外に持ち出す機会が多いなら、あったほうがいいかも。
私は使ってません。

「ジョイコン拡張バッテリー(乾電池式)」を買ったけど、
おすすめ度は低い。非常用として役立ったことはあるけど、プレイしにくい。
買ったときの話は下記参照
「ジョイコン拡張バッテリー(乾電池式)」を買ってみた(17.6.17)


NEXT≫
PR
プロフィール

saitaro2012

管理人:saitaro2012
別のブログサービスから移転してきました。
移転作業中のため、
画像が表示されなかったり
リンクがおかしかったりします


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...